獲物を枝にさしておく「はやにえ」の習性や高鳴きでしられ、
小さな猛禽ともよばれる