April 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

野鳥

April 12, 2019

小椋鳥、野鶲、クロツグミなど

Komukudori42219

昨日の雨もあがって今日はよいお天気のようなので蝶々探しとかキノコ探しにでも行こうかと思ってたら河川敷に今日もコムクドリがいてるようなので再度コムクドリに挑戦しに河川敷へ

Sakura41119

その前にそろそろ桜の花も終わりかと思うのでちょっとだけ撮影。

Komukudori42119

河川敷におりるとさっそくコムクドリ♀を発見。オスの方を今日はきれいに撮りたかったのでさらに捜索。

Komukudori42619

今日は風があってせっかくコムクドリ♂をみつけても枝が揺れてなかなかシャッターがきれません。

Kiji43119

今日も目の前に現れたキジ♂

Ooruri42119

オオルリ♂も出てきてくれました。

Komukudori42519

コムクドリって可愛い顔してるよね。

Komukudori42419

背中側

Komukudori42319

正面から。なんとかまずまずの出来のものが撮れたと思うので公園に移動

Kurotugumi41119

今日はクロツグミ♂が2羽も入ってるというので撮影開始。しかし、木陰からぜったいに出てこないので撮影が難しい

Kurotugumi41219

これぐらいがましな写りだと思います。

Kurotugumi41319

もう一羽も似たようなもんです。

Nobitaki42119

クロツグミを撮っているとノビタキ♂がいてるというので河川敷対岸へ移動。土手の上からみてると時々、虫を探して飛び回ります。

Nobitaki42219

コンクリの上にもとまって雀みたいにちょんちょんと移動

Nobitaki42519

天然のお立ち台の上に長いこととまってくれてました。

Nobitaki42419

偶然に写っていたツバメとのツーショット

Nobitaki42619

カラシナの花にとまってくれることを期待するのですがこれが限界かな?

Nobitaki42719

目の後ろにはっきりとした眉班というか白点があるけどほかのノビタキにもあったかな?

Nobitaki42819

わかりにくいけどノビタキ♀も現れました。

Kurotugumi41419

ノビタキは遠くに行ってしまったので公園内に戻ってクロツグミ撮影の続き。ベンチでくつろぐクロツグミが撮れました。

Kurotugumi41619

陽が陰るとクロツグミはぐっと撮りやすくなります。

Kurotugumi41519

上の方から撮ったクロツグミ。今日はいっぱい撮れたので満足です。

April 09, 2019

オオルリとコムクドリ

Ooruri41319

4月8日撮影分。 ココログの不具合で画像を貼ることができなかったので一日遅れの更新です。

午前中、近所の公園などを見て回ったのですが、収穫がなかったのでいつもの河川敷近くの公園へ。しかし、ここもムシクイぐらいしかいてない様子。しかし、下流側の河川敷でオオルリ♂がいてたという情報があったのでそちらに移動。多くの人の目で探すとすぐにオオルリはみつかりました。

Ooruri41219 Ooruri41119

被りなしのいいところにはなかなかとまってくれないんですよね・・・

Ooruri41419

周囲が新緑でオールグリーンというのもなかなかきれい

Ooruri41519 Ooruri41619

曇ってくると背景空抜けはちょっと残念な気がします

Ooruri41719 Ooruri41819

青い背中の方から撮影できてるのが少なくって残念。

Kiji42119

オオルリを撮っているとき対岸ではキジのバトルをやってたみたいでした。

Kiji42319

目の前にいてたキジ。カメラマンが並んでもまったく動じません。

Kiji42219

今日はあまり相手にされてなかったせいか、キジの方から河川敷に上がってきました。

Komukudori41219

オオルリを追いかけて下流側に移動していたらコムクドリがいてるというので撮ったコムクドリ♀

Komukudori41119 Komukudori41719

ちょっと距離があるしよく動くのでなかなか手強い

Komukudori41319

こっちがコムクドリ♂。右下にもう一羽いてるのがわかるかな?

Komukudori41419 Komukudori41519

羽根の色がわかると顔がはっきり見えないのが残念。

Komukudori41619

うまく撮れたのが少ないコムクドリでしたがオオルリだけを期待してたので予想外の成果でした。

April 04, 2019

ノビタキとキジ

Nobitaki41819

いくらなんでも3回連続でシマアジとキジが撮れるだけということはないだろうということで今日も川へ鳥撮りに。

Kiji41119 Kiji41319

川沿いを歩いていると黒っぽい塊を発見。木陰になっていたので黒っぽく見えたけどすぐにキジがじっとしていることがわかりました。

Kiji41219

カメラを構えてじっとしてると母衣うちをしてくれました。コッコー!お馬さんの裏あたりに今朝はノビタキがいたらしいという情報でしばらく探してましたがカラスが騒いでうるさいので対岸のすこし上流へ。対岸のカメラマンたちの所に合流するとここもキジがいてたみたいですが、さらに上流の川の分岐点にノビタキがいてるというのですぐに移動。

Nobitaki41119

到着するとノビタキは行方不明のようでしたが西側の対岸にいてたみたい。西側に回り込むには少し時間がかかるので中洲に渡ってみることに。目論見があたって中洲に飛んで来たノビタキを撮影。なんとか証拠写真をGET。見失ってしまったので再び川を渡って土手の上に戻ると対岸の鳥友さんからまた出てるという合図が。もう夕方だしどうしようかと思ったけどやっぱり行くことにしました。

Nobitaki41919

今度は背中側が撮れました。その後も追いかけたり見失ったりを繰り返しながら撮影を続行。

Nobitaki41219 Nobitaki41519

川の流れの向こう側にいてることが多いので100倍で撮影してますがお天気がいいのでなんとか見れそうです。

Nobitaki41319

カラシナの黄色い花とノビタキはよく合います。

Nobitaki41419

地面には降りないのかと思ってたらそうでもないみたい。見失ってる時は下に降りているのかも

Nobitaki41019

飛び出しものは今一つうまく撮れません。

Nobitaki41719

夕日を浴びてじっとしているノビタキ。

Nobitaki411119

もう日没なので撤収。お山ではオオルリとかが見られてるようだし、近所の公園でもムシクイをみつけましたのでいよいよ本格的な春の渡りの始まりですね。

March 28, 2019

シマアジとキジ

Simaaji31119

猪名川にシマアジ♂が現れたというので見に行ってきました。現地に到着してみるとシマアジはすぐ目の前で食事中。出水口みたいなところから出てくる泡のようなものに嘴を突っ込んでました。プランクトンでもいてるのかな?

Simaaji31319

ホシハジロのオスが近くにいててやたら画面に入ってきます。

Simaaji31419  

ヒドリガモ♀も近づいてきました。

Simaaji31219

左向き

Simaaji31619

右向き

Simaaji31519

後ろ向きのパタパタ

Simaaji31719

このあと対岸近くのヒドリガモの群れの中に飛んで行ってしまいました。

Simaaji31819

土手の斜面にあがってくつろぎ中

Simaaji31919

散歩の人たちが来たので急いで移動。さらに上流に向かって泳ぎだしたのでこちらも撤収。

Kiji31119

ここまで来たので雉でも探してみようかということで移動。キジ♂はすぐにみつかりましたがさすがに対岸なので遠いわ・・・

Kiji31219

丸見えのところに出てきてくれました。カラシナの花が春らしいですね。

Kiji31319

あれ?左の方に移動していって見えなくなったはずなのにもう右手に?どうやらキジ♂は2羽いてるようです。

Kiji31719

こちらの雄はあまり前の方を歩かないのかな?

Kiji31519

せっかく母衣うちをしてくれたのに顔の前に枝がかぶっていて残念

Kiji31619

きれいなキジの背中側を撮って本日は終了

February 24, 2019

リベンジ、クロジとツリスガラ

Kuroji21119この前はせっかく出かけたのにボーズだったお猿のお山のクロジ。リベンジに行ってきました。クロジポイントに到着するも今日も何にもいてないのでトラツグミポイントに移動。しかしここもなんにもいてません。またクロジの所に戻ってくる途中で斜面下のブッシュのあたりに動くものを発見。遠いけれどクロジであることがわかったのでポイントに戻って待ち構えることに。
Kuroji21919お立ち台の切り株にクロジ♂がとまってくれました。肉眼ではわからないけど暗くてスピードがのびません。感度を2000まであげてやっと60分の1秒。座り込んで体が動かないようにして撮影
Kuroji21219こっちはメスですね。
Kuroji21719まだ少し黄ばんだ色が残ってるけどオス若かな?
Kuroji21419いつの間にか地面にクロジが何羽もうろついてました。地べたものはどうもピントが合わなくてボツが多かったな・・・
             Kuroji21319  Kuroji21819
クロジとはいうものの濃い青灰色といった色ですね。
             Kuroji21519  Kuroji21619_2 
クロジを調子よく撮っているとそこに乱入者が!
Sirohara22119シロハラ♂ですやん。お前らミミズとか虫を食べるんと違うんかい!
Sirohara22219クロジをお押しのけるわ、落ち葉は跳ね上げるわで荒らしてくれます。 このあとトラツグミを期待してしばらく休憩してましたが、やっぱりシロハラしか姿を現さないので下山することに。
Turisugara22119早い目に引き上げたので中津に寄ってみることにしました。十三大橋のあたりに集まってるカメラマンたちを見つけたのでここでしばらく待ってみることにしました。ツリスガラの集団が時々移動するのでそれを追いかけてみるのですがなかなか近くでは撮れません。ここは横にまわって撮影できるのがいいのだけど今日はすぐ横で少年野球をやっていてボールが飛んでこないか気になります。
Turisugara22319 プチ飛びもの( ^ω^ )
             Turisugara22419  Turisugara22719
4時ごろになると飛んでくるとかいう話を聞きました。
Turisugara22519 かなり近くまできてくれました。
Turisugara22619 近くのが飛び去っったので、さあ帰ろうと時計を見ると本当に4時でした。いっぱい遊んだので気持ちよく撤収。

February 14, 2019

紅いベニマシコ

Benimasiko21519久しぶりに京都にでも行ってみようと思ってたら朝からどんよりしたお天気で小雨もぱらついてたりしたので断念。早い目にお昼をすましたので淀川河川敷に行ってみることにしました。
Tyougenbou21219狙いはベニマシコ♂だったのですが、川沿いに歩いているとチョウゲンボウ♂がじっととまってました。
Tyougenbou21119
猛禽がねばっているようではここらへんでベニマシコを探すのは無理かな・・・
Oojurin21219野草地区の先までいってみましたがこれといった出会いがありません。また下流側に移動して池をのぞいているとオオジュリンが水を飲みに降りてくるようでしたので少し撮影
Oojurin21119オオジュリンを撮るのは今期はお初です。
Kawarahiwa21119もう一度先まで行って舗装路沿いに戻ってこようとするとカワラヒワの団体さんが近くにいてたので少し撮影
Kawarahiwa21219カワラヒワってよく見るけどあんまり撮ることがないんですよね。
Benimasiko21219カワラヒワと一緒にベニマシコ♀が一羽いてたけどえらい枝被りです。
Benimasiko21319もう少し下った所でこんどは数羽のベニマシコに遭遇。そのうちの一羽がとてもきれいなオスでした。
Benimasiko21419できるだけ枝被りのない位置に来るのを期待してたけどどこか被るし、日が差してると影ができてなんか残念なのしか撮れません。
Benimasiko21119顔の前の枝が気になるけどすぐ近くで撮れたので 贅沢は言えません。今期初めて赤い子が撮れたのでよしとしますか・・・。

February 11, 2019

白いホシハジロ

Hakkahosihajiro21419最強寒波の襲来で雪が降るかもしれないと思って家にこもってましたがうちの辺りは雨が降っただけみたいでちょっと拍子抜け。雨があがってから出かける用もあるので神崎川と猪名川の合流点にいてるという白いホシハジロを見てきました。
Hakkahosihajiro21519最近は公園化している河川敷ですが河川敷に降りれる場所があるかどうかわからなかったけど金毘羅さんの石灯篭の向かいあたりに下に降りれる場所がありました。すぐにホシハジロの群れをみつけましたが、その中には白いのはいてません。白いホシハジロはキンクロハジロの群れの中で発見。しかし、案の定を寝てました。
            Hosihajiro21119  Hosihajiro21219
しかたないので起きている普通のホシハジロ♂♀などを撮りながら白いのが起きてくれるのを待ちました。
Hakkahosihajiro21119ちょっとづつ下流に流されていくのについて歩いているとやっと目を覚ましてくれました。
Hakkahosihajiro21219
白化ホシハジロは昔、甲子園浜で見たことはありましたが、その時も後ろ向いて寝たままで起きているのを見たのは今回が初めてです。 
Hakkahosihajiro21319パタパタもしてくれて、まあ撮るべき姿は撮れたかな。その後対岸に向かって移動し始め川の真ん中あたりから大阪の加島側で潜水を繰り返してたので、神崎橋の上から撮れば少しは近く見えるかもしれないけどもう夕方なので諦めました。
Kanmurikaituburi21119カンムリカイツブリがすぐ近くを泳いでましたのでそれを撮って今日は終了。

February 07, 2019

カリガネを見に行った

Karigane211219少し遠いので今まで行きそびれていたカリガネを見に稲美町まで行ってきました。カリガネはいままで見たことないし、少数が越冬にやってくるだけなので珍しいから見れる時に見ておかんとね。JRに乗って土山の駅までは座ってるだけなもんで簡単に行けるのですが、問題はそれから。地図を見るとカリガネがいてる池まで2㎞弱あります。バスがあればバスに乗るつもりでしたが1時間に1本あるだけだし、すでに出た後みたいでした。しかたないのでやっぱり歩き。
Mikoaisa21119途中コンビニなどに立ちよったりしながら30分ほどかけてやっと到着。南の池にはど真ん中にソーラーパネルなのか人工物が面積をしめていてその周囲にミコアイサをみつけました。
Kawaaisa21219続いてカワアイサ
Kawaaisa21119カワアイサはすぐにパタパタをしてくれましたが、やっぱり背景の人工物が気になります。 
やっと一人だけカメラマンを見つけたので聞いてみると今日はまだ見てないけれど南の池の周囲にたいてい上がって来るはずだとか。
Zugurokamome21119東に向かって歩いてると池の北側の真ん中あたりで気になるものをみつけました。遠くてわかりにくいけど嘴が黒いのでユリカモメではなくてズグロカモメです。加古川の河口で見たことあったけど池にもやってくるんや。しかし、遠いわ・・・
Karigane21119池の東端まで行って対岸の土手の上にオオバンと共にいてるカリガネをみつけました。しかし、オオバンが池の中に降りていくとカリガネも一緒についていきす。
             Karigane21219 Karigane21319
しばらくオオバンと泳いでたので水の上のを撮影
Karigane21419 ソーラーパネルが邪魔なのであまり岸から遠くへはいかないみたいでしたので大きく撮ってみました。カリガネってマガンによく似てるけどやや小型でピンクの嘴と黄色いアイリング、それに嘴の上あたりが白いというのが特徴だそうです。
Karigane211319ひとしきり泳いで再び元の土手の上に上がっていきます。
             Karigane21819 Karigane21719
前から後ろから
Karigane21919嘴の上の部分もこれだけ白くなればもう立派な大人といえるかも。
Karigane211419どこにいてもオオバンが画像に入って来るのでなんか邪魔な気がしますが仲がいいんでしょうね。
Zugurokamome21219池の北側でベンチに座ってお昼をとってると先ほどよりはずっと近いところにズグロカモメがいてたので撮影
Zugurokamome21419左向きも
Zugurokamome21319_2池の横を流れている細い川の上をズグロカモメが飛ぶみたいだったので待ち構えて小さく撮ったのを思いっきりトリミングしてみました。
Kawaaisa21319陽が差してきたのでもしかしたら頭の緑光沢が撮れるかもと思って北側の池の縁に来てたカワアイサ♂を撮影。
Inamityou0207_2
オマケは稲美町のマンホールの蓋。以前クロツラヘラサギを撮りに来た時に撮ったのとは違うように思うのは気のせいかな?         
 

February 02, 2019

甲子園浜波高し

Hoojirogamo21419行きやすい野鳥観察地を一通りまわったけど満足できる所はあまりないなという今日この頃。今日は久しぶりにホオジロガモ♂を見に行こうかと思って甲子園へ。
Rokkousan21119堤防の遊歩道上に立つと六甲山に雪がまだ少し残っているのが見えたので一枚  六甲山と行っても関西人にとっては神戸の北側に並ぶ大小山が連なっている山地全体が六甲山で、ここが六甲山でここが東おたふく山でここが摩耶山と分けてみている わけではありません。
Hoojirogamo21119東に向かって歩き出すと砂浜前で出たり潜ったりする鳥を発見。いきなりホオジロガモ♀に遭遇しました。嘴の先が黄色いのがメスです。
Hoojirogamo21219嘴の先が黄色くないのがオスの若様。ほとんどメスと区別できません。ホオジロガモの成鳥♂の姿はみつかりませんでした。
Umiaisa21119ウミアイサ♀はみつけましたがすぐに見失いました。一応東の端の河口まで見に行きましたがこれといったものには遭遇しませんでした。
Misago2119ミサゴは何度も見たけれど飛びものは得意ではないので小さく写ってるのをトリミング。
Hoojirogamo21319再び砂浜前まで戻ってきた時遠くに白い色のカモを発見。こんどこそホオジロガモ♂!しかしこのオスは海上に浮かんでいる時間がものすごく短く。ファインダーの中に捉えたと思ったら海中に潜ってしまいます。おまけに天気はともかく海の方は波がたってうまく写ってくれません。一応緑光沢の頭が写ってるのでこれはましな方
            Hoojirogamo21519  Hoojirogamo21619
海が荒れてなければもう少し近くを泳いでくれるのかな?以前はテトラの前を泳いでくれたりしたんですがね・・・もう一度見に行った時にはまだいてましたが、そのうちに飛び立ってしまい帰ってこなくなったので引き上げ。
Suzugamo21119スズガモが一か所に集まってましたので砂浜に降りていって撮影。
Suzugamo21219もう一枚。スズガモの周りにハジロカイツブリがいてました。
Hajirokaituburi21219ハジロカイツブリが一か所に集まってましたのでこれも撮影
Hajirokaituburi21119ハジロカイツブリは10羽ほどの集団でした。こんなに集まってるのは海が荒れてるからでしょうか?風もきついので今日は早めに撤収。   
 

January 29, 2019

オジロビタキと猛禽類

Ojirobitaki12219_2今日は珍しいことに急に仕事が休みになったので病み上がりの人の付き添いをかねてオジロビタキのいる公園まで行ってきました。で、以前にも撮ったけどオジロビタキです。現地に到着するといいお天気で陽がさしてました。曇りの光線状態の方が色がわかりやすいんですけどね。
             Ojirobitaki12519 Ojirobitaki12419
今日はまた愛想がよくて可愛いのがいっぱい撮れました。
Ojirobitaki12619_2 これをニシオジロビタキとしてるblogをみかけますけど、やっぱり元祖オジロビタキですよね。
Ojirobitaki12119 地味すぎて背景と同化してピントがあってないこともありました。
Haitaka1119東側のオオタカが来る池にたどり着くといきなりオオタカがカラスに追われて森の中を飛んでいくのに遭遇。再び現れるのを期待して待ってたらハイタカ♂が代わりに登場。遠い上に顔の前に枝が飛び出していてきれいな個体だけにじつに惜しい
             Haitaka11219  Haitaka11319
けっきょく一番たくさんシャッターをきったのがこのハイタカ。わかりにくいけどノビもしてくれました。
Wasi1119そのうちにカラスの一団が登場。オオタカがいてないかと思ってみてたけど黒いのばっかり。しかし、大きさの違うのが一羽いてることに気づいた人がいてたので慌ててカメラを構えました。
Wasi11219_2 画面の端の方に写ってるが2枚撮れただけでしたが、トリミングしてみるとこんなの。なんじゃこりゃ~?  ワシなのか?はたして正体は・・・
目利きさんからオジロワシの幼鳥ではないかというご意見をいただきました。検索してみるとそれっぽい画像も出てきます。カラフトワシとかソウゲンワシという話もありますが、目撃できる可能性という点からするとオジロワシが一番高いかも。
Ootaka11119オオタカを探しに車に乗って移動。今まで行ったことのなかった近くの池に連れて行ってもらいました。池をぐるりと回り込むと下から飛び上がったのがいててそれがこのオオタカの幼鳥。背中側しか見えない上に小枝がいっぱいでていてなんか今一つ
Ootaka11219幼鳥だけどなかなか格好がよろしい
Ootaka11319だんだん高い所に移動していきました。お腹側が見れる位置に移動すると距離があるんよね。
Ootaka11419  その後飛んで行ってしまったので撮れたのがこの程度。
Mikoaisa12219オオタカがいてる池なのにカモがたくさん浮かんでいて、その中にミコアイサを見つけたけれど全員寝てました。
Mikoaisa12119
一羽だけ起きてくれたミコアイサ♂がいてたのでこれを撮影。
Mikoaisa12319時々上を向くのは首の運動なのか、求愛行動なのか? 距離はあるけど10羽ほどの団体さんを見れたので今日はこれまで。

より以前の記事一覧