野鳥

April 16, 2017

大瑠璃と雉と水鶏

Ooruri42117_2
 
今日はお墓参りに行ってたので帰ってから夕方までの短い時間だけの鳥見でした。川沿いの公園の中を歩くとオオルリの姿を高い場所で見つけましたがうまく撮れません。やや暗い場所でキビタキを見つけたので追いかけてるといつの間にかオオルリに変わってました。さすがに手持ち撮影ではまともに中央で捉えるのは難しいです。
Kiji43317
土手の上を歩くと今日はあれ?という方向からもキジの声が聞こえてきます。いつもの場所には見当たらなくて、も少し西に行ったあたりで河原に沿って歩く雉を発見。日があたった雉はとてもきれいに見えます。
Kiji44117
パタパタを期待して追いかけてましたがカラスやらサギやらが現れると身を潜めてしまって今日もダメでした。
Kuina42117
河川敷を公園の方に引き返すと今日もクイナがいてました。しかし、ピクリとも動きません。
水たまりの端を見ると猫が一匹いてたので警戒してたのかも。ということで夕食前の鳥見は終了。オオルリの背中側が撮れたのが収穫かな?

April 10, 2017

今期初夏鳥

Ooruri41217
いよいよ夏鳥がたくさん現れるようになったので今日はお城へ。できたら桜絡みで撮れればいいなと思って出かけたのですが・・・。
Sime41117
駅を降りていつものコースで森の中に入るつもりで出かけたら入り口が壁で仕切られていてホールの方まで行ってしまいました。森をどんどん削っていって何を造るんでしょうね。 で、遠回りして太陽の広場を横切り最初に撮った鳥は夏鳥ではなくシメでした。
Sime41217
最初は地面で餌探しをしてたんですけど飛びあがってくれただけで遠くには行かなかったので枝どまりが撮れました。
Ooruri41417
昨日はあちこちでコマドリも見られたそうですが、今日は音楽堂上のオオルリ以外はパッとしない状況だとかいうのでしばらくここでウロウロ。やっと現れたオオルリでしたが、下から見上げると白いお腹ばかりが撮れてなかなか厳しい状態。キビタキもいてるけれど飛びまわっているし遠いので撮れるような気がしません。
Ooruri41317
しばらくこの枝にとまってくれたのですが、胸の前の枝が邪魔ですね。
Ooruri41117
ぜんぜん背中側を撮るチャンスがありませんし、桜の方には行くのかどうかも不明。桜の花の終わりごろなら餌になる虫が桜についてるでしょうからそれまでは期待できないかも。
Oosakajou41117
他に何かいてなかと思ってぐるっと見てまわりましたが収穫なし。ちょっとだけ桜の花も撮ってみました。
Kibitaki41117
で、またオオルリのところに戻ってきましたが、道側からキビタキを撮っていたので参加。
Kibitaki41217
こう暗くてはシャッタースピードもあがらないのでほとんどがボツでした。でもこれからキビタキはいくらでも撮る機会はあるでしょうから。
Kurotugumi41117
そこにクロツグミがいてるよという声が聞こえてきたので弓道場横に。植え込みの中から現れて枯れ葉をひっくりかえして餌探し。
Kurotugumi41217
ほとんど草やら枯れ葉やらに埋もれたものばっかりが撮れました。
Kurotugumi41317
シロハラに追われて飛んで行った先のつつじの植え込みの下のクロツグミ。背中を向けて暗がりの中にいてると何かわかりませんね。
Oosakajou41217
お天気がこんなんではぱっとしませんが満開の桜にピントをあわせて背景に天守閣を持ってくるとそこそこいい感じに撮れるのでは。一応夏鳥が撮れたので今日はこんなもんでいいでしょう。
 

March 30, 2017

河川敷ぶらぶら

Kiji31217
今日はお休みなのだがなんとなく急いでどこかに行こうという気がしない。昼までぐずぐずとテレビみたりして過ごしてしまいました。午後から地元の河川敷にでも行ってでも探そうかなということでバイクにまたがってやる気なくGO。橋の上にいつもとまってたハヤブサもいなくなってました。相棒を見つけてどこかに行ってしまったのかな?
Kawasemi33117_2
人が集まっているところに行くとカワセミの給餌ねらいでいつもの皆さんが集まってました。
Uguisu31117
そこにウグイスが飛んできてホーホケキョと鳴いてくれましたが後ろ向きだったので口を開いた場面は撮れずでした。いつの間にか川の木々も新緑で美しくなり春らしくなってます。
Ikarutidori33117
雉の声が聞こえたので対岸に移動してみました。今日は川の上をイカルチドリなんかが大きな声をだして飛び回ってます。遠くに水浴びをしてる一羽をカメラでのぞいてみてあれ??? 目の上の眉班の形がハジロコチドリみたい。一応証拠写真を撮って近くに寄ってからまた撮ろうとしたのですが近づいた時にはもういてませんでした。この画像を見る限り嘴が長いようにみえるんでハジロコチドリではないような・・・さて?
Kuina31317
下流の公園前にクイナとかタシギがいてたりするというので行ってみることにしました。最初はいてないのかと思ったら何か動きました。
                 Kuina31117  Kuina31217
暗くなっていて感度を上げるの忘れてましたが一応撮れてたので・・・クイナです。人に見られてるのに気がついたのか陸に上がって見えなくなってしまったので移動。
Kiji31117
土手の上を歩いてるとお馴染みさんが通りかかかってそこらへんにキジがいてたというので「そこらへん」に行ってみることにしました。「そこらへん」といっても どこらへんまで歩けばいいのかわかりませんので諦めかけた頃、対岸の河原にキジ♂を発見。
Kiji31317
土手の上からでは遠いので下に降りて撮ろうとしたのですが、目の前には葦やら灌木やらが茂っていて河原の様子がよくわかりません。やっと対岸が見れる場所をみつけたころにはキジは半分隠れたようになってました。 その後見えなくなってしまったのでしばらく待ってましたが奥の方を歩くのが確認できたところで諦めて帰宅。今日は上流でメスを撮った人もいてて広範囲に何羽かいてるみたいなのでまたそのうちに。
 

March 26, 2017

トガリアミガサタケと雨のアオバト

Togariamigasatake31117
そろそろアミガサタケなんかが出てるのではないかと思って緑地へ。道沿いの斜面下あたりを探していて、そこそこ大きくなってるトガリアミガサタケを見つけました。あとで画像をよく見るとナメクジか何かに食害されたような跡がありますが今期初トガリアミガサタケヽ(´▽`)/
                 Togariamigasatake31217  Togariamigasatake31517
これぞトガリとでもいいますか、スナフキンの帽子みたいなのとかソフトクリーム みたいなのもあります。
Togariamigasatake31317
落ち葉かきをしていて幼菌を一本おってしまいました。幼菌でも下からみたら網目は完結していてトガリアミガサタケだというのがわかります。
                 Togariamigasatake31417  Togariamigasatake31617
笠の先の方が黒くなってるのはなんででしょうね。日に焼けたか頭が出たところで乾燥が続いたからでしょうか?
Togariamigasatake31717
とても小さいけれどやっぱり上の方は固まった感じがします。雨が降ったらまた変化するのでしょうか。
Togariamigasatake31817
今日見たものの内ではこれがいいように思います。
Aobato34117
雨が降りだしたのでキノコはこれでいいなとは思いましたが少し辺りをグルリと回ってから帰ることに。適当に歩いて小鳥の森に戻って来ると木の上に10羽ほどの怪しの影。もしかしたら・・・
Aobato341217
やっぱりアオバトですやん!アオバトは好きだけど下の方からこういったお天気の時に見ると色がわからないんですよね。
                 Aobato34517  Aobato34417
左がメスで右がオスです。無理のない程度に画像は補正してあります。
Aobato34317
やっぱり木の新芽を食べてます。
Aobato34617
メスと比べるとオスは撮りにくいところにばかりとまってます。
Aobato34717
最後に残ってたアオバトが数羽池の方に飛んで行ったのでそっち方面に移動するとポプラの木に3羽とまってました。ポプラの木にアオバトがとまるというのは聞いてましたが本当にとまっているのを見たのは初めてかも。雨もつよく振り出したので急いで撤収。

March 13, 2017

ダイゼンがいてますやん

Daizen31217_2
今日は朝からはっきりしないお天気で雨も降ったりしてるので出かけたのは午後から。遠くにはいけないので近くの浜に行ってみることにしました。ハジロカイツブリの夏羽がいてるだろうと思ったのですが・・・
Suzugamo31117_2
河口の方にいってみるとスズガモの群れがこっちの方にきてました。ほとんど寝てるカモばっかり。よくスズガモの群れの中にハジロカイツブリがいてたりするのですが今日はいてません。
Umiaisa31117_2
その代わりに近くをウミアイサが泳いでました。
                 Umiaisa31217_2  Umiaisa1317_2
左がオスで右がメスね。ウミアイサ♀の目の周りの黒いクマってなんか滑稽に見えますがアイシャドウをぬってお化粧してるようなもんでしょうか。 どお、私ってきれいwink
Daizen31417
中央の磯に戻ってきて前の岩場を見るとユリカモメとは違う何かがあつまってるのに気がつきました。なんか逆光気味でよくわからないんですよね。でもシギチだとは思ったので撮影してから後で調べることに。
Daizen31317
ハマシギかもと考えてたのですが、これってダイゼンですやん。 大きさが違うやろー! ハイハイ
Daizen31117
まだ夏羽の黒いやつではないけれど、もうこんな早い時期から渡ってきてるのですね。
Umiaisa31317
カンムリカイツブリの夏羽になりかけてるのを追いかけてると、
Isohiyodori31117
目の前にイソヒヨドリが飛んできました。やや青い色が見えるのでオス若みたいですね。
Hajirokaituburi31117
お目当てのハジロカイツブリを一羽だけ見つけました。でも、目の横の飾り羽がどうもはっきりしません。まだ換羽が完全ではないみたいですね。どんどん遠くに離れていきます。それにしても一羽だけというのは寂しいかぎりです。もう他のハジロは移動してしまったのでしょうか。オイルフェンス張って中央の干潟の改修をしてるようなので見えないだけかも・・・。

February 26, 2017

生きていたオオアカハラ

Ooakahara22417
今日はこれといって撮りたいというものもないので近場の公園です。昨日はさんざん歩いたので今日はあまり歩きたくないと思ったんですよね。この前はあんまりシャッターがきれずに終わったオオアカハラか梅に来るメジロ狙いです。が、公園に着くと昨日猛禽が現れたらしくてオオアカハラの隠れる躑躅のあたりに鳥の羽が散乱していてオオアカハラの姿もないとか・・・。
Sekka21117_2
しかたないのでメジロでもと思って公園内を歩くけれどメジロも梅の咲いているあたりにはいてない様子。歩くのは気が引けるけど何か撮るものはないかと河川敷を散歩。川の合流点まで来ると草下から何かが飛びあがりすぐに隠れました。もう少し先に進んだけどやっぱり先ほどの所が良さげなので引き返しもう一度草原奥まで歩きました。今度は2羽飛び立ち一羽が枯草にとまり、正体はセッカだというのがやっと判明。
                 Mejiro22117  Mejiro22217
公園内に戻って来るとオオアカハラ が目撃されたというので襲われたのはヒヨドリか何かだろうということに。しかし、オオアカハラはなかなか登場しなくてメジロを追跡することに。ここの梅の木は背が高いのでちょっとメジロは撮りにくいんですよね。
Ooakahara22617
夕方5時前になり皆さんがお帰りになり始めた頃、やっとオオアカハラが姿を現すようになりました。
                 Ooakahara22817  Ooakahara22717
前から後ろから。
Ooakahara22317
横からも。
Ooakahara22117
躑躅の南側あたりがよく出てきてくれるかな?でも、すぐにひっこんでしまいます。
Ooakahara22217
すぐ近くで撮れました。ちょうど大きなミミズを見つけて食べているところで、その間は動きもとまります。
Ooakahara22517
杭以外のお立ち台にも。さすがに5時過ぎての光線では感度を上げていってもあまり長く撮ることはできません5時半ごろ撤収。
 
 

February 25, 2017

竹にアオバト

Aobato23517
アオバトといえばこちらの方では服部緑地なんですが、たいていフェンスがあったり遠かったりなんで近くで撮れそうな竹柵のアオバトを撮りに行ってきました。アオバトでは有名な公園ですがアオバト目当てで行くのは初めてです。いつもは阪神、環状線、片町線と乗り継いでいくのですが今日はJR尼崎駅まで歩いて行き、そこから松井山手行きに乗って一直線。公園のアオバトのポイントに到着するともうお昼。 今日は11時ごろに現れたというので次のステージまで休憩。
Aobato23117
2時前にアオバトが木の中に入ってるのがわかって枝被りが多いけれど撮影開始。
オスのアオバトの右上にはメスもとまってますが後ろ向きで顔が見えません。
                 Aobato23317  Aobato23217
メスの向きが変わって並んでるのがかろうじて撮れました。そろそろ降りてくるのではと構えていたところ池でオオタカがカモを抑え込んでるという情報があり、見たいけれどアオバトが降りてくるのではないかと思って迷ってしまいました。意を決してオオタカの方面に走りましたがどこにいてるのか探しているうちにオオタカはカモを諦めて飛んで行ってしまいました。残念(。>0<。)
Aobato23417
アオバトの所に戻って来るとまだアオバトは木の上にいてました。よかった~(;´▽`A``
で。2時半ごろになってやっとメスが降りてきました。
Aobato231117
続いてオスも。
Aobato23617
竹柵の上のドングリを丸のみにします。アオバトにとっては大きなドングリですが、一つだけではなくいくつか食べながら柵の上を歩いていきました。色艶のいいドングリを選んで食べてるみたいでした。
Aobato23717
2羽が飛び去った後にまたメスが登場。
Aobato23817
よく見ると竹柵の上にはドングリがいっぱい。
                 Aobato23917  Aobato231017
今日はお天気がいいので影がはっきりと出てアオバトの体の上に明暗の部分ができてしまいます。それにしても降りてきたのが3羽だけとは・・・ギャラリーが30人ぐらい集まるとアオバトも警戒してしまうのでしょうか。近くで撮れるのはいいけどこれは想定外。土日の撮影には向いてないかも。
Atori22217
池の方にはオシドリの姿もなく閑散とした感じだったので他の鳥を探して移動。アトリがいて降りてきてたので一撮影。
Atori22117
オスのアトリが黒い頭になるにはもうちょっとかな・・・。でも、きれいな色のアトリです。
Mansaku21117
マンサクの花もいまが見ごろですね。今日はトラツグミが愛想良かったらしいのですが、もう遅くなってしまったのでパス。大泉でもお城でも撮ってるしね。
Keri21117
駅まで戻ってる途中で 近くにケリがいてたので手持ちで撮影。
Keri21217_2
もう一羽撮ってほしそうに飛んできたのでこっちも。ケリなんか撮るのは久しぶりです。オオタカは惜しかったけどきれいなアオバトが撮れたので今日はこれでいいのだ~!
 

February 23, 2017

ルリビノコシカケ

Ruribitaki23117
雨もあがったようなので今日はきれいなルリビタキ♂のいてる植物園へ。ここのルリビタキは一度撮っているのですが他にも捜索したいものがあったので再度撮ってきました。
Ikaru21117_2
到着した時はルリビタキもお出かけ中だったのでほかの鳥を。まずはパラパラと下におりているカル
Atori21117_2
カワラヒワの中にアトリが一羽だけまじってました。
Ruribitaki23217_2
この前はサルノコシカケの上にはとまってくれなかったのですが、今日はよくこの上にのってくれます。
Ruribitaki23317_2
見返り美男
Tubakikinkakutyawantake21117_2
今年もやっぱりはえてました。ツバキキンカクチャワンタケです。
Mejiro21117_2
梅の花にはメジロがよくやってきます。
                 Mejiro21217_2  Mejiro21317_2
雨が降る前ならもっときれいに咲いてる梅絡みが撮れたと思うのですが・・・
Ruribitaki23517_2
ルリビタキはよくじっとしてモデルになってくれるので撮り放題。
                 Ruribitaki23417_2  Ruribitaki23817_2
本当にきれいな子です。
Ruribitaki23617
角度を変えて主に前方からルリビタケを
Ruribitaki23717
ちょっとだけ口を開いてるのが撮れる時があります。
Ikaru21217
イカルは30羽近くが降りてきてました。
Aoji22117
皆さんがお帰りになられたあと撮れたものはアオジ
Kawasemi21117
いつの間にか池の縁にきてたカワセミ♀のみ。ということで今日はこれまで。
 

February 19, 2017

パンクなミヤマホオジロ

Miyamahoojiro23617
日曜日で良い天気だというのにこれといって何か撮りたいものがあるわけでもないので家でテレビ見て午前中は過ごしてしまいました。お昼を済ませてから緑地にでも行ってみようかと思ってバイクにまたがってGO。
Aobato21116
バーベキュー広場は工事中だとか聞いてたけど一応のぞいてみると今日は工事はしてないみたい。北側から見るとアオバトが数羽やっぱりとまっているのは見えるけど、もろに逆光。遠いけど順光側から一羽だけとまっているのが見えたので一応証拠写真camera
その後アオバトは飛んで行ってしまったのでトラツグミが出るという池近くの広場周辺を歩いたけど今日は人が多いせいか見つけられませんでした。
Miyamahoojiro23117
ミヤマホオジロの方はどうかなと思って行ってみると人も二人だけだし、開けた場所でミヤマホオジロが来そうな環境ではないのに。しばらく待っていると意外、木の上に姿を見つけました。
Miyamahoojiro23417
一旦、姿を消したミヤマホオジロは今度はやや離れた桜の枝の上に登場。
                 Miyamahoojiro23217  Miyamahoojiro23317
よく他の人のblogを見るとミヤマホウジロと書かれてるのを見かけますが、正確にはミヤマホオジロなんですよね。ミヤマホオジロの頬は白くないけど一般のホオジロは頬が白いからホオジロというんで良い子の皆さんが真似して間違ったことを覚えないようにしましょう。
Miyamahoojiro23517
切り株の穴にすっぽりと入ってしまう大きさ。
Miyamahoojiro23717
こっちはメスかな?
Miyamahoojiro23917_2
この子は胸の三角マークもはっきり黒々していて立派な成鳥ですね。
Miyamahoojiro231017
日も傾いてきたのでこんなもんでいいかな・・・。あと撮れそうなのは植物園のルリビタキやけど前に撮ったから今日は一つ霊園にでも寄ってから帰ろうかとバイクに乗って入り口 の所で右折してた時にパン!という音がしてガタガタガタ・・・、タイヤがパンクしてしまいました。やれやれこんな所に来てパンクとはついてません。鳥友さんに携帯できくと信号を二つ行った所にバイクショップがあると調べてくれました。毎日バイクに乗って出勤したり遊びに行ったりしてるのでタイヤもすっかりくたびれてしまってたみたい。タイヤごと交換することになり高くついてしまいました。それから帰る途中に気がついたのですが、ミラーに鳥のンコがついてました。もう、フンだり蹴ったりですわ。 これで鳥運がついたならいいけど、運の尽きだったらどもなりません。 ふ~ん・・・・(。>0<。)
 
 

February 16, 2017

再び紅猿子へ

Benimasiko21117
も一つベニマシコでいいのが撮れてないのでリベンジに行ってきました。いつもの場所に到着すると誰もいてません。あれ?と思ってさらに下に移動すると何人かのカメラマンが集まっていました。
                 Benimasiko22317  Benimasiko22517
ベニマシコのメスの方は数が多いせいかわりと撮れるみたいなんですけどね。赤いオスの方がいま一つ・・・。
                 Miyamahoojiro22117  Miyamahoojiro22217_2
ミヤマホオジロ♂は相変わらずよく撮れます。
                 Benimasiko22217  Benimasiko22417
湿地側に移動してなんとか近い目のベニマシコ♂が撮れたのですが、やたらピントが合わなくてなんか不満が残りました。
Benimasiko22617
午後からは湿地あたりにいてたベニマシコも上の谷に移動してしまったようなのでこちらも移動。光線の向きを考えると上から撮影しないといけないので光学50倍程度ではよほど近くに来ない限りベニマシコ程度の大きさの鳥だとなんかわからないんですよね。デジタル100倍だとペシャッとした画像になってしまうし困ったもんです。
Aoji21117
お、近い!と思ったらアオジだったり・・・Σ(;・∀・)
                 Benimasiko22717  Benimasiko221017
適当に出てきてくれるのでグチャグチャではありますがシャッターはたくさんきりました。
                 Benimasiko22917_3  Benimasiko22817
いいのはないけど3時をすぎるとなんか飽きてくるし、他の鳥もいてるなら探してみたいという気になってきます。ベニマシコの出も落ち着いたところで他の鳥探しに移動しようと下に降りて曲がったところで地面あたりから飛ぶベニマシコが・・・
Benimasiko221317
姿が見えないと思ったのは人気のない道側に出て降りてたんですね。近かったけどトリミングした画像を張っておきます。
Benimasiko221417
やっぱりこれぐらいの大きさで撮れないと面白くありません。
Benimasiko221217
メスも撮ってあげないと不公平ですよね。ということで今一つの画像ばかりだけどたくさんシャッターをきったということで良しとしましょう。今日はこれまで。

より以前の記事一覧

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ