August 11, 2016

隼と鷺草

Hatabusa81116
今日は山の日。山といえば川、ということで最近橋脚に居座っているというハヤブサを見に行ってきました。午前中はなにかともぞもぞやっていて出られなかったので昼下がりのまだまだ暑い時間帯に様子を見てきました。到着してすぐにいてるとこは見ましたがあいにく寝てました。朝のうちとか日暮れ時が良いらしいのですが、行った時間はもろに逆光でしたのでやっぱり朝がたが一番よさそうです。
Hayabusa81216
こんなところに居座ってるということはここを巣にするつもりなんでしょうかね?それとも暑いから日陰で風が抜ける橋の下に居ついてるだけ?
Hayabusa81316
人に見られてることが気に入らなかったのでしょうか、後ろを向いてまた寝てしまいました。
Hayabusa81416
時々顔がうごいたりンコしたり羽をのばしたりするけど基本後ろを向いてじっとしてます。
Hayabusa81516
しかたないのでこちらが動いて背景を変えようとするけど、ここではあまり変化しそうにありません。
Hayabusa81616
動いた!と思ったら、さらに見えにくい場所に上がってまたお眠りになられました。ということで今日はこれまで。
Sagisou81116
帰りに実家に寄ると買っておいた鉢植えのサギソウの花が咲いたというので 記念写真。
Sagisou81216
もう少し格好良く撮りたいけれど夕方のことでもあるしシャッタースピードが伸びず、おまけに 花茎がわずかな風でふらふらと動くのでものすごく撮りにくい ・・・まあ、こんなもんでいいでしょう。

March 19, 2016

椿とキノコ@HRK

Togariamigasatake3216けっこう雨が降ったみたいで、山のほうにキノコ探しにでも行くつもりでしたが、道が水たまりだらけだったりすると歩きにくいだろうと考えて今日は近場のグリーンパークへ。

Tutiguri3116
先ずは昨年アミガサタケを撮った植物園へ。アミガサタケは見つかりませんでしたがツチグリが一つありました。探せばツバキキンカクチャワンタケが見つかるかもしれないので有料の園内で椿を見てきました。

                 Hisikaraito3116 Kotyouwabisuke3116

左が「菱唐糸」、右が「胡蝶侘助」

Matukasa3116

花びらが盛り上がる形で咲く、その名も「松傘」

                 Edonisiki3116 Kumagai3116

左が「江戸錦」、右が肥後椿の代表種「熊谷」。丘の上のこの熊谷の木の下に落ちてる花の周囲をよく見ると

Tubakikinkakutyawantake3216やっとツバキキンカクチャワンタケを見つけました。大型の花なので広角で撮らないと後ろの花全体をいれることができません。

Tubakikinkakutyawantake3116
ぺしゃっと開き切る形のものが多くて、なかなか椀状で大き目のものが見つかりません。

Tamanoura3116
紅色の地に白覆輪の美麗種「玉之浦」

Togariamigasatake3116
さて、ここはこんなもんだろうということで移動。何年か前に道端にはえてたアミガサタケを撮った場所に急ぎました。銀杏の木が何本かはえてる場所だったので、あの時はきっと上から流れ落ちた胞子が大きくなったのがはえてたに違いないと思って斜面の上を捜索。さっそく一本発見。鏡で傘の下を見ると支脈が閉じて網目を完成させているのがわかったのでこれはトガリアミガサタケです。

Togariamigasatake3416

もう一本みつけました。こちらの方がトガリアミガサタケっぽいですね。

Togariamigasatake3316
ちょっと細くて小さいけれどさらにもう一本。けっきょく3本見つけることができました。広い場所ではないのであんまりたくさんはえる場所ではないとは思うけれど、もう少しはえていてもよさそうな気がします。

Sankotake3116

ウッドチップのまかれてる場所にはもうサンコタケがはえてました。


                 Kinoko3191 Kinoko3192

暖かくなり雨も降ったせいでしょうね。ほかの小さなキノコたちもみつかりました。残念ながら名前はわかりません。

Mejiro3116今日のオマケ。メジロだっていてます。梅林の梅も終わりですね。ここの梅の木は比較的背が低いし、よく剪定してあるのでメジロを撮るには都合がいいのですが、梅の次は桃とか桜に来るメジロを撮ることになりそうです。

January 31, 2016

ベニマシコ♀と綿花

Benimasiko1316柳の下の泥鰌を狙って今日も河川敷によってみたけれど、人はたくさん来てたけれどお出ましはなし。さて、これから行くとするとまた緑地が妥当な所だがこの前行ったばかりなので今日はパス。今年はサル年だけど紅猿子が撮れてないので啄木鳥の森に行ってみることにしました。一応いつものコースで歩いたけれどアオジやジョウビタキ♀やメジロぐらいでベニマシコも雌がいてたけど愛想が悪くてカメラを構えるよりも早く逃げていってしまいます。

Joubitaki1116上まで歩いたけれどいてたのはホオジロとこのジョウビタキ♂だけ。以前はベニマシコ♂がよくいてたのに今年はどうもいけませんね。

Benimasiko1116また下に降りてきましたが、ベニマシコの声はどこかで聞こえてくるので周囲をグルグル。やや離れたところにベニマシコ♀を発見したので遠いところからカシャcamera

Benimasiko1216どこかにオスもいてると思うのだけど今期は全然オスが撮れませんし、あんまりベニマシコ自身の数も多くないのかもしれません。

Menka1216せっかくここまで来たのに収穫が少なかったなと思いながら作業所前を通過していて気がついた枯草にぶら下がった白いボール状の物体。お、綿花じゃないですか。一言でいえばワタ。へえ・・こんな所にワタを植えてたんや、今まで気が付かなかったな・・・。

Menka1116_2この白いコットンボールの中には種が入ってるそうです。たくさんはえてるとこの白いコットンボールが花のように見えるんでしょうね。ちなみに本当のワタの花というのは黄色っぽい色でオクラとかハイビスカスのような花をつけます。フヨウ科の植物はみなよく似た花をつけますね。ま、今日はこんなもんで・・・。

June 11, 2015

紫陽花と万博キノコ

Ajisai1115天気予報を見ると今日は曇りのち雨。家でゴロゴロしててもいいけど、雨の日には雨の楽しみかたもあるということで出かけてみました人類の進歩と調和の公園。雨雲レーダーではうっすらとした雨雲は広がってるものの傘をさして歩かなければならいないような雨ではないのでほとんど傘は閉じたままステッキ代わりでした。

Noutake1115梅林南の水路に沿って歩いてみてハンノキにミドリシジミでもいてないかと見て歩きましたが蝶々はほとんどみませんでした。苔の中になにやらコブのような物体、ノウタケの若いやつだと思います。

Asinagaitatitake1115水辺にはえてたキノコ。アシナガイタチタケかな?

Tokeisou1115花の丘の周囲のクヌギやコナラの木にミズイロオナガシジミぐらいならいてるだろうと見て回りましたがさっぱり・・・。果樹なんかが植えてあるあたりにもよりましたがカラスが営巣してるみたいで威嚇してきましたので足早に退散。トケイソウの花を久しぶりに見ました。

Inusenbontake1115木の根元にびっしりとはえるキノコの集団にびっくり。イヌセンボンタケとかいうやつですね。こんなにたくさんはえてるのは初めてみたかも。

Inusenbontake1215大きく見るとこんなんです。白いのと灰色のがありましたが、古くなると灰色になるんでしょうね。

Inusenbontake1315面白いのでもう一枚、イヌセンボンタケを。

Sasakurehitoyotake1115これはヒトヨタケの仲間だけど、どこかで見たような・・・。もしかしたらササクレヒトヨタケ??大阪城公園で集団ではえてるのしかしらないので一本だけはえてるのなんか初めてみました。なんか背が高いし、ツバまであります。他のヒトヨタケの可能性も捨てがたいかな?昨年の今頃見つけたキツネノタイマツがあった場所にもよってきましたが、今はなんにもありません。

Himeajisai1115幟が立っていて、紫陽花祭りとか書いてたので少しだけ・・・。ヒメアジサイだそうです。

Yamaajisai1115ヤマアジサイだったかな?そういえば山の方でこんなんを見ることがあります。雨の日のアジサイは素敵だけど、なんかここのアジサイ園は彩りに欠けるように思うんですよね。白っぽい紫陽花ばかりが咲いているように思えます。

Kitamagotake1115念のために昨年、大き目のキノコがいろいろはえてたあたりによってみたら、なんとキタマゴタケがはえてました。去年は7月に撮ったはずなのにどうしたんでしょうね?

Kitamagotake1215キタマゴタケの卵です。大きく開いたのをさがしてみたのですが、すでに破壊されたキノコもあって残っているキタマゴタケは3個ほど。

Kitamagotake1315ちょっと歪ですが、これなんかはきっと明日には開いているでしょうね。

                 Sirohatumodoki2115 Sirohatumodoki2215

塔のあるあたりから梅林に渡る橋の手前にいつも大きなキノコがはえる場所があります。そしてこの季節にはいつもはえてるこのキノコたち。傷をつけても乳液は出ないのでシロハツモドキだと思うんですけどどうでしょう?

                Kinoko06111 Kinoko06113

Kinoko06112


その他、名前のわからないキノコたちも載せておきます。早い目に戻りましたが、帰るころには雨がよく降っていました。この程度の降りなら今日は鳥見に行った方がよかったのではないかとちょっと後悔しながらモノレールに乗るのでした。

May 09, 2015

いずれが菖蒲か杜若

Ayame1215

そろそろサンコウチョウが地元の公園にも現れるのではないかと思って、仕事に行く前にのぞいてきました。しかし、朝に鳴き声がきこえたらしいという話だけで目撃情報はなし。緑地の方にはオスが現れたというんで行かれた方もおられるようです。残念ながら緑地に様子を見に行くだけの時間的余裕もないので1時間ほど待ってみましたが現れません。

Kibitaki5115サンコウチョウは現れませんでしたが、キビタを見つけたので下からの画像だけですけど撮影camera

Ayame111512時をまわったので職場に向かいました。途中少しだけ寄り道をして先日テレビで放送していた近松公園のアヤメを見てきました。残念ながらほとんど花は終わってましたが、まだ咲いているのが少しだけあったのでそれを撮ってきました。よく「いずれアヤメかカキツバタ」といって区別がつきにくいことから優劣つけがたいほど優れていることの例えになっています。上の画像がアヤメです。垂れ下がってる外側の花弁の付け根に網目模様がるのが特徴です。カキツバタや花菖蒲と比べると今では人気薄というか一般には知られていない花になってしまってるように思います。

Kakitubata1115一輪だけカキツバタも花をつけてたので比較のために撮ってきました。アヤメでは網目模様になってる外花弁の付け根には白い筋模様が一本すっきりと入っています。区別つきにくいとはいうけれどわかりやすい違いだと思うんですけどね。開花期もアヤメは4月から5月にかけての花でカキツバタは5月の花、花菖蒲は梅雨時の6月の花です。この公園ではわざわざアヤメを水辺に持ってきて水が入らないように?植えてますが、本来アヤメは陸生の花ですので水辺では生育できません。カキツバタは湿地や池の縁などの水辺の花です。花菖蒲にいたっては水につかりっぱなしでは生育できませんが、花の時期にはわざわざ水を引き入れて菖蒲田にして楽しみます。おまけに菖蒲(ショウブ)と書いてアヤメと読むなんてことやってるからよけいに混乱してしまってます。そういえば花札の5月はアヤメの札だけど水と八つ橋が描かれているのでぜったいカキツバタですよね。日本人は季節の花を楽しむわりにはその花に関しての知識は適当でOKな国民なんでしょうね。

March 12, 2015

農業公園の梅

Nougyoukouen2115昨日、いつもの農業公園によってみたところ裏の紅梅と白梅が満開のようだったので今日は梅を撮ってきました。以前はこの場所にも梅のほかに牡丹が植わってたのですが、ボタンがなくなってなんかわからない木が植わってました。一番後ろにさがって梅を撮ろうとするとどうしてもその木が邪魔になって全体を撮る気になれません。真ん中あたりから真紅の紅梅をメインにして撮ってみました。

Nougyoukouen2215白梅も見事です。ここの梅の木はけっこう大きくて、あんまり剪定してないような印象です。

Ginmukudori6115梅の木を撮る前にこの公園のスター、ギンムクも撮ってましたが相変わらず下ばかり向いて歩き続けるので今一なものばかり。途中、また雪がふりだしたりするとても寒い日で今日もあんまりシャッターはきってません。これだけだと寂しいので以前撮った写真も載せておきます。

Mozu1115モズ♀をよく見かけます。白梅にとまってたのをカシャ camera

Mozu1215紅梅がらみも。こんな感じで梅にとまるアリスイが撮れたらいいのですが、最近はあまりみかけないようです。

Nougyoukouen1115
竹林を背景にいれた梅もいい雰囲気をだしてます。

Nougyoukouen1215竹に梅の図。ピントの位置がはっきりしてなくて後で見るとぱっとしません。

Mejiro4115定番の梅にメジロ。もう少し右にメジロが入ったらいいかもしれませんが、ちょっと真ん中すぎ。メジロも高い枝にとまることが多く、おまけに素早いので意外とこの公園ではメジロは撮りにくいように思います。梅の花が咲いてるうちにギンムクやらオオアカハラが梅の木にとまってるのが撮れたらいいのになあ・・・。

August 31, 2014

月下美人咲きます

Gekkabijin1114先日、美男蔓ことサネカズラを撮ったばかりですが、ベランダの月下美人が咲き始めましたので今日は美人さんを撮りました。  カメラの設定時間で8月31日11時46分↑

Gekkabijin121420時05分

Gekkabijin131420時49分

Gekkabijin141421時05分

Gekkabijin151421時20分

Gekkabijin161421時32分

Gekkabijin1714
21時49分

Gekkabijin1814
21時58分 約2時間ほどで開き切った感じなので今日はこれまで

July 03, 2014

雨の日は植物園へ

Kinugasatake1114今日は残念ながら一日雨の予報。こういう時は家でごろごろしていてもいいんですが、どうやら植物園にキヌガサタケが出ているらしいんで、電車に乗って見に行くことにしました。

Kyoutosyokubutuenn1214ここではいろんな種類の竹が植わってるのですが、キヌガサタケが出るのは主にキンメイモウソウチクという竹の生えてる区画のようです。

Kinugasatake1214キヌガサタケというと中華料理の食材として珍重されるキノコですけど、茸の天辺あたりの黒っぽい部分は胞子を運ぶ虫を呼ぶためにくさい匂いをだします。よく見るとわかりますが、赤っぽいショウジョウバエのような小さなハエがたくさん集まってきてます。レースのマントのような菌網がきれいに広がってるのを期待したのですが↑こんな程度でした。しかも今日開いてるキヌガサタケは一つだけで、あとはしわがれたキノコばっかり。

Kinugasatake1714背景の竹をいれて撮るには這いつくばるしかないのかも・・・。でも、今日は雨なのでちょっと遠慮して、こんなところで妥協することに。

Kinugasatake1614これがキヌガサタケのたまご。白いのかと思ってたらここのは赤いですね。短時間で柄がのびてからレースのマントが広がり半日で終わることが多いようです。今日みたいな雨の日はけっこうもつかもしれません。

                 Kinoko7114 Kinoko1814

ほかに何かないかと探すと竹の切り株からキノコが出てました。へ~、面白いやん。自然の花入れといったところでしょうか。黒くなったよくわからないキノコもありました。

Kyoutosyokubutuen1114雨は降っているけれど雨の中の散歩って嫌いじゃないんですよね。傘をさしてぶらぶらします。アジサイの花もよく咲いてるけどこれからの植物園はやっぱりハスの花ですね。

Hasu2114白いハスの花がいっぱい咲いてる池もなかなかきれいでした。雨の日は大きなハスの花びらは重いのですぐに形が崩れてしまいます。

Mannenntake1114お、梅の木の根っこのあたりにマンネンタケをみつけました。マンネンタケは霊芝といって薬になるとかで栽培されてたりするそうです。

                 Mannnenntake1214 Kinoko7214

雨が強く降り出したのでしかたなく戻り始めてるとやたら暗くなんにも生えてない場所にまたマンネンタケをみつけました。これ以外にも白いこれからマンネンタケになるかもしれない幼菌も沢山みつけました。で、あれ?と思ったのが右の茸。サルノコシカケみたいなんですが、なんか中心があるみたいに見えます。どないなってるんでしょう?中心部はキノコではなくて頭がのぞいてるだけの木なんでしょうか。

Kinugasatake1314ふたたび竹の生えてる場所に戻ってきました。そしたらさっきとは別の区画に折れたキヌガサタケと倒れてるキヌガサタケを見つけました。さっきは時々雨宿りするためにこの前のアンスリウムの展示場になんども入ってるのにぜんぜん気がつきませんでした。一応周囲を見渡してるはずなんですがこんなに白いのに気が付かないなんて・・・。倒れてるのを立ち上げようとしましたが頭が重くてダメみたい。雨脚も強くなったしお腹もすいたのでマクドによって今日はお終い。ま、今日は初めてキヌガサタケを見れたことやし一応収穫ありでした。

June 05, 2014

元祖テッセン&ゼフィルス

Tessen1314本物のテッセンの花を見てみたいと思ってたんですが、なかなかこれが咲いている場所というのが近場にないし、いつも花の時期が終わってから思い出すもんでずっと見れずにいてました。今日は雨の予報だったので蝶やら蜻蛉は無理だけど花なら多少の雨でも大丈夫と考えてやっとテッセンの居場所がわかった某公園まで出かけました。

Midorisijimi1214雨は降ってないものの曇り空で、おまけに風があります。それでも下草に降りているゼフィルスがいないものかと以前ミズイロオナガシジミを見たあたりまで行ってみました。すると、なんと目の前にミドリシジミがいてるじゃありませんか!ここは池もあちこちにあってハンノキもあるのでミドリシジミもいてるらしいということは知ってましたが本当にいてたんですね!

Midorisijimi1114最初いてた場所から飛んで笹の葉の上に移動してくれました。飛んだ時に羽の緑色が見えたのでオスだというのはわかりましたので日がさしたら開翅が見れるのではないかとしばらく見つめてましたが、日がさしても羽をこすり合わせるぐらいで全く開く気配がありません。向きが変わったので期待したんですが、とうとう羽は開かないまま、空がまた曇ってきたために断念。時間的にも遅かったのでしかたないかな・・・。

Tessen1414で、日本庭園の梅林下入りぐちにある垣根にテッセンはからみついていました。日本ではクレマチスの花はなんでもテッセンと呼ぶことが多いみたいですが、テッセンとは中国原産のこの花の名なんですね。現在多くの種類のクレマチスが花屋さんに行くとみられますが、テッセンはそういったクレマチスの交配親となった原種のクレマチスです。ちなみにテッセンという名の由来は針金のような丈夫な蔓からきてるとか。

Tessen1114白っぽい花びらのように見えるのはがく弁で中央周辺の紫色の部分は雄蕊だそうです。

Tessen1614花の咲き始めはこんなん。6弁星形のがく弁がとがっていて、これはこれできれいかも。

Hanasyoubu1114せっかく日本庭園に入ったのでぐるっと廻ってみることにしました。花菖蒲もきれいに咲いていてます。一番たくさん咲いているあたりを八つ橋をいれてそれなりに美しく撮ってみました。

Kohukitonbo1114蓮池にはコフキトンボがたくさん飛んでました。上から見るとシオカラトンボと区別しにくいですが、目の色が違うんでコフキトンボでいいと思います。

Sesujiitotonbo1114セスジイトトンボですね。目の色が緑色だし、背中のサイド側の黒条の中に一本細い淡色の線が見えます。

Mizuiroonagasijimi1114帰る前にもう一度ミドリシジミがいてた場所によってみましたが、やっぱりもういてませんでした。せっかくお天気になったのでもしかしたらと思ったけれどしかたないですね。その代わり今はこれといって何も植わっていない花の丘の周囲を囲むクヌギやコナラの中にミズイロオナガシジミを見つけました。アカシジミもいてたけど今日はいいよね。いよいよゼフィルスも本番です。

April 26, 2014

ボタンとムナグロ

Munaguro1914 昨日、キジを撮影したばかりの川にムナグロが入ってるというので今日も午前中撮影にでかけました。海老江干潟ではよくムナグロに似たダイゼンが見られることが多いんですが、ムナグロは一度見ただけなんですよね。できたらもっと大きく撮りたいので近場に来てくれないかなと思ってました。

Botan1114 牡丹園のある公園にバイクをとめて、見頃になったボタンの花を先ず撮影。ボタンの季節にここに来るとほとんど同じ構図で撮影してるので、もっといい構図で撮れないものかと思ってしまいます。

Munaguro1214 土手にあがって川の流れを見ながら川上をめざしてとぼとぼと歩きはじめます。どこかでキジの声が聞こえましたが姿は見えません。川はそこに生えてた木を切り倒され、緑の少ない埋め立て地状態になってました。蛇行する川の流れが終わるあたりでイソシギか何かが飛んだのを目で追いかけていて、それよりも大きな鳥が川の真ん中あたりの水たまりを歩くのを見つけました。カメラをとおしてみてムナグロだとわかりましたが、さすがに川の真ん中あたりでは大きく撮ることはできません。今日のところはデジタルズーム100倍の画像がほとんどです。

Munaguro1814 どこかに黒いのがいてると思い探してると同じように水たまりを歩いてる姿を発見。顔が黒い上に下ばかりむいてるので目なんかほとんどわかりませんね。ムナグロは雌雄同色の鳥だというので黒いからといってオスというわけではなく、黒いのが夏羽で茶色っぽいのは冬羽ということです。

Munaguro1314 ムナグロの動きがとまったと思ったら座り込んでしまいました。いつの間にか茶色いのんも横にきてすわってしまい休憩モードに。しかたなくいったん引いてコンビニまで行ってお茶を買ってきてこちらも休憩。

Botan1214 河原はゴミだらけで、可能なかぎりトリミングしてゴミが見えないようにしてますが限界があります。きれいな牡丹の花でも見ていただいて目の保養をしてください。

Tumakityou3114 ふたたび河川敷に戻るとツマキチョウ♀を見つけました。お昼前だというのに羽を閉じ休憩モードの姿勢でカラシナにとまってます。完全に羽を閉じてしまうと蝶だとはわからないですね。

Munaguro1414 ふたたび現場に戻って下向きのムナグロばかり撮ってると、時々ほかの鳥がやってくるけれど、遠いし小さいので正体がよくわかりません。

Tahibari1114 ほんのりと色づいてるのでピンときませんでしたが、タヒバリみたいですね。このタヒバリというのも大きく撮ってみたい鳥なんですけど近くに田んぼなんかない街ですので海の方で撮ったことがあるだけです。

Munaguro1614 そうこうしてるうちにほかのムナグロたちも集まってきました。昨日は7羽いてたそうですが、今日は5羽が集結してきました。ムナグロの羽の斑点にはダイゼンとちがって黄色い斑点がまじってるというのがわかりますでしょうか。ここで今日もお仕事タイムがやってきましたので今日はここまで。

より以前の記事一覧

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ