January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

自然

January 03, 2018

エノキタケとヒラタケ

Enokitake1118
明けましておめでとうございます。新年の初撮りに行ってきました。時々雪が降ったりするお天気でしたので、もしかしたら雪をかぶってる茸なんかが見られたらいいなと思って今日はトンネルのむこうがわへ。雪は残念ながら積もってませんでしたし、氷もはってません。しかし、緑の美しい苔の中にエノキタケをみつけました。
Enokitake11218
ここらへんの切り株にはもうエノキタケははえないのかと思ってましたが、季節をずらしてまだ生えてくるエノキタケもあるんですね。けっこう大きくて立派なのもあります。
Hiratake1118お、ここのヒラタケはいつもながら綺麗なヒラタケらしい濃い色をしてます。
Hiratake11218まだまだ新しいヒラタケが生えてきそうなイキオイがあります。ここで雪が降り出したので急いで雪がかぶらないところに移動。短い時間でけっこう降ったように思ったのですが、積もるほどではないしすぐに融けてしまいます。
Img_5002箕面でも見たことありますが、小さなキノコなのにツバもしっかりついてるキノコ。これはなんなんでしょうね。
                 Ruribitaki1118_2   Joubitaki1118
戻り始めたころヌルデ?の木にルリビタキ♀が現れ、続いてそれを追っ払いにジョウビタキ♂がとんできました。でも、白くくもってクリアにみえません。逆光気味のためレンズ内に光が入ってきてるのかと思ってたら、レンズそのものが結露でくもってるじゃありませんか・・・きっと雪が降って外気温が下がってしまったことが原因だな。
Img_5011
この前も撮ったけど柔軟なサルノコシカケ。ヤニタケかと思ってたけど厚みがないのでちょっと疑問に思ってました。傘の裏面は明るいグレーなのでどうやらヒメモグサタケというのが該当すると思います。ということで今日は鳥の声も少なくてほとんど鳥も出なかったので今年もキノコ探しがメインになりそうな予感がする新年の初撮りでした。
 

December 10, 2017

帰ってきたルリビタキⅡ

Ruribitaki123317

近くにトモエガモが現れたそうなので探しに行ったのですが、残念ながらペアで入ってた池も10羽ほどの群れが入っていた池ももう抜けてしまったそうです。しかたなくアオバトでも撮ろうと霊園に行ってみましたが、残念ながら少し休んでる間にアオバトが出たみたいで見ることはできませんでした。せっかく出てきたのにボーズというのも寂しいのでルリビタキもところへ。 Setugetuka_121117 ここは色んな椿を集めているので早咲きの椿を一種類。雪月花という椿です。 Ruribitaki123117 ルリビタキの来る切り株のところに到着するとすでにルリビタキ♂は登場してました。ほかのカメラマンの方々は引き上げてしまったので一人だけでルリビタキの再登場を待ってるといつのまにか目の前にいてました。
                  Ruribitaki123217 Ruribitaki123517
今日はカワラタケの上にとまってくれたのでキノコ絡みが撮れました。
Ruribitaki12
そして止まり木へ。もう夕方近くなので逆光になることもないけれど、背景の紅葉が終わりかけてるのが目立つようになってました。 Ruribitaki123417 まあ、ピントが後ろにこない限りぼけてるのでわからないとは思いますが・・・補正を+気味にして撮ってるのでちょっと色薄な感じになります。
Mimiji123217
まだ綺麗なモミジも撮ってみました。 Momiji12317 ええ色してますわ
                  Sazanka12117 Sazanka121217
サザンカの花を撮って今日は終了。

December 05, 2017

ルリビタキ♀とエノキタケなど

Ruribitaki121117

この前は珍鳥登場で大阪に進路変更したので今日はこの前の続きのつもりで再びトンネルのむこうがわへ。

                  Nikuusubatake12117_2 Nikuusubatake121217
ハイキングコースを歩いて山の周回路に行ってみました。枯れ葉がつもってるので地上生の茸は期待できないけど木に生える茸中心に捜索。まずはよく見かけるニクウスバタケから。傘の裏側はトゲ状の突起が集まってます。右の画像はたぶんその幼菌かと・・・
Murasakigomutake12117
ムラサキゴムタケもよく見かけました。
Osiroitake121117
白くてやわらいオシロイタケ
Daidaitake12117
傘の背面が広がってるダイダイタケ
Siitake12117
落枝が集めてあるところで一つだけシイタケを見つけました。
Moegibyoutake12117
雨のあと元気なモエギビョウタケもいっぱい
Ruribitaki121217
山の上は時間をかけて歩いたわりにはも一つだったので今度は泥濘の道へ。柿の木にルリビタキ♀がとまったので遠いけど夕方近くの光があたってきれいな山を背景にしてカシャcamera
Enokitake121117
泥濘の道も最近は草刈りやらしていて切り株や廃材も少なくなりすっかり見なくなったエノキタケでしたが、意外なところで見つけました。いままで草ぼうぼうで見れなかったところにある間伐材にでてました。
Enkitake121217
まるでナメコのようにぬめっているエノキタケ
                 Enokitake121317  Enokitake121417
そこにあったほぼすべての材にエノキタケが出てました。
Kinoko12051
去年でていた黄色いヒダのキノコは今年も枯れ木の上の方に出てました。遅い時間で暗くてよくわからないのでストロボを使用。黄色っぽくはあるけどちょっと違うような・・・
Kinoko12052
白こぶ病に冒されてるけどヒラタケなのかな? でも、溶け落ちることもなく乾燥した状態で春まであるんですよね。この木も途中で折れているため、そのうちに地上に横たわることになるだろうから川のほうに落ちなければその正体がわかるかも。

November 30, 2017

北摂大返し

Utatugumi11117

すっきりとした空模様ではないけれど今日は雨が降りそうにないということで名残の紅葉とかベニマシコなんかが撮れたらいいなと思ってトンネルのむこう側まで行ってみました。まだ河川の改修工事をやってるので時々ダンプカーなんかが走るけれど川の流れの音以外はあまり聞こえない静かなところです。

Momiji113117

紅葉ももう終わりかな?山の斜面に降り積もる散紅葉などを撮ってみましたが今一つ。

Tutiguri11217

工事現場を超えてさらに向こうまで足をのばしましたがツチグリを見つけただけでした。

Momiji113217

工事をしてるようでは上流でヤマセミとかベニマシコを探すのは無理だろうということで下流側に移動。橋のたもとの紅葉がきれいに見えたのでちょっと撮影。近くで見ると終わりかけなのがわかるのでよくないんですけどね。

 
Yanitake11117

泥濘の道を歩くと切り株なんかにはえてるサルノコシカケ類をよくみかけます。これが大きさや見た目にそぐわず柔軟でにできてます。

Yanitake111217

これらがなんなのか名前を特定できないのですが、候補としてはヤニタケとかいうのが近いように思うんですよね。ヤニタケは広葉樹型と針葉樹型があり、広葉樹型は縁が白いのだそうです。もっとじっくりとキノコや鳥を探したいとこなんですが大阪に珍鳥が出たというニュースが入ったのでそっちに行ってみることにしました。

Utatugumi112117

福知山線と環状線を乗り継いで到着するともう3時半。多くのカメラマンが見上げるけれどはっきりとここにとまっているといえる人もいてない状態。カシの木かなにか常緑の木の中にいるらしいのですが、曇り空ではたとえ見えてもシルエット状態。一度飛んで出たけれどすぐに逆戻りしたっきり。自分の力で探すのを諦めて人様のスコープをのぞかしてもらってやっと位置がわかりました。もう4時半ですので撮っても色もでません。白いお腹側の黒班が密にあるのが特徴らしいのでそれがきれいに撮れんことには見ただけに等しいよね。

                 Utatugumi11417  Utatugumi11317_2
 

いつだったか神社裏に一日だけ現れたことがあったらしいけど私は撮るのも見るのも初めてなので取り合えず証拠写真をGET。仕事がなければ明日もチャレンジしたいとこです。朝のうちに出かけようかと思ったけど歯医者の予約があるので再挑戦は次の休みになりそうです。それまでは是非いててちょうだい。

November 23, 2017

紅葉で賑わう箕面だが

Syasinten11117

   いつもお世話になってるキノコの先生たちの写真展が箕面でやってるので久しぶりに箕面まで行ってきました。紅葉狩りの観光客でにぎわってますが箕面の滝道は台風のせいで途中までしかいけなくて大滝まではいけません。時間がありましたら紅葉狩りのついでに駅前の箕面サンプラザ地下一階でやってる写真展を是非のぞいてみてください。
Momiji11217
箕面の紅葉です。あまり先の方まではいかなかったけどあまり期待しない方がいいような気がします。 Kisimejizoku11117 キノコをさっそく見つけました。なんとなくオリーブ色がかったようなキノコだけどヒダが黄色っぽいのでモエギタケではなさそうだし・・・
                 Kisimejizoku111217_2  Kisimejizoku111317_2
すぐ近くに出ていたボロイ茸を見てピンときました。これはシモフリシメジとかのキシメジの仲間だということ。シモフリシメジなら晩秋のキノコだし.針葉樹と広葉樹の混生林でもいいそうなので可能性大かも。でも、ヒダの色以外はミネシメジの方が近い気もするんですよね。
Usikamemusi11117 ベンチに腰かけて先ほど入手したウシカメムシを撮影することに。ウシカメムシは以前にもっと大きなのを撮ってるけど生きがよすぎてじっくり撮れてないので気温が下がってあまり動かなくなったのは撮影に都合がいい。
                  Usikamemusi11217 Usikamemusi11317
箕面なら誰しも考えると思うけど紅葉の葉に乗せて撮ってみました。このカメムシは背後から撮るとまったく頭が見えないのでもうちょっと別角度で撮った方がよかったかな?
                  Tisiotake11317 Kinoko11231
その近くで撮ったキノコです。チシオタケはわかるけどもう一つの明るい茶色のキノコはわかりません。小さなキノコだけどツバがしっかりとあります。

Musasabitake11317 もう少し先まで歩けるけど人も多いのでほかのキノコを探しながら山道を引き返すことに。廃材置き場にムササビタケくさいキノコがありました。 Wahidatake11117 こういったカワラタケやカイガラタケの類はたくさん出てるけどなにかこの密集してはえてるキノコが気になって足をとめてじっくり検討。暗くて老眼の目にははっきりわからなかったけどどうやらこれはワヒダタケらしい。しかもおかしなことに全部裏向きに生えてる。おそらく生えてる枝が転がって上下逆さまになってしまったまま成長してるようです。一枚取って右端に置いてあるのが表側。 Minoosi 日が暮れるのも早いので駅前のカラーマンホールの蓋を撮ってから帰宅

November 16, 2017

黒い花束

Kurohanabiranikawatake11117
二度あることは三度あるというから、今日も午前中はムラサキツバメ狙いで家から出たり入ったりして様子を伺いに行きましたが普通のムラサキシジミも含めて全く姿を見ませんでした。今日は休みの日だったので余裕があったのにこういう日に限って気温が低く日も差したり曇ったり(;ω;) しかたなく午後から緑地を徘徊してきました。 ここで「おっ」と思ったのがこのクロハナビラニカワタケと思われるキノコ。色は黒いけど花束みたいにゴージャスに見えます。惜しむらくはもう少し前に撮っていれば干からびていない褐色の部分も多くて瑞々しかっただろうにということ。
                 Kurohanabiranikawatake111217  Kurohanabiranikawatake111317
クロハナビラニカワタケはそれらしいものは撮ったことがあるけどもっと乾いた感じで小ぶりだったし、これほどの大きな塊は初めてみました。少しだけ取って暗褐色のゼラチン質っぽい花びらを確認しました。
Sirohara11117
何か鳥でもいてないかなと思って小鳥の森にもよってみましたが、遠くにアオジとシロハラを見たのみ
                 Benihigasa11117_3  Benihigasa111217
この季節に?・・・ベニヒガサとかそのようなもん
Hadairogasa111217
竹林のハダイロガサも見に行ったけれど今一つ気に入ったものはなし。
Hadairogasa11117
幼菌はまだあったのでもう少し見られるはず
Koganetake11117
今年もコガネタケがはえてました。傘がひらいてます。
                 Koganetake111217  Koganetake111317
一つとって傘の裏とまだ開いてないのも撮影
Sasakjurehitoyotake11117_2
コガネタケと一緒にササクレヒトヨタケも出てました。傘が開いて溶けてるものも多数。

November 12, 2017

布袋茸と白鹿の舌

Hoteitake11117

先日見つけたシロカノシタを見たいという人達を伴って再び山の公園へ行ってきました。あれから三日なのでまだあるといいのですが・・・
Kinoko11121

小さな名前もわからないキノコだけどツバもあるしかなり疎なヒダがありました。

Himewakahusatake11117

ナンモニア菌のヒメワカフサタケのようなキノコ。こんな所で小便するやつはいてないだろうけどワン公とかもよく来ているし、ミミズの死体なんかが分解されることも考えられるかな・・・

Kinoko11122

よく見かけるようなキノコだけど正体不明。ササタケあたりは怪しいかも。

 
                  Sirokanosita112117 Sirokanosita112217

で、目的のシロカノシタはまだありました。ひょっとしたらもう崩れて痕跡だけになってるかもと思ってたけどあまり変化のない状態で見つかって本当によかったなあ

Huusentake111317

石の下から出てきていたのでかなり歪な形をしてるけどこれもフウセンタケの仲間のようです。

                  Huusentake11117 Huusentake111217
も少しきれいなのもありました。下から見ると青紫色のヒダや柄の先がよく見えてきれいですね。
Hoteitake111317連れが変わったキノコを見つけました。ホテイタケというそうです。
Hoteitake111217帰ってからネットで調べてみましたが、あまり情報がのってません。珍しいのかな?
Sirokanosita112317

別のシロカノシタも見つけました。極端な偏芯性でシャモジ状です。

                  Sirokanosita112417 Sirokanosita112517

幼菌もありました。小さくても傘の裏はしっかり針状です。

Momiji11117

いよいよ秋も深まってモミジも色づいてましたので一枚

Doudantutuji11117真っ赤なドウダンツツジもいいけどこんな風に混色になってるのもいいかなと思って撮ってみました。 今日はあまり動かないで色々みれたのでよかった、よかった。

November 09, 2017

白鹿の舌など

Sirokanosita11117_2 雨もあがってとても良いお天気になったので電車に乗ってGO。山の公園に向かってテクテクと歩いてる途中、谷で初めて見るキノコをみつけました。Sirokanosita111217_3傘の裏がヒダではなくて針状になってるキノコでカノシタと呼ばれてるキノコです。肉眼的には薄黄色のキノコなんですが変種のシロカノシタの方が一般的にみられるそうなのでシロカノシタということにしておきます。 Sirokanosita111317_2ちょっと撮りにくい場所にはえてるので角度が悪いですが表面はわりとつるっとしてます。 Kisekirei11117_2谷に入る前の田んぼあたりを飛び回っていたキセキレイ。有刺鉄線の上にとまって痛くないのかな? Himetutihanmyou111217_2流れの向こうの休耕田の縁で見つけたヒメツチハンミョウです。きれいな紺色光沢の虫だけど、退化した羽に大きな腹部でまるで女王バチみたい。 Himetutihanmyou11117_2

葉を食べるんですね。肉食かと思ってました。

Huusentake11092以前クサウラベニタケがたくさん生えていた場所にもよってみましたが、みつかったのはフウセンタケの仲間のみ。
Kurorappatake112117

もう少しで公園というところでみつけたクロラッパタケ。たくさん出てたみたいでしたが、雨にうたれてほとんで傷んだものばかり。

Tutiguri11117

新鮮なツチグリを一つだけ発見

Tyawantake11091

前回もたくさんあったけど名前のわからないチャワンタケの仲間。けっこう大きなものもあってまるでミミブサタケみたい。

Hamasimeji11117

もっとたくさん出てるのを期待してたのですが、ハマシメジみたいなのでちっこいのをみつけました。

Hamasimeji111217

その下にはそこそこの大きさのもあったので傷物だけどこれも撮影。よく似たのにクマシメジというのもあるけど褐色味があるように思えたのでハマシメジということにしておきます。

                 Huusentakemodoki111217  Huusentakemodki112217

フウセンタケモドキでいいのかどうか・・・柄の中ほどにツバの名残のような茶色い部分が目立つのが気になります。

Hirohanokikaigaratake11117

松の木が多いのでもっとたくさん生えていてもいいように思うのだけど見つけたのはこの木だけ。ヒロハノキカイガラタケです。

Amitake11117

傘がお猪口になっていて形は悪いけどアミタケを見つけました。

                 Amitake111217  Amitake111317

これは形はまだましだけど、裏を見るともうボロボロ

Akayamatake11117

色は黄色だけどきれいなアカヤマタケを一つみつけました。

Kaigaratake11091

えっ!と思ったのがこの赤いカイガラタケ。何か名前があるのかと思って探しましたがわかりませんでした。

                 Amatake11117  Morinokarebatakezoku11093

モリノカレバタケの仲間だと思うけどよくわかりません。左のは柄が赤っぽいのでアマタケかもしれません。

Aoji11117鳥の撮影をよくしてた辺りは台風の倒木の処理がまだ済んでないらしくて立ち入り禁止になってました。かろうじてアオジの姿を見たので記念写真を撮って今日は終了
 

November 05, 2017

菊は撮れずに小粒ダケ

Kotubutake111517_2

昨日仕事前にキクイタダキがいてるという公園に行ってきたのですが、キクイタダキの姿は確認したものの全くシャッターはおせずに時間切れ。今日はそのリベンジのつもりで再び公園まで行ってきました。

Kurokonomatyou11117_2ムラサキシジミがよく日光浴する場所にやってくるとクロコノマチョウがいてました。

Murasakisijimi11117やっぱり日光浴に現れたムラサキシジミ

                  Kawarahiwa11117 Kawarahiwa111217

カワラヒワは飛んでくるけれどキクイタダキの姿は今日はなし

                 Kotubutake111217  Kotubutake11317

昨日は足を踏み入れなかったあたりに行ってみると大きすぎるコツブタケがたくさんありました。大半が胞子の塊だったり抜き取られたりしてましたが、いくつかはまだましなものがあったので撮影。それにしてもこんなに大きなコツブタケを見たのは初めてです。

Kotubutake111417コツブタケの切断面

Murasakisimeji11117松葉の下から大きめのムラサキシメジが出てきてました。よくにたウスムラサキシメジというものがあるらしいので次みつけたら臭いも嗅いでみたいとおもいます。

Hiratake11117ヒラタケも大きなのがありました。藤棚のフジの木から出てるものもあり。

                 Akahatu1117  Akahatu111217

このての茸はもうすっかりしなびてミイラみたいになってましたが一つだけましなものがあったのがこのアカハツ。ヒダがきれいなオレンジ色をしてるので裏を見て識別。

Asagimadara11117

公園の入り口あたりを飛び回っていたアサギマダラ♀

                 Himeakatateha11117  Himeakatateha111217

河川敷にもおりてみました。ヒメアカタテハが目の前にとまったので一枚camera

Satokudamakimodokiムラサキツバメでもいてないかと思って見て回っていたマテバシイに飛んできたサトクダマキモドキ 。今日は面白いものにはあまり遭遇しなかったので次回に期待することにします。

November 02, 2017

食べられるかも

Bunasimeji111317

お天気もいいことだしブナシメジが見つかるといいなと思って捜索がてら都に上ってきました。
Murasakisimeji11117_2ムラサキシジミ♀  ムラサキツバメを期待してたんやけどね。
                  Kinoko11021 Kinoko10022
ヒラタケの幼菌かもしれないけど、こんなに密集してはえるものなのか???
 
Bunasimeji11117_2ブナシメジってこれ。スーパーで売ってるかな?
                 Bunasimeji111217_2   Bunasimeji111417
傘の表面に大理石模様があるのが特徴らしい
Hiratake11117_2
お、マイタケや!・・と思ったけどヒダがあるので色の薄いヒラタケですわ。
Kawamurahuusentake11117
以前マイタケを見た場所にいったけど木は健在だったがなにもなく、向いの木の付け根にカワムラフウセンタケがたくさん出てました。
                 Yabuniwatake111217  Yabuniwatake11117
竹藪なんかにはえるのでヤブニワタケ
Hiratake111217
ヒラタケらしいヒラタケ
Kikukaten11117
菊花展 ドクターイエローかな?
Tairingiku11117
大菊の花壇
                 Bonsaijitake11117  Kengaigiku11117
盆栽仕立てとか懸崖菊も見事です。
Syuumeigiku11117
シュウメイギク
 
Nakaragijinja11117
紅葉はこれからだな
Atori11117_2
今期初アトリ
Atori111217
人が来るので飛んだけどすぐに近くに降りてきました。
 
Kyoutosyokubutuen11117
台風被害で立ち入り禁止の場所もけっこうあってキノコの捜索には今一つかな?
Hataketyadaigoke11117
ハタケチャダイゴケだけど中身はもうほとんど流れ出たあとでした。
 

より以前の記事一覧