October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

自然

October 14, 2018

そこはかとなく秋

Numerisugitakemodoki10118 山にお出かけしてもあんまりキノコは生えてないような感じの今日この頃。しかし、本日は意外といろいろなキノコに出会えました。

Hatakesimeji101218まずは道端のハタケシメジがお出迎え

Hatakesimeji10118たくさんあったのでもう一枚。


Samatumodoki10118
サマツモドキ

Sakebatake10118サケバタケですね。ずいぶんと立体的です。

             Kinoko10141   Kinoko10142

ウラベニホテイシメジだということでしたが、傘の表面に指で押したようなシミみたいな斑がみられないので断定しづらい。それ以外ではウラベニホテイシメジらしさが出てると思うのだが・・・

Kihiratake10118お、キヒラタケ!以前に一度撮っただけでその後出会いがなかった茸です。

Kihiratake101218裏面はこんなん

Numerisugitakemodoki101218続いて、見たいと思ってたヌメリスギタケモドキと思われる茸。触ってみて柄にぬめりがなく傘表面のトゲトゲの褐色が濃いでヌメリスギタケモドキとしました。


Numerisugitakemodoki101318
下から見上げるとこんなん。 


Supponnyadoritake10118
スッポンヤドリタケ。スッポンタケに寄生するキノコです。


Suppontake10118
近くにスッポンタケの卵がありました。すでに抜き取られたものがあったので半分に切るとこんな状態。成菌を見てみたいものです。


Kuriirokarakasatake10118
クリイロカラカサタケっぽいキノコ。本当はどうでしょうね。


Kabentake10118
カベンタケ

            Kinoko10143     Kinoko10144

今日の不明菌。左はフウセンタケの仲間らしいけどはっきりしません。右は草地でみつけたやや小型にキノコ。傘表面のシミがウラベニホテイシメジっぽいので気になって撮ってみました。


Yamasyakuyaku10118
ヤマシャクヤクの実なのだそうです。赤と黒の対比が美しい。秋のキノコがいよいよ本格的になる気配がただようお山でした。

            Sanagitake102118  Sanagitake102218_3 

オマケ。昨日のサナギタケっぽい冬虫夏草を撮りなおしてみました。

October 13, 2018

鹿の舌と冬虫夏草

Toutyuukasou10118_3

久しぶりに酷道の公園を歩いてきました。ここの公園は虫目当てで歩いたことはあるのですがキノコ探しで歩いたことはほとんどないんですよね。
Naratake102118最初に撮ったのはこのナラタケっぽいキノコ。間伐材の側面からでてました。
Kinoko10131休憩所あたりにたくさんはえてましたが名前は不明。もしかしたらこれもナラタケなのか?でもここらを歩くとズボンにいっぱい草の実がついてしまうんですよね。野山を歩くには困ったシーズンになってしまいました。
Kinoko10132柄の長さのわりに傘がちいさい黄色のキノコ。おそらくアキヤマタケだと思います。
Akatateha10118アカタテハが樹液にきてました。
Naginatatake10118キソウメンタケかナギナタタケだと思いますが、どっちなんでしょうね。
 
Kanosita101218 箕面でカノシタが出てたという話を聞いたばかりでしたが、やはり東のお山にもでてました。
Kanosita10118   シロカノシタでは?とおもわせる色の薄い普通のカノシタ?
Toutyuukasou101318もうちょっと登ると展望台というところでみつけた冬虫夏草。さあ、下から何が出てくるか・・
Yuuhi10131展望台を降りる頃、夕日が沈み始めたのが拝めました。
Mujinatake10118急いで山を下りる途中でみつけた。ムジナタケっぽいキノコ

Toutyuukasou101218
掘り出した冬虫夏草を洗ってみた。体をくの字に曲げた何かわからない虫が出てきました。さて、これは何じゃらほい??? 蛾のサナギや幼虫からでるサナギタケというのが近いように思うけど、これは幼虫なのかも?

October 11, 2018

野駒

Nogoma10118雨が降ったりやんだりで出かけようかどうしようか迷ってましたが、いつもの公園にノゴマ♂が入ってたようなので様子見に行ってみました。ノゴマは朝から行方不明でいてるかどうかわからないようでしたがキビタキなどはいてるようなのでねばってみました。
Kibitaki10118  きれいなキビタ♂がいてたのですが良い場所にとまってくれずに辛うじて上半身だけ。
Kosamebitaki102118キビメスだろうとシャッターをきるとコサメビタキが意外と多い
Nogoma101218そうこうしているうちにノゴマ♂が昨日いてたあたりにいてるというので参戦。
Nogoma101318   このノゴマくん、足にリングがついてました。一度捕獲され調査用に放たれたものですね。いったいどこで捕獲されたのでしょう。
             Nogoma101518  Nogoma101418
辺りがだんだん暗くなってきてシャッタースピードがのびなくなったので適当に撮って終了。
             Tubukarakasatake101218  Tubukarakasatake10118
ノゴマの公園から遠くない公園で数日前にみつけたキノコ。おそらくツブカラカサタケとその近縁種だと思うけど、どうなったかと思って今日ものぞいてみました。
Img_5029数は増えて傘がひらいてたけどダンゴムシなどの食料となっていてきれいな状態ではないのが残念。
Kurogesijimitake10218雨が降ると元気をとりもどすのかクロゲシジミタケの類がいい感じでした。
Kiserugai10118キセルガイがついてたので一緒に撮影。ナメクジとかカタツムリみたいにこいつもキノコを食べるのかな?

October 07, 2018

黒い杜鵑

Hototogisu10118ホトトギスの幼鳥が撮り放題だったと聞いたので見に行ってきました。いつものツツドリの丘だろうと思って行ったら今日は梅林の真ん中にある木がステージでした。

Hototogisu101418 正直ホトトギスを近くで撮ったことがほとんどないので幼鳥でも大歓迎。現場に到着した時は後ろ向きだったのでまずは後ろ姿から。背景の青空がきれいでよかったな

Hototogisu101518 もう一枚青空背景で

             Hototogisu101618  Hototogisu101718

確かに胸の横斑はツツドリと比べると本数が少ない感じに見えますね。

Hototogisu1011218毛虫などの餌は多いのかな

             Hototogisu101818 Hototogisu1011318

エンジェルポーズもたびたび見ることができたし、

Hototogisu1011118低いところにも降りてきてくれました。

Hototogisu101918そろそろ飽きてきたので帰ろうとした時にもう一羽ずいぶんとお顔のあたりがぼろい感じのが現れました。

             Tutudori101318_3  Tutudori10118_3                       

換羽中だからこんなお顔なんでしょうね。それにどうやら水を飲んだらしくて濡れているみたいで胸のあたりの横斑が不明瞭。下尾筒の斑が明瞭なのでツツドリの方が可能性あるみたいです。なんか少し大きいような気がしたんですよね。

Koutakerui10118ここまで来たのでB公園まで足をのばしてみましたがキノコはナメクジに食害されてしまったものが多くてボロボロ。以前も撮ったけどコウタケの仲間らしきキノコもこの有様・・・。相変わらず名前がはっきりしません。

             Naratakemodoki10118 Oohimenokasa10118

大急ぎで歩いたので丁寧に探せたわけではないけどキノコはも一つでした。ナラタケモドキとかオオヒメノカサらしきキノコを撮って今日は終了

Hototogisu1007 ホトトギスを撮ったのでオマケも今日はホトトギスの花です。

October 04, 2018

小雨模様でもキノコ

Uramurasakisimeji10118休みのたびに雨やら台風やらでまったく出かけられません。今日も天気予報では曇りのち雨でお出かけしない方がいい日和。しかし、雨が降ったら帰ってくればいいだろうと電車に乗ってトンネルのむこうがわへ。
ハイキングコースを歩いていてチチアワタケを見つけました。今日の天気では歩いてる人も少ないのでキノコも蹴飛ばされずにあるのがうれしいですね。
Akahatu10118アカハツもきれいな状態でした。
Kiiroiguti10118キイロイグチ
Benityawantakemodoki10118落枝についてた目にも鮮やかな赤。ベニチャワンタケモドキのほうかな?
Naratake10118やっと目的地に到着。今日は上の方には行くつもりはないので下の方でみつけたナラタケ類。集団ではなく単品ではえてました。
             Kiiroasetake10118_2  Kabairoturutake10118
いつもは行かない脇道の方を少し登ってみました。こちらの道の方は視界が広く見えるのでキノコがはえてれば見つけやすいんですよ。と、いうことでキイロアセタケカバイロツルタケを発見
Murasakihoukitakemodoki10118ムラサキホウキタケモドキの群生。たくさんムラサキホウキタケモドキ がはえてるのって初めてみました。できたらモドキのつかない方を撮りたかったな・・
Kisoumentake10118キソウメンタケですね。
Tuetake10118斜面が急になってきたのでそれ以上は登らずに下におりてまたハイキングコースの方へ。これはツエタケなのかな?
Togaritukimitake10118トガリツキミタケが一つだけはえてました。
Uramurasakisimeji101218ここに来るまでにいくつも出てたけれど痛みがひどくていいものがなかったウラムラサキシメジ・・・たぶん。
Uramurasakisimeji101318やっとベンチ横にはえてたやたら大きなので当たりをひきました。これこそウラムラサキシメジ。この鮮やかなヒダの色を撮りたかったんですよ。傘の表側のゴミをもう少しどけてから撮影するべきやったかな
対岸の泥濘の道も歩いたけれど草茫々であまりキノコは見つけられず。もしかしたらドクササコかな?と思って撮ったのがこれ。傘の裏が白くないので違うみたいでしたが、もしかしたらチチタケ類だったかも。傷をつけて乳液が出るかどうかを確認するべきでした。今日は久しぶりに歩いて疲れたのでこれにて終了      
 
 

September 27, 2018

筒鳥と今日のキノコ

地元の公園にもツツドリが入ってるようなので久しぶりに鳥目的ででかけました。

Husahimehoukitake91118
  いつもの公園に行く前に少し東側の公園にも寄ってみましたが、ここも前の台風の影響ががものすごく西半分ほどが立ち入り禁止になってました。鳥の声もしないので下見てキノコばかりを探してると鉄柵沿いに置かれてる材にフサヒメホウキタケを発見
Kurogesijimitake91118 これはあまり見たことがないような・・・どうやらクロゲシジミタケみたいですね。
Kotubutake92118今年もみつけた大きなコツブタケ。二つ見つけたので一つを半分に切って並べてみました。
             Samatumodoki91118 Samatumodoki91218
お、と思ったのがその近くにはえてたスモモのような赤い色をしたキノコ。近くの松の切り株からも小さな幼菌が顔を出してました。傘の表面は鱗片がありブツブツした感じでヒダは黄色・・・家に帰ってからも調べてましたが目立つ色のキノコなのにこれはというものがありません。赤いキノコで黄色いヒダをした松に生えたりするキノコというと・・・サマツモドキ!たぶんこれ。幼菌なんか見たことなかったのでわかりませんでしたがこの同定があたってるかどうか気になるところです。
ネットで他のキノコを見ている時にほぼ同じ形状と色のキノコをみつけました。ミドリスギタケといわれてるもののようです。
他にもツマミタケとかアンズタケといったこの公園では見たことのないキノコもあったのですが、雨に打たれて残念な姿でした。
Amasagi91118
いつもの公園に裏の田んぼ方面から入ろうとすると田んぼの中に白いサギを発見。小さい上に嘴の色が黄色をしてることに気がつきました。
Amasagi91218足の指を見たいので歩いてるところを撮影。コサギと違って足の指も黄色じゃなくて真っ黒。これは間違いなくアマサギですね。亜麻色の羽毛をしてない白いアマサギってあまり撮ることないのでまた後で撮ろうと思ってたらいつの間にかどこかいなくなってました。
Tutudori91118で、今日の目的のツツドリ。梅の木は背が低くて良いけど枝が多すぎでとまり物の撮影にはちょっと難しいかな
             Tutudori91218  Tutudori91318_2
木陰にいるのを何枚か撮影
Tutudori91518_2地元の皆さんはツツドリが地面に降りて落ちてる虫 を捕るのを狙ってるみたいでしたが、何度か下に降りたのは見たけどまったく手がでませんでした。
Kosamebitaki92118裏にオオルリ♂若とかエゾビタキがやって来るみたいでしたが撮れたのはけっきょくコサメビタキだけでした。ということで本日はここまで。

September 25, 2018

今日のキノコ

Yukirappatake91318今日もキノコを求めて西の聖山へ。池の周囲を歩いていて見つけた白いアンズタケのようなキノコ
             Yukirappatake91118 Yukirappatake91218
帰ってから色々調べて一番近いと思われるのがユキラッパタケなんですが、どうでしょう。
Akayamadori92118毎度おなじみのアカヤマタケです。やっと成菌が撮れました。
Kiirooohuusentake92118青いキノコが以前はえてた場所に行きましたがキイロオオフウセンタケ?のちっこいのを見つけたのみ。
Ooonitengutake91118さっきのキイロオオフウセンタケとは違って、今度は大きすぎるやろうというのがオオオニテングタケ。煙草の箱の横の長さが5㎝とするとざっと25㎝以上の直径があります。
Daidaiiguti91118ダイダイイグチもあちこちではえてました。
Sazanamiiguti91118上の方のダイダイイグチを見に行った時に近くに生えてた柄が薄黄色のイグチ。サザナミイグチだと思うんですが、これは珍しい部類かも。
Zaraenoharatake91118ツバの下に見える柄がささくれてるのがわかるのでザラエノハラタケ
Sidarehanabitake91118シダレハナビタケでええかな
             Tamagotake92118 Tamagotake92218
遠くに見える赤い色を目指して突撃。このお山で初めてタマゴタケを見つけました。
Nigakuritake91118ニガクリタケも出てました。
             Iguti9241 Iguti9242
なんやろう?ニガイグチっぽいような
Hinatutigaki91118 ヒナツチガキかな?抜き取って裏を見ればわかるかも
Kuriiroigutimodoki91118クリイロイグチモドキとかいうやつですね。柄がごつごつやし、傘の表面が和紙っぽいな。
             Thiramisutengutake91118  Iguti9243
ティラミステングタケかな?傘の粉がとれたら白いなんてある?右のコゲチャイロガワリみたいなのも傘の裏は茶色ではなさそうやし・・・
Onitengutake91118 大鬼天狗茸があるなら天狗茸も存在するはず。しかし、オニテングタケに関する情報はネットでは少なすぎてこれがそのオニテングタケに該当するのかどうかはわかりませんがそれっぽい色なので・・もう少しきれいな状態の傘を撮りたかったな。
Hanabiranikawatake91118ハナビラニカワタケをみつけました。ナメクジなどに食べられてるところがあるのが残念。
             Niseasibeniiguti91118 Niseasibeniiguti91218
ニセアシベニイグチのような違うような・・・管孔が薄くて変色性が弱いというけど他のキノコを解体してみないと比較しにくいな・・
Wahidatake91118珍しくワヒダタケを見つけたので一枚はがして裏面のヒダも撮ってみました。今日のところはこれまで。

September 17, 2018

妖菌ウォッチ

Koubouhude91118
9月16日撮影分
自動車に乗せてもらってお山の上にキノコ撮りに行ってきました。
Tamagotake91118 タマゴタケとしては小さかったけれどいい色をしてます。派手な色のキノコは毒キノコと思っている人も多いけれど、食菌だとわかっている人は手当たり次第に採取していくため無事な姿を見ることは少ないかも。
Hebinukahokori91118粘菌のヘビヌカホコリ。もっと大きく広がっているものもあったけど、この何かの模様のようなのが気に入りました。

Asinagaiguti91118
とても柄の長いイグチ類でアシナガイグチというそうです。これは短い方かな?
Koarahoukitake91118コアラホウキタケ。近縁種もあるようなのでたぶんそこらへんの
Hiiroharitake91118昨年は奈良で濃い藍色のアイコウヤクタケというのを撮ったけれど、こちらはそれとは対照的に黄橙色が美しいヒイロハリタケ
Usukimomiuramodoki92118ウスキモミウラモドキでいいのかな?
Tuetake91118ツエタケでいいと思う。よく見ると傘の中央部に皺がある。
Koubouhude91218昨年は一本だけが長くあったようだが今年は数が増えた分、背が低くなったように思うコウボウフデというキノコ。
Koubouhude91318「弘法は筆を選ばず」というのがこのキノコの名の由来。書の達人弘法大師もこれでは字が書けないだろうな
Momijitake91118イボタケ類でモミジタケ 。もうちょっと枯れ葉をどけてから撮影した方がよかったかな・・
Kappaturutake91118カッパツルタケ、仮称なのかどうかは知らないが河童の頭のような傘が面白い
Usukitengutake91118傘についた泥をなんとかしたかったがぬめりがあって断念。ウスキテングタケです。
Sirotenhutake91118外被膜の残片が傘の上に乗っかって傘の縁にも内被膜の残骸が垂れ下がってなんか幽霊っぽいのがシロテングタケ
Sirotengutake91218頭に泥をのせたまま大きくなったのでまるで〇〇〇がのっかてるみたい。これでは便所の幽霊や
 
Siroonitakemodoki91118シロオニタケモドキかな?傘の方の褐色が弱いように思えるし、大型菌のはずなのに普通の大きさだったところが怪しい

Konakaburitengutake91118
コナカブリテングタケかティラミステングタケか迷ったキノコ。柄のツバが残ってたらティラミスとしただろうな。もっと色々撮ってるけどまたそのうちに。    
 

September 13, 2018

復活キノコ祭り

Kobityanigaiguti91118_2台風のあと、やっと休みと天気があってキノコ探しができる条件がそろったのでヘルメットマウンテンに行ってきました。といっても今日の天気予報は曇りのち雨。ゆっくりはしてられません。この夏の酷暑ですっかり休眠状態だったキノコが台風の雨などできっと目覚めたはず・・・

Akayamadori91118池を目指していると意外な所にアカヤマタケを発見。まだ幼菌ですね。

Budounigaiguti91118ブドウニガイグチは幼菌の方が紫色がはっきりして見えていいかも

             Edanasitunohokori91118   Tamatunohokori91118

橋の下の湿地付近にはエダナシツノホコリとかタマツノホコリが出てました。

Oribusakaadukitake91118オリーブサカズキタケだな

             Togariakayamatake91118 Birodokuriiroiguti91118

トガリアカヤマタケとちっこいビロードクリイロイグチ

            Yaguratake91118  Usukimomiuramodoki91118

正体不明のきちゃないキノコからでてたヤグラタケウスキモミウラモドキと思われるキノコ

Noutake91118雨が降るとどこにでも現れるノウタケ

Numerikoujitake91118

池の周りはもひとつだったので急いで山の裏へ。ヌメリコウジタケもたくさん出てました。

             Kobityanigaiguti91218  Siroonitake91118

森の中にはコビチャニガイグチとかシロオニタケ

             Nisenumerikoujitake91118  Nisenumerikoujitake91218

このキノコもよく見かけました。表はヌメリコウジタケ風だが裏はアミタケっぽい管孔をしてます。ニセヌメリコウジタケ(仮)というらしいです。

Asibosonigaiguti91118この黄色っぽくて裏が白っぽいキノコもたくさん出てますが名前がよくわかりませんでした。どうやらアシボソニガイグチというらしいです。ごく普通によくあるイグチなのに図鑑にはあまり載らないキノコだとか・・

             Tengutake91118 Hourokutake91118

渋いところではテングタケとかホウロクタケらしいのを発見

Tubuibotake91118 このイボタケ類もはっきり名前がわかりません。ツブイボタケというのが一番近いように思うけど皺が多いのでちがうかな?

Hanagasaiguti91118ハナガサイグチを見るのも久しぶり。

             Kikubanaiguti92118 Beniiguti91118_2

今日いたるところで見れたのがキクバナイグチベニイグチ

Utubohokori91118とうとう粘菌の切り株のある分かれ道付近まで来てしまいました。相変わらずちっこいウツボホコリっぽいのがでてます。


Susukeyamadori91118
気になるキノコを発見。家に帰ってから時間をかけて正体を探しましたが絶対にこれといったものがみつからなくて

             Kuroawatake91118_2 Kuroawatake91218 

候補としてあげられるのがススケヤマドリタケというのとクロアワタケ。傘の裏の色なんかはクロアワタケが近いように思うけど・・・

            Kikkouawatake91118  Kikkouawatake91218

傘の表面に細かいひび割れがあったキノコ。キッコウアワタケでええかな

Haiiroonitake91118

ハイカグラテングタケは大型菌で柄も灰色で粉っぽいそうなのでこれはハイイロオニタケだと思う。ササクレハイイロオニタケというのもあるらしいがあまり情報がないのでよくわかりません。

Mamehokori91118これも粘菌。その名もマメホコリ

Nagaenourabeniiguti91118ナガエノウラベニイグチです。大きいのもあったんですがあまりきれいではなかったので傘の裏を撮るためにちっこいのを撮影

             Yamadoritakemodoki91118   Midorinigaiguti91118

少し展望台近くに寄り道。ヤマドリタケモドキとかミドリニガイグチがありました。

Kaentake91118雨が降る前に帰りたいので急いでいる時に気がついた赤い蝋燭。カエンタケですやん。

Akakitunekasa91118アカキツネガサでいいと思います。これも初めて撮るキノコ

Hanmyou91118今日のおまけ。ハンミョウがいてました。そういえば今日はキノコばっかしで虫にあまり遭遇してなかったな。

August 30, 2018

ぱっとしないけど

Kokuwagata81118雨も降ったのでキノコの様子が気になってきて今日は鳥撮りには行かずに西の聖山にキノコの様子を見に行ってきました。たしかに地面には湿り気もあるのですが・・・。最初に目についたのは柵の向こうの樫の木の樹液でみつけたやや小型の甲虫。カナブンなんかはもうほとんどいてなくて高いところにハナムグリの姿が見えるだけでしたが、こいつは目線の高さにいてたので気がつきました。ざらっとした表面からしてコクワガタ♀だと思います。

Uraginsijimi81118ウラギンシジミが近くにとまってくれたのでカシャcamera

Kuroageha81118クロアゲハが吸水にきていて周りを飛んだりとまったりを繰り返してました。

Mayutateakane81218マユタテアカネのオス

Mayutateakane81118マユタテアカネ♀のノシメ型

Miyamaakane81118サギソウを見ようと行った先でみつけたミヤマアカネ♀

Himeakane81118ヒメアカネ♀もいてました。

Ruritateha82118ルリタテハの裏側

Sagisou81118今日はやや遠いところで咲いていたサギソウ

Risuakane81118リスアカネがきれいでした。

Utubohokori81118ウツボホコリかな?前見たものよりかなりちっこいような


Hokoritake81118
ホコリタケの仲間

Susuhokori82118キフシススホコリとススホコリの区別がつかないのでススホコリということに


Kinoko8301
やっとみつけたキノコらしいキノコ。キコガサタケかと思って撮ったけどなんか違う感じ。今日は粘菌はともかくキノコ全体にまだ休眠中みたいでした。

より以前の記事一覧