June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

自然

June 17, 2018

若草茸と玉虫など

Wakakusatake61118ひょっとしたら何かキノコとかゼフィルスとかが見られないかと考えて今日はB公園へ。一応ゼフィルス類が見られそうな所を歩きましたが今日はこれといった蝶には会いませんでした。ということでキノコ中心で撮影。
Nagaenotyawantake61118まだ出てきたばかりのものが多いけれどナガエノチャワンタケじゃないかと思います。しかしこれでは長柄とは言いにくいな・・・クラガタノボリリュウタケというのもありかもしれません。
Tamamusi61118クヌギやコナラの木の下にゼフィルスが降りてきていないかとみて回っていると蝶のかわりにタマムシが降りてきました。
             Tamamusi61218 Tamamusi61318
このタマムシは草に上るのがへたくそでちょっと助けて木に登らせてあげました。
Kinoko6171チップを撒いてある所に出ていたキノコです。ワカフサタケの仲間かな?
トホシオサゾウムシを捕まえたのでベンチにすわってゆっくり撮影するつもりでしたがいつのまにか袋の口が少し開いていたようで、逃げられてしまってるのをベンチに腰掛けてからやっと気がつきました。残念(。>0<。)
             Hanasyoubu61118 Hasu61118
6月の花といえば花菖蒲や紫陽花ですが、ハスの花がもう咲いてましたので一応撮影。
Wakakusatake61218ワカクサタケのきれいなのがあったので
             Wakakusatake61418 Wakakusatake61318
古くなるとぜんぜん若草色ではなくなってしまうんですよね。
            Nioikobenitake61118  Kinoko6172
可愛いニオイコベニタケとキララタケっぽいキノコ
Kityahatu61118キチャハツかな?
Hoozukikamemusi61118ホオズキカメムシを見つけました。
             Arigumo61218   Arigumo61118
へんな蟻やなと思ったらアリグモ♀というクモだそうです。
Oohiumenokasa61118オオヒメノカサみたいだけど大きくはないな・・
Oohimenokasa62118↑これがその成菌
Banpakukouen61118帰り際によったトイレの近くの花壇がきれいだったのでこれも撮影

Banpakukouen61218
もう一枚。ブルーサルビアがきれいでした。ということで平地の公園よりは山の方に行くべきだったかなと思った一日でした。

June 14, 2018

ホウキタケとミドリカミキリ

Houkitake61118今日は雨も降りそうにないのでホウキタケが出てるというお山をトボトボと登ってきました。この時期は晴れてるならゼフィルスがいてるような山やら公園やらに行った方がいいとは思いますが↑こういったピンク色のホウキタケって見たことないんですよね。

Img_1775 紅葉の名所なので本家ミスジチョウが現れました。ミスジチョウはモミジを食草にする年一化の蝶ですが、なかなかモミジとセットで撮らしてくれないんですよね。

Dabidosanae61118ダビドサナエもいてました。大人しいので近接撮影させてくれるかと思ったのですが、それは断られました。

Kiironikawatake61118なにか他にキノコが出てないかと思って少し捜索。キイロニカワタケを見つけましたがゴミがつきやすくて今一つ

Urabenigasa62118ウラベニガサでいいかと・・・

Tuetake61118山道を登っていて一本だけみつけたツエタケっぽいキノコ。何かよくわかりません。

Houkitake61318やっとお目当てのホウキタケのある所にたどり着きました。

Houkitake61218ホウキタケの付け根のあたりは太いと本にありましたが、本当なんですね。

Houkitake61418 傷みの少ないところをアップ

Kanzoutake61118 きれいではないけどカンゾウタケがまだありました。

Midorikamikiri61118展望台で一休みしようと上がってみるとすぐ下にはえてるネズミモチっぽい花でグレーのトラカミキリを見つけたので追いかけてると別のカミキリムシが登場。ちょっと渋い金緑色をしてるミドリカミキリです。見てみたかったんですよね。ヽ(´▽`)/

Midorikamikiri61318ずっと花の中に頭を突っ込んでるので顔がなかなか撮れません。

Midorikamikiri61218マルハナバチさん?とツーショット

Midorikamikiri61418もうちょっと緑色がきれいに出てほしいところです。


Miyamakawatonbo61118
山から下りる頃にはすっかり曇ってました。川でミヤマカワトンボ♂を少し撮影

             Inesenbontake61118  Kusagikamemusi61118

出始めのイヌセンボンタケクサギカメムシなどもいてました。


Himekobuotosibumi62118
ヒメコブオトシブミの黒いやつです。背中のコブと後ろ脚に黒い部分があるのでヒメクロオトシブミとは違うのがわかります。コアカソなどの野草を食草にしてるので下の方を見ていてもみつかるかもしれません。本日はこれまで。

June 07, 2018

今年初のクワガタムシは!

Akaasikuwagata61118_2今日は雨が降らないようなので箕面のお山に連れて行ってもらいました。今はすたれてしまったとはいえ昔は昆虫採集の三大メッカとも呼ばれたこともあるところです。探せば今でも意外な虫たちと遭遇することがあります。

Hujihamusi61118藤のつるについていたのでフジハムシ

Himegomadaraotosibumi61218ヒメゴマダラオトシブミです。黒一色ではなく赤っぽい斑もはいってます。

              Himegomadaraotosibumi61118   Himegomadaraotosibumi61318

同じくヒメゴマダラオトシブミ

Nenkin06071雨上がりは粘菌が元気です。 ツノホコリだそうです。

            Oosemitake61118  Amisugitake6118_2

冬虫夏草のオオセミタケアミスギタケの裏

Ookiiromarunomihamusi61118前の方から撮りたかったな・・オオキイロマルノミハムシかな

Daidaitake61118開ききったダイダイタケ。ヒダはかなり疎なんですね。

Akaasikuwagata61318切り株の中をのぞいてびっくり!クワガタムシがいてるじゃありませんか。

Akaasikuwagata61418洞の中から拾い上げてさっそくモデルになってもらいました。撮ってる時は大あごについてる歯が一つだと思ってたのでコクワガタだと思っていたのですが帰ってから大きくしてみると

Akaasikuwagata61218_2

大顎に歯が三つついてるのがわかりました。ということはこのクワガタムシはアカアシクワガタということになります。

             Akaasikuwagata61518   Akaasikuwagata61618

アカアシクワガタは初めて見るクワガタムシですのでもっとたくさん色んな角度から撮っておけばよかった・・・

Takekareha61118車に乗ってさらに移動して山の田んぼの周辺で撮った 虫たち。まずは羽化したばかりにタケカレハ

Namiotosibumi61118初めてみたけどナミオトシブミ

Tobiirotunozemi61118トビイロツノゼミやったかな?

Yamaimohamusi61118ヤマイモハムシだな

Atobosihamusi61118アワフキムシのタマゴが入ってる泡についていたアトボシハムシ。ハムシなのでタマゴ泥棒ではないと思うけどここに産卵するつもりなのか?ほかにも色々撮ったけど名前もはっきりしないものが多いのでまたそのうちに。   

June 04, 2018

今期初ゼフィルス

Mizuiroonagasijimi61218
早いものでもう6月なんですね。6月といえばゼフィルスの季節。さっそくA公園まで行ってきました。まずはいつものように川沿いに公園を目指します。
Gunbaitonbo61118川沿いの草を刈り取られ整備されてたけれどかろうじてグンバイトンボ♂の姿を見つけることができました。
Yamasanae61118角度は悪いけれどヤマサナエみたいです。
Mizubenonisezukintake61118山から水が滲みだしたのがたまってる小さな水たまりの中にミズベノニセズキンタケと思われるとても小さなキノコが今年も出てました。
Mizuiroonagasijimi61118  公園内で木の下の方にミズイロオナガシジミを発見。今期お初です。離れて撮ってましたが風が吹いて葉が揺れるのでボツを連発。
Mizuiroonagasijimi61318
大人しいので近接撮影もできました。しかし、後ろの枯れ葉が気になるので取り除こうとしたらやっぱり飛んで行ってしまいました。けっきょくゼフィルスが撮れたのはこれ一頭のみ。ここはまだ栗の花がほとんど咲いてないのでこれからですね。
Nenkin61118
切り株の洞の中をのぞき込むと粘菌と思われるピンク色のブツブツを発見。以前ピンク色の塊を触ろうとしたら気持ち悪い幼虫の塊だったことがあってちょっと不安があります。名前はまたそのうちに・・・
Nenkin61218
これも粘菌(変形菌)ですよね。シロジクモジホコリかな?
Kitunetake61118
キツネタケですね。大きいのから小さいのまで色々ありました。
Monosasitonbo61118_2
これはグバイトンボではなくモノサシトンボです。
Hutasujisanae61118
池にいてたフタスジサナエです。久しぶりに見ました。
Kurohositutuhamusi61118
池のハンノキについてたクロボシツツハムシ
Kurohositutuhamusi61218
テントウムシにそっくりです。鳥はテントウムシの臭いがきらいなのでテントウムシに擬態してるという話があります。
Namitentou61118
ジンガサハムシを探す畑横でみつけたちょっと変わった模様のナミテントウ。ドクロベエだべえ~。ということで今日は終了

May 31, 2018

雉と虫@猪名川

Kiji52118
シロハラクイナは雨や曇りだとよく出るということだったので今日は絶好のクイナ日和。ものすごく期待して猪名川へ。しかし、シロハラクイナはこの三日間でていないとか・・・。その代わりにずっと出っぱなしだったのがキジ♂、ずっと同じところで羽繕いをしてました。
Kiji52218
キジの伸び~。はじめてみました。
Kiji52318
一声鳴いて
Kiji52418
バタバタ、シャッタースピードがのびなくて今一つだったかな
Kiji52518
河原の散歩
Kiji52618
カラスなんか無視。
Kiji52718
シロハラクイナの出現を期待してるあたりに飛んで行ってまたバタバタ
             Kaminarihamusi52118  Kaminarihamusi52218
今日、猪名川でみつけた虫。カミナリハムシかな?
             Marukamemusi51118  Nanahositentou51118
マルカメムシとナナホシテントウ
Kiirokawakagerou51118
キイロカワカゲロウだと思います。きれいな色をしてました。雨が降り出したので正午前には撤収しましたが、このシロハラクイナ好みの天気に目撃がないということはどこか他の場所に移動してしまったのかもしれません。新たな目撃情報がでるまでしばらくは鳥は開店休業です。

May 27, 2018

きれいなテントウムシ

Namitentou51118
シロハラクイナ目当てで朝早くI川まで行ってきました。6時から8時まで立ってましたが残念ながら見ることはできませんでした。やっぱり曇りとか雨の日でないと出が悪いのでしょうか。それとも抜けてしまったのか・・・
Kiji52118
かわりにそこに現れたのがキジ♂、あんまり愛想良くない。
Sasagoi
ササゴイだって飛んできました。
Benisijimi51118
あんまり暇なので朝から元気なニシジミを撮ってしまいました。これ以上待っても暑くなるだけなので帰ってひと眠りすることに。
Usikamemusi51218
お昼から緑地に行って虫探し。ウシカメムシをGET!
Namitentou51318
キノコでも探そうかと思っていつもの所に渡る信号前でみつけたのがナミテントウ。テントウムシというとナナホシテントウが有名ですが面白いのはこのナミテントウ。黒地に赤斑がここらでは一般的だけど紋の数や地色に変化がありここのヒメジョオン?には3種類のナミテントウがいてました。
Namitentou51218
赤地に黒点を散りばめているうえになにやら黒い模様まであるおかしなナミテントウ
Namitentou51418
とても美しいと思ったのが朱赤地の無斑型のナミテントウ。ほかにもなにやらハムシっぽいものもいてました。
                           Sasakurehitoyotake51118  Oogumutake51118
キノコはササクレヒトヨタケが出ていたことと、いつもキクラゲがはえてる切り株にオオゴムタケが出ていたことぐらい。
Rurikubibosohamusi51118
ルリホソクビハムシかな?最初ツユクサにいてたのでキバラホソクビハムシの可能性もあるかも・・・
Kometukimusi51118
コメツキムシの仲間だけど名前はまたそのうちに
Urabenigasa51118
池のまわりの柳類を見て回ってた時にみつけたウラベニガサの仲間と思われるキノコ。今日は疲れたのでこれまで。

May 26, 2018

狐と虫

Kitune51118
5月25日撮影分  I川になにやら鳥がいてたというので仕事前に行って見たのですが・・・
Naganijigomimusidamasi52118
その前に甲山で採集してきたナガニジゴミムシダマシの撮影。
             Naganisjigomimusidamasi52218  Naganijigomimusidamasi52218
きっと直射日光のあたる場所で撮るともっときれいな色に見えるんだと思うのですがはっきりせんとこが虹のええとこやと思うんですよ。
Sebosijoukai51218
で、鳥を探しに行った川の柳類で見つけた虫、セボシジョウカイ
             Sebosijoukai51318  Sebosijoukai51118
頭部と背中側の二か所に黒い点があるのでセボシジョウカイというのだそうです。
Kitune51218
で、鳥の方はけっきょく姿を見ることはできませんでした。その代わりにに現れたのがこのキツネ。朝にもいてたそうですが、キツネがいてるようでは鳥は出てこないだろうということで仕事にGO。

May 24, 2018

花撮って虫撮って、しぶ~

Tokisou51318
雨もあがって今日はいい天気。雨が降ったので何か新しいキノコがはえてるかもと思って今日はいつもの西の聖山へ。さあ何が見られるかお楽しみ・・・
Aragekikurage51118_2
まずは雨の後には元気になるアラゲキクラゲ
Gohontogezatoumusi51118
落ち葉の上を歩いていた謎の生物。一見 蜘蛛だが妙に足が長い。ザトウムシにしては体がでかすぎ。帰って時間をかけて検索した結果、ゴホントゲザトウムシが一番近いと思われます。こんなんがおったんや、へえ~・・
Yumigomimusidamasi51118
前にもどこかで撮ったような気がするけどユミゴミムシダマシ
Yamaguwa51118
一本だけあったマグワの実。キツネノワンとかキツネノヤリがでないかな
Tokisou51118_2
お山の裏道には何も見つけられなくてトキソウが咲いてるかもしれないのでのぞいてみました。
Tokisou51218
数は咲いているけど向きが悪いものばかり
Kurohanabiranikawatake51118
さらに先に進むとクロハナビラニカワタケの塊がありました。
Sirokikurage51118
こっちはシロキクラゲですね。久しぶりにきれいなのを見ました。
Tubame51218
今年生まれの子燕かな?河原を飛び回ってました。
Yanagihamusi51118_2
ここに来た理由の一つ、ヤナギハムシです。アカメヤナギの芽にくらいついてるのを捕獲しましたが、影が濃すぎてうまく撮れません。
Ooruri53118
ヤナギハムシを探していた時に近くで鳴いていたのがこのオオルリ♂。下から見上げたのではお腹しか撮れないのが残念。ホトトギスも鳴いてるけど近くで鳴いてる様子がない。帰ろうかとした時にどこからかカッコウの声が聞こえてました。近くではなさそうなので探す気にもなれませんでしたが、公園内を移動してる時も声をきいたのでお山の西側のどこかに来ていたと思われます。いつかカッコウも撮ってみたいものです。

May 20, 2018

ハムシとか色々

Daidaigasa51118
久しぶりにトンネルのむこうがわのハイキングコースを歩いてきました。駅を降りるとすぐにコルリの囀りかな?という声が聞こえてきました。このシーズンは鳥の声も楽しめるのがいいんですよね。ハイキングコースは今日はさすがに人が多くて他の道を歩こうかなという気になりましたが、すぐに可愛いダイダイガサを見つけたので気をよくしてそのまま前進。
Torahusijimi51118
エゴの木の花が咲いてる淵の所でオトシブミを探してると横のウツギにトラフシジミが飛んできました。
             Torahusijimi51218  Torahusijimi51318
花にはとまらない様子なのでよく見ると産卵にきてたんですね。トラフシジミというと葛とかマメ科の植物が食草だと思ってましたが、ウツギなんかもOKみたいです。
Tyabanetuyahamusi51118
錆びた鉄柵の上を歩いてるハムシを見つけましたが止まってくれそうもないので採集してまたゆっくりと撮ることにしました。フジハムシにしては丸みがないし赤味もたりないのでチャバネツヤハムシあたりかな?ここにはオニグルミがたくさんあって川に枝を垂らしてるものもあるので手の届くものの中から小さな虫を数匹採集できました。
Hoozukitake51118
さていつもの場所に到着したので冬虫夏草でもないかとみて歩いてると枝を集めてあるところでちょっと変わったキノコを見つけました。ホオズキタケです。
Hozukitake51218
まだ小さなものでしたが傷ついた部分が赤くなってました。肉眼ではもっと黄色く見えたのですが違和感なく画像処理するとこんなところですね。
Hamusi5201
帰り道もトンネルのあたりでサンコウチョウの声はきいたけれど姿は見えないのでハムシなどを撮りながら引き返します。ハムシって大概名前がわからないんですよね。調べてもはっきりしないものが多すぎ。↑これも名前はまたそのうちに。
Ruriusubahamusi51118
これも上から見たら細い形をしてますが、横から見るとそうでもないような・・・カミナリハムシかルリウスバハムシを候補にあげときます。
Murasakihokori51118
木のベンチの横からはえてたムラサキホコリとツノフノリタケのような茸
             Akaganesaruhamusi53114  Akaganesaruhamusi53214
駅近くまで戻ってきて足がとまりました。人工物に絡みついてる蔓性植物がどうもヤマブドウくさい。もしかしたらと思って探すといてました、アカガネサルハムシです。近接撮影ができる距離ではないけれど一撮影。
Himekurootosibumi51118
うちに戻ってきてから蛍光灯の下ですが採集してきたヒメクロオトシブミ
Kurumihamusi51118
クルミハムシを少し撮影。続きはまた明日にでも。

May 17, 2018

裏筋茶碗茸など@B公園

Urasujityawantake51118
そろそろ鳥よりは虫やキノコの方がよくなってくる季節かな・・と考えて今日は進歩と調和のB公園へ。いつもここへは電車を利用するけれど乗り換えが面倒な気がして今日は原付で。二輪を駐車場におくと一日200円いることがわかった。
Kawarihatu51118
苔の上に出ていたキノコ。カワリハツなのかな?
             Yakenoakayamatake51118  Akenoakayamatake52118
最初は何かわからなかったが近くにはえてた右側のキノコをみてピンときました。傘の表面の繊維紋からしてヤケノアカヤマタケだと思います。ここではごく普通にはえてるキノコだけど大半は真っ黒になったのばかり。
Dokubenitake51118
ドクベニタケなのかな?
             Kinoko5181  Kinoko51218
とても小さなキノコです。アカヤマタケの近縁種??
Itatitake52218
イタチタケが群生してました。
             Mujinatake51118  Kinoko5183_2  
左のはムジナタケのようにも見えるけど傘の毛がなさすぎで疑問あり。右のは正体不明
Tessenn51118
今年もきれいに咲いてたテッセン。テッセンは中国から伝わったクレマチスの名前。日本ではクレマチスの和名だと思われてるけれど本当はクレマチスの原種の一つの名。最近ではあまり見かけないように思う。
Akayamatake51118
これは黒変もしてないので開ききった普通のアカヤマタケではないかと思います。
Oosemitake53118
オオセミタケですが、先に白い綿くず状のものがついてます。カビなのかそれとも胞子がでてるのか?
Hokoritake5118
ホコリタケがなかなか可愛い
Urasujityawantake51318
ヌスビトハギか何かがはえてるところをのぞき込むと大きなウラスジチャワンタケを見つけました。なんか久しぶりに見たような・・
             Urasujityawantake51418  Urasujityawantake51518
これ以外にも枯れ葉の中にはたくさん出てました。枯れ葉と同化してるので注意しないとわかりませんね。
Tengutake51118
ここではよく見かけるタイプのテングタケの幼菌。しかし、この色の薄さは本当に普通のテングタケなのか疑問に思ってます。
Popi5118
花の丘のポピーは盛りがすぎたのかな。ということで今日はこれでおしまい。
 
 

より以前の記事一覧