自然

June 11, 2017

帰ってきた玉ちゃん

Tamasigi61217
 
どんよりとしたお天気でしたが昼から回復するという天気予報でしたので今日は久しぶりに赤い橋の公園にゼフィルス探し。ゼフィルスだけではなく今日のここでの目的はヒルガオの花につくジンガサハムシを探すことです。栗の木があるところに寄り道してみましたが今日はぼろっとしたアカシジミが近くにいただけでこれといったものがみつかりません。が、そこで意外なものを発見 Sumirehokoritake61117 これってスミレホコリタケだと思うんですよ。かなり虫食いでしたが、もうこんなものが出るシーズンなんですね。 Hosimisuji62117 坂道をボチボチ歩きながら蝶を撮って歩きました。これはホシミスジですね。ミスジチョウも期待したのですが今日はお留守のようでした。Namihikage61117 ごく普通のヒカゲチョウですが今期初撮影 Kimadaraseseri61117 キマダラセセリも久しぶりに見ました。 Akasijimi62117 やっとたどり着いた赤い橋から下をみてましたがいてたのはやっぱりアカシジミだけ。
Awabuki61117
アワブキの花がさいていました。アワブキはアオバセセリやスミナガシの食草です。葉っぱがなかなか特徴があって整然と並んだ葉脈がきれいです。
Uguisu61117
一応展望台に上ってみましたが収穫もなく下山。途中でウグイスが大きな声で鳴いてましたが、声を出すときに限ってうしろを向いたりするもんですから口があいたのは撮れませんでした。
Akagoromobyoukin61117
これは・・・?竹につく赤衣病菌みたいですが、これは竹じゃないですよね。触ると表面は乾いていて発泡スチロールみたいな感触。
Akasijimi62217_2
もう一度栗の木のところに行くとこんどはまだきれいなアカシジミが一頭だけいてました。
Namitentou61117_2
神社の駐車場端で見つけたナミテントウ。地色と星の数はけっこうバリエーションがあるんだそうです。
Murasakisijimi62117
ウィルス病ですっかり梅の木がなくなった梅林でムラサキシジミ♂をみつけました。なんか久しぶり。
Tamasigi61117_2
なんかこれといった収穫がないので少し電車で戻ってそこから歩きでタマシギの田んぼへ。メスがいなくなったと聞いてたのですが今日はメスもいてました。もしかしたら後妻さんなのかも?でも、遠いんですよね。50倍で撮ってもこの大きさ。
Tamasigi61817
100倍だとこれぐらいには撮れます。卵を抱いてたり子育て中のタマシギ♂はみますが、ペアのタマシギはあまり撮ったことないんですよね。
Ooyosikiri61117
タマシギはぜんぜん動きがないので以前シロハラクイナを撮ったところに行ってみました。ここならヒルガオもあるだろうと捜索中にオオヨシキリが近くで鳴いてくれたので一撮影。ヒルガオはあるけどジンガサハムシは見つけられません。ということは、やっぱり山に行かないといてないのかも。
Tamasigi61517
タマシギの田んぼに戻って来るとタマシギはさらに遠くに移動してました。反対側から撮った方が近いけど逆光になるのでやっぱり西側から撮影。
                 Tamasigi61617_2  Tamasigi61417_2
今日はオスの方が隠れがちなのであまり撮ってません。
Keri61117
ケリの雛が出てきてましたのでこれも。すっかり大きくなってますね。
                 Keri61317  Keri61217
ケリの親と雛の集団
 
Tamasigi61717
もう帰ろうとすると動きがあったりするもんですからなかなか離れられなくて6時過ぎまでここにいてました。今日は歩きすぎで疲れたので今度はあまり歩かないところに行きたいな・・・。

June 08, 2017

6月の雨後

Hanasyoubu6117_3 曇りだったらタマシギでも見に行くつもりでいてたのですが、どうやらいつもの場所のタマシギはメスがいなくなったらしいので今日は雨後のキノコや虫を探しにB公園に行ってみました。いつもは電車で行くのですがバイクでも行けるだろうと原付にガソリン入れてスタートしました。ところが西入口を素通りして北入り口に行ってしまったので歩きで引き返す距離が少し増えてしまいました。ま、それはいいとしてすぐに気になるものを発見。 Hirugao61117 ヒルガオの花がたくさん咲いてました。ヒルガオにはジンガサハムシがつくときいてたのでもしかしたらと思って探してみたのですが見つかりません。やっぱり山の方でないとダメなのでしょうか。 Tohosiosazoumusi61117 いつもゼイフィルスを探す場所を目指して歩くのですがそこでちょっと色のかわったゾウムシを見つけました。トホシオサゾウムシというやつだと思います。 Hitoyotake61117 ヒトヨタケっぽいキノコも出てました。 Murasakisijimi61117 ハンノキをチェックしていたらムラサキシジミを見つけました。下のほうでとまってくれると翅の表が見れるかもしれないのに・・・ Kawasemi61117 池にはカワセミの若いのんがずっと同じ場所にいてました。 Muasirohositentou61317
ベンチに腰かけて帽子をとると帽子の上にものすごく小さなテントウムシがついてました。
Muasirohositentou61217
かえってから調べるとムーアシロホシテントウみたいです。あまりにも小さいのでいつもなら無視してるところですが今日はあまりいいものには出会えそうな気がしません。
Mizuiroonagasijimi61117
なんどもミズイロオナガシジミをよく見かける場所あたりを歩くのですが、やっと見つけたのが高いクヌギの木の上で、周囲の枝葉が邪魔してまともなのは撮れそうにありません。それにポツポツと雨が降り出すと蝶の方も隠れてしまったので今日は断念することに。
Kurourihamusi61117
クロウリハムシと思われる虫が飛んできて葉裏に隠れたので一応これも撮影
Kinoko61117
チップの上にはなにやらキノコがはえてましたが正体は不明
Kikurage61117
頭の上のキクラゲがきれいでした。
Suehirotake61117
雨をすって大きくなったんでしょうか?ずいぶんと立派なスエヒロタケがありました。
Hansyoubu61217
いそいで日本庭園の方にも入ってきました。花菖蒲がきれいな季節ですね。クリノキはないようだったけどマテバシイに花がたくさんついてるのでもしかしたらこっちの方で探すとゼフィルスも見つかるかも
Kinoko61217
ツヤツヤに光るツルタケのような小さなキノコが一つ。
Benitake61117ベニタケ類だけど名前はわかりません。
Kinoko61317バイクの所に引き返していていつもは行かないあたりを歩いていて見つけたキノコ。傷物だけどキチャハツのような???
Kinoko61417
さてこれもわからないキノコです。
Kekogasatake61117
ケコガサタケっぽい小さなキノコ。柄に毛があるか抜いてみるべきだったかな?
Itatitake61117
いつもこの時期にいっぱい生えてるイタチタケらしいキノコ。もっと開いたのもたくさん生えてました。ということで急いで撤収。行きよりも帰りが不安なんですよ~(;;;´Д`)
 

June 05, 2017

舞い降りた西風の神

Uragomadarasijimi62117_2
 
ゼフィルスの季節だというのにここんとこ苦しい画像しか撮れてないので今日は栗の花にやってくるゼフィルス狙いでトンネルのむこうがわへ。いつも同じ栗の木で撮影するのでほかにもないかと思って対岸も少し捜索。 上流側から下流方面を目指して歩いているうちにちょっと異質なものをみつけました。Maruunka61117
葉っぱの真ん中にある丸い物体。横から見た画像では虫っぽくなくて豆とか木の実のような感じ。足がのぞいてるのがわかりますでしょうか?マルウンカと呼ばれてる虫です。初めて見ました。
Ojirosanae61117
道の真ん中に何かとまったので見てみるととても華奢なオジロサナエがいてました。とてもきれいな個体なので角度をかえてもう少し撮りたかったのですが飛んでしまい、低空飛行で走ってきた車の正面へ・・・その後のオジロサナエの行方は不明。
Kakumuenbenihotaru61117
赤くてきれいな虫もいてました。こういった色と形の虫はけっこういててコメツキムシやアカハネムシの仲間にもいてます。胸の形とか翅の筋からカクムネベニホタルということにしときます。
Akasijimi62117
駐車場上の栗の木は花がいっぱい咲いてましたが今日は風があって難しいなと思っていたらすぐ横にアカシジミがとまってくれました。
                 Tengutyou61117  Tengutyou61217
ウツギの花にはテングチョウがよくやってきてました。
Akasijimi62217
いつもの栗の木もだいぶん咲いてきてます。さっそくアカシジミも蜜吸に きてました。
                 Akasijimi62317  Akasijimi62417
栗の木にばかり注意してるといつのまにか下の方を飛ぶアカシジミが現れてウツギの木の下に潜り込んだのでストロボを使って撮影。ちょっと光線がきつかったかな?
Uragomadarasijimi62517
今日はアカシジミよりはミズイロオナガシジミが見れたらいいなと思ってたんですが、歩いているとなにやら白い蝶が飛んできて壁の下の方にとまりました。よく見るとウラゴマダラシジミじゃないですか!でも、横向きで下の方ににとまられると撮りにくいんですよね。
                 Uragomadarasijimi62217  Uragomadarasijimi62317
おまけに日があたると白飛びしてわかりにくい。そこで思いついたのがスポット測光。左が中央重点式で右がスポット測光で撮ったものです。
Uragomadarasijimi62417
じっとしてくれてるんで羽を開くのかと思って待ってましたがついに開かずに飛んで行ってしまいました。
Utugi61117
大株になったウツギがとてもきれいでしたので記念写真camera
Daimyouseseri61117
ダイミョウセセリが下にとまってくれたのでこれも撮影 。なんかダイミョウセセリを撮るのって久しぶり
Siitate61117
山の上の方にある栗の木には何かきてるかもと思って山道を登りましたが見つけたのはちょっとぼろいシイタケらしきキノコと
Tatunamisou62117
この前撮ったタツナミソとは葉がちがうやつが朽ち木の天然プランターから出てたぐらい。
Yasou06051
それと最初はカタバミかと思ってたけど葉も違うし色も淡い上品なピンクをしてる花を見つけました。なんかオシロイバナみたいにも見えるこの花はいったい???
今日はこんなもんでええかなということで下山して終了。
 
 
 

June 03, 2017

一文字亀の子葉虫と遠いアカシジミなど

Itimonjikamenokohamusi51117
 
見てみたいと思っていたジンガサハムシの仲間を捕まえたというので見せてもらうついでにハンノキのある公園で今日は虫探しです。まずはそのイチモンジカメノコハムシから
Itimonjikamenokohamusi51217_2 ペタっと張り付いてるように見える虫ですが、足だして歩くし飛ぶんですよ。 Tabesanae61117 タベサナエのメスですね。春のサナエトンボですが、この時期にまだいてるんですね。 Ooitotonbo61117 一頭だけみつけたオオイトトンボと思われる個体。 Himeuranamijanome61117 ヒメウラナミジャノメは合体中。あまり撮らない蝶だけどペアになってるのは初めて撮ったかも Ooruri62117 オオルリ♂が飛んできてきれいな声でさえずってくれました。
Yamatokurosujihebitonbo61117
休憩してるところに飛んできた奇怪な生物。ヤマトクロスジヘビトンボだと思います。
Itimonjityou61117
イチモンジチョウも今期初撮影
Sisobatatunamisou61117
おそらくタツナミソウの仲間のシソバタツナミソウだと思います。
Akasijimi61117
駐車場まで戻ってきてやっとゼフィルスを見つけました。普通のアカシジミだけどあまりにも遠い。
Akasijimi61217
100倍の画像でやっとこの大きさです。このほかにも小さなハムシの類は撮ってるけど名前を調べるのに時間もかかるのでまたそのうちに。

June 01, 2017

手強いウラゴとええ声のオオルリ

 
ゼフィルスの中では早く現れるウラゴマダラシジミを探しに久しぶりのお山に行ってきました。以前はわりとサービスがよかったこの山のウラゴですが今日は本当にとまってくれません。 Kiasidokuga61117 蝶ではないけれど白いフワフワと飛ぶ蛾がとても多くて白っぽい蝶を探すのになんか邪魔です。キアシドクガとかいう蛾のようです。 Hosimizuji61117 最初に撮ったのはホシミスジ。今日は裏面を載せておきます。 Misujityou61117 つづいて本家ミスジチョウMonsirotyou61117_2 カモミールの花にはモンシロチョウ Kinirojoukai61117 紫がかった光沢のあるきれいなキンイロジョウカイ Rabenda61117 ラベンダーの花はあまり伸びてないようなのでこれからかな?
Madaraasinagakinbae61117
今日は気温が高いせいかおとなしく撮らしてくれる蝶が少ないのでおとなしく撮らしてくれたマダラアシナガキンバエも貼っておきます。
Uragomadarasijimi61117
そしてついにウラゴマダラシジミを見つけました。しかし、何頭もいてるにもかかわらず昼間から追尾行動で忙しく全く見えるところにとまってくれません。ねばりにねばってやっと一頭GET!
Uragomadarasijimi61317
羽の表の色はよくわかりませんが開翅してくれました。この後も徒歩で山を下りていくと所どころでウラゴは見つけたのですがとまってくれないのは同じでさっぱり撮れませんでした。朝のうちなら撮れるかもしれないけど山の上まで早い時間に登って来るのはちょっと無理ですね。
                 Kuwanomi61117  Kiui61117
クワの実とキウイの花なんかもありました。
Ojiroasinagazoumusi61117_2
オジロアシナガゾウムシと思います。
Ooruri61417_2
下山途中で近くで鳴いてくれてたオオルリ♂
                 Ooruri61217_2  Ooruri61317_2
谷間のせいかエコーがかかったようにええ声で鳴き続けてくれました。
Ooruei61117_2
背中の方も撮りたかったんですけど枝が邪魔して撮れませんでした。
 
Siraketorakamikiri61117_2
はじめて見たカミキリムシ。たぶんシラケトラカミキリかと・・・
Kurohikage61117
最後に駅の近くでクロヒカゲを撮って今日は終了。
Koubesi61117
オマケはマンホールの蓋
 

May 28, 2017

ちょっとだけよ

Akasijimi5117
 
5月も末になるとゼフィルスが登場してると思うので今日は捜索を兼ねて西の聖山へ。ここでは飛んでいるアカシジミを見たことはあるけれど撮ったことはないんですよね。で、結論から言うと確かにアカシジミはもう登場してました。しかし、まともには撮れてません。もう夕方だったので探しもしてなかったんですが、帰り際に広場から下にはえてる桜の木を見たときに気がついたんですよね・・・。どこかきれいに撮れる場所はないかと思ってうろうろしてたのが気に入らなかったのか高いところに飛んで行ってしまいました。残念! Kamiurokotake51117 それ以外にはたいしたものは撮れてません。枯れ木にカミウロコタケみたいなのが厚くついてたので撮ってみました。 Himekabairotake51117 ヒメカバイロタケも見つけました。 Kuroitotonbo52117 河原の方にもいってみましたが池でクロイトトンボを撮っただけ。ここの池、タヌキモがはえるようになったんや。 Ibota51117 外周路に沿ってイボタの木もはえているけれどウラゴマダラシジミはいてないのでしょうか。遠くの方からホトトギスの声が聞こえてくるけど声が近づくこともないので探す気にもなりません。
Omanoketake51117
いつものコースを歩きましたが今日はキノコはダメ。ウマノケタケと思われるものはありましたがうまく写ってません。
Tokisou51117
トキソウが今年も花を咲かせてましたので撮影。去年は虫食いだったりしてきれいなのが撮れてないんですよね。
                 Tokisou51217  Tokisou51317
トキソウはラン科の植物で、そういえばきれいなリップ(唇弁)がついてます。レッドデータで準絶滅危惧種。一茎に一枚だけの葉をつけるんだそうです。
Utugi51117
ウツギの花もきれいに咲いてました。次はトンネルの向こう側のハイキングコースに行こうかな。
Ruritateha51117
アカシジミに逃げられて可哀そうに思ったのかルリタテハが近くにとまってくれました。う・・・もっときれいなの撮りた~い(。>0<。)

May 21, 2017

春のトンボとヒクイナ、コジュケイ

Honnsanae51317
 
ノンビリ寝ていたけどホンサナエやアオバセセリなどを探そうと思って出撃。いつもは駅を出たらコンビニに寄って川沿いの道を山の公園に向かって歩くのだけど今日は武庫川に寄り道。もう何年もここでは見ていないのでここら辺にはいなくなったのかと思っていたホンサナエをすぐに見つけました。しかし、逃げられるのも早くて次の個体を探しとウロウロ。 Hikuina51117 そんな時にこちら側から飛び出して対岸に飛んだ鳥が2羽。なんとヒクイナでした。 Hikuina51217 ヒクイナが飛ぶのを初めて見たかも。逃げ足はやっぱり早いのでカメラで追えたのは一羽のみでした。
Honsanae51117
気を取り直して再びホンサナエ探し。 今度は間に葦がはえてたりするので感づかれてないのかやや遠いけどシャッターがきれました。
Honsanae51217
向きが変わると今一つだなと思って下に降りて構えようとするとまた逃げられました。できたら前の方からも撮りたいところなんですけど長靴でも持って歩かないとダメかも。
Aosanae51117
アオサナエも いてます。アオサナエの緑色は本当にきれいですけどもう少しきれいな場所で撮りたいものです。
Tabesanae51117
本流はこれぐらいにして川沿いを山の公園目指して歩きました。途中サナエトンボを見かけたので一撮影。タベサナエをここで見たのは初めてです。
                 Harabirotonbo51117  Sioyatonbo51117
山道沿いの湿地まで来るとハラビロトンボとかシオヤトンボが飛び回ってました。
Nihonkawatonbo51117
以前アカショウビンがいてたとかいう場所には今年もニホンカワトンボ♂がいてましたが、2頭だけしかいてません。
Nihonkawatonbo51217
石の上にでもとまってくれると羽を開いた時の赤い影がきれいに見えると思うんですけどね。
Arimahujikouen0521
お山の公園に到着しましたが、今日はいつもの場所あたりは草刈り作業中でキノコも見つけられず。グミの花もほぼ終了していて近くを飛ぶ蝶もあまりなくただ暑いだけでした。
Hutasujisanae51117
子供たちがはしゃぎまわる池の周囲でフタスジサナエ♂をみつけました。フタスジサナエを見るのも久しぶりです。
                 Hosomiotunentonbo51217  Hosomiotunentonbo51117
ホソミオツネントンボは今年も相変わらずいてますね。
Yamasanae51117
きれいなヤマサナエ♀が止まっていたのを撮って、今日は暑いしこんなもんでええやろうということで帰路に。
Mizubenonisezukintake51117
もう少しで水路沿いの暗い山道が終わろうかというところで水がしみだしてたまってるあたりの枯れ葉の上に白いツブツブがあることに気がつきました。
Mizubenonisezukintake51217
これって去年カンムリタケを撮りに行った時にあったミズベノニセズキンタケとかいうやつだと思うんですけどこんな水たまりみたいな所にはえてるなんて・・・。
Kojukei51117
再び暑い日差しの中に出て山の田んぼ沿いを歩いていた時、前を歩いていた昆虫採集の人がたちどまりました。こちらを見てウズラみたいな鳥がいてますよというので顔を上げるとなんとそこにはコジュケイが2羽いてました。コジュケイはたいてい人の姿に気がつくと急いで林の中に逃げ込むんですけど、珍しくカメラを構えることができるぐらいのんびり。
                Kojukei51317  Kojukei51417
二羽並んでたのが右と左に分かれてしまったので片方づつしか撮れませんし、少しづつ離れていくのでお尻の方ばっかりを撮ることになりましたがなんとか横向きのものが写ってました。
Kojukei51217
けっこう長い時間撮らしてもらったように思いましたがカメラに記録されてる時間ではわずかに2分だけ。 それにしても近い距離でコジュケイ を撮ったことなんて初めてです。朝は家で寝ておこうかとも思ったけど出かけてよかったなと思う日でした。ネットマンさんありがとう。
 
 
 

May 20, 2017

モミジのお山のダビドサナエ

Dabidosanae51117
 
久しぶりにトンボを撮ろうと思い立って今日は滝道を歩いてきました。去年も同じ時期に歩いたのですがお目当てのダビドサナエは葉隠れ状態のものを撮っただけで不満だったんですよね。ダビドサナエは渓流などに生息するごく普通のトンボなのに最近はなかなか遭遇しなくて自分としてはデジタルカメラで撮ったオスの画像はなかったかも。
Ogumasanae51117_2
さっそくシャガの花の上にとまるトンボを発見。すぐに飛ばれてしまい高いのを見上げる形なのでタベサナエのようなオグマサナエのような???
                 Kinoko5201_2  Urabenigasa52117_2
去年は冬虫夏草を見つけたところにはなんかわからないキノコとか裏面がきれいなウラベニガサ
                 Humidukitake51217_2  Humidukitake51117_2
フミヅキタケっぽいキノコとか
Aragekobenityawantake51117
アラゲコベニチャワンタケを見つけました。
Dabidosanae51217_2
そして川床のベンチ前でついにダビドサナエ♀を見つけました。でも、撮りにくい高さです。
Egonoki52117
そのすぐ横のエゴノキは花が咲き始めてました。もしかしたら今一部で話題のオトシブミがいてるかもと思って見上げると・・・
                                      Egoturukubiotosibumi2_2  Egoturukubiotosibumi_2
みつけました。エゴツルクビオトシブミやったかな?
Dabidosanae51317_2
お寺さんの横で川をのぞき込むとダビドサナエ♂もついに発見。成熟したオスはメスが通りかかるのをこんなふうに待つんですね。
Ogumasanae51217_2
川向うに移動して歩いていると再びサナエトンボが。前肩条があるのでやっぱりオグマサナエですね。
Miyamakawatonbo51117
で、サンコウチョウが以前巣をかけていたところを過ぎたあたりの橋の下でミヤマカワトンボ♂を撮影。この時期のミヤマカワトンボはなかなか羽を広げないし、早すぎてタイミングが合わないことがほとんどなのに今日はとてもゆっくりと羽を広げてくれたので楽勝(*^-^)
Miyamakawatonbo51217
ミヤマカワトンボ♂は好きなトンボなのでもう一枚
Dabidosanae51517
橋の上で待ってると時々ダビドサナエが上がって一休みしていきます。まずは♂
Dabidosanae51417こっちはメス・・・よく見ると胸の横の線が普通は2本背中側まで伸びてるのにこのダビドサナエは途中までしか黒い線が伸びてません。まさかヒラサナエということはないと思うけど・・・。
Misujityou51117
橋の上から下を見てるとやや大きめの蝶が吸水に降りてきました。元祖ミスジチョウですやん!もうミスジチョウが飛ぶ季節になったんですね。このぶんだと今年はゼフィルスの発生は早いかもしれません。
Benihiratamusi51117
あとは鳥を撮影に行きかけたけどもう遅いのでキノコとかベニヒラタムシを撮って今日はい終い。
 

May 18, 2017

鹿の角茸かな?

Kanotunotake51117_2 トンネルの向こう側をハイキングしてきました。アオバセセリとか見つかるといいのにと思って出かけたのですがアオバが好きな白い花があまり咲いていなくてそれらしいものには遭遇しませんでした。ウツギの花がよく咲く場所なんですけどウツギの花もこれから咲くといった感じ。これならA公園のアキグミの花の方がよかったかも。ということで一応ハイキングコースのいつもの場所へ。高いところからホイホイの声が聞こえてきたのでこんな所を登ると明日は筋肉痛になるのはわかっているけどホイホイの誘惑には勝てずに周回路を登ってしまいました。

Asahinakawatonbo51117

先ずは下で見つけたアサヒナカワトンボ♀、目の色がなんか薄いみたいなのでまだ若い個体なんでしょうね。

Oogomutake51117

オオゴムタケも発見。

Urabenigasa51117

ウラベニガサが切り株の上にはえてました。もう少しお掃除してから撮った方がよかったかな?

Urabenigasa51217

笠の裏はほんのり紅色をしてます。でもまだ若いキノコの場合は白いヒダみたいなんですよね。

Boberia51117

蜘蛛についたボーベリア菌。一緒についていた苔をはがしたら蜘蛛の足までとれてしまったのが残念。

Asahinakawatonbo51217

アサヒナカワトンボ♂ 羽の隅にある縁紋が赤いのがオスね。けっきょく山登りまでしたもののサンコウチョウは声だけでしたし、センダイムシクイが近くに飛んできたけど素早すぎて撮れませんでした。

Komisuji51117

コミスジはまだ新鮮できれいな個体ばかりです。そのうちにミスジチョウも出てくるはず。

Egonoki51117

淵のところのエゴノキはまだ咲いてませんでした。クルクル巻かれた葉っぱがたくさんあったのでオトシブミがいてると思うのですがそれらしいものは見つかりませんでした。

Kinoko05181

対岸も少し歩きましたがいつもの泥濘の道も表面は乾いた感じでそれでも日陰にはヒトヨタケとかナヨタケの仲間っぽいのとか

Murasakigomutake51117

ひょっとしたらフクロシトネタケとかオオシトネタケかもと思ったキノコもありました。季節的にはどうかという疑問もあるけどムラサキゴムタケの色が悪くなったやつではないでしょうか?

Kanotunotake51417

ここであれ?と思ったのがこのキノコ。マメザヤタケというには先の方が白っぽくなってるキノコです。たぶんカノツノタケでいいと思いますがごく普通の茸というわりには初めて見た茸でした。

                 Kanotunotake51217  Kanotunotake51317

ヘラみたいに広がってるものもあってもう少し大きなってくれると鹿の角らしくなって見えるかも? あとはお決まりのコジュケイが目の前を飛んで逃げたのを見て今日は終了。

May 14, 2017

新しいチップロードの一夜茸

Kokiraradamasi51217_2
雨も降ったので何か新しいキノコがでてるかもしれないと思って今日も緑地へ。 Kosiakitonbo51117 一応トンボも気になってるので見ましたが羽化して間もないコシアキトンボを見つけたのみ。 Tubanasihumidukitake51117 いつものチップをひいてる森の中の道でキノコ探し。ツバナシフミヅキタケと思われるものを発見。 Usubeniitatitake51117 ウスベニイタチタケですね。 Kinoko5141 毎年見つけるけど正体がわからない白い塊。ショウロみたいだけどよくわかりません。
Kokiraradamasi51117
ここで新しいチップの道に入ってみました。広場の近くは人も多くて踏みつぶされたキノコも多いけれどそれでもかなりの数のヒトヨタケの仲間を発見。白い鱗片を傘にいっぱいつけたキララタケのようなキノコ。コキララタケに近いように思うけれど菌糸マットが見られないので違うような。でも、キララタケにしては白い鱗片が大きすぎて疑問あり。
                                     Kokiraradamasi51317  Kokiraradamasi51417
雨や何かで鱗片がすでに落ちてしまったものもあるけどこれほど大きくなったのは珍しい
Kokiraradamasi51517
さて、このキノコの名前はなんなのか帰って調べましたがこれといったものがみつかりません。ネットでコキララダマシというキノコの画像を見つけたのが近いような気がします。 ただ小さな画像だけですので詳細がわからずなんともいえません。
Kuzuhitoyotake51117
キララタケみたいなキノコのほかにたくさん出ていたのがこのとても小さく背の低いキノコ。
Kuzuhitoyotake51317
クズヒトヨタケがこれだと思うんですがどうでしょう。
Kuzuhitoyotake51217
まるでキツネノハナガサというキノコみたいでとても華奢で可愛いキノコです。
Nayotake51217
去年サケツバタケとかスジオチバタケがはえてたところにも行ってみましたが、雑草がものすごく繁茂しているのでまともに探せません。ナヨタケの仲間かなというのははえてました。
Nayotake51117
なんか名前がみつかりそうでみつかりませんね。
Huunomi51117
名前といえばこのフウノミからニョキニョキとはえてくるキノコ。和名がなくてxlaria なんとかという学名だそうですが
Huunomi51217
最近はフウノミフデタケとかフウノホソツクシタケという名 で呼ばれたりしているようです。
Nutoria51117
池に戻るとヌートリアがキショウブの下にいてたので撮ってみました。
Nutoria51217
草食らしいけれど好みの草は何かあるのかな?といことで今日もぱっとしない一日でした。
 

より以前の記事一覧

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ