« June 2020 | Main | August 2020 »

July 2020

July 30, 2020

公園の粘菌3

Kiutubohokori71120

今日はなんだかお天気が安定してないみたいで出かけようかどうしようか迷ってました。午前中に用事をすませてからまた猪名川公園へ。今日の目的はキウツボホコリやミドリスギタケなどを探すこと。

Midorisugitake71120

ミドリスギタケはすぐにみつかりましたが、あまりいい状態ではありませんでした。

Midorisugitake71220

切り株から顔をのぞかせてるのはまあきれいだけど、それ以外は虫食いばかり。

Mamehokori71120

マメホコリの色がついてるのをみつけたのでカシャ📷

Konosimetonbo71120

コノシメトンボの若いオスが近くにとまっていたのでモデルになってもらいました。

Kiutubohokori71320

半分朽ちかけたような桜の木でキウツボホコリを発見。以前に甲山で見たときはもっと大きな集団だったのでちょっと寂しいような・・

Kiutubohokori71220

お、これはキウツボホコリだけどまだ胞子が出てない状態のがあります。

Kiutubohokori71420

色はともかく胞子がでてないキウツボホコリの子実体ってはじめてみたような

Hunhokori71120

同じ木にフンホコリをみつけました。正直、フンホコリとドロホコリはどこが違うのかよくわかりません。

Hunhokori71220

後ろにセミの抜け殻が見えたので同じ画面にいれてみました。

Tunomatatake72120

ツノマタタケの色がきれいだったのでこれも

Siromojihokori72120

最初コカタホコリではといわれてたのはひびの入り方などから小さいけどシロモジホコリだろうということでした。左下に見える大きめのやつにひび割れが顕著です。ここでまた夕立がきそうになったので急いで撤収

July 27, 2020

公園の粘菌2

Akakaminokehokori72120

昨日みつけた粘菌がどうなったのか気になってたので雨もやんでいることだし今日も公園へ。しかし、昨日あった切り株のピンクや白い粘菌はすっかり消えてました。雨で洗い流されたのかな?そのかわり切り株前の草になにやら粘菌ぽいものがびっしり。

Akakaminokehokori72220

切り株にはアカカミノケホコリかな?という集団がまだありました。

Akakaminokehokori72320

もう一枚背景緑ですっきり画像

Tunohokori71120_20200727224401

昨日はほとんど見られなかった白い粘菌があちこちで見られたのでそれも。ツノホコリですよね。

Edanasitunohokori71120_20200727224401

こっちはエダナシツノホコリだけど周囲にゲル状の物質があるので変形体から子実体へと変化しているのがわかります。

Kotubutake72120

昨日みつけたコツブタケが抜き取られていたので半分に切って松林の中にはえてたのの横においてみました。

Nenkin07271

違う切り株を見に行ったら正体ははっきりしませんがウツボホコリっぽいものがはえてました。これもなんか糸をひいてるので変化したばっかりなんでしょうね。

Nenkin07272

これはさっきのやつと同じなのかな?切り株の上に出ていてこれは黄色っぽい色にみえます。

Kokatahokori71120

松の木ばかりが粘菌のつく木ではないようで桜の木の下にとても小さな粘菌がびっしりとでてました。

Kokatahokori71220

地面の枯れ葉の上にもあります。

Kokatahokori71320

あまりにも小さいのでコカタホコリということでしたがシロモジホコリだという説も出て正体はいかに?

Mannnentake72120

帰りにコマタケのところに行きかけて近くにマンネンタケが出ているのに気がつきました。昨日は何もなかったのに・・・う~む、雨のちからは偉大じゃ!

公園の粘菌

Nenkin07265

待ち合わせのため今日も公園に。コツブタケなどを見て松の切り株をのぞくとそこで粘菌をみつけました。

Nenkin07264

たくさん出ていたのがカミノケホコリではないかというのの団体

Nenkin07261

この白いつぶつぶが目立ってましたが名前はわからないのでまたわかったら書きます

Nenkin07262

手前のものはピンクだけど成熟度が進んでいるのか赤くみえました。

Nenkin07263

植物についていた何かの卵のようにみえる粘菌。短く黒い足がついてます。

Egurigomimusidamasi71120

エグリゴミムシダマシとかいう朽ち木にすむ虫

Nisesyouro71120

コツブタケの近くに集団ではえていたけどほとんどが胞子を吐き出したものばかり、きっとニセショウロの仲間だな

Tunomatatake71120

この前は出てなかったツノマタタケをみつけたので記念写真📷

Husahimehoukitake71120

フサヒメホウキタケが元気をとりもどしていたのでこれも。仕事に行かないといかないのでここはこれまで。

Akahositentou72120

今日のオマケ。アカホシテントウです。

Akahositentou722120

本体はいてないと思うけどカイガラムシがつくりだした蝋状物質とともに。

July 26, 2020

アカホシテントウなど

Akahositentou71120

雨のやみ間を利用してちょっと近所の散歩に。キノコを期待してたのですがこれといった出会いはなし。となると虫でもと思って探してると葉裏に黒っぽい虫を発見。よく見ようとするとポロリと落ちてバッグの上に。見てみたいと思ってたアカホシテントウじゃありませんか。

Akahositentou71320

普通のテントウムシとはちょっと違う首をひっこめた亀みたいな姿をしてます。

Akahositentou71220

これは別個体ですが中央の黒線の部分が薄いみたいです。あとで調べたところアカホシテントウはカイガラムシを好んで餌にしてるそうで、とくに梅の木につくカイガラムシが好きなのだそうな。そういえばここには梅林があるので納得

Sirahosihanamuguri72120

シラホシハナムグリを見つけました。

Kimadarakamemusi71120

キマダラカメムシやったかな。外来種のカメムシでどこか愛嬌のある顔をしてます。

Susuhokori71120

粘菌ですがなんでしょうね。ススホコリかキフシススホコリかな?

Hebikinokomodoki72120

幼菌なのではっきりしないけどここで見られるキノコというとヘビキノコモドキではなかろうかと・・

Himekatasyouro71120

ニセショウロ属だな。ヒメカタショウロというやつかもしれない

Mannnenntake71120

この前のコマタケと違ってきれいな色をしてます。マンネンタケをみつけたところで散歩は終了

July 23, 2020

公園のコマタケ続き

Komatake72320

この前は時間がなかったので探すことができなかったけど他にもコマタケがあるのではないかと思って再び猪名川へ。

Komatake72220

この前のコマタケを下から撮ってみました。下から何本かの柄がでているのがわかります。

Komatake72120

この個体は前回は撮ってなかったな

Budoutake71120

池をぐるりとみてまわりました。途中しなびたようなフサヒメホウキタケなどはあるけどキノコらしいキノコがみつかりません。暗いところでサルノコシカケ類をみつけました。傘の色からしてブドウタケなのかも

Budoutake71220

ブドウタケは松の木によくはえるらしいのですが、これははたして松の木だったのか?

Himejanome71120

笹の葉にとまるヒメジャノメ

Oosirokarakasatake71120

あまり大きくはないけれど傘の裏に緑色の変色がみられるのでオオシロカラカサタケでいいのかな?

Kotubutake71120

テニスコートの北にある松林でコツブタケをみつけました。毎年大きなコツブタケを数個みつけるのですが今日は一つだけでした。

Komatake72420

引き返していて池の東側で切り株の下にコマタケをみつけました。

Komatake72520

幼菌もあります。比較のためにマンネンタケを撮りたかったのですが今日は一つもみつけられませんでした。

Kawausotake71120

桜の木にはカワウソタケがびっしり

Nenkin71120_20200723224501

ネンキンもありました。

Karasuuri71120

カラスウリの花みたいですね。きれいに開いたところを撮ってみたいけどたしか夜咲く花だったと思います。雨が降り出したので撤収

July 22, 2020

公園の虫とコマタケ

Komatake71520

今日は仕事前に所用があって公園で人と待ち合わせてたので少しだけ公園内の虫やらキノコやらを撮ってきました。

Gomadaratyou71120

まず木に樹液を吸いにゴマダラチョウが来てたので一枚📷

Sirahosihanamuguri71120

たくさんハナムグリが集まってきてたので中からシラホシハナムグリ

Sirotenhanamuguri71120

こっちは緑光沢がきれいだったシロテンハナムグリ

Kanabun71120

カナブンも数は少ないのですがいてました。尼崎市内でカナブンは珍しい。いつぞや甲山に行ったら今年はカナブンがぜんぜんいてませんでした。梅雨の影響だったのか?

Komatake71420

樫の木の下あたりでキノコなどを探していて色のへんなマンネンタケ?をみつけました。

Komatake71320

柄の部分を撮るのをわすれてました。

Komatake71120

木の反対側には大きな成菌が・・・これは、もしかしたらあのキノコでは!

Komatake71620

手近なのを抜き取って裏側を傷つけてみて確信しました。血のような赤い色に変色しました。やっぱりコマタケじゃありませんか。以前に珍しい茸がはえてるというので鶴見緑地まで行って見てきたキノコです。別名シュッケツマンネンタケというそうです。

Komatake71220

へえ・・・まさか近場の公園にはえてるとは・・・残念ながら出勤時間がきてしまい早々切り上げましたが、もしかしたら他にも生えてるところがあるかも。

July 20, 2020

B公園の茸

Tyatamagotake71120

キタマゴタケがはえてるかもと思ってB公園へ。今日は日曜日だから家族連れも多いし目立つキノコは蹴飛ばされてるかもしれないので園内に入ってからキノコを探しながら庭園の方を目指しました。庭園の方なら子供たちによる被害は少ないと思ったんですよね。

Benihidatake71120

最初にみつけたのはチップからはえたベニヒダタケ。傘の表面の色は黄色だけど裏はピンクです。

Awatake71120

傘の縁の方に赤味があるけどアワタケだと思ってます。

Kuroasibosonoboriryuu71120

お、ここでクロアシボソノボリリュウを見たのは初めてかも・・今日はけっこう姿を見ました。

Tyatamagotake71220

庭園の方は地味なキノコばかりを陳列してるかのようで数はあってもぱっとしません。しかし、なんとチャタマゴタケをみつけました。チャタマゴタケがはえるとはおそるべしB公園。

Tyatamagotake71

ただ、新鮮なチャタマゴタケはみんな裂けてしまっていて残念

Akakabairotake72120

これはアカカバイロタケかな?

Kusahatu71120

クサハツのつもりで撮ったけれど匂いはべつに悪いとは思わなかったな・・・

Kerouji71120

これは、以前コウタケと思ったキノコ。表面の鱗片が少ないというかはっきりしないのでこりゃケロウジだな

Tengutake71120

けっきょくキタマゴタケは穴の開いたのが一つみつかっただけで撮らず。ここはマテバシイが多く植わっているのでムラサキツバメがみつかるのではないかと思ったけどこれといった蝶の姿はなし。この公園には色の薄いテングタケがいつも生えてきます。幼菌の方がきれいだったので一枚📷

Syoujoutonbo71120

蓮の蕾にとまるショウジョウトンボ。光線の向きが残念
Kitamagotake71120

もう一か所のキタマゴタケのポイントは案の定おられてました。こんなにきれいなキノコなのにそっと鑑賞してほしかったな・・・

Kotamagotengutakemodoki71120

ガンタケのつもりで撮ったけれどツバが黄色い。ガンタケのツバは白いはずなのでこれはコタマゴテングタケモドキといわれてるやつかもしれない

Kihokoritake71120

しかたないのでフウの実にはえるキノコでも探そうかと思って移動。途中でキホコリタケをみつけました。まだ黄色になってない白いのんね。

Nenkin72120

こりゃ、粘菌だな

Beninaginatatake71120

ちょっと道に迷ってる時にみつけたベニナギナタタケ。もう出てるんや

Murasakihoukitake71120

折れてるけどムラサキホウキタケっぽいキノコ

Huunomitake71120

フウノミタケと呼ばれるものとは違うかもしれないけどこれは白っぽくてやや大きめ

Huunomitake71220

色が出てないけど本当は茶色にみえる小型のキノコ。フウノミタケというのは柄も茶色らしい

Usuhiratake71120

フウの実のキノコを探していて見つけたウスヒラタケ

Akuironumeritake71120

アクイロヌメリタケ

Akuironumeritake71220

傘が開いてないと今一つですね。

Kuronoboriryuu71120

クロノボリリュウをみつけて今日は終了

Mejiro71120

オマケ。帰りにちょっと寄った霊園の池で撮ったミズカンナとメジロ

July 17, 2020

箕面でキノコ探し

Akayamadori71120

今日は変わったキノコを探しに行ったことのない場所に行くつもりでしたが、もうほとんどないということだったので予定を変更して電車に乗って箕面のお山でキノコ探しを。滝道も雨の影響で落石があり先の方は通行止めのようでした。滝道を歩き始めてすぐにアカヤマドリをみつけました。手の届かないところにあるけどきれいな個体でした。

Inusenbontake

イヌセンボンタケ

Kinoko07161

不明菌。イヌセンボンタケにしては条線もなく色も黄色味がかり、正体不明

Momijiurokotake71120

モミジウロコタケ

Koutyuu71120

正体不明の虫。ゴミムシの仲間ぐらいかと思ったけど・・・

Sankotake71120

サンコタケ

Sirokikurage71120

シロキクラゲ

Tunohunoritake71120

ツノフノリタケ

Kiironikawatake71120

キイロニカワタケ

Kinoko07162

不明菌。管状のキノコみたいだけどパイプタケとかいうのはもっと小さいらしい

Kareedatake71120

カレエダタケでいいかな

Kinoko07163

不明菌。以前にも見たことはあるけど名前はわからないまま。裏が汚れた黄色で幼菌もトゲトゲしているのでツチスギタケに近いかも・・・

Benitakerui07161

ベニタケ類。土まみれだったがあまりにもきれいな赤だったので・・・

Tuetake71120

ツエタケ。柄が長いので単純にツエタケとしたがヒロヒダタケにも似ていて疑問あり

Tyanaba71120

チャナ。フウセンタケの仲間であまりきかない名前のキノコ。傘の表面に赤っぽい斑紋がみられる

Tamamusi71120

タマムシは動き回るものだから撮りにくい

Tititake71120

チチタケ。もっと大きなものもあったがきれいな傘をしてたので・・・

Hukurokikurage71120

フクロキクラゲ

Karebahatu71120

カレバハツとヒビワレシロハツどっちかと思ったが、そこはかとなく色がついてるように思うのでカレバハツということに

Aitake71120_20200717011201

アイタケ

Oniigutimodoki71120

トゲトゲが立ってるオニイグチモドキ。オニイグチ、コオニイグチと似たキノコがあり胞子を見比べないと正確な種別はわからないのだそうな。去年とあまり違うものはみつけられなかったなということで終わり

July 13, 2020

アミアシキイロイグチ???とか

Amiasikiiroiguti71120

雨が降らないようだったのでヘルメットマウンテンにキノコを見に行ってきました。前から気になっていたのですが毎年池のそばにはえる黄色いイグチはなんだろうと思ってました。ところが最近になってアミアシキイロイグチ(仮)と呼ばれるものがあると気がつきました。キイロイグチは柄が網足ではないし、キアミアシイグチは傘の色が鮮やかな黄色とは言い難いので何か他に名前があるのではないかと思ってたんですよね。

Amiasikiiroiguti71320

今日でていたのは二つ。池の周りが水浸しのため近づくのに苦労しました。

Amiasikiiroiguti71220

傘の裏を見てみたかったのですが、管孔は被膜におおわれていてその変色性を確かめることはできませんでした。

Kiroiguti71120

普通のキイロイグチもありました。管孔は青変性が顕著ですね。

Kiiroiguti71220

幼菌の時はやはり被膜が覆っていますが傘が開くと膜状になって落ちるみたいです。

Kinigaiguti71120

イグチ類はよくでていますがわからないものが多すぎ。これもキニガイグチではないかと思って撮ったのですが調べれば調べるほどわからなくなります。

Asibosonigaiguti71120

アシボソニガイグチかな?

Ookiirohuusentake71120

石垣の上に今日はたくさんでていました。キイロオオフウセンタケです。これはまだ仮称やったかな?

Beniusutake71120

ベニウスタケも出始め。

Sorairotake71120

今年もソライロタケがでてました。なかなかタイミングが合わなくて姿を見ることができないことが多いキノコです。

Sorairotake71220

今日は2本でてました。

Himekon71120

一緒に出ていたのがこの紺色のキノコ。ヒメコンイロイッポンシメジに近いキノコだと思うのですがネットを見てもこれこそがヒメコンという画像がないし、コンイロイッポンシメジ.ミニということにして正体不明

Himekon71220

ちなみに裏はこんなんでした。

Daidaiiguti71120

イダイイグチもでてますが綺麗な状態のに会いませんね。

Akaibokasatake71120

たくさん出てますが肌色がかったアカイボカサタケです。

Haiiroonitake71120

このキノコもハイカグラテングタケとするには柄も含めて全体が粉っぽくなくてハイイロオニタケとしかいいようがないか

Sujiotibatake71120

ここでは初めてスジオチバタケをみつけました。落ち葉が多すぎてあってもわかりませんわ。

Yamadoritakemodoki71120

ヤマドリタケモドキというやつやね。

Tibikuwagata71120

チビクワガタを廃材の上でみつけました。すぐに割れ目に逃げ込まれてしまったけど見たのは五月山以来

Murasakisirahosikamemusi71120

ヒメジョオンでみつけたムラサキシラホシカメムシ

Ojirosanae71120

目の前にとまってじっとしていたオジロサナエ

Ookohukikogane71120

置いてるバイクの近くでみつけた大きなジイサンブイブイ。子供の頃はそう呼んでたな・・・。コフキコガネというらしいけど、どうも白っぽいのでもしかしたらオオコフキコガネというやつかもしれない。キノコも虫も撮って今日はよく遊べました。

July 10, 2020

緑地はキノコがいっぱい

Nikuutiwatake

雨があがったみたいだったので緑地にキノコの様子を見に行ってきました。バイクを駐輪場に置いてすぐに、その近くで変わったキノコを見つけました。たぶんニクウチワタだと思うのですが、キノコの傘の上にキノコの裏みたいな塊がもりあがってみえました。

Nikuutiwatake71220

面白いのでもう一枚

Naratakemodoki71120

見てみたいキノコはなかったのでたくさん群生してたナラタケモドキでも

Oniiguti71120

池のそばに行くとオニイグがありました。傘の鱗片がトゲトゲしてなくてねているのでオニイグチとしましたがはっきりしません。

Yaburebenitake71120

柄とヒダの縁に赤い色が見えるのでヤブレベニタケかと

Yaguratake71120

キノコにはえるキノコ、ヤグラタケもあります。

Taiwanutiwayanma71120

池にはタイワンウチワヤンマ

Hanaotibatake71120

橙色の小さなハナオチバタケ

Onitake71120

オニタケもでてます

Irogawari71120

竹林の散歩道でみつけたイロガワリみたいなもん

Kurohatu71120

クロハツのつもりで撮ってるけど、傷つけたところが赤から黒くなったらクロハツで確定。ニセクロハツなら赤いまま

Nijuuyahositentou71120

アカガネサルハムシに逃げられたので合体中のニジュウヤホシテントウ

Kabairoturutake71120

カバイロツルタケにしてはなんか色が薄いような

Kikubanaiguti71120

小鳥の森あたりにはキクバナイグチ

Hebikinokomodoki71120

ヘビキノコモドキだな

Nenkin71120

やっと駐輪場近くにもどってきて、小さな切り株にみつけた粘菌の変形体

Koganekinukarakasatake71120

開いてるのをはじめてみました。コガネキヌカラカサタケです。

Koganekinukarakasatake71320

また雨が降るかもと思ってたけど結局雨は降らず。濡れずに帰ることができました。

July 03, 2020

ミドリシジミに間に合った

Midorisijimi71120

今年はゼフィルスをアカシジミしか見ていないのに6月が終わってしまいました。でも、メスのゼフィルスならまだいてる可能性もあるのでいつものところに行ってみました。

Kuroobitutuhamusi71120

さて、これから山道に差し掛かるぞという場所の畑横で見慣れないハムシをみつけました。どうやらクロオビツツハムシと呼ばれているハムシで、わりと珍しい部類に入るらしい

Kuroobitutuhamusi71220

合体中のクロオビツツハムシもいてました。

Miyamakuwagata71120

伐採木にクワガタムシをみつけました。おそらくミヤマクワガタのメスではないかと思われます。

Hosomiitotonbo71120

ホソミイトトンボを休耕田を埋め立てた跡地でみつけたので追いかけました。これだけ細いとピントが合わなくて苦労しました。

Harabirotonbo71220

ハラビロトンボ♀もいつものところに

Harabirotonbo71120

こっちはハラビロトンボ♂

Kiasiyamadoritake71120

谷の入り口あたりで黄色い柄のキノコをみつけたので、きっとキアミアシイグチだと思って撮りました。

Kiasiyamadoritake71220

ところが傘の裏の管孔が白っぽい被膜におおわれています。キアミアシには被膜はなかったはずということで家に帰ってから調べてるとキアシヤマドリタケというのがそれらしいと判明

Siroibokasatake71120

シロイボカサタケ

Kiibokasatake71120

キイボカサタケでいいかと

Tenguturutake71120

テングツルタケ

Tunohokori71120

粘菌のツノホコリ

Siroutubohokori71120

シロウツボホコリ

Edanasitunohokori71220

エダナシツノホコリ

Edanasitunohokori71120

エダナシツノホコリの中に茶色い玉のついたものが見えます。おそらく茶色いのが先にあったところにエダナシツノホコリがやってきたのでしょう。

Titiawatake71120

なんか大きいけどチチアワタケみたいでした。

Akakabairotake71120

これはよくわからないのですが、アカカバイロタケではないかと思ってます。ちょっと色的に弱いかな・・・

Kinoko07021

どうってことない小型のキノコなんですが裏をみるとはっきりとヒダに縁取りがあります。なにかこれが手掛かりで名前がわかればいいのですが今のところわかりません。

ネット上でそれらしいものをみつけました。なんと近年新種登録されたばかりのキノコで名をフチドリモミウラタケというキノコです。

Hutidorimomiuratake71120

傘の表面の画像もいれておきます。色は違うけどヒメコンイロイッポンシメジっぽいキノコに似ています。したがってイッポンシメジ属だろうということとヒダに縁取りがあることが決め手です。

Janometyou71120

ャノメチョウを久しぶりに撮りました。

Anzutake71120

アンズタケの生え始めみたいです。

Tutihiratake71120

地面からこんなキノコが・・・。もしかしたらツチヒラタケというものかもしれないので一撮影

Aitake71120

まだ幼菌で正体は不明。だけどひび割れ模様から推測してアイタケの幼菌かも・・・?

Turutake71120

ツルタケだがヒビのないのを撮りたいですね。

Midorisijimi71220

もう夕方なので池沿いに出て帰り始めてると小さな蝶がハンノキの天辺付近でクルクルと追い掛け合いをしてました。おー!、ミドリシジミはまだいてたんや。

Midorisijimi71320

ハイスピードで卍巴を時々するのでまともに写りませんが、こんなのを6時頃までみてしまいました。

Nejibana71120

今日のオマケ。ネジバナがきれいに咲く季節なので記念写真を撮って今日は終了

« June 2020 | Main | August 2020 »

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ