« 啄木鳥の森の怪しい虫たち | Main | 囀るオオルリとか »

June 02, 2020

6月はアカシジミから

Akasijimi61120

コロナのせいで近場の撮影ばかりしているうちに6月になってしまいました。6月といえばゼフィルスの季節。久しぶりにJRに乗ってトンネルのむこうがわに探しに行ってみました。駐車場上の栗の木が花をつけていたので見てみるとアカシジミがいてました。

Akasijimi61220

花で蜜を吸わずに葉裏で休憩中のものもいてました。

Simasasigame51120

はやくも目的の蝶をみつけてしまったのでその近くでみれた虫たちも。よく見るヨコヅナサシガメに似ているけれど少し細めで足も白黒になっているシマサシガメというカメムシ。

Kusagikamemusi61120

ヒメジョオンにとまっていたクサギカメムシ

Tutujigunbai61120

トイレ裏のツツジグンバイ。これでもカメムシの仲間で透明の翅が軍配状をしていてけっこうきれいなんですけど小さすぎてわからないだろうな・・・

Tengutyou61120

この頃のテングチョウは新鮮できれいでいいよね

Higekometuki61120

ハイキングコースも歩いてきました。手すりの上をヒゲコメツキのメスが歩いてました。オスなら櫛状の触角が目立つんですけどね。でも、初めて見た種なので新鮮に思えました。

Himehigenagakamikiri61120

ヒメヒゲナガカミキリ

Anamoruhu61120

マメザヤタケ類のアナモルフ(不完全世代)というやつだと思います。木から花が咲いたみたいで新手の冬虫夏草ではないかと思ってしまいました。

Asahinakawatonbo61120

アサヒナカワトンボも久しぶりに見ました。

Kinoko06011

材木の下から出ていた正体不明のキノコ

Kurohikage61120

クロヒカゲも新鮮ですね。

Asamaitimonji61120

アサマイチモンジです。本州にしかいない蝶だとか

Semonjingasahamusi61120

背中の金色のエックスが美しいセモンジンガサハムシ

Madaraasinagazoumusi61120

これも初めて見るゾウムシです。

Madaraasinagazoumusi61220

ボコボコの体にこぶ状の突起があちこちにでています。マダラアシゾウムシというそうです。

Kibitaki61120

対岸の泥濘の道も少しだけみてきました。キビタキ♂がよく囀っていたので逆光になるけれど一撮影

Douganetuyahamusi61120

イタドリの葉は大きな毛虫がついていてぼろぼろにされてました。そのイタドリの葉の上でみつけた小さな小さな丸いハムシ。ドウガネツヤハムシとかいうやつかも。

Akasijimi61320

もう一度栗の木のところに行くとまだ一頭だけアカシジミがいてました。もう少し下の方にとまってくれると撮りやすいんですけどね。

Togaribeniyamatake61120

下を見て歩いているときれいなキノコをみつけました。アカヤマタケみたいですが変色性がないようなのでトガリベニヤマタケという線もあるかも?今日はこんなもんで終了

« 啄木鳥の森の怪しい虫たち | Main | 囀るオオルリとか »

自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 啄木鳥の森の怪しい虫たち | Main | 囀るオオルリとか »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ