« セイタカシギとキビタキ | Main | クロチャワンタケなど »

April 29, 2020

クロコノマチョウの翅表を見た。

Kurokonomatyou41320

いよいよ始まったGW。今年は新型コロナで外出自粛要請が出ているので公園にいっても静かかと思いきや、わりと歩いてる人たちがいてて普段とさほど違いがないような・・・。ただ静かなのは鳥の方であまり声が聞こえません。朝方はクロツグミなどの姿もあったらしいけどこれといった鳥には遭遇しませんでした。昨日はわりとよかったらしいのですが😞 それでもコマドリの登場を期待して待っていた時に意外なものが見えました。

Kurokonomatyou41120

それがこのクロコノマチョウ。もうすっかり擦れてしまっていて越冬個体ではないかと思うのですが、温暖化ですっかりここらへんでも定着している南方系の蝶です。

Kurokonomatyou41220

特筆すべきはクロコノマチョウは常に翅を閉じているので飛ぶ時の一瞬か標本になったものしか翅の表側を見ることはないと思っていたのに、弱っているのかジタバタと動こうとしてるときに翅表がちらりと見えるようでした。翅先にある大小二つの白紋と橙色紋を写真に撮ることができました。これといって目立った収穫がない時にいいものが撮れました。

Kibitaki44120

で、鳥の方はきれいなキビタキ♂が撮れたのが救いかな・・・。でもこれも竹林裏で撮ったあとはずっと鳴かず飛ばずで登場なし。

Munakirurihamusi42120

土手の上に出てこの前のムナキルリハムシと思われるハムシを撮ったりしてる時

Tairikuakane41120

翅に色のついているトンボを発見。これはいったい???・・・候補としてはタイリクアカネ♀の若い個体のように思うのですが、こんな時期にタイリクアカネが羽化するのかな?

Kibitaki442420

キビタキ♀・・・喉のところがほんのりと黄色っぽくなっているのでもしかしたら♂の若い個体ということもあるかな?

Kibitaki441220

コマドリを諦めて梅林に戻って来るとキビタキ♂が出てました。

Kibitaki442320

背景が明るいとなかなかピントが合わなくて困ります。かなり遠くからデジタルズームで撮って補正をくわえてみました。今日のところは鳥の方が自粛モードで人間が密になることもなく日光浴をして引き上げました。

« セイタカシギとキビタキ | Main | クロチャワンタケなど »

自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« セイタカシギとキビタキ | Main | クロチャワンタケなど »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ