« February 2020 | Main | April 2020 »

March 2020

March 30, 2020

珍鳥と珍菌

Ogawakomadori32120

今日のお天気は曇り。この天気ならば淀川のオガワコマドリも影があまりでなくてきれいに色がでるだろうと判断して「おけいはん」に乗って出かけました。

Ogawakomadori32520

2㎞ほど歩いてやっと現場に到着するとカメラマンは10人ちょっと。前の方で座ってる人の後ろに立ち近い目で撮影できました。まずは正面からの一枚

Ogawakomadori32620

クサフジの花を背景にしたお立ち台上の左向き画像

Ogawakomadori32820

地べたものの右向き画像

Ogawakomadori32420

そして後ろ向き

Ogawakomadori32220

尾羽をピンと立ててポーズ

Ogawakomadori321020

尾羽を立てる時ってどういう時なんでしょうね。餌みつけてうれしいとか興奮したという時かな

Ogawakomadori32920

Ogawakomadori32320

顎のあたりの毛に粗く太いのがまじってるのに気がつきました。喉下のオレンジ色の部分も目立たなくなり夏羽への換羽がすすんでいるのかも

Ogawakomadori32720

もうしばらくここにいてくれるときれいな状態のオガワコマドリが見られると思うのですが

Oojurin31120

オガワコマドリが食休みにいっている間、代わりにオオジュリンが現れて愛想をふりまいてくれました。

Hotokenoza31120

風が吹いて寒いので早い目に引き返しました。今日はホトケノがきれいだったので少し撮影

Iwasimizuhatimanguu31120

ここまで来たのでもう少し先までおけいはんに乗ってきました。桜がきれいに咲きだしたので赤い回廊をいれて撮影。曇り空背景では桜を撮ってもぜんぜんきれいに見えないからね。

Kourajinja31120

実はここは徒然草の中で「仁和寺にある法師」にも書かれているところです。有名な八幡宮を参拝しようと思いたった法師は山の上に八幡宮の本社があることを知らずに麓の社寺をめぐって納得して帰ったという話に出てくるのがここ。そして今日の目的はこの季節の桜ではなくてこのタブの木の大木。タブの古木にはマユハキタケというキノコがはえると本にでていたので探しに来たのでした。

Mayuhakitake31220

たぶんこれがそのマユハキタケだと思いますが図鑑で見るのと比べるとなんか古いような感じ。うっかり先っちょに触れたら崩れてしまいました。もう胞子化してたんですね。

Mayuhakitake31120

マユハキというのは眉についた白粉をとる化粧道具なんだそうです。眉刷毛というべきかな。そういう刷毛状にみえる胞子の塊ができるはずなんですが・・・

Mayuhakitake31620

根際や洞のあたりにはえるというので下ばかりみてたらなんと枝が折れたあとにそれっぽいのがでてるのに気がつきました。

Mayuhakitake31520

撮影しにくいのでストロボを使って撮影しました。時期的にもう少しあとの方がもっとたくさん見れるかもしれませんがあまり情報がないのでこの木にマユハキタケがはえるかどうかもわからずに取り合えず探しに来てみたらあったというだけ。徒然草にもあるように「少しのことにも、先達はあらまほしきことなり」です。

March 26, 2020

試したいことが

Touen31120

大阪城の元山さんのブログにテレコンを使った画像とトリミングした画像はどちらが良いかという内容の記事が出ていた。そういえばSX70の光学65倍の画像をトリミングしたものとデジタルズームではどちらがいいのだろう?ヤツガシラはまだいるようなのではるか彼方のヤツガシラで試してみようかと思ってでかけてみた。大阪城北詰で電車を降り桃園をまわって今日は公園へ。

Mejiero32120

桃の花には鳥はいてなかったが背後の先始めの桜にメジロがきていたのでちょっとだけ撮影

Momo31320

ビルを背景に撮った桃の花。光学65倍の画像

Momo31220

デジタル130倍の画像

Momo31120

先ほどの光学65倍の画像をデジタル130倍の画像の大きさにトリミングしてみました。距離がそれほど遠くないせいか、あまり違わないような・・・

Ruribitaki03120

やっと西ノ丸を見下ろす曲輪に到着しましたがヤツガシラは飛んだあと。飛騨の森にルリビタキ♂がいたのでそちらに移動。ルリビタキ♂は今期初撮りなんですよね・・・。その後行方不明になったので背中側を撮りたかったのに残念

Sime31120_20200326232201

代わりにみつかったのはシメ・・・。

Sime31220_20200326232201

おや?なんかきれいなように思うのは嘴の色のせい?

Atori32320

アトリもいてました。

Atori32120

もうちょっとで頭が真っ黒になりそう

Kosagi031420

再びヤツガシラのポイントに行ってみました。飛騨の森で遊んでいる間にヤツガシラは現れ2時40分ごろ飛び立ち。西ノ丸を大きく飛び回ったのち大阪府警方面で見えなくなったとか・・・。夕方の部を期待しながら堀の下にいてたコサギを撮影

Kosagi031320

デジタル104倍で撮影したもの

Kosagi031220

光学65倍の画像をデジタル104倍の画像のサイズにトリミングしたもの。トリミングしたものの方がクリアな気がします。と5時過ぎまで待ってみましたがヤツガシラは現れませんでした。さて、その後戻って来たのかどうか???

March 22, 2020

お城のヤツガシラ

Yatugasira31420

前回は撮れなかったお城のヤツガシラが昨日は愛想が良かったというので見に行ってきました。西ノ丸の柵の外に降りてくるというので天守閣側から撮影することに。50mほど離れた距離から撮ることになるのでSX70のデジタルズームがいかせます。

Yatugasira31120

現場に到着するとすでに飛び立った後だったみたいでしたのでしばらく再登場するのを待つことになりました。11時をまわった頃に西ノ丸側のカメラマンに動きがあり、いつの間にかヤツガシラがやってきてました。まずはヤツガシラの枝どまりから

Yatugasira31820

柵の外側、つまり堀の石垣の上におりて採餌開始。背中側から見るとこんな羽の模様をしてます。

Yatugasira31920

右向き

Yatugasira311320

なんか虫をみつけてくわえてました。

Yatugasira311220

こちら側が気になるのかな?

Yatugasira311020

前向き。背景のコンクリの色と同じような色してるのでなんかわかりにくい。

Yatugasira311420

左向き。進行方向は左向きだったのでこんなので下向いてるのが多かった

Yatugasira31220

ヤツガシラを探せ。光学65倍、1365㎜だとこんな大きさ。細かい枝の多い場所にいてることが多いような・・・

Yatugasira311120

シロバナタンポポがらみで

Yatugasira31720

デジタルズーム130倍だと大きさはいいけれどぼやっとしてしまうのでパソコンでシャープをかけないとダメだな

Yatugasira31620

あ、目の前に小枝がたくさんあるところで羽伸ばしなんかして

Yatugasira31520

頭の冠羽が開いたのが見れたのはいいのだけどね

Yatugasira31320

柵どまりもみれました。

Mokurenkin32120

カードのメモリがいっぱいになったのでヤツガシラの場所からひきあげました。この前と同じくモクレンのチャワンタケを探しに行って少し撮影

Mokurenkin322120

もう一枚。今日はいっぱいシャッターをきったので早い目に帰りました。

March 20, 2020

お城の鳥、花、キノコ

Mejiro31220_20200320212001

昨日お城にヤツガシラが現れたそうなので、おそらくは今日はいてないだろうけどダメ元でいってみました。他の人に話をきくと西の丸に朝いてたけどカラスに追われて配水池に飛び、その後北の方に飛んで行って行方不明ということでした。

Sime31220

しかたないので梅林に行ってみましたがレンジャクにも遭遇することなくシメが一羽目の前に現れただけ。

Sime31120

何も撮れないよりはマシかな

Sirobanatanpopo31120

ここの梅林には毎年シロバナタンポポが咲きます。個人的には珍しいと思ってます。

Benisijimi31120

西洋タンポポかな?ベニシジミを今年初めて見ました。

Enaga31120

桜広場に上がってエナガを撮りました。かなり低い所でうろつくエナガもいてるけどなかなかシャッターをきらしてくれません。

Mejiro31120_20200320212001

蕾がほころびかけた桜にメジロがきていたのでしばらく遊んでもらいました。

Mejiro31320

なんにもいてない時はメジロはいい遊び相手になります。桜が咲いてるともっといいのですが

Hakumokuren31120

ピースおおさか横のハクモクレンがきれいに咲いてました。もしかしたらあれがあるのではと思ってしゃがんで枯れ葉を払いのけていくと

Mokurenkin31120

ありました。モクレンキンカクチャワンタケ(仮称)です。ツバキンよりもかなり小さい

Mokurenkin31420

やや赤みを帯びたキノコでモクレンの花びらに菌核をつくって翌年キノコとして現れるというやつです。

Mokurenkin31520

大き目のやつを掘り起こして菌核をみてみました。おそらく黒い部分がそれだと思われます

Mokurenkin31320

かなり小さいのでモクレンの花びらと一緒に撮ろういうのは少し難しいかも。ということでカメラマンの数もいつの間にか少なくなっていてヤツガシラの居場所をつきとめたのか諦めたのか・・・。私は諦めた方なのであっさり下城。

March 19, 2020

赤いキツネと黒いアミガサ

Kitunetake31320

昨日はすぐ近くでヒレンジャクやキレンジャクが撮影できたというので今日は緑地へ。しかし、今日はレンジャクの姿はありませんでした。しかたないので今日も茸探し。

Togariamigasatake32120_20200319230201

ガリアミガサタケのポイントに行ってみると今日も少し新しいのをみつけました。これは形は悪いけど黒々として十分な大きさです。空が入るように撮ってみました。トガリアミガタケやオオトガリアミガサタケはブラックモレルと呼ばれるそうです。

Togariamigasatake32320

こいつはいい形ですね。

Togariamigasatake32220

これはまだ若いな

Kitunetake31120

ユーカリの木の下のキツネタケを撮りたいと菌友さんがいってたのでユーカリの木の所にいってみました。探しやすいところに少しだけはえてました。

Kitunetake31220

これは大きくなりすぎて反り返ってますね。これもキツネタケでいいはず。

Togariamigasatake32520

もう一度トガリアミガサタケのところに戻ってまた一つみつけました。

Togariamigasatake32420

形は悪いけどこれも

Tyawantake31120

小さなクロチャワンタケっぽいのも一つみつけました。地色が黒ではないみたいなのでクロチャワンタケではないかも

Kobusi31120 Kobusi31220

このあとモクレンの菌核菌でもないかと思ってコブシの花の下あたりも見たけど何もなし。

Miinomomiuramodoki32120

ぐるっと見て回ったがミイノモミウラモドキをみつけただけでした。

 

Yukari31120

もう夕方なのでバイクを置いてる池の近くの駐車場に向かっているとき柳のような細い葉の木に気がつきました。もしかしたらユーカリの木?いつも皮のはげ落ちた白っぽい木しかみたことなかったので樹皮がちゃんとついてるのってこんなのかな?

Kitunetake31520

近づくとその下にキツネタケが群生してました。

Kitunetake31420

そういえば以前もここにしゃがんでごく普通のキノコを撮ったような・・・。ユーカリの木の下にはえるのはオーストラリア原産の外来種のキツネタケだという話があるらしいのですがどうなんでしょうね?栽培された場所によるように思うけどね。確かに色が濃いように思うけどキツネタケはわりと色が多様なキノコなので色では決められないかも。

Yamazakura31120

今日のオマケ。山桜がもう咲き始めてました。今年は桜もきっと早いのでしょうね。

March 15, 2020

タンポタケと春のきのこ色々

Tanpotake31320

今日は春のキノコ探しに箕面に連れて行ってもらいました。今日は杜の茸を案内してくれる人がいてていままで見たことがなかったキノコを色々見ることができました。

Karamusarasakihatu31120

先ずはカラムラサキハツから。一か所にたくさん出てました。

Karamurasakihatu031220

別の場所にもでてました。かじると辛いのでカラムラサキハツというそうです。

Miinomomiuramodoki31120

あちこちで出ていたミイノモミウラモドキ

Tanpotake31220

そしてタンポタケ。今日の目的の一つです。タンポというのは綿などを布でくるんで丸くしたもので、時代劇で槍術の練習用のやりの先に白いテルテル坊主みたいなのがついているのを見たことありませんか?あれですわ。

Tanpotake31620

タンポタケは土中のツチダンゴという菌に寄生するするキノコ。掘り起こしてツチダンゴをみてみました。

Tanpotake31520

ツチダンゴごと縦に切ってみました。タンポタケに近いヌメリタンポタケは断面が黄色なんだそうです。

Tamakikurage31220

タマキクラゲを久しぶりにみつけました。

Togariamigasatake32120

トガリアミガサタケはまだ若いのが一本だけ

Hukurositonetake31220

これも初めてみました。フクロシトネタケです。

Hukurositonetake31120

椀状になってるのはまだ若いキノコなのかな

Hukurositonetake31320

木の裏側にもでてました。

Kurotyawantake31120

そしてクロチャワンタケもでてました。クロチャワンタケも寒い時期からでてるキノコらしいのですが思ってたよりも小さなキノコでした。

Kurotyawantake31220

小さな中でも大き目のものをもう一枚

Kohukikurotutigaki31120

以前もここで一度だけ見たことのあるコフキクロツチガキ。とんがり頭がキュートです❤

Hanabiradakuriokin31220

ハナビラダクリオキンかな?

Akunioitake31120

アクニオイタケ

Urasujityawantake31120

ウラスジチャワンタケの幼菌

Morinokarebatake31120

これが何なのかよくわからない。エセオリミキとかモリノカレバタケ属ではないかと・・・

Huusentake31120

フウセンタケの仲間がもうでてました。

Kinoko03152

これも不明菌。傘も柄もオリーブ褐色・・・フユヤマタケなどとは柄の色が違うのでなんなのか

Kinoko03151

落枝についていた超小型のキノコ

Hanayasuritake31120

ハナヤスリタケが一つだけありました。しかし近くで撮ったものはすべてピントはずれだったので遠目に撮ったのをトリミング😞

Hanayasuritake31220

もう一つ。シャープをかけてごまかしてます。

Itatinamihatake

イタチナミハタケ。ギザギザのヒダが特徴

Kurosaiwaitake31120

クロサイワイタケ

Kikehokori31120

シイタケの榾木の皮でみつけた粘菌。キケホコリかも

Torinosu31120

今日のオマケ。落ちていた小鳥の巣

March 12, 2020

だめだこりゃ(-_-;)

Ogawakomadori31112

噂の鳥を見に行ってきました。沢山のカメラマンが並んでました。しかし、今日は晴天で逆光の上、気温も高くて遠くからではレンズを通してみても陽炎で揺らいでいるように見えたりしていいものはなし。

Ogawakomadori31520

Ogawakomadori31720

背中側はよくみれたけど前を撮れんとね・・・

Ogawakomadori31620

Ogawakomadori31420

近くできれいなのを撮ったことがあるのでええけどね・・・

Ogawakomadori31220

尾羽をよく上げてくれます。

Ogawakomadori31320

タンポポがきれいに撮れました。

Ooinunohuguri31120

タンポポが出たのできれいに咲いてたオオイヌノフグリも

Uguisu31120

せっかく淀川に来たので何かほかに撮れないか探して歩くとウグイスが

Uguisu31220

ホ~ホケッ♪

Kanmurikaituburi31120

カンムリカイツブリはよく見ました。

Segurosekirei31120

テクテク歩いてるうちにいつのまにか天の川まできてましたがいてたのはセグロセキレイと

Mozu31120

モズだけでした。ということで銀河鉄道に乗って帰宅

March 09, 2020

今年のトガリアミガサタケ

Togariamigasatake31220

春を告げるキノコ、トガリアミガサタケがでてるというので見に行ってきました。ちょっと珍しい鳥の話もあったけど草刈りで行方不明だという情報があったので絶対にシャッターがきれる方を今日は選択。

Togariamigasatake31120

先ずは最初の一本。なんかほとんど横向きにはえてるように見えました。お天気がいいというのも自分も含めて影の方向を考えないといけないので難しいものがあります。

Togariamigasatake31620

その反対側。光線の向きが変わってから撮りました。

Togariamigasatake31720

もう一本。これはタンポポの葉の中央付近からでてるのでまるでタンポポの花の代わりに出てるみたいでした。

Togariamigasatake31520

やや開けたような背景をいれてみました。

Togariamigasatake31320

斜面を登ってみましたがみつかったのはこれだけ。

Himekikurage31120

ミソサザイを今日は大きく撮りたいのでねばったのですが出会いはありませんでした。うろうろしてるときに落枝についてるのをみつけたヒメキクラゲでも。

Togariamigasatake31420

帰る時にこの近所に住んでるというキノコ少年に会いました。その彼がみつけてくれた幼菌。ちっちゃ~い😃

タンポポのトガリアミガサタケはいつの間にかなくなってしまってました。まあ、撮影したあとなので持って帰ってもらっても差しさわりないけど食べてみるつもりならちゃんと処理してからでないとアカンというのを知ってる人ならいいのですが・・・

Joubitaki31120

今日は鳥を撮ってないので近くをうろついていたジョウビタキ♀を撮って今日は終了

March 05, 2020

粘菌登場

Nukahokori31320

この冬は定番のルリビタキ♂やベニマシコをみてないのでここなら青い子に会えるかもと思ってやや遠いけど酷道のH公園へ行ってきました。駅に到着するとすぐに雨に見舞われてしばらく雨宿り。旧梅林もシジュウカラやアオジが来るだけでこれといったものもいてそうにないので公園側を散策。

Nenkin03051

倒木の表面に白いつぶつぶを見つけたので撮影。粘菌なのかな?

Nigakuritake31120

これといったものに遭遇しないまま赤い橋から流れに沿って下に降りてくると倒木にニガクリタケを発見。

Aragekobenityawantake31110

アラゲコベニチャワンタケも出てました。色がやや薄いみたいですね。

Nukahokori31120

倒木のひび割れになにか黄色いものが見えたので大きくしてみるとどうも粘菌ぽい。ヌカホコリとかいうやつかな?

Nukahokori31220

あとで気がついたのですがひび割れの周囲に黒いトゲのようなものが出てますね。粘菌よりもさらに小さなこれはなんだったのか・・・

Hiraokajinja31120

梅の花もそうそろ終わり。梅林の梅は病気でダメになったけど神社境内のは大丈夫だったのかな?

Sirohara31120

再び梅林に戻って来るとカメラマンが一人いててトラツグミがいてたというのでしばらく待ってみましたが私に見えるのはシロハラだけ。

Sirohara31220

シロハラの枝どまり。

Mejiro31120

大きな白椿の木にメジロがきていたので撮ってみました。

Mejiro31220

夕方の光ではダメですね。

Tubakin31120

椿の下にはえるツバキキンカクチャワンタケを撮って盛りあがりなく今日は終了

March 01, 2020

カワガラスとクロジ

Kawagarasu31120

今日は日曜日なのにコロナウィルスの影響なのか街を歩いていても駅の構内もなんか人が少ないように思います。まあ箕面は観光地なのでそこそこの人の流れはあるように思いましたが・・・。この前はカワガラスを撮影できなかったので今日はそのリベンジのつもりでまた出かけました。で、そのカワガラスのポイントに到着しましたがカワガラスがやってくるあたりにカルガモがいてるのでカワガラスがあまりそのあたりにとまらずに大急ぎで消えてしまいます。おまけにちょうど逆光の時間帯で下の方をみてるとはいえものすごく見づらい。ということで証拠写真を撮ったらまたクロジの方へ。

Kuroji031120

ところがクロジも出が悪くて他に何かいてないか見に歩いてる間に登場したらしくて次の登場をまっていたら3時半になてしまいました。この前は座り込んだクロジしか撮れなかったけれど今日は足の写っているクロジ♂が一枚撮れました。

Kuroji31220

お、この前とは違うところに来るかな?

Kuroji31320

あかん・・・やっぱり前の場所や。でも少し体のみえてるところが多なったかな?

Kuroji31420

メスのクロジも撮ってやらんとね。

Kuroji31520

また少し場所を移動して撮ってみました。

Kuroji31620

こんどは斜面を少し登ってやや上から撮ったのもあります。もう少しだけ上にメスがあがってきてくれるといいツーショットになるのですが・・

Kuroji31720

今日はもう一羽のオスは見なかったな

Kawagarasu31320

暗くなるとカワガラスが撮りにくくなるので急いでそっちへ。なんとすぐ下にいてました。上から見るカワガラスというのも面白いかも

Kawagarasu31520

餌をくわえて戻ってきます。

Kawagarasu31620

カワガラスといえばやはり尾を上げているポーズだな

Kawagarasu31720

前向き

Kawagarasu311120

右向き

Kawagarasu31820

泳いで餌を捕っているところ

Kawagarasu31920

後ろ向き。もう夕方なので動きがとまりませんね。

Kawagarasu311020

水の上にたっているように見えるけど下に大きな石があります。うまく写っているかどうかはともかく今日はたくさんシャッターがきれました。

« February 2020 | Main | April 2020 »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ