« January 2020 | Main | March 2020 »

February 2020

February 28, 2020

動かないクロジなど

Kuroji21420

久しぶりに箕面でも行ってみるかなと思い立って電車でGO。駅に到着するとなんと雨が降ってました。雨は長くは続かないみたいなのでしばらく喫茶店に入って雨宿り。雨があがってからゆっくりと滝道を歩きはじめました。

Oosansyouuo21120

水の中のものはうまく撮れないけれどオオサンショウウオがいてると教えてもらったので撮影。カエルなんかは同じ両生類でも冬眠するのにオオサンショウウオは冬眠しないのかな?

Sikatake21120

鳥の声もあまりしないのでちょっとキノコ探し。なんとも乱れた傘の裏をしてるキノコから。たぶんシカタケというキノコだと思います。シャッターをきったのは初めてかも・・

Kiironikawatake21120

キイロニカワタケですね。もっと汚れのないのを撮ればよかった

Momoirosakuriokin21120

モモイロダクリオキンでいいのかな?

Kuroji21120

廃材置き場でキノコを探していたら鳥撮りの人がやってきてクロジのポイントが今年は桜広場ではないというのがわかりました。でも、出が悪いのでやっぱり上にあがってみたのですがエナガ以外になんにもいてませんでした。で、元の場所に降りてくるとキジバトが2羽陣取ってましたが人が来たのでいなくなって、その後やっとクロジが登場しました。まずはクロジのメスから。

Kuroji21220

メスのクロジは適当に動いてくれて面白いのですが問題はオスの方

Kuroji212320

くぼんだ所でへたり込んでしまってまったく動きません。もう1羽オスはいてたのですが切り株の裏にまわりこんでしまいさっぱり見えません。

Kuroji21320

場所を動いて角度を変えてみましたが反応はあまりなし。斜面を登って上からなら全体が撮れたかも・・・けっきょくシロハラが飛んできて飛び去るまで動きませんでした。

Ruribitaki21120

その後。アオゲラやアカゲラが見られたという象の足のところまで行ってみたけど声も聞こえなかったのでまたクロジポイントに戻って来たけど今度はルリビタキ♀がうろうろしてるのが見れたのみ。

Kinoko02271

木の根元近くには小さなキノコがたくさんはえてましたが正体は不明。ヒメカバイロタケの色を塗り替えたようなキノコでした。

Kinoko02272

画像を整理していて気がついたのですがキノコに青い虫がついています。なんなんでしょうね。

Joubitaki21120

川沿いに歩いてるとチョコレート色をした鳥が高速で水面近くを飛ぶのでカワガラスとかミソサザイとかを期待してたのですが撮れたのは川向うのジョウビタキだけでした。ということで今日の収穫は初めて撮ったオオサンショウウオでした。

 

February 24, 2020

緑地のヒレンジャク、ミコアイサ、ミソサザイ

Hirenjaku221120

霊園にヒレンジャクの群れが現れたというので見に行ってきました。今年はレンジャクがあちこちで見られます。

Hirenjaku22520

フウノキ?にたくさんとまってましたが曇り空だったので青空になるのを待って撮影

Hirenjaku22320

横の川にあるネズミモチの実を食べに時々降りてくるのを撮りました。

Hirenjaku22420

赤いクロガネモチの木にくるのを撮ってみたいな

Hirenjaku22220

今年はレンジャクばかり撮っているのですぐに飽きてしまいますが、目の前にくると撮らないわけにはいきません。

Sirohara21220

ヒレンジャクを撮ったあと小鳥の森にも寄ってみましたが鳥も少なくてシロハラが枯れ葉を跳ね上げていました。これはメスのシロハラ

Sirohara21120

こっちはオス

Suehirotake21120

落枝についていたスエヒロタケの裏側

Akunioitake02120

小鳥の森から上の松林に上がっていく途中でみつけたキノコ。アクニオイタケかと思って撮ったけれど土からはえてるように見えるのでほかのキノコかも

Mejiro22120

メジロが梅の花にきていたので少し撮影

Mikoaisa21220

きれいに白くなったミコアイサ♂。今日はなにやら忙しそうでした。

Mikoaisa21320

メスもいてました。

Mikoaisa21120

パタパタも

Mikoaisa21420

もう少し近くで撮れればいいけれど池の真ん中あたりから北にかけていてることが多かったみたい。

Misosazai21220

もう4時なので帰る途中小鳥の森にまた立ち寄ると今度はミソサザイがいてました。

Misosazai21420

なぜか同じところでじっとしていて移動しようとしません。

Misosazai21320

移動したいけどシロハラが行きたい方面にいてるので躊躇していたのでしょうか

Misosazai21520

このミソサザイ、尾羽の付け根に青い毛がはえてますね。ほかのミソサザイにもあるのかな

Tubakin21120

何やら工事をしているみたいでしたが本日は終了したみたいでしたので道端の椿の木の下をみるとツバキキンカクチャワンタケを二つみつけました。形のいい方を載せておきます。最短距離3㎝でけっこう大きく撮れます

Tubakin21220

マクロ機能+デジタルテレコン1.6倍で撮影

Tubakin21320

デジタルテレコン2倍・・・粘菌の撮影に役にたつかな?早春のキノコなども見れるようになってきたのでこれからが楽しみです。

February 21, 2020

銀椋鳥と緋連雀

Ginmukudori021220

今まで使っていたSX50をうっかり壊してしまい修繕に出してみたのですが、この機種の修理受付期間が終わっているということでダメになってしまいました。代わりに新しいSX70を買いました。カメラは部品の在庫のこともあるし、メーカーとしては修理で時間をかけて小銭を稼ぐよりは新しいのを買ってもらいたいのでしょうね。といことで新しいカメラの試し撮りを兼ねて虎浜のギンムクドリを撮りに行ってきました。

Ginmukudori02120

今日はすでにギンムクドリ♀は一度出ているらしいのですが到着してすぐの11時すぎに2回目の登場がありました。

Ginmukudori021320

落ちているピラカンサの実を拾い食べてました。

Ginmukudori021420

飛んで行ったと思ったら高いシュロの木?の中にいてました。

Mejiro021120

再度の登場を期待してメジロなどを撮っていると

Hirenjaku021220

なんとヒレンジャクの群れが飛んできました。

Hirenjaku021120

時々高い木の上からピラカンサの実を食べに降りくるのですが、ピラカンサの枝に阻まれてまともには撮れません😖

Hirenjaku021320

曇っていた空も晴れてきて青空バックのヒレンジャクの群れが撮れました。

Hirenjaku02820

で、カメラの実験。光学65倍の画像。21㎜ズームレンズの65倍だから1365㎜相当の大きさで撮れてるはず。

Hirenjaku02920

クリアなデジタルズームの限界、130倍の画像。

Hirenjaku021020

これ以上大きくは撮れない230倍。ファインダーをのぞいていてもとてもクリアな画像が見れるのはいいけれど前の機種になれてるせいもあるけど操作性はどうかなあ・・・。それに画像を取り込むのに使っていたいままでのUSBケーブルも使えなくなったので今回はカードリーダーを使用。画像の整理にはやっぱりテレビに画像を一度流したいのにうちの古いテレビでは最新のHDMIとかいう出力は写らんのよね。

Hirenjaku021420

レンジャクもギンムクドリのどこかにいってしまったので海を見に行く途中で松林をのぞいてみるとそこにレンジャクが飛んできました。枝が多すぎていてるのはわかるけど枝だらけでまともに見える鳥が少なかった。

Kurogamo02120

海はビカビカに光って見えて浮かんでいるクロガモ♀も黒つぶれ

Hirenjaku021520

再び駐車場のピラカンサのところに戻って来るとヒレンジャクの群れも戻ってきてました。

Hirenjaku021620

今度はわりと撮りやすそうな下の木に一度とまることが多いみたい。

Ginmukudori021520

3時になり上の木にとまってたレンジャクが一斉に飛んだと思ったら代わりに飛び込んできたのがギンムクドリ♀!どこに行ってたんやろ?

Ginmukudori021620

ピラカンサの木にも降りたらしいのですが今度はわかりませんでした。

Ginmukudori021720

ほかのムクドリたちと一緒にまた飛んで行ってしまったので今日はこれまで。

« January 2020 | Main | March 2020 »

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ