« November 2019 | Main | January 2020 »

December 2019

December 23, 2019

なくなるのか⁈小鳥の森

Misosazai12119

カモ以外の鳥を撮れたらいいなと思って今日は服部緑地へ。まずは霊園に寄ってアオバトがいてないか樫の木を川向うから見てみることにしました。

Aobato121219

少々枝被りだけどアオバト♂を発見

Aobato121319

続いてメスも同じ木にいてるのがわかりました。しかし、陽があたってると影が出て今一つな気がします。

Aobato12119

うまく陽が陰ってくれたので影が映って斑になってないのが撮れました。

Aobato121419

メスの方もなんとか影なしで。枝なしのを撮りたいけどね・・・

Hasibirogamo12119

池にはカワセミのホバリングを期待するカメラマンが数名いてましたがカワセミの出は非常に悪いみたい。しかたないのでハシビロガモ♂とか

Okayosigamo121219

オカヨシガモを撮影

Okayosigamo12119

オカヨシガモのパタパタも撮れたので載せておきます。ここでちょっとショッキングなニュースを聞きました。野鳥カメラマンが集まって来るあの小鳥の森をつぶしてアジサイ園を造るという話でした。え~~~!!一般の人からすればあの汚く暗い湿地は無用なものなのかもしれませんが鳥たちとそれを期待して集まってくる野鳥カメラマンにとっては緑地にはなくてはならないポイント。なんとかならないものでしょうか。

Misosazai121219

で、その小鳥の森に移動。到着した時はまだほかにもカメラマンはいたのですが、ここも出が悪く一人帰り、二人帰りで最後の一人になったので4時まではねばってみることにしました。そしたら4時5分前にミソサザイが遠くの切り株にあらわれました。

Misosazai121419

さすがに感度を上げていっても80分の1のスピードしか出ません。

Misosazai121319

遠い切り株から徐々にこちらに移動してきて二股の木のあたりにきた時に

Joubitaki122119

ジョウビタキが来てミソサザイを追い払ってしまいました。もう少しで一番近い切り株に乗りそうだったのに・・・。

すーやんの今日の撮影野鳥に小鳥の森が存続するという記事がでてました。人の多い服部緑地で静かでほっとできる場所なので一安心ですね。

 

December 19, 2019

初見、クロガモ♂

Kurogamo122419

今日は朝から曇天。最近は鴨ばかり撮っているのでたまには山の方に行って小鳥を撮ろうかと思ってたけれど浜でクロガモの雄の姿が目撃されてるそうなのでやっぱり海へ。クロガモ♂ってまだ見たことなかったんですよね。

Hoojirogamo121119

展望台から海をみていてみつけたのはホオジロガモ♀。やや遠いな・・・。それにちょっと明るく補正しすぎてるかな?

Umiaisa121119

今期初のウミアイサ♀。オスもどこかにいてるはずなのだがわかりませんでした。

Kurogamo122119

今日のクロガモメスはかなり遠くてブイの近く。パタパタしたので記念撮影📷

Isohiyodori121119

イソヒヨドリもいてましたが、なんか元気がなさそう。ビロキンはずっと寝ていたのが起きたけれど水の中に潜ってしまい行方不明だとか・・・。クロガモのオスはいてたそうなので浜辺の方に探しに行きましたがみつけられないで元の場所に戻ってくるとやはりクロガモ♂を撮ったというかたがおられてその場所まで連れて行ってくれました。

Kurogamo122219

お~、これがクロガモ♂!嘴だけが黄色いやん。メスはいままでに淀川で見たことあったけどオスを見たのは初めてです。ご親切にわざわざ案内してくれたカメラマンのかたに感謝申し上げます。

Kurogamo1221119

なんとオスだけではなくメスも2羽いてました。クロガモの雄は黒いのであまり補正を必要としないかもしれないけどメスの方はもっと補正してた方がよかったな・・・

Kurogamo1221019

嘴は黄色にオレンジもはいってる明るい色で目立ちます。

Kurogamo122519

前から見るとこんなん。嘴の先の方は黄色ではないしヘラみたいな形なんですね。

Kurogamo122619

後ろから見るとこんな感じです。

Kurogamo122719

パタパタもしてくれました。

Kurogamo122919

メスのほうはわりと近づけるけどオスは人の姿に敏感みたいでした。離れたところから撮っていたんでは目がでないのでカモに気づかれないように壁際に歩いて行き、のぞき込んで上から撮る作戦で近くから撮れました。

Hajirokaituburi122119

帰りにハジロカイツブリの冬羽を撮って今日は終了。もう少し明るい日に今度はビロキンを狙いたいと思います。

December 12, 2019

帰ってきたクビワキンクロ

Kubiwakinkuro122419

12日はクビワキンクロを再撮影に行くつもりでしたが、11日はいてなかったというので浜に現れたというビロキンを見に行きました。そしたら着いてすぐにクビワキンクロ♀が戻ってきたというお告げがありました。ということで浜の鳥撮りをチャッチャと済ましてから電車で行くことに・・・。

Birodokinkuro121319

先ずは浜のビロードキンクロから。以前現れた時はテトラポットの前を泳いでくれたりしたのですが、今日のは沖のブイの周りから近くにはきませんでした。

Birodokinkuro121119

あまりにも遠いので禁断の155倍までズームしましたが波のうねりとか光線状態とかもあって良い状態では撮れないと判断して早々諦め。

Zugurokamome121219

ここで一番愛想がよかったのがズグロカモメ

Zugurokamome121119

この浜でズグロカモメを見たのは初めてです。しかし、2羽が追い掛け合いをしていて落ち着きがありませんでした。

Kurogamo121119

中央の磯前あたりではクロガモがいてましたが光線状態があまりよくありませんし、やや遠い

Kurogamo121219

よくわからないけどメスなのかな?ま、今日は干潮で干潟ができる時間帯だったのでカニが好物なズグロカモメを撮るには向いてたかもしれないけどカモ類はあまり陸には近づかないみたいだったので今度は満潮の頃にいってみることにします。

Kubiwakinkuro1222219

家に戻ってからクビワキンクロがいてる公園に電車でGO!着いてみるとこの前と同じでずっと後ろを向いて寝ている状態で時々起きて前を向いたりします。

Kubiwakinkuro122219

それも最初のうちだけで中央の島の中に潜り込んで眠ってしまいました。

Kinkurohajiro121119

目覚めるまでキンクロハジロを撮ったり

Amerikahidori122119

パンを投げると真ん前までやってくるアメリカヒドリとか

Yosigamo121219

ヨシガモなんかを撮って遊びました。

Kubiwakinkuro122319

クビキンが再び姿を現した時にはもう3時半。

Kubiwakinkuro122919

念入りなストレッチや羽繕いが終わり活動開始

Kubiwakinkuro122519

どんどん岸近くまで泳いできて池を半周

Kubiwakinkuro122719

水門の所までやってきました。

Kubiwakinkuro122819

近すぎてズームアウト。メタセコイヤの名残の紅葉の映り込みの中を泳ぐクビキン。今日も4時過ぎまで遊んでもらってから帰路につきました。

December 08, 2019

クビワキンクロ!のメス登場

Kubiwakinkuro12119

特に何かあてがあるわけではないけれど、もしかしたらヒメカンムリタケなんかがはえてないかと思って今日は緑地へ。

Hajirokaituburi121119

ハジロカイツブリは他の池に移動してました。しかしものすごく遠い・・・

Goisagi12119

同じ池で目についたゴイサギ。久しぶりに成鳥を見ました。

Mikoaisa12119

白いところが羽にまばらにあるのでミコアイサのエクリプス

Hosihajiro121119

これといって面白いものもないので帰ろうかとしたらスマホからお告げが聞こえてきてアメヒの公園にクビワキンクロのメスがいてるらしい。急いで原付を飛ばしたけれどたどり着いた時にはもう4時。正面に見える寝ているのがそうやというので顔を上げた時にシャッターをきったらホシハジロ♀でした。

Kubiwakinkuro121219

ほとんど寝ていて時々顔をあげて羽繕いしたりした時のみ撮影チャンス。これがクビワキンクロ♀か・・・へえ~。スズガモみたいに嘴の付け根の部分が白いし、嘴に水色っぽいラインがあって、目の後ろにもなにやら白っぽいラインがあるように見えます。

Kubiwakinkuro121419

おにぎり頭がチャームポイント

Amerikahidori121119

寝てるものばっかりをにらんでいても退屈なので動いてるアメリカヒドリを撮影。しかし、もう日没間近なので動きが止まりません!

Kubiwakinkuro121319

この光線状態ではデジタルズーム75倍ではかなり無理がありボケボケの画像です。珍しい鴨でもあるのでしばらくいてるようならリベンジしたいものです。

December 01, 2019

ミヤマホオジロとキシメジ類

Miyamahoojiro121319

12月にはいって最初の日曜日はとても良いお天気になりました。さて、どこに行こうか・・・日曜日なのでサンカノゴイは人がいっぱいだろうし、オニアジサシは今日の干潮の時刻が遅めなので期待薄らしい。で、ミヤマホオジロとキノコでもと思ってA公園に行くことにしました。

Kinoko12011

公園目指して谷筋を歩いていてみつけたキノコ

Kinoko120112

裏はツバもなく襞は疎で白色。さて・・・名前があるキノコなのか?

もしかしたらヒロヒダタケかも・・・

Hoteitake12119

ホテイタケがあったあたりもすっかり枯れ葉が積もってキノコなんかさっぱり見えません。枯れ葉を払いのけると傷んだホテイタケが少しだけ出てきました。

Arimahuji12119

やっと公園に到着。

Miyamahoojiro12119

ミヤマホオジロがやってくるポイントに来ましたが誰もいてません。しばらくじっと待っているとメスが来てくれました。

Miyamahoojiro121219

遠い方の切り株にも一羽。こっちはオス若なのかな。胸に黒っぽい三角が見えます。

Miyamahoojiro121419

フェンスの向こう側から来るみたいです。

Atori12119

アトリ♂もいてました。ミヤマホオジロと仲がいいのかな。

Atori121219

こっちはアトリのメス?

Aoji12119

アオジだっていてます。これはオスだな

Sentikogane12119

カキノミタケでもないかと思って柿の木の下でゴソゴソしてるとセンチコガネをみつけました。死んでるのかと思って触ると少し足を動かします。気温が下がって動けなくなったんでしょうね。

Kitunetake12119

この低温の中、まだ生えてきているキノコがありました。キツネタケはみつけても撮らないことが多いけど他に何もなさそうなので📷

Kinoko12119

松林の休憩所前でみつけたキノコ。柄はささくれていてヒダは黄色味がかってます。名前はわかりそうでわからないな

Karakisimeji12119

お、これは図鑑で見たことがありそうなキノコ

Karakisimeji121419

キシメジの仲間かな?

Karakisimeji121219

裏を見ると黄色い。これに近いのがキシメジ、シモコシ、カラキシメジだが・・・違いがわかりにくい

Karakisimeji121319

誰か先客がいてたのか足元に一本ころがってました。それを拾い上げて苔にさしてみると傘に弱い赤変がみられる。となるとカラキシメジの可能性が高くなる。でもカラキシメジの柄は黄色いらしいのにこれは白。ただ枯れ葉の色がついただけなのか?かじってみるのが一番識別しやすいらしいのだが・・。シモコシなら無味、カラキシメジなら辛いので誰か行ってかじってみてくれないかな

Arimahuji121219

有馬富士も今日は紅葉でお化粧してきれいに見えます。

Syouro12119

たしかここらで以前にショウロをみつけたなと思って落ち葉を足で払いのけると転がり出たショウロが二つ。一つを切ってみました。

Momiji12119

シーズンなので紅葉も一枚のせておきます。

« November 2019 | Main | January 2020 »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ