« September 2019 | Main | November 2019 »

October 2019

October 28, 2019

クマソ、ノビタキ、ノゴマなど

Nogoma10119

服部緑地に昨日オジロビタキがいてたというんで行ってきたのですが、オジロビタキは抜けたあとでした。しかたないのでそこらを散策

Joubitaki102119

オジロビタキの代わりに愛想をふりまいていたジョウビタキ♂

Hokoritake10119

キノコを探していてみつけたホコリタケ。いつもはホコリタケを見つけても撮らないけど付け根の部分に色の違う幼菌が出てきていたので撮ってみました。

Asetake10119

アセタケ類はよくでているけれど名前がわかることがほとんどないんですよね。

Nakaguromorinokasa10119

何やらアセタケとは色違いのものを発見。ひび割れ模様が面白いかと・・・

Nakaguromorinokasa101219

傘の裏にはまだ被膜がついている状態。たぶんナカグロモリノカサがひび割れたものかと思います。

Kareedatake10119

これはカレエダタケでいいのかな?

Titiawatake10119_20191028230101

クロマダラソテツシジミ、略してクマソがまた発生しているという霊園に行ってみることにしました。そしたら芝生の上に黄色い饅頭みたいなのがいっぱい

Titiawatake101219_20191028230101

色は黄色いけどチチアワタケのような気がします。

Kuromadarasotetusijimi10119

クロマダラソテツシジミはすぐにみつかりましたが翅の裏を撮りたいのにとまるとすぐに翅を開いてしまってうまくいきません。

Kuromadarasotetusijimi101219

高いところで合体中のクマソがいてたので一応裏面も撮れました。

Nobitaki102419

帰りに猪名川によるとアリスイとかノゴマとかがいてるというけれど姿はなくノビタキが愛想良くしてくれるので撮ることに

Nobitaki102119

ススキの穂?どまりとか

Nobitaki102219

ノビタキの伸び~などがとれました。

Nobitaki102319

もう一羽色の濃い目の子がいてるけれどあまり近くにはこなかったな

Nogoma101319

もう日が落ちてしまいそうな5時ごろやっとノゴマ♂が登場。しかしシャッタースピードがのびないのでまともなのが撮れません。シャープを強めにかけてます。

Nogoma101419

Nogoma101519

赤い喉がきれいに撮れる角度のものはないけど今期初ノゴマも撮れて本日は終了。

October 22, 2019

ムギマキ♀とジョウビタキ♂

Mugimaki101319

今日は祝日で仕事も休みとなったので午前中に散髪と買い物をすませてムギマキがいてるという公園へ。朝はオスもいてたそうなんですがその後行方不明。メスがいてるということでしばらく待機。

Enafa10119

ムギマキがみつかるまでに撮ったものといえばエナガとか

Sasakuehitoyotake10119

白いのでササクレヒトヨタケっぽいけれど砂がついていてよくわからないヒトヨタケの仲間

Mugimaki10119

やっと広場の北側のニレの木でムギマキ♀がみつかりましたがこんな感じでなかなか難しい

Mugimaki101417

やっと枝葉の隙間から見える場所に移動してくれました。

Mugimaki101219

口を大きくあけてくれたのが撮れました。

Mugimaki101519

もうちょっと大きく撮るとこんなん

Mugimaki10419

きれいなオスも撮りたいけれど今期お初なのでメスでも可

Kosamebitaki10319

コサメビタキが同じところにいてるので間違いやすい

Joubitaki10119

ジョウビタキ♂が周囲をうろついていたのでこれも📷

Joubitaki101219

冬鳥は順調に飛来中だな

Joubitaki101319

Joubitaki101419

この冬も元気に遊んでちょうだい

Kinoko10221

正体不明のキノコが一つあったので記念撮影

Yamatosijimi10119

最近シルビアシジミが撮影されていたので探してみましたが普通のヤマトシジミしかみつかりませんでした。ということで今日はこれまで。

October 21, 2019

ヤマヒガサタケとホテイタケ

Yamahigasatake102319

ヤマヒガサタケを見たことないという菌友とともに前回と同じところに行ってきました。ところが自動車で行ったら何か公園でイベントをやってたようで駐車場待ちでかなり時間をとられてしまいました。

Midoisugitake10119

ミドリスギタケですね。前も同じ切り株で見たことあります。

Katatumui10119

エノキタケっぽい茸でミニカタツムリが食事中

Tamagotakemodoki10119

たぶん猛毒茸のタマゴタケモドキ

Saratake10201

ネンドタケモドキに極小のサラタケみたいなんがついていたのでこれも

Usuhiratake10119

ウスヒラタケかと

Yamahigasatake102119

前回みつけたのと同じものだと思うヤマヒガサタケ。大きくなってました。

Yamahigasatake102219

ほかにもたくさん出てきてたので

Yamahigasatake101419

シダのはえてるあたりがお気に入りなのかな?

Hoteitake101119

以前ここでホテイタケをみつけたので探してたら本当にありました。

Hoteitake101419

以前は木片から出ていた2本だけだったのに、今回は地面からたくさん出てました。

Hoteitake101219

Hoteitake101319

今回のは柄の色が濃いね。

Oohouraitake10119

オオホウライタケかな?ずいぶんと白いな

Konosimetonbo10119

今日のオマケ。コノシメトンボのタンデムが地表に降りたので一枚📷

October 17, 2019

キノコ出てないかな

Kamiurokotake10119

最近はあまりキノコの出がよくないみたいなんですが、それでも台風の雨などがあったので何かあるだろうと今日はA公園を目指しました。途中あちこち道草をくいながら歩いてたところ倒木上でみつけた薄紫色のコウヤクタケ系のキノコをみつけました。カミウロコタケのつもりで撮ってますがスミレウロコタケというのもあるそうです。

Sagariharitake10119

同じ木にはえていたサガリハリタケ。これも上部の生え際のあたりが枝分かれしているように見える箇所があってシダレハナビタケの可能性も捨てがたいんですよね。

Yamahigasatake10119

昨年はもっとピンクがかったようなきれいなのを撮ったけれど今年のはなんか茶色っぽいように思えるヤマヒガサタケ。図鑑に出ているのは朱色だけどここらへんではこの色が普通なのかも?

Yamahigasatake101219

積もっている枯れ葉をどけると新しいのが出てきてました。このキノコもこれからだな

Kinoko10171

ここではけっこうはえてたキノコだけどモリノカレバタケあたりがそれっぽいかな・・・

Beniyamatake10119

道からは小さくて見えなかったけどベニヤマタケっぽいキノコもありました。

Sirosuzumenowan10119

腐朽材の残骸から出ているキノコを撮ろうとしてみつけたシロスズメノワン

Himeakanemesu10119

公園内に入ってみつけたヒメアカネ♀とおもわれる赤とんぼ。マユタテアカネと区別つかんわ

Titiawatake10119 Titiawatake101219

黄色っぽいのでよくわからなかったけど裏側を見てわかりました。チチアワタケですね。

Karakasatake10119

大物発見。カラカサタケですやん!

Karakasatake101219

どこかに傘の開いたのがないかと探すと笹に隠れてるのをみつけました。でも傘が裂けていたので裏側から撮影

Kinoko10172

わりと地上性のキノコもはえているのですが名前のわからないものばかり。

Suppontake10119

猪に掘り返された道端を見ながら歩いていたらボール状のものをみつけました。オニフスベかと思って触ってみるとフニャッ・・・

Suppontake101219

もう少し先にも一つみつけたので切ってみると、スッポンタケの幼菌でした。そういえば昨年、啄木鳥の森でみつけたミニスッポンタケ。今年もたくさん幼菌が出てるのでしょうか?誰か行って見てきてくれないかな・・・

Kinoko10173

ヒダがものすごく密なのが特徴ですが名前はわかりません。

Kinoko10174

光沢がある表面だけどこれもなんなのか

Asinagaitatitake10119

イタチタケっぽいけどアシナガイタチタケというのもあるのでそれかな?ということで雨がふりそうな雲行きになってきたので急いで撤収

October 10, 2019

森林植物園のキノコとアオゲラ

Aogera101319

そろそろ何か見たことのないキノコがはえてるのではないかと思って神戸まで行ってきました。キノコがダメでもここならアオゲラとか野鳥も期待できるので出かけたのですがね・・・

Sirogekayatake10119

ここのコウヨウザン林に大群生するキノコがあると何かで読んだことがあるので行ってみたら白いキノコがたくさんでてました。キノコの名前がはっきりしないので色々調べた結果、それらしい感じがするのがシロゲカヤタケというキノコ

Sirogekayatake101219

撮った時は毛がはえてるようにはみえてなかったように思うけど画像をチェックするとそれっぽく見えるものもありということで・・・

Matuouji102119

照葉樹林区でマツオウジとか

Kurohanabiranikawatake10119

クロハナビラニカワタケらしきものを撮ってると少し気になるものをみつけました。

Kinoko10101

この黄色いうろこ状の鱗片がある幼菌ははたしてなんのキノコなのか???

Humei1010

さらに歩みを進めて切り株の上でみつけたピンクの物体。粘菌のクダホコリなのかそれとも何かの卵なのか?

Houkitake10101

フサヒメホウキタケかな?と思ったけど地面から直接でているのでなんか違うホウキタケの仲間

Kibimesu10319

植物園に入った時にほかの野鳥カメラマンたちが歩いて行った方向に行ってみることにしました。何人かが囲んでいる赤い実のなる木の前でしばらくいてましたがキビタキ♀がやってくるだけ。

Aogera101219

時間がないのでキビメスの木を後にして先に進みます。ホオノキが並んだ場所をやっとみつけました。バスで帰らないといけないのでちょっと焦ってたんですがアオゲラくんはやってきてくれました。

Aogera10119

ここのホオノキの実を食べるアオゲラは有名ですが私は初めてです。

Aogera101419

手前の大きな葉っぱが邪魔で気になります。

Tumagurohyoumon102119

本日のオマケは最近ではどこにでもいてるマグロヒョウモン♂。薄紫色の花の色がうまくでないのが残念。

October 06, 2019

ミヤマアカネとメスグロヒョウモン

Miyamaakane101219

ヘルメットマウンテンにノジコやコヨシキリがいてたという話を聞いたので今日はお山へ。昔の探鳥地ガイドにもここのノジコは書かれているそうなのだが実際に撮ったという話は聞いたことがなかったのでちょっと期待して出撃。

Niwatake10119

台風の雨が降ったのでキノコも期待してたのだがまったくみつかりません。展望台下あたりでやっと一つ

Niwatake101119

傘の裏の色と柄からニワタケだと判断しました。

Akatateha10119

レスレストハウスで休憩してるとアカタテハが飛んできて歩き回ってくれたので少し遊んでもらいました。

Huusentake91119

いつものように山の裏道を歩いて前回粘菌を撮った場所へ。白い粘菌をみつけたので撮影しようとしゃがんだ時に木の下に茸をみつけました。肉眼では傘がもっと焦げ茶色に見えたのですが・・フウセンタケの仲間ですね。カワムラフウセンタケかな?

Tunohokori91119

これがその粘菌。ツノホコリだと思います。

Urabebitake91119

材にはウラベニタケと思われるキノコもはえてました。

Mayutateakane10119

道を途中から河原の方に降りて行くと今日は池にはマユタテアカネがいてました。で、カメラマンさんにきくと今日はぜんぜん鳥がいてないとのこと。川では子供たちの団体さんがはしゃいでいてとても賑やか。日曜日だからしかたないな・・。

Matuouji10119

ここで大きなキノコを発見。どうやらマツオウジのようですが木から出てたのは半分食べられてしまっていて近くに大きなヤマナメクジも・・

Miyamaakane10119

流れの近くに行くと川の中の石の上にはミヤマアカネ♀

Miyamaakane101519

そして顔まで真っ赤なミヤマアカネ♂

Himeakane10119

対岸に行こうと通りに出て歩いているとヒメアカネ♂をみつけました。

Miyamaakane101319

まだ蕾のセイタカアワダチソウの先にミヤマアカネ♀をみつけました。オスがセイタカアワダチソウにとまってないかと思って河原に降りてみることにしました。これが後でえらいことに・・・

Miyamaakane101419

草茫々の河原を歩いているといつの間にかズボンや靴にヌスビトハギの種がびっしりと・・・😖 種をとるのにえらい時間がかかりました。 お若いの、けっして草茫々の広河原の中には入ってはならぬ✋

Mesugurohyoumon10119

再び池の縁の休憩所に戻って一服。もうカメラマンは誰もいてません。腰かけて池を見ていると池の中のセイタカアワダチソウに蝶々が止まっているのがみえました。キタテハかツマグロヒョウモンかな?

Mesugurohyoumon101219

近づいてみるとどちらでもないみたい。じゃあミドリヒョウモンかもと思って風で揺れるセイタカアワダチソウに翻弄されながらシャッター押しまくり

Mesugurohyoumon101319

家に帰ってから調べていてメスグロヒョウモン♂ということがわかりました。さすがに越夏個体はすっかり翅がいたんでいて色が悪いですね。でもこのお山でメスグロヒョウモンを初めてみました。

Kaentake10119

あとはバイクを置いてる所に戻るのにうろうろしてたらコナラの木の下で小指の先ほどの小さなカエンタケをみつけたのみ。前も同じ木の下で細長くなったカエンタケをみつけたな・・。

« September 2019 | Main | November 2019 »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ