September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« May 2019 | Main | July 2019 »

June 2019

June 29, 2019

キヌガサタケ

Kinugasatake62319

先週は乾燥したキヌガサタケがみれただけでしたが、あれから約一週間がたち雨も降ったので新しいのが出ているかもと思って仕事前にのぞいてきました。

Kinugasatake62119

狙い通り!キヌガサタケを二つみつけました。一つはみつけた時にはなにやら黒い大きな虫がついておりグレバや編み笠の上の方を食べてました。近くでよくみようとすると逃げてしまいましたが、前胸部が赤い甲虫だったように見えました。いったいなんの虫だったのか気になります。ま、胞子をあちこちに運んでくれればまた来年とかに他の場所でもキヌガサタケが見られるかもしれませんのでいいですけどね。

Kinugasatake62219

惜しい・・・虫に食われてなかったらもっときれいなのに。

Kinugasatake62519

もう一つのキヌガサタケがこれ。

Kinugasatake62419

違う向きのも撮ってみました。背は低いけれどその分スカートの膨らみが豊かになり、まさにエレガントな女王様です。でもうんこ臭いというのがたまに傷ですけどね。

June 24, 2019

虫と乾燥絹傘茸

Nihonkawatonbo61119

今年はミドリシジミを見ていないのでハンの木のある公園に車で連れて行ってもらいました。オスはいてなくてもメスならけっこう長く見られるはずなので期待してたのですが・・・

Semadarakogane61119

黒いのでクロコガネかと思ったのですが、セマダラコガネの黒色型ではないかと。

Semadarakogane61219

こちらはずいぶん大きいのでほかの虫かと思いましたが、やっぱりセマダラコガネだと思います。

Bararuritutuhamusi61119

きれいなハムシなんですが名前はとくていしづらいですね。バラルリツツハムシかも

Marumunejoukai61119

普通のジョウカイボンのつもりで撮りましたが胸の黒い紋があることと上翅後半も黒っぽいのでマルムネジョウカイというやつですね。

Ooitotonbo61119

オオイトトンボがいつもの池にいてないので今年はダメなのかと思ったら少し南側の池にいてました。

Kiitotonbo61119

キイトトンボは今年も元気です。

Nihonkawatonbo61219

驚いたことに春のトンボであるニホンカワトンボ♂がまだいてました。カワトンボの中では真っ先にいなくなるはずなんですが今年はどうしたんでしょうね。

Obabotaru61119_20190624005201

この前撮ったオバボタルはどうも特徴がはっきりしなかったのですが、今日見たものは触覚も長く平たく、赤い斑紋も小さめ。まちがいなくオバボタルですね。

Nenkin61119

粘菌の休眠体らしきものを撮ってたら

Nijigomimusidamasi61119

ニジゴミムシダマシをみつけました。

Midorikamikiri62119

ミドリカミキリに今年はよく遭遇します。

Ootyabaneseseri61119

オオチャバネセセリを久しぶりに見ました。

Ruritateha61119

離れた木には樹液が出ているのかルリタテハがきてました。ええ色してます。

Kooniyanma61119

コオニヤンマが出てきましたね。こいつが出てくると川沿いにいてる他のトンボも食べてしまうのでちょっと困りものです。結局今日はミドリシジミどころかほかのゼフィルスにも遭遇しませんでした。ただ車で引き上げるときにアカシジミかと思われるのが飛んでいるを目撃しました。

Kinugasatake61119

家に戻るのに寄り道をしてキヌガサタケの様子を見に行くと去年と同じ場所に一つでてました。しかし、すっかり乾燥して七夕飾りか切り干し大根みたいになってました。半日ほどしかもたない茸だし雨も降っていないのでしかたないのですが瑞々しさがなさすぎるのでもしかしたら昨日でてきたやつなのかも

Kinugasatake61219

倒れかけてるものを助け起こしてさらに接合手術をくわえたらこのとおり。今年もキヌガサタケを見ることができました。

June 21, 2019

三光鳥と蛍

Sankoutyou61619

アカショウビンを期待してやや遠い森に連れて行ってもらいました。結果から言うとアカショウビンの今日のお出ましはありませんでした。遠くの声をきいた人はいてたみたいでしたが・・・。

Miyamakawatonbo61119

現場に着いて川沿いを登っていってるとミヤマカワトンボがいてたのでちょっと遠いけど一撮影。まともに翅が開いたのが撮れたのはこれ一枚。しかもトリミングしてます。

Moriaogaeru61119

モリアオガエルが一匹いてました。卵塊の上にとまってるのを撮ってみたいものです。

Obabotaru61119

小さなホタルをみつけましたがこれはたぶんオバボタルとかいうホタルかと・・・

Sankoutyou61119

近くにはサンコウチョウも

Sankoutyou61419

サンコウチョウはたくさん入ってるみたいですね。こちらのペアは夫婦初の共同作業というやつで巣を作ってる段階。

Sankoutyou61519

Sankoutyou61319

こちらがメス

Sankoutyou61719

枯れた枝葉が邪魔だけどまあ写ってるので・・・

Dabidosanae61119

サンコウチョウもずっと追いかけてると疲れるのでほかに撮影できるものを探しに徘徊。ビニールシートの上にとまってくれたダビドサナエ♀

Eguritorakamikiri62119

積み上げた薪にはエグリトラカミキリ

Genjibotaru61119 

水辺近くの栗の木でゲンジボタルを見つけました。

Genjibotaru61219

お尻には発光体がついていてこれが光ります。

Genjibotaru61319

すぐに飛ぼうとするんですよね。

Genjibotaru61419

手乗りぼたるなどを撮って遊びました。アカショウビン撮りたかったなあ・・

June 18, 2019

ウラナミアカシジミなど

Uranamiakasijimi61119

今日もゼフィルス探し。今年はゼフィルスは不作なのか、いてるのはいてるけど数を見ることがありません。昨年の台風の影響かただ蝶運が悪いだけなのか・・・

Kutibutozoumusi62119

最初に撮ったのは緑っぽいゾウムシ。コフキゾウムシかと思ったけれど触覚が長いのでちょっと違うような。クチブトゾウムシの仲間ということにしておきます。

色々と調べてみたところ一番近いと思ったのがオオクチブトゾウムシ。黄色っぽい粉をふき地色が赤味のある茶色というのが判断の根拠なのですがいかが?

Togeari61119

湿地の木道でよく見かけるトゲアリ。アリタケという冬虫夏草を探してみたのですが残念ながらみつかりませんでした。

Oomonsironagakamemusi61119

カメムシはよくみつかりました。オオモンシロナガカメムシとかいうカメムシ

Oohosikamemusi61119

オオホシカメムシ

Tobiirooohiratakamemusi61119

トビイロオオヒラタカメムシだったかな?

Hannokihamusi61119

たぶんハンノキハムシ

Muneakaooari61119

これはムネアカオオアリだと思います。

Midorisugitake61119

Midorisugitake61219

茸も雨が降って出てきました。最初は黄色いヒダを見てサマツモドキかと思ったのですが、サマツよりもヒダが粗いことやうっすらとツバのあとがみられるのでミドリスギタケではないかと・・・

Mujinatake61119

ムジナタケがたくさん出てました。

Turutake61119

まだ傘がひらいてないけどツルタケだと思います。

Musi06171

茶色のハムシっぽい昆虫。名前はわかりません。

以前キイロクチキムシというのを栗の花でみつけて悩んだことがありましたが、これもクチキムシ科の昆虫のようです。候補としてはクリイロクチキムシかウスイロクチキムシあたりかな・・

Hutasujisanae61119

久しぶりに見たフタスジサナエ

Harabirotonbo61119

ハラビロトンボ♀もいてました。

Uranamiakasijimi61419

栗の近くでやっとみつけたウラナミアカシジミ

Uranamiakasijimi61219

色々やってみたのですが体全体が見えないんですよね。顔がのぞいてるだけでよしとしますか・・・

Hemerokarisu61119

最後にヘメロカリスが咲きだしてたので記念写真📷

Sasayuri61119

園芸種ではない天然のササユリが一つの茎に数輪花をつけてるというので帰りに見に行ってきました。

June 13, 2019

ゼフィルスとクロツバメシジミ

Akasijimi61219

今日はガスの点検が来るというので遠出は無理かなと思っていたらわりと早く済んだのでトンネルのむこうがわにゼフィルス探しに行ってきました。が、栗の花にもゼフィルスは見られずこれといった怪しい虫たちにも出会いません。一応今までゼフィルスに遭遇した場所は見て歩くことに。

Urakinsijimi62119

お、なんと前回も撮ったけれどウラキンシジミをみつけました。

Urakinsijimi62219

じっとしているので少し角度を変えて撮ってみました。

Urakinsijimi62419

金色に見えるかな?ウラキンに遭遇する前にネットマンが一人この前を通過したはずなのですが気がつかなかったのか、狙いがゼフィルスではなかったのか?

Amisugitake61119

キノコを発見。たぶん埋もれ木から出てるはずですがアミスギタケと思われます。

Hoozukitake61119

ずいぶんと沢山の幼菌がでてましたがホオズキタケですね。

Himekimadaraseseri61119

ウラキンが撮れたので引き返してたら近くにとまってくれたヒメキマダラセセリ

Himekimadaraseseri61219

翅の裏はこんなんですがこの蝶はすぐに翅を開いてしまうので裏側の方が珍しいかも。

Akasijimi61319

栗の木近くまで戻ってきたら壁の上のほうにとまっているアカシジミにやっと出会えました。

Akasijimi61419

少しだけ下に降りてきてくれたのでほとんど同じだけどまた少し撮影

Musi0613

この虫は何でしょうね。よく見かけるけれどどの分類に入る虫なのかもわかりません。

やっとアオヒゲナガトビケラが近いというのがわかりました。おそらく間違いないでしょう。川の傍なんでトビケラ類はよくいてますがこんな黒っぽくて小さなものもいてるんですね。

Tumajirokamemusi61119

終わりかけのアザミの花の一種みたいなので何かハムシでもいてないかと思ってのぞいてみるとわりときれいなカメムシを見つけました。光沢のある暗紫色が気に入りました。ツマジロカメムシだと思います。

Kurotubamesijimi61119

ツマジロカメムシを撮るためにしゃがんでいて気がつきました。横の花にとまっている小さなシジミチョウはクロツバメシジミじゃありませんか!

Kurotubamesijimi61219

いつもここはせいぜいキチョウがいてるだけで撮るべきものはないと思ってたし、壁面をみてもクロツバメシジミの食草であるツメレンゲはどこにもみあたりません。最近はこの地ではクロツバメシジミを見ることがなくなったと思っていたのですがどこかで命をつないでいたのですね。よかった~💕

Ramiikamikiri61119

ラミーカミキリもいてたので記念写真📷

Komisuji62119

今日はミスジチョウは見ていないけれど近くにコミスジがとまって翅を開いてくれたのでこれを撮った本日は終了

June 09, 2019

ウラキンシジミなど

Urakinsijimi61119

今日もゼフィルス狙いで山の公園へ。ゼフィルスの中では一番よくみかけるアカシジミは撮れるだろうと思って少し遅いスタートでしたが公園にたどり着くまでに色々撮ったりしてたらすっかり時間がかかって公園に到着したのがお昼の12時になってしまいました。

Murasakisijimi61119

公園に着くまで何を撮ってたかというと、ゆるい坂道を上ったあたりで足元で何かがうごきました。なんとそれは羽化してまだ間もないと思われるムラサキシジ♂でした。まだうまく飛べないみたい。

Himekamenokotentou62119

イタドリの葉にけっこういてたのはヒメカメノコテントウ。この前撮ったものよりも赤い色がきれいに出てたのでカシャ📷

Katuozoumusi61119

何やらみなれないオレンジ色をした虫もいてました。どうやらゾウムシの仲間みたいですが初めて見ます。あとで調べるとカツオゾウムシというそうです。オレンジ色に見える粉はやがてとれて黒っぽくなるのだそうです。

Gunbaitonbo61119

久しぶりに見るグンバイトンボ

Kutibutozoumusi61119

揺籃についていたので気になって撮ってみましたがクチブトゾウムシの仲間みたい。

Husahimehoukitake61119

谷の中を歩くとフサヒメホウキタケがでてました。

Sirokikurage61119

シロキクラゲも雨で復活したのかな?

Satokimadarahikage61119

サトキマダラヒカゲもよく見ました。

Mizuiroonagasijimi62119

公園に入ってすぐにウラキンシジミが近くにいてたのですが、近すぎてピントが合わず場所を変えたら飛んで行ってしまい、そのまま捜索を兼ねて歩いてると今日もミズイロオナガシジミをみつけました。

Kawarihatu61119

日陰をのぞくとカワリハツみたいな茸がはえてました。やっと地上性のキノコがみれました。

Urakinsijimi61219

もう一度ウラキンシジミを見つけた場所に戻ってそこらの木を丹念に見て歩いてるとついにウラキンシジミを発見。ゼフィルス2号はアカシジミでもウラゴでもなくウラキンシジミでした。

Yamasanae61119

ヤマサナエ♀みたいですね。肩のL字模様だけをみるとキイロサナエのようにも見えます。

Sasakurehitoyotake61119

お、ササクレヒトヨタケがでてますやん。大きいけど一つだけとは寂しいですね。

Asahinakawatonbo61119

サヒナカワトンボ♂もいてたので📷

Benibotaru61119

湿地の休憩所前でみつけた渋い赤色の虫。ベニホタルでいいと思います。ベニホタルは名前にホタルとつきますが発光はしません。

Kagiaosyaku61119

緑色した蛾はけっこう珍しいので撮ってみました。カギバアオシャクというそうです。

Awatake61119

帰り道でみつけた今期初イグチ類。アワタケかな?今日はアカシジミは飛んでるのを一度見ただけでしたがウラキンシジミが撮れたのが大収穫。でも栗の花があまり咲いていない状態ですので栗の花で探すのはまだ難しいようで歩きまわっての捜索でした。ホトトギスもよく鳴いてるので丘の上までいってみたのですが飛んでいくのを見ただけでした・・・残念

June 06, 2019

アオマダラタマムシとミズイロオナガシジミ

Aomadaratamamusi61119

ゼフィルスの季節となりましたが年寄ってくるとあちこち痛かったりして長距離を歩くのが億劫になっていてぐずぐずしてたらもう昼前。交通事故にあってから長い時間原付に乗って移動するのも控えてたのですが今日はヘルメットマウンテンまで頑張って行ってきました。

Hikagetyou61119

ここではあまりゼフィルスに遭遇したことはないのであまり期待はできないけれど何かいてると思うんですよね。で、最初に撮ったのは東屋で休憩中のヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)

Aomadaratamamusi61319

栗の木でもあればその花にゼフィルス類は飛んでくることが多いのですがここには栗の木がありません・・?展望台方面から周囲を見渡してると何か飛んできて離れたところにとまりました。100倍デジタルズームで見るとなんとこれはアオマダラタマムシじゃありませんか‼

Aomadaratamamusi61519

アオマダラタマムシって見たことないのでいつか見てみたいと思ってたんですよね。

Aomadaratamamusi61219

前から見るとこんなんです。

Midorikamikiri61119

ミドリカミキリも飛んできました。

Midorikamikiri61219

曇りがちだったせいかキラキラ感が少ないですね。

Akasasigame61119

池の方にも行ってみましたがアカサシガメとか

Sioyatonbo61119

シオヤトンボ♂

Himekamenokotentou61119

ヒメカメノコテントウぐらいが撮れただけ。川の近くで栗の木をみつけたけど花序がやっと伸びてきただけでまだ花はさいてませんでした。

Mizuiroonagasijimi61119

もう少し足をのばして大きなコナラの木の下まで行ってみるとやっとゼフィルスを発見。ミズイロオナガシジミでした。

Mizuiroonagasijimi61519

この山でアカシジミではなくミズイロオナガシジミを見たのは初めてかも

Mizuiroonagasijimi61419

違う向きのも一枚

Agehatyou61119

山の裏を歩いているとアゲハチョウが近くにとまってくれたので記念写真📷

Henkeikin0606

道端の伐採木には粘菌と思われるものがついてました。

Hiratake61119

雨が少ないのにヒラタケが出てきてくれてたのでそれを撮って今日はこれまで。

June 05, 2019

ウ~ガンダー!

Siroerioohammu61119

6月2日撮影分  淀川のシロエリオオハムをもう一度見に行ってきました。今度は前回よりも安定してみれるようでしたが現場に到着してみると下流に出張中で留守でした。しかたなく戻って来るまで待機です。

Yanagirurihamusi61119

近くに何かいてないかと思って捜索すると柳の木にとても小さなヤナギルリハムシを見つけました。

Siroerioohamu61619

遥かかなたから戻って来るのが見えたシロエリオオハム

Siroerioohamu61819

いろいろと芸をみせてくれて大サービス

Siroerioohamu61719

よく羽繕いとか

Siroerioohamu61519

パタパタをしてくれます。

Siroerioohamu61419

す~っと前を通過してくれてもいいはずなのですがここらへんに来ると何かやってくれるのがうれしいですね。

Siroerioohamu61919

時々陸にあがってすぐに水の中に戻ります。

Siroerioohamu61319

陸に上がってる時は目が写るのですけど水の中に入るとほとんどわからない。

Siroerioohamu611019

前から

Siroerioohamu61219

これはまだ目が出てるほうかな?

Ooyosikiri61119

曇天なのが残念。オオヨシキリがよく鳴いてくれてました。

« May 2019 | Main | July 2019 »