June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« February 2019 | Main | April 2019 »

March 2019

March 31, 2019

キジとシマアジ2

Simaaji32419  

そろそろノビタキでも来ているのではないかと思って今日も河川敷へ。でも、なんにも見つけられません。今日はこの前のシマアジが上流まで上ってきているというので行ってみることにしました。

Simaaji32119

南側からでは少し遠いのだけれど順光で撮りやすいので・・・。水の色が黄緑に見えるのはセイヨウカラシナの黄色い花が写っているからです。

Simaaji32219 Simaaji32619

偶然ですけど飛び出しが写ってましたので貼っておきます。

Simaaji32319

シマアジ♂は水門のあたりにいてるのですが、もう一羽いてるというのがわかりました。どこが違うのかは区別できません。

Kiji32119

シマアジを撮っている間にキジ♂がゆっくりと水門の方に向かって歩いているのがわかったので今日も雉を撮影。カラスがちょっかいを出しに来てました。

Kiji32319

長い時間をかけてやっとカラシナの花のところに到着。

Kiji32619

顔にまで花がかぶってしまうのであまりいいものは撮れません。

Kiji32419

いよいよ飛び出すかもしれないので構えてしまいました。

Kiji32519

う~ん・・・写ってはいるけどやっぱりもっとワイドな画面にしてないとピントがきませんね。

Simaaji32719

水門下の段差で滝ができているのでそれを背景に撮ってみました。空模様がまた怪しくなってきたので早い目に撤収。

March 28, 2019

シマアジとキジ

Simaaji31119

猪名川にシマアジ♂が現れたというので見に行ってきました。現地に到着してみるとシマアジはすぐ目の前で食事中。出水口みたいなところから出てくる泡のようなものに嘴を突っ込んでました。プランクトンでもいてるのかな?

Simaaji31319

ホシハジロのオスが近くにいててやたら画面に入ってきます。

Simaaji31419  

ヒドリガモ♀も近づいてきました。

Simaaji31219

左向き

Simaaji31619

右向き

Simaaji31519

後ろ向きのパタパタ

Simaaji31719

このあと対岸近くのヒドリガモの群れの中に飛んで行ってしまいました。

Simaaji31819

土手の斜面にあがってくつろぎ中

Simaaji31919

散歩の人たちが来たので急いで移動。さらに上流に向かって泳ぎだしたのでこちらも撤収。

Kiji31119

ここまで来たので雉でも探してみようかということで移動。キジ♂はすぐにみつかりましたがさすがに対岸なので遠いわ・・・

Kiji31219

丸見えのところに出てきてくれました。カラシナの花が春らしいですね。

Kiji31319

あれ?左の方に移動していって見えなくなったはずなのにもう右手に?どうやらキジ♂は2羽いてるようです。

Kiji31719

こちらの雄はあまり前の方を歩かないのかな?

Kiji31519

せっかく母衣うちをしてくれたのに顔の前に枝がかぶっていて残念

Kiji31619

きれいなキジの背中側を撮って本日は終了

March 23, 2019

相思鳥と姫菅葵に茶碗茸

Sousityou31319
蝶々の様子見を兼ねて今日はA公園へ。駅を出ると蝶々を撮るにはちょっと残念なお天気でしかも寒い。まあ、蝶々がダメならキノコ探しとか鳥探しをすればいいかなと考えてゆっくりと歩きます。
Himekannaoi
山道にさしかかったあたりで気になるものをみつけました。おそらくヒメカンアオイの花だと思われます。
Himekannaoi31219
谷に入ったあたりでもまたみつけました。ヒメカンアオイはギフチョウの食草として知られていますが、土細辛といって生薬の原料にもなって鎮咳去痰効果があるのだそうです。
Tukusi31119
休耕田あとには土筆が出ていて春らしさを演出してくれてました。
Ebinukahokori31119
何かキノコでも生えてないかと思って歩いてましたが、粘菌のヘビヌカホコリをみつけたのみ。
Sousityou31119
少し明るい場所に出てくると流れの傍にソウシチョウがおりてきてました。
Sousityou31419Sousityou31219
なんか妙に太ってるように見えるのは寒いから膨らんでるのでしょうか?
Kabairosakazukitake31119
この季節ならきっとカバイロサカズキタケが出ているだろうと以前撮った湿地の上に行ってみましたが、なんにも出てません。猪に掘り返されてダメになったのかと思い移動。バードバスの丘に上がる木のステップの階段でやっとカバイロサカズキタケをみつけました。
Kabairosakazukitake31319
カバイロサカズキタケは乾燥に強いのでしばらくは見られると思います。
Kabairosakazukitake31419_1
一番大きなのに硬貨を並べて大きさ比べ。見栄をはって大枚500円!
Hukurositonetake31119
もう少し上にあがった所には初めて見るチャワンタケが!
Hukurositonetake31219
なんやろこれ?直観的にフクロシトネタケのまだ開ききってないやつではと思ったのですが・・・
Himekannaoi31319
ギフチョウにはまだ早いと思うけど、公園内にもヒメカンアオイをみつけました。新鮮なヒメカンアオイの花って初めて見ます。
Syouro31119
Syouro31219
道端に小さな丸い芋みたいなのをみつけました。ずいぶんと傷だらけですがこれはショウロでは?
Syouro31319
半分に切ってみたところ中は真っ白。
Hikuina31119
池の向こうの湿地にはヒクイナがいてました。周囲が草だらけでまともに撮れるところにはなかなか来てくれそうにありません。これを撮る少し前に鼻をかむために立ち止まったところ目の前にコジュケイがいてたのですが、逃げ足が速くて撮れなかったのがちょっと残念。
ココログのリニューアルで使い勝手が悪くて更新に時間がかかってしまいましたが見る方は変わらないと思います。

March 14, 2019

春きのことミヤマホオジロ

Togariamigasatake32119山の方に行けばもっとキノコが出ているのではないかと思って今日はヘルメットマウンテンに行ってきました。


Akunioitake31119
先ず道を歩いていて興味をひいたのがこのアクニオイタケ。いっぱい出てました。

Siitake31119その近くにはえてたシイタケ。枯れ葉の下にはたぶん木が埋もれていてそこから出ているんでしょうね。

Musasabitake31119隠れるように出ていたムササビタケと思われるキノコ。

Togariamigasatake32219山道を進んで行くと今年もトガリアミガサタケがはえてました。

Togariamigasatake32319ここのトガリアミガサタケはいつ見ても大きいですね。

Oosemitake31119さらに奥に行くと冬虫夏草のオオセミタケが頭をのぞかせてました。なんか小さいけどもっと大きくなるのでしょうか

Nendotake31119ネンドタケだな

Sagariharitake31119ショートカットして池の方に降りていくとサガリハリタケをみつけました。

Sagariharitake31219撮っている時には気がつかなかったけどクモの巣みたいなのがいっぱいついていて気になります。

Miyamahoojiro31119池や河原にはアオジとホオジロ、ジョウビタキにツグミ、シロハラといったのが見れただけだったので公園内に引き上げ。あ、アニメのコスプレイヤーみたいなのが写真撮ってた。公園内でカメラマンに遭遇したのでしばらくその場で待機。ミヤマホオジロ♂をちょっとだけ撮れました。

Miyamahoojiro31219う~ん・・・枝被りがひどいけど有馬富士で撮ったのは冠羽がたってなかったのでこれでもいいか。ほかに出てきたのはルリビタキ♀にメジロ、シロハラ、アオジ。

Miinomomiuramodoki31119ん、これはミイノモミウラモドキかな?

Ciborinia_gracilipes31219椿にはツバキキンカクチャワンタケという茸が地表にはえるけれど、モクレンにもこういった菌核菌がはえます。初めてみたけどハクモクレンの木の周囲でみつけたのがこれ。ciborinia gracilipes(キボリニア グラキリペス)といいいますが、和名はないそうです。ツバキキンカクチャワンタケは略してツバキンというのでモクレンの菌核菌なのでここではモクキンと呼びましょうか(笑)

             Ciborinia_gracilipes31319_2 Ciborinia_gracilipes31119

で、そのモクキンはモクレンやコブシの花びらに菌核を作ってはえてくるのだそうです。ツバキンなどよりは赤みのある色をしてます。ということで最後に初めて見る茸が撮れたので調子よく下山。

March 11, 2019

茸の季節の始まり

Togariamigasatake31419 あちこちでトガリアミガサタケがはえてきているようなので茸探しに緑地に行ってきました。雨はよく降るし春らしい気温になってきたのでちょっと期待
Togariamigasatake31119いつもの所をざっと見てみたけれど何もみつかりません。ぜんぜん生えてないことはないだろと斜面の上を捜索。やっとトガリアミガサタケ幼菌を一つみつけました。
Tyawantake31119一つ見つけたので安心して椿の木の下でツバキキンカクチャワンタケを探していて道端でみつけたのがこれ。
Tyawantake31219もう一つ。これはツバキンではないように思うのだけど何だろう?カバイロサカズキタケにしては色が違うし、ウラスジチャワンタケというのも違うような・・・
Tubakin31119これはツバキキンカクチャワンタケで間違いなし。
Togariamigasatake31219人と立ち話をしていたら目の前にトガリアミガサタケがあるのに気がつきました。なんどもこの前を歩いているはずなのに気がつかないもんですねえ。
Togariamigasatake31319そのすぐ近くには幼菌もありました。
Itatitake31119小鳥の森をぐるっとまわってみました。これはイタチタケかな?
Kikurage31119可愛いキクラゲ。若いキクラゲって本当にきれい。
Tyawantake31319同じ木についていた極小キノコ。
Ruribitake31119このへんを飛び回っているルリビタキ♂
Ruribitake31219これがミソサザイだったらなあ・・・。
Usubasihaitake31119ウスバシハイタケかな?毛のはえてるようなキノコで裏はトゲトゲ。
Usubasihaitake31219裏が紫色に見えるのは若いキノコだからとか
Himekikurage31119日本庭園を通過した時にみつけた小枝についていたヒメキクラゲ
Yosigamo31119池にはヨシガモがまだいてました。ナポレオンハットともそろそろお別れかな・・・
             Yosigamo31319 Yosigamo31219
今日はヨシガモを撮って終了。休みのたびに雨やら曇天で今日やっと3月最初の撮影ができました。

« February 2019 | Main | April 2019 »