November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« ジョウビダケ | Main | 武田尾の紅葉は »

November 04, 2018

スッポンタケ

昨日は今一だったので今日はハズレのなさそうなお城にでも行って見るつもりで家を出たのだが財布の中に千円札が一枚しか入ってないことに気がついて引き返す。こうなるとまた歩きで出かけるのが億劫になってバイクで行ける所にしようと思いなおして今期初めての啄木鳥の森 へ。
Nigakuritake11118最初に撮ったのは鳥ではなく茸でニガクリタケ。小さな幼菌もまだまだありました。
Aoji11118 今期初めてのアオジ。警戒心が強くてなかなか撮影させてくれません。
Aoji111218アオジはこの2枚しか撮れませんでした。ミヤマホオジロもいてたという話は聞きましたが何かわからないものがこちらが見つけるよりも早く飛んで逃げるので確認はできませんでした。
Joubitaki11318谷の降り口近くが縄張りなのかジョウビタキ♂が今年も頑張ってました。
Joubitaki11218
お腹側をこちらに向けてほしかったのですが背中側しか撮らしてもらえません。
Kurorappatake11118クロラッパタケだと思うけど色落ちしたようなのが一本だけ
Erimakitutiguri11118エリマキツチグリのきれいなのを撮りたいと思ったのですがあまりみつかりません。
             Suppontake11118  Suppontake111218
セイタカアワダチソウの谷から上を見上げると大きな柿の木があったので、カキノミタケでもないかと下を向いて探してたら外皮の向けたキノコの幼菌っぽいものを発見。一つ拾い上げて半分に切るとスッポンタケやないですか、しかも柄がのびて出てくる直前のやつ。
Suppontake111318あたりを見ると道端やら草むらの中にスッポンタケの卵が次々と見つかります。ほとんど歩かずにスッポンタケの卵をこんなに見たのは初めてです。
Suppontake11418さっきの割った幼菌の様子からすると柄の伸びた成菌がどこかにあるのではないかと思ってるとやっぱりありました。グレバは半分落ちてしまったようなやつで指ぐらいの大きさのミニ・スッポンタケですが成菌のスッポンタケは初めてみました。
            Suppontake11718 Suppontake11618
ほかにも柄の伸びたのが二つ
Suppontake11518斜面で寝てるようになってたのを助け起こして下から撮影。 ここなら車がなくても見に来れるのでそのうちミニではないスッポンタケが撮れるのではと期待。キノコっ気のないところというイメージを持ってましたが認識を改めないといけないかもしれません。

« ジョウビダケ | Main | 武田尾の紅葉は »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ジョウビダケ | Main | 武田尾の紅葉は »