November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« October 2018 | Main

November 2018

November 11, 2018

かもめはカモメ

Mogorusegurokamome111218山と川のオニアジサシが昨日はよく出たというので行ってみることにしました。しかし、今日は不発。ここでいい思いをしたことありません。
Umineko11118あまり暇なので遠くのウミネコでも。ウメネコもあくびしてました。
Yurikamome11118   午後2時をまわって今日はダメそうなので下流側の干潟前に移動。ここなら近いのでユリカモだって大きく撮れます。
Segurokamome11118セグロカモの集団。
Segurokamome111218そのうちに普通のセグロカモメの幼鳥のほかにモンゴルセグロカモメの幼鳥が2羽いてるという話がでました。「モンゴルの幼鳥って?」「嘴が黒くて、足がピンクで尾羽が黒いやつ」・・・それって全部やん!あれあれ、それそれ、どれどれ?といった感じでわかって撮っている人が少ないので当てずっぽうで撮っているようなもんです。白っぽいやつらしいのでこの画像では右後ろのやつなんかが  あやしいかも。
            Segurokamome111318  Segurokamome111718
人の言ってるのを撮ってるつもりなんですがどうもはっきりわかりません。
Segurokamome111518 これは普通のセグロカモメの幼鳥ですよね。
Mongorusegurokamome11118目利きさんお勧めの個体がこの泳いでるやつ。言われてみれば白っぽいような・・・
Mogorusegurokamome111318もう一枚。モンゴルセグロカモメは普通のセグロカモメよりも早い時期に換羽するらしいのですが冬羽なんかな? 
Segurokamome111618 羽繕いするセグロカモメの集団の左側に足が黄色味がかったピンクをしているものが写っているのを帰ってから気がつきました。別種のカモメの血が混じってるってことないかな?
Oosegurokamome11118真ん中の個体はオオセグロカモメの幼鳥でいいのかな?カモメを撮ってると疑問符だらけの文章になってしまいます。 ということでカモメしか撮れずに今日は終了

November 10, 2018

神戸森林植物園の紅葉

Sinrinsyokubutuen111318
雨が降ったので何か茸でも出てないかと思って神戸森林植物園に行ってきました。北鈴蘭台から送迎用バスに乗ろうとすると今日はえらい人ででバスが満席の上に立っている人たちもすし詰め状態。こんな状態の送迎用バスって初めて乗りました。さすが紅葉シーズンの土曜日です。
Momiji11118
六甲山はよく冷え込むのか紅葉の方はきれいでした。
Kaede11118これは天狗の葉うちわ型をしてるのでカエデかな?
Sinrinsyokubutuen11118松の緑と紅葉の赤が池に映ってなかなかきれいです。
Erimakitutiguri112118 エリマキツチグリを見つけました。これはわりと新鮮なほうかも
Hourokutake11118ホウロクタケですね。
Tutiguri11118もしかしたらジャガイモタケか?と思ったのですが、ツチグリのまだ開いてないのでした。
Joubitaki11318ジョウビタキ♀が飛んできたのでカシャcamera  山道で何か聞き覚えのない鳥の声をきいたのですが正体はつかめず、撮れた鳥はジョウビだけ。
Nihonkamosika11118なぜかここにはニホンカモシカが飼われてるんですよね。紅葉がらみのカモシカです。
             Sinrinsyokubutuen111218_2  Sinrinsyokubutuen111418
紅葉は撮った時はなかなかいけてると思うんですけど帰って画像をチェックすると今一つのものばかり・・・
Sinrinsyokubutuen111518
もう11月ですからあと一か月もすればクリスマス。一年って本当に早いもんですね。

November 07, 2018

武田尾の紅葉は

Momiji111218午前中は病院に行ったりしてたので午後からの出撃です。今一つどこに行こうか決めかねてたので駅を降りるとそこはフィールドという武田尾へ。11月といえば紅葉のシーズンですので様子見をかねて散策してきました。
Takedao11118 まだここらの山は所どころ紅葉しはじめてる程度
Momiji11118 桜の園あたりはこんなもん。見れなくはないな。
Ookamakiri11118水辺でカマキリを見つけました。ハリガネムシという生物に寄生されたカマキリは腹の中のハリガネムシが大きくなると水辺にやって来て、そこでハリガネムシが腹の中から出てくるという話をきいたことがありましたが、もしかしたらこのカマキリも・・・
Naginatatake11118すこしキノコを探しましたがあまりなく、ナギナタタケと思われるのとか
Tisiotake112118チシオタケが少し。
Sirauotake11118シラウオタケがはえる木片が対岸にあったのですが今はもうなくて、新たにシラウオタケがはえてる材 を 見つけました。
Kisekirei11118もしかしたらミヤマホオジロかな?というのをちらりと見ただけで鳥の収穫はなし。まだ草深すぎて地面に降りてる鳥を見つけるのは難しそうです。川の真ん中を飛び歩いているキセキレイを撮って今日は終了。

November 04, 2018

スッポンタケ

昨日は今一だったので今日はハズレのなさそうなお城にでも行って見るつもりで家を出たのだが財布の中に千円札が一枚しか入ってないことに気がついて引き返す。こうなるとまた歩きで出かけるのが億劫になってバイクで行ける所にしようと思いなおして今期初めての啄木鳥の森 へ。
Nigakuritake11118最初に撮ったのは鳥ではなく茸でニガクリタケ。小さな幼菌もまだまだありました。
Aoji11118 今期初めてのアオジ。警戒心が強くてなかなか撮影させてくれません。
Aoji111218アオジはこの2枚しか撮れませんでした。ミヤマホオジロもいてたという話は聞きましたが何かわからないものがこちらが見つけるよりも早く飛んで逃げるので確認はできませんでした。
Joubitaki11318谷の降り口近くが縄張りなのかジョウビタキ♂が今年も頑張ってました。
Joubitaki11218
お腹側をこちらに向けてほしかったのですが背中側しか撮らしてもらえません。
Kurorappatake11118クロラッパタケだと思うけど色落ちしたようなのが一本だけ
Erimakitutiguri11118エリマキツチグリのきれいなのを撮りたいと思ったのですがあまりみつかりません。
             Suppontake11118  Suppontake111218
セイタカアワダチソウの谷から上を見上げると大きな柿の木があったので、カキノミタケでもないかと下を向いて探してたら外皮の向けたキノコの幼菌っぽいものを発見。一つ拾い上げて半分に切るとスッポンタケやないですか、しかも柄がのびて出てくる直前のやつ。
Suppontake111318あたりを見ると道端やら草むらの中にスッポンタケの卵が次々と見つかります。ほとんど歩かずにスッポンタケの卵をこんなに見たのは初めてです。
Suppontake11418さっきの割った幼菌の様子からすると柄の伸びた成菌がどこかにあるのではないかと思ってるとやっぱりありました。グレバは半分落ちてしまったようなやつで指ぐらいの大きさのミニ・スッポンタケですが成菌のスッポンタケは初めてみました。
            Suppontake11718 Suppontake11618
ほかにも柄の伸びたのが二つ
Suppontake11518斜面で寝てるようになってたのを助け起こして下から撮影。 ここなら車がなくても見に来れるのでそのうちミニではないスッポンタケが撮れるのではと期待。キノコっ気のないところというイメージを持ってましたが認識を改めないといけないかもしれません。

ジョウビダケ

Joubitaki1111811月3日撮影分
午前中に用事を済ましたりゴロゴロしたりしてたので午後から出撃。最近キクイタダキが見られたという川沿いの公園へ。キクイタダキは見つかりませんでしたがジョウビタキ♀が現れたので撮影
Joubitaki111218公園入口のあたりにはオスもいたけれどカメラを構えたら飛んで逃げて行ってしまいました。まあ、今期初なのでメスでも良し( ^ω^ )
Haitaka111218上流側の公園。土手からハイタカを撮影。かなりトリミングしてます。
Kawasemi11118カワセミがとまってたのでこれも一枚だけ撮影
Joubitaki111318ジョウビタキもいたけれど、やっぱりメス
Mozu112118夕日の中の赤モズ(笑)を撮ってあっけなく終了
 

November 01, 2018

カッコウの格好は

Kakkou11118ツツドリの丘下にやってくるトケンはカッコウではないのかという話をきいて見に行ってきました。カッコウの成鳥も幼鳥も見たことなかったのでカッコウだったら儲けもんです。

Mozu1111812時前に到着したもののカメラマンも2、3人がうろうろしてるだけでカッコウの姿はなし。モズなどを撮ったりあたりを徘徊したりしてると時間がつぶれます。知り合いと梅林で立ち話をしている時に後ろで出ていると声をかけていただきました。

Kakkou111218  12時45分ごろやっと姿が拝めました。カッコウの胸の横斑は細くて本数が多いそうなんですがいわれてみればそうなのかも。13本以上とも言われてるけど、どこから数えるんやろ?

Kakkou111318 目の虹彩の色はカッコウは黄色。う~ん、濁った黄色というかはっきりしない色ですね。

             Kakkou11418  Kakkou11618

梅林側からツツドリの丘に飛んでいって食休み。大きさ的には鳩かもう少し大きいぐらいかな?幼鳥やからこれからもっと大きくなるのかも。

Kakkou11518 エンゼルポーズが撮れました。

             Kakkou11718  Kakkou11818

ツツドリの丘を降りると追いかけてきてくれたのか目の前に。ほとんど地面に降りてるようなものです。

Kakkou11918折れた桜の木がお立ち台に

Kakkou111118紅葉しかかったナンキンハゼの木が気に入ったのかほとんど動こうとしません。

Kakkou111018食事も休憩もこの一本の木で間に合うみたいでした。天気も悪くなってきて寒いので撤収。

« October 2018 | Main