October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« September 2018 | Main

October 2018

October 14, 2018

そこはかとなく秋

Numerisugitakemodoki10118 山にお出かけしてもあんまりキノコは生えてないような感じの今日この頃。しかし、本日は意外といろいろなキノコに出会えました。

Hatakesimeji101218まずは道端のハタケシメジがお出迎え

Hatakesimeji10118たくさんあったのでもう一枚。


Samatumodoki10118
サマツモドキ

Sakebatake10118サケバタケですね。ずいぶんと立体的です。

             Kinoko10141   Kinoko10142

ウラベニホテイシメジだということでしたが、傘の表面に指で押したようなシミみたいな斑がみられないので断定しづらい。それ以外ではウラベニホテイシメジらしさが出てると思うのだが・・・

Kihiratake10118お、キヒラタケ!以前に一度撮っただけでその後出会いがなかった茸です。

Kihiratake101218裏面はこんなん

Numerisugitakemodoki101218続いて、見たいと思ってたヌメリスギタケモドキと思われる茸。触ってみて柄にぬめりがなく傘表面のトゲトゲの褐色が濃いでヌメリスギタケモドキとしました。


Numerisugitakemodoki101318
下から見上げるとこんなん。 


Supponnyadoritake10118
スッポンヤドリタケ。スッポンタケに寄生するキノコです。


Suppontake10118
近くにスッポンタケの卵がありました。すでに抜き取られたものがあったので半分に切るとこんな状態。成菌を見てみたいものです。


Kuriirokarakasatake10118
クリイロカラカサタケっぽいキノコ。本当はどうでしょうね。


Kabentake10118
カベンタケ

            Kinoko10143     Kinoko10144

今日の不明菌。左はフウセンタケの仲間らしいけどはっきりしません。右は草地でみつけたやや小型にキノコ。傘表面のシミがウラベニホテイシメジっぽいので気になって撮ってみました。


Yamasyakuyaku10118
ヤマシャクヤクの実なのだそうです。赤と黒の対比が美しい。秋のキノコがいよいよ本格的になる気配がただようお山でした。

            Sanagitake102118  Sanagitake102218_3 

オマケ。昨日のサナギタケっぽい冬虫夏草を撮りなおしてみました。

October 13, 2018

鹿の舌と冬虫夏草

Toutyuukasou10118_3

久しぶりに酷道の公園を歩いてきました。ここの公園は虫目当てで歩いたことはあるのですがキノコ探しで歩いたことはほとんどないんですよね。
Naratake102118最初に撮ったのはこのナラタケっぽいキノコ。間伐材の側面からでてました。
Kinoko10131休憩所あたりにたくさんはえてましたが名前は不明。もしかしたらこれもナラタケなのか?でもここらを歩くとズボンにいっぱい草の実がついてしまうんですよね。野山を歩くには困ったシーズンになってしまいました。
Kinoko10132柄の長さのわりに傘がちいさい黄色のキノコ。おそらくアキヤマタケだと思います。
Akatateha10118アカタテハが樹液にきてました。
Naginatatake10118キソウメンタケかナギナタタケだと思いますが、どっちなんでしょうね。
 
Kanosita101218 箕面でカノシタが出てたという話を聞いたばかりでしたが、やはり東のお山にもでてました。
Kanosita10118   シロカノシタでは?とおもわせる色の薄い普通のカノシタ?
Toutyuukasou101318もうちょっと登ると展望台というところでみつけた冬虫夏草。さあ、下から何が出てくるか・・
Yuuhi10131展望台を降りる頃、夕日が沈み始めたのが拝めました。
Mujinatake10118急いで山を下りる途中でみつけた。ムジナタケっぽいキノコ

Toutyuukasou101218
掘り出した冬虫夏草を洗ってみた。体をくの字に曲げた何かわからない虫が出てきました。さて、これは何じゃらほい??? 蛾のサナギや幼虫からでるサナギタケというのが近いように思うけど、これは幼虫なのかも?

October 11, 2018

野駒

Nogoma10118雨が降ったりやんだりで出かけようかどうしようか迷ってましたが、いつもの公園にノゴマ♂が入ってたようなので様子見に行ってみました。ノゴマは朝から行方不明でいてるかどうかわからないようでしたがキビタキなどはいてるようなのでねばってみました。
Kibitaki10118  きれいなキビタ♂がいてたのですが良い場所にとまってくれずに辛うじて上半身だけ。
Kosamebitaki102118キビメスだろうとシャッターをきるとコサメビタキが意外と多い
Nogoma101218そうこうしているうちにノゴマ♂が昨日いてたあたりにいてるというので参戦。
Nogoma101318   このノゴマくん、足にリングがついてました。一度捕獲され調査用に放たれたものですね。いったいどこで捕獲されたのでしょう。
             Nogoma101518  Nogoma101418
辺りがだんだん暗くなってきてシャッタースピードがのびなくなったので適当に撮って終了。
             Tubukarakasatake101218  Tubukarakasatake10118
ノゴマの公園から遠くない公園で数日前にみつけたキノコ。おそらくツブカラカサタケとその近縁種だと思うけど、どうなったかと思って今日ものぞいてみました。
Img_5029数は増えて傘がひらいてたけどダンゴムシなどの食料となっていてきれいな状態ではないのが残念。
Kurogesijimitake10218雨が降ると元気をとりもどすのかクロゲシジミタケの類がいい感じでした。
Kiserugai10118キセルガイがついてたので一緒に撮影。ナメクジとかカタツムリみたいにこいつもキノコを食べるのかな?

October 07, 2018

黒い杜鵑

Hototogisu10118ホトトギスの幼鳥が撮り放題だったと聞いたので見に行ってきました。いつものツツドリの丘だろうと思って行ったら今日は梅林の真ん中にある木がステージでした。

Hototogisu101418 正直ホトトギスを近くで撮ったことがほとんどないので幼鳥でも大歓迎。現場に到着した時は後ろ向きだったのでまずは後ろ姿から。背景の青空がきれいでよかったな

Hototogisu101518 もう一枚青空背景で

             Hototogisu101618  Hototogisu101718

確かに胸の横斑はツツドリと比べると本数が少ない感じに見えますね。

Hototogisu1011218毛虫などの餌は多いのかな

             Hototogisu101818 Hototogisu1011318

エンジェルポーズもたびたび見ることができたし、

Hototogisu1011118低いところにも降りてきてくれました。

Hototogisu101918そろそろ飽きてきたので帰ろうとした時にもう一羽ずいぶんとお顔のあたりがぼろい感じのが現れました。

             Tutudori101318_3  Tutudori10118_3                       

換羽中だからこんなお顔なんでしょうね。それにどうやら水を飲んだらしくて濡れているみたいで胸のあたりの横斑が不明瞭。下尾筒の斑が明瞭なのでツツドリの方が可能性あるみたいです。なんか少し大きいような気がしたんですよね。

Koutakerui10118ここまで来たのでB公園まで足をのばしてみましたがキノコはナメクジに食害されてしまったものが多くてボロボロ。以前も撮ったけどコウタケの仲間らしきキノコもこの有様・・・。相変わらず名前がはっきりしません。

             Naratakemodoki10118 Oohimenokasa10118

大急ぎで歩いたので丁寧に探せたわけではないけどキノコはも一つでした。ナラタケモドキとかオオヒメノカサらしきキノコを撮って今日は終了

Hototogisu1007 ホトトギスを撮ったのでオマケも今日はホトトギスの花です。

October 04, 2018

小雨模様でもキノコ

Uramurasakisimeji10118休みのたびに雨やら台風やらでまったく出かけられません。今日も天気予報では曇りのち雨でお出かけしない方がいい日和。しかし、雨が降ったら帰ってくればいいだろうと電車に乗ってトンネルのむこうがわへ。
ハイキングコースを歩いていてチチアワタケを見つけました。今日の天気では歩いてる人も少ないのでキノコも蹴飛ばされずにあるのがうれしいですね。
Akahatu10118アカハツもきれいな状態でした。
Kiiroiguti10118キイロイグチ
Benityawantakemodoki10118落枝についてた目にも鮮やかな赤。ベニチャワンタケモドキのほうかな?
Naratake10118やっと目的地に到着。今日は上の方には行くつもりはないので下の方でみつけたナラタケ類。集団ではなく単品ではえてました。
             Kiiroasetake10118_2  Kabairoturutake10118
いつもは行かない脇道の方を少し登ってみました。こちらの道の方は視界が広く見えるのでキノコがはえてれば見つけやすいんですよ。と、いうことでキイロアセタケカバイロツルタケを発見
Murasakihoukitakemodoki10118ムラサキホウキタケモドキの群生。たくさんムラサキホウキタケモドキ がはえてるのって初めてみました。できたらモドキのつかない方を撮りたかったな・・
Kisoumentake10118キソウメンタケですね。
Tuetake10118斜面が急になってきたのでそれ以上は登らずに下におりてまたハイキングコースの方へ。これはツエタケなのかな?
Togaritukimitake10118トガリツキミタケが一つだけはえてました。
Uramurasakisimeji101218ここに来るまでにいくつも出てたけれど痛みがひどくていいものがなかったウラムラサキシメジ・・・たぶん。
Uramurasakisimeji101318やっとベンチ横にはえてたやたら大きなので当たりをひきました。これこそウラムラサキシメジ。この鮮やかなヒダの色を撮りたかったんですよ。傘の表側のゴミをもう少しどけてから撮影するべきやったかな
対岸の泥濘の道も歩いたけれど草茫々であまりキノコは見つけられず。もしかしたらドクササコかな?と思って撮ったのがこれ。傘の裏が白くないので違うみたいでしたが、もしかしたらチチタケ類だったかも。傷をつけて乳液が出るかどうかを確認するべきでした。今日は久しぶりに歩いて疲れたのでこれにて終了      
 
 

« September 2018 | Main