December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« August 2018 | Main | October 2018 »

September 2018

September 27, 2018

筒鳥と今日のキノコ

地元の公園にもツツドリが入ってるようなので久しぶりに鳥目的ででかけました。

Husahimehoukitake91118
  いつもの公園に行く前に少し東側の公園にも寄ってみましたが、ここも前の台風の影響ががものすごく西半分ほどが立ち入り禁止になってました。鳥の声もしないので下見てキノコばかりを探してると鉄柵沿いに置かれてる材にフサヒメホウキタケを発見
Kurogesijimitake91118 これはあまり見たことがないような・・・どうやらクロゲシジミタケみたいですね。
Kotubutake92118今年もみつけた大きなコツブタケ。二つ見つけたので一つを半分に切って並べてみました。
             Samatumodoki91118 Samatumodoki91218
お、と思ったのがその近くにはえてたスモモのような赤い色をしたキノコ。近くの松の切り株からも小さな幼菌が顔を出してました。傘の表面は鱗片がありブツブツした感じでヒダは黄色・・・家に帰ってからも調べてましたが目立つ色のキノコなのにこれはというものがありません。赤いキノコで黄色いヒダをした松に生えたりするキノコというと・・・サマツモドキ!たぶんこれ。幼菌なんか見たことなかったのでわかりませんでしたがこの同定があたってるかどうか気になるところです。
ネットで他のキノコを見ている時にほぼ同じ形状と色のキノコをみつけました。ミドリスギタケといわれてるもののようです。
他にもツマミタケとかアンズタケといったこの公園では見たことのないキノコもあったのですが、雨に打たれて残念な姿でした。
Amasagi91118
いつもの公園に裏の田んぼ方面から入ろうとすると田んぼの中に白いサギを発見。小さい上に嘴の色が黄色をしてることに気がつきました。
Amasagi91218足の指を見たいので歩いてるところを撮影。コサギと違って足の指も黄色じゃなくて真っ黒。これは間違いなくアマサギですね。亜麻色の羽毛をしてない白いアマサギってあまり撮ることないのでまた後で撮ろうと思ってたらいつの間にかどこかいなくなってました。
Tutudori91118で、今日の目的のツツドリ。梅の木は背が低くて良いけど枝が多すぎでとまり物の撮影にはちょっと難しいかな
             Tutudori91218  Tutudori91318_2
木陰にいるのを何枚か撮影
Tutudori91518_2地元の皆さんはツツドリが地面に降りて落ちてる虫 を捕るのを狙ってるみたいでしたが、何度か下に降りたのは見たけどまったく手がでませんでした。
Kosamebitaki92118裏にオオルリ♂若とかエゾビタキがやって来るみたいでしたが撮れたのはけっきょくコサメビタキだけでした。ということで本日はここまで。

September 25, 2018

今日のキノコ

Yukirappatake91318今日もキノコを求めて西の聖山へ。池の周囲を歩いていて見つけた白いアンズタケのようなキノコ
             Yukirappatake91118 Yukirappatake91218
帰ってから色々調べて一番近いと思われるのがユキラッパタケなんですが、どうでしょう。
Akayamadori92118毎度おなじみのアカヤマタケです。やっと成菌が撮れました。
Kiirooohuusentake92118青いキノコが以前はえてた場所に行きましたがキイロオオフウセンタケ?のちっこいのを見つけたのみ。
Ooonitengutake91118さっきのキイロオオフウセンタケとは違って、今度は大きすぎるやろうというのがオオオニテングタケ。煙草の箱の横の長さが5㎝とするとざっと25㎝以上の直径があります。
Daidaiiguti91118ダイダイイグチもあちこちではえてました。
Sazanamiiguti91118上の方のダイダイイグチを見に行った時に近くに生えてた柄が薄黄色のイグチ。サザナミイグチだと思うんですが、これは珍しい部類かも。
Zaraenoharatake91118ツバの下に見える柄がささくれてるのがわかるのでザラエノハラタケ
Sidarehanabitake91118シダレハナビタケでええかな
             Tamagotake92118 Tamagotake92218
遠くに見える赤い色を目指して突撃。このお山で初めてタマゴタケを見つけました。
Nigakuritake91118ニガクリタケも出てました。
             Iguti9241 Iguti9242
なんやろう?ニガイグチっぽいような
Hinatutigaki91118 ヒナツチガキかな?抜き取って裏を見ればわかるかも
Kuriiroigutimodoki91118クリイロイグチモドキとかいうやつですね。柄がごつごつやし、傘の表面が和紙っぽいな。
             Thiramisutengutake91118  Iguti9243
ティラミステングタケかな?傘の粉がとれたら白いなんてある?右のコゲチャイロガワリみたいなのも傘の裏は茶色ではなさそうやし・・・
Onitengutake91118 大鬼天狗茸があるなら天狗茸も存在するはず。しかし、オニテングタケに関する情報はネットでは少なすぎてこれがそのオニテングタケに該当するのかどうかはわかりませんがそれっぽい色なので・・もう少しきれいな状態の傘を撮りたかったな。
Hanabiranikawatake91118ハナビラニカワタケをみつけました。ナメクジなどに食べられてるところがあるのが残念。
             Niseasibeniiguti91118 Niseasibeniiguti91218
ニセアシベニイグチのような違うような・・・管孔が薄くて変色性が弱いというけど他のキノコを解体してみないと比較しにくいな・・
Wahidatake91118珍しくワヒダタケを見つけたので一枚はがして裏面のヒダも撮ってみました。今日のところはこれまで。

September 17, 2018

妖菌ウォッチ

Koubouhude91118
9月16日撮影分
自動車に乗せてもらってお山の上にキノコ撮りに行ってきました。
Tamagotake91118 タマゴタケとしては小さかったけれどいい色をしてます。派手な色のキノコは毒キノコと思っている人も多いけれど、食菌だとわかっている人は手当たり次第に採取していくため無事な姿を見ることは少ないかも。
Hebinukahokori91118粘菌のヘビヌカホコリ。もっと大きく広がっているものもあったけど、この何かの模様のようなのが気に入りました。

Asinagaiguti91118
とても柄の長いイグチ類でアシナガイグチというそうです。これは短い方かな?
Koarahoukitake91118コアラホウキタケ。近縁種もあるようなのでたぶんそこらへんの
Hiiroharitake91118昨年は奈良で濃い藍色のアイコウヤクタケというのを撮ったけれど、こちらはそれとは対照的に黄橙色が美しいヒイロハリタケ
Usukimomiuramodoki92118ウスキモミウラモドキでいいのかな?
Tuetake91118ツエタケでいいと思う。よく見ると傘の中央部に皺がある。
Koubouhude91218昨年は一本だけが長くあったようだが今年は数が増えた分、背が低くなったように思うコウボウフデというキノコ。
Koubouhude91318「弘法は筆を選ばず」というのがこのキノコの名の由来。書の達人弘法大師もこれでは字が書けないだろうな
Momijitake91118イボタケ類でモミジタケ 。もうちょっと枯れ葉をどけてから撮影した方がよかったかな・・
Kappaturutake91118カッパツルタケ、仮称なのかどうかは知らないが河童の頭のような傘が面白い
Usukitengutake91118傘についた泥をなんとかしたかったがぬめりがあって断念。ウスキテングタケです。
Sirotenhutake91118外被膜の残片が傘の上に乗っかって傘の縁にも内被膜の残骸が垂れ下がってなんか幽霊っぽいのがシロテングタケ
Sirotengutake91218頭に泥をのせたまま大きくなったのでまるで〇〇〇がのっかてるみたい。これでは便所の幽霊や
 
Siroonitakemodoki91118シロオニタケモドキかな?傘の方の褐色が弱いように思えるし、大型菌のはずなのに普通の大きさだったところが怪しい

Konakaburitengutake91118
コナカブリテングタケかティラミステングタケか迷ったキノコ。柄のツバが残ってたらティラミスとしただろうな。もっと色々撮ってるけどまたそのうちに。    
 

September 13, 2018

復活キノコ祭り

Kobityanigaiguti91118_2台風のあと、やっと休みと天気があってキノコ探しができる条件がそろったのでヘルメットマウンテンに行ってきました。といっても今日の天気予報は曇りのち雨。ゆっくりはしてられません。この夏の酷暑ですっかり休眠状態だったキノコが台風の雨などできっと目覚めたはず・・・

Akayamadori91118池を目指していると意外な所にアカヤマタケを発見。まだ幼菌ですね。

Budounigaiguti91118ブドウニガイグチは幼菌の方が紫色がはっきりして見えていいかも

             Edanasitunohokori91118   Tamatunohokori91118

橋の下の湿地付近にはエダナシツノホコリとかタマツノホコリが出てました。

Oribusakaadukitake91118オリーブサカズキタケだな

             Togariakayamatake91118 Birodokuriiroiguti91118

トガリアカヤマタケとちっこいビロードクリイロイグチ

            Yaguratake91118  Usukimomiuramodoki91118

正体不明のきちゃないキノコからでてたヤグラタケウスキモミウラモドキと思われるキノコ

Noutake91118雨が降るとどこにでも現れるノウタケ

Numerikoujitake91118

池の周りはもひとつだったので急いで山の裏へ。ヌメリコウジタケもたくさん出てました。

             Kobityanigaiguti91218  Siroonitake91118

森の中にはコビチャニガイグチとかシロオニタケ

             Nisenumerikoujitake91118  Nisenumerikoujitake91218

このキノコもよく見かけました。表はヌメリコウジタケ風だが裏はアミタケっぽい管孔をしてます。ニセヌメリコウジタケ(仮)というらしいです。

Asibosonigaiguti91118この黄色っぽくて裏が白っぽいキノコもたくさん出てますが名前がよくわかりませんでした。どうやらアシボソニガイグチというらしいです。ごく普通によくあるイグチなのに図鑑にはあまり載らないキノコだとか・・

             Tengutake91118 Hourokutake91118

渋いところではテングタケとかホウロクタケらしいのを発見

Tubuibotake91118 このイボタケ類もはっきり名前がわかりません。ツブイボタケというのが一番近いように思うけど皺が多いのでちがうかな?

Hanagasaiguti91118ハナガサイグチを見るのも久しぶり。

             Kikubanaiguti92118 Beniiguti91118_2

今日いたるところで見れたのがキクバナイグチベニイグチ

Utubohokori91118とうとう粘菌の切り株のある分かれ道付近まで来てしまいました。相変わらずちっこいウツボホコリっぽいのがでてます。


Susukeyamadori91118
気になるキノコを発見。家に帰ってから時間をかけて正体を探しましたが絶対にこれといったものがみつからなくて

             Kuroawatake91118_2 Kuroawatake91218 

候補としてあげられるのがススケヤマドリタケというのとクロアワタケ。傘の裏の色なんかはクロアワタケが近いように思うけど・・・

            Kikkouawatake91118  Kikkouawatake91218

傘の表面に細かいひび割れがあったキノコ。キッコウアワタケでええかな

Haiiroonitake91118

ハイカグラテングタケは大型菌で柄も灰色で粉っぽいそうなのでこれはハイイロオニタケだと思う。ササクレハイイロオニタケというのもあるらしいがあまり情報がないのでよくわかりません。

Mamehokori91118これも粘菌。その名もマメホコリ

Nagaenourabeniiguti91118ナガエノウラベニイグチです。大きいのもあったんですがあまりきれいではなかったので傘の裏を撮るためにちっこいのを撮影

             Yamadoritakemodoki91118   Midorinigaiguti91118

少し展望台近くに寄り道。ヤマドリタケモドキとかミドリニガイグチがありました。

Kaentake91118雨が降る前に帰りたいので急いでいる時に気がついた赤い蝋燭。カエンタケですやん。

Akakitunekasa91118アカキツネガサでいいと思います。これも初めて撮るキノコ

Hanmyou91118今日のおまけ。ハンミョウがいてました。そういえば今日はキノコばっかしで虫にあまり遭遇してなかったな。

September 02, 2018

コルリの日

Koruri91318雨のあとは茸探しに行きたいところですが、今日こそはコルリが見られるような気がしてお城へ。森の中は今日はとても静かで日曜日なのにカメラマンの姿もほとんどなし。ということは何か出ている可能性大!いつものコースを歩いているとやっとカメラマンの集団に遭遇。しかもコルリ成鳥♂がいてるらしい。しかし、今日は剣道の大会をやってるらしくて人通りも多く、コルリも愛想が悪くて居場所を転々と変えてるらしい。諦めるカメラマン続出で人数が減ったところでコルリ♂登場
             Koruri91118 Koruri91418
久しぶりに見るきれいなコルリでした。
Koruri91218コルリの横を向く姿がなんとも色っぽいですよね。見返り美男といったところでしょうか
Koruri91518コルリ成鳥♂が行方不明になったところでコルリのオス若が出てる場所に移動。この前ヤブサメを撮ったのと同じ場所でヤブサメもまだいてるそうですが、ヤブサメの方は一度だけ姿を見ただけ。
             Koruri91718   Koruri91618
コルリ若は愛想良しでよく出てきてくれました。
Koruri91818_2
全身が青くなったらまた来てほしいものです。

911018_2
先ほどの成鳥♂は背景にピントを撮られて残念なものばかりだったのでまた成鳥の所に戻ってみるとカメラマンも復活して一か所にぎっしり。動きがとれないので登場しても見えてない場所に出てきてはどうしようもありません。
            Koruri911118  Koruri91918
列から離れた場所からみれましたが逆光気味になるので色がでません。ということで一応コルリ♂も見れたことだしまた虫撮りや茸撮りに行こうかな・・・

« August 2018 | Main | October 2018 »