August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« ベニイグチとキクバナイグチ | Main | なんにもない。しかし・・・ »

July 26, 2018

キベリハムシ見つけた

Kiberihamusi71118今日は雲もあって暑さもましなのではないかと思ってキベリハムシを探しに行ってみることにしました。時々以前見つけた場所には行ってるのですが、なかなか遭遇しないんですよね。
Nenkin73118_2 谷筋を歩いていて見つけた粘菌。なんの変形体かはわかりませんが雨も降らないのにこれがあるということは湿度が高いのかな?
Kiamiasiiguti72118 枯れ葉などが積もって歩きにくいし、表面はよく乾いているけれどキアミアシイグチがありました。
             Iguti07271  Kinoko07261
その他のキノコたち。茶色いイグチ類とオシロイタケっぽいやつ
Akebikonoha71118 藤の木だけがあると思ってたところででっかいアケビコノハの幼虫見つけました。アケビの木もあったんやね。それにしてもこの大きさはアケビの葉と同等かそれ以上の大きさです。これと比べると以前箕面で見たやつなんか子供の子供みたいなもんです。
Sanekazura71118で、キベリハムシはサネカズラを食草にしているのでサネカズラのあるところに行ってみました。一応すべての木を見て回ったけれどキベリハムシはみつかりません。サネカズラの花が咲きだしていたので撮影camera サネカズラって昔は整髪料として使ってたらしくてビナンカズラとも呼ばれています。
Kiberihamusi71218トイレに行きたくなったのでその場を離れて、もう一度同じ場所に行ってみると奥の方で今度はキベリハムシがいてました。この気温では日当たりのよい場所には出てこないのかな
            Kiberihamusi71318  Kiberihamusi71418
キバリハムシは帰化生物で、昔 中国南部産のが神戸港に入ってきたので六甲山を中心として兵庫県に広がり、今では京都府や大阪の一部でも見かけるようになったということです。メスだけでも繁殖することができるそうなので人為的にもっと広がりそうな気もしますが・・
Midorisijimi71118 帰りがけに自動販売機の所によると木の手すりの周辺でミドリシジミをみつけました。メスはわりと長生きをするというのでこれはたぶんメスでいいと思います。
Hannokihamusi7118谷を抜けた所にある小湿地でみつけたハンノキハムシ
Jingasahamusi71118畑の横には今年もジンガサハムシがいてました。夕方になるとジンガサハムシの金色がよく光るので見つけやすいんですよね。小雨が降ったりして日が陰り心配するほどの酷い暑さではなかったので無事駅までたどり着きました。電車に乗っている間に夕立も通り過ぎてたので汗以外でびしょ濡れになることもなく一日終了   
 

« ベニイグチとキクバナイグチ | Main | なんにもない。しかし・・・ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ベニイグチとキクバナイグチ | Main | なんにもない。しかし・・・ »