September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« June 2018 | Main | August 2018 »

July 2018

July 30, 2018

なんにもない。しかし・・・

Sakebatake71118台風一過、雨も降ったことだし新たなキノコが出てるのではないかと思って車でお山の上に連れて行ってもらいました。しかし、色々歩き回ったにも関わらずキノコらしいキノコには遭遇できず、なんとか撮影したいという意欲がわいたのがこのサケバタケ
Itimonjityou71118ちょっと大きく撮りすぎてるけどイチモンジチョウがいてました。
Risuakane71118水場にはリスアカネも。もう赤とんぼが現れてるんですね。
Ooyotusujihanakamikiri71118オオヨツスジハナカミキリでいいと思うんですけどね。
Hasaotunokamemusi71118緑色のカメムシ。幼虫の名前はなかなかわからないのですが、ハサミツノカメムシの幼虫かと・・・
やっと元気そうなキノコにであいました。アシグロタケですね。
何かこっちに飛んできたのでみるとカゲロウっぽい形をしてるのでとにかく撮ってあとで調べることに。どうやらウスバカゲロウのようです。いくら虫でも「薄馬鹿 下郎」なんて可哀そうな名前・・区切るところが違うやろう! はいはい
Kokiraratake71118一つだけはえていたコキララタケ
Nenkin7301
粘菌の変形体も一つだけ。黄色いところと白いところが混じっているのが面白い
Img_3191ロカイメンタケが今年も出ているというのでそれを見に移動。流れに降りて撮ったけど色がものすごく不満。名前には白がはいるけどまだ若いうちはきれいなオレンジ色をしてるはずなのに色がでなさすぎ。
パソコンでいじれば色も変えられるけどもっと普通に撮って色が出てほしいので、いつもはホワイトバランスをオートで撮っているけど晴天モードで撮影。よしよし、満足な色になりました。
Sirokaimentake71318もう一つシロカイメンタケはありましたが、こちらはかなり色落ちしてるのでそのまんまで撮りました。ということで台風の雨のあともさえないキノコでしたが、 それなりに遊べたのでこれでいいのだ!
 

July 26, 2018

キベリハムシ見つけた

Kiberihamusi71118今日は雲もあって暑さもましなのではないかと思ってキベリハムシを探しに行ってみることにしました。時々以前見つけた場所には行ってるのですが、なかなか遭遇しないんですよね。
Nenkin73118_2 谷筋を歩いていて見つけた粘菌。なんの変形体かはわかりませんが雨も降らないのにこれがあるということは湿度が高いのかな?
Kiamiasiiguti72118 枯れ葉などが積もって歩きにくいし、表面はよく乾いているけれどキアミアシイグチがありました。
             Iguti07271  Kinoko07261
その他のキノコたち。茶色いイグチ類とオシロイタケっぽいやつ
Akebikonoha71118 藤の木だけがあると思ってたところででっかいアケビコノハの幼虫見つけました。アケビの木もあったんやね。それにしてもこの大きさはアケビの葉と同等かそれ以上の大きさです。これと比べると以前箕面で見たやつなんか子供の子供みたいなもんです。
Sanekazura71118で、キベリハムシはサネカズラを食草にしているのでサネカズラのあるところに行ってみました。一応すべての木を見て回ったけれどキベリハムシはみつかりません。サネカズラの花が咲きだしていたので撮影camera サネカズラって昔は整髪料として使ってたらしくてビナンカズラとも呼ばれています。
Kiberihamusi71218トイレに行きたくなったのでその場を離れて、もう一度同じ場所に行ってみると奥の方で今度はキベリハムシがいてました。この気温では日当たりのよい場所には出てこないのかな
            Kiberihamusi71318  Kiberihamusi71418
キバリハムシは帰化生物で、昔 中国南部産のが神戸港に入ってきたので六甲山を中心として兵庫県に広がり、今では京都府や大阪の一部でも見かけるようになったということです。メスだけでも繁殖することができるそうなので人為的にもっと広がりそうな気もしますが・・
Midorisijimi71118 帰りがけに自動販売機の所によると木の手すりの周辺でミドリシジミをみつけました。メスはわりと長生きをするというのでこれはたぶんメスでいいと思います。
Hannokihamusi7118谷を抜けた所にある小湿地でみつけたハンノキハムシ
Jingasahamusi71118畑の横には今年もジンガサハムシがいてました。夕方になるとジンガサハムシの金色がよく光るので見つけやすいんですよね。小雨が降ったりして日が陰り心配するほどの酷い暑さではなかったので無事駅までたどり着きました。電車に乗っている間に夕立も通り過ぎてたので汗以外でびしょ濡れになることもなく一日終了   
 

July 19, 2018

ベニイグチとキクバナイグチ

Beniiguti71118
猛暑が続く中、今日はヘルメットマウンテンに茸などを探しに行ってきました。雨が最近は降ってないのでキノコは無理っぽいけれど山はこの前の大雨で水を多くふくんでいるだろうから日陰を探せばそれなりに何か出てるはず・・・
Akayamadori71118
アカヤマドリのはえる場所にはすでに傷んだのが一つと、さらに高い場所に一つ。遠回りして高い方に近づいて撮ってきました。
Niwatake71118ニワタケも一つ見つけました。
             Awatake72118_2   Awatake72218
日当たりのよい場所でアワタケと思われる表面がひび割れたキノコが一つ。
Kikubanaiguti71218いつもの山の裏道を歩いていると今日はキクバナイグチをいくつか見かけました。
             Kikubanaiguti71118 Kikubanaiguti71318
キクバナイグチは近年3種類に分類され、キクバナイグチ、コガネキクバナイグチ。ヒビワレキクバナイグチに分かれてますが、あまり勉強していないので従来通りの分類でキクバナイグチとします。ひび割れで見える地色が黄色いのはコガネキクバナイグチになったみたいです。
Siroonitake71118とても小さいけれどシロオニタケが出始めてました。
Kinoko71118ブドウタケかもと思って撮ったけれどホウネンタケなんかもあやしい、正体不明のキノコ
Beniiguti71318 笹薮の隙間からピンク色がのぞいていたのでかきわけるとベニイグチがでてきました。とてもきれいな個体です。
Beniiguti71418下から撮るとこんなん
Beniiguti71218   ほかにもいくつか見ましたが、きれいなのは一つだけでした。
Gomadaratyou71118山道を歩いていたらゴマダラチョウが吸水におりてたので撮影
Hamusi7191ヤナギハムシでもいてないかと思って池の周囲を歩きましたがハムシ類の成虫を見たのはこの一匹だけ。たぶんヨモギハムシかなにかだと思います。
Beniitotonbo71118久しぶりにベニイトトンボを見つけました。
Kiamiasiiguti71118キアミアシイグチを撮って本日は終了
 
 

July 16, 2018

猛暑のキノコたち

Hoozukitake72118なんぞ変わったキノコでも見つかればいいなと思ってトンネルのむこうがわへハイキング。いやあ、汗ダクダクで山登りを決行しましたが名のあるキノコとは思えないものをいくつか見ただけでした。最初はまだあったホオズキタケ。変わったキノコではあるけど珍しいかな?

            Iguti7161  Iguti7162

キノコがぼちぼちと見られるあたりでみつけたかわええイグチ類

            Iguti7163  Iguti7164

名前はわかったら書きます。わかったらね・・・

Kawarihatu72118カワリハツかな?左側のなんかアイタケっぽい模様があったりするんですよね。

Kotengutakemodoki72118コテングタケモドキだな

            Kusahatumodoki72118   Kusahatumodoki72218

クサハツモドキの集団

Kinoko7163謎のキノコ

Kinoko7164これもわかりません

Kinoko7165裏返すとクモノ巣幕が傘を覆っています。

Asetake7161アセタケ類だけど名前はよくわかりません。

Kinoko7166巨大化したヤナギマツタケなのか?近づけないので柄があるかどうかもわかりません。

Kusubenikamikiri71118アカハナカミキリのつもりで撮ってましたが、前胸が黒いのと触覚がノコギリ状なのでどうもちがうような

Kusubenikamikiri71218円筒形の体からクスベニカミキリではないかと思うのですが、どうでしょう。

Hebikinokomodoki71118ヘビキノコモドキはやっぱりありました。

Hosoharikamemusi71118帰りがけに撮ったホソハリカメムシ。この暑さでは虫にもほとんど遭遇しませんでした。

July 12, 2018

茶卵茸と青葉木菟

Tyatamagotake71118_2
鳥見と茸撮りの両方ができると思われる都に上ってきました。御苑に入ってすぐに目的のチャタマゴタケを見つけてしまいました。チャタマゴタケは以前もここで撮ってはいるのですが形が悪くて不満だったんですよね。今日のは少々裂けてはいるけれど十分にきれいなキノコです。おまけに3個が一度に撮れるなんてラッキーでした。
            Tyatamagotake71318  Tyatamagotake71418
角度を変えて撮ってみました。
Tyatamagotake71218下から撮ってみたら、とてもきれいですやん!
Hukuroturutake71118すぐ近くにはフクロツルタケもはえてました。
Aobazuku71218定番の神社のアオバズク
             Aobazuku71118   Aobazuku71318_2 
のび~
Aobazuku71418ウインクが得意のようです。祇園祭のころ、アオバズクの雛が巣立つという人がいてましたので雛がみれるのは来週あたりかな?
目的のものは撮ったので帰ってもよかったのだけど、せっかく電車賃を使ってここまで来たので他の茸探しをしながら北上。たくさん見かけたのがクサハツと思われるキノコ。でも、一つ撮って臭いを嗅いだけど悪い臭いとは感じなかったな・・・
Turutake71118ずいぶん色が白いけど普通のツルタケの色が抜けただけなのか?
Tyatamagootake71518お、ここにも一つやや小型のチャタマゴタケが!茶色というよりはオリーブ色に近いような
Murasakihokori71118地表の苔むしたあたりに粘菌のムラサキホコリっぽいものがいっぱい出てました。
Nenkin7131そして切り株の上には変形体のカスみたいなものが
Sirohatumodoki71118一番たくさん見つかるキノコはやっぱりシロハツモドキと思われるキノコだが似た茸も多いので同定に自信なしです。
             Iguti7131  Iguti7132
裏がピンクになったイグチが一つ。
Azumatake71118アズマタケですね。Aobazuku71518とうとう巣箱のアオバズクのところまで来てしまいました。
            Aobazuku71618   Aobazuku71718
近くによるともろに逆光になるのでやや離れた場所からしか撮れませんでした。
Kihidatake71118で、ここでもキノコ探し、キヒダタケをみつけました。
Kesyouhatu71118ケショウハツのきれいな個体でしたが、もう少し頬紅をぬってほしいよね。
Awatake72118アワタケのつもりで撮ったけれどチチアワタケというせんもありかな?
Naratakemodoki71118もう夕方ですので足早に南下しますが、途中で何か見つけるとしばらく立ち止まってるのでなかなか進みません。これはたぶんナラタケモドキ

Kawarihatu71118
もう少し色がはっきり出てほしいですね。ここで見られるカワリハツってこの色のものばかりなのかな?

Kaimentake71118
やっと南端にたどりついたけどカイメンタケを見つけたので再び動きがとまってしまいました。
             Iguti7133 Iguti71418 
最初にところに戻ってきたけど裏の通りはどうなってるのかのぞいてみたら大き目のイグチを発見。赤い柄とその上部には網目があるという特徴があるにもかかわらず名前を特定できません。もっとも近いと思われるのはアシベニイグチというやつだけど傘の裏面が傷みがひどくて色がわかりません。どちらかといえば白っぽいような。いやあ、今日はよく歩きました。疲れたので電車の中で居眠りしてしまいました。 

July 08, 2018

豪雨のあとの茸

Akadamakinugasatake71218
雨が続いたあとはキノコはとけたり、倒れたり、色がわからなくなったりとあまり良くないかもしれないけど、貴重な休みなのでそれでもキノコ探しに。今日は西の聖山ではまだ見たことなかったアカダマキヌガサタケを撮ろうと思って先ずはお寺さんの竹林へ。
Akadamakinugasatake71118ここは鉄柵に囲われてるので近づくわけにいかないし、アカダマキヌガサタケが生えてる場所も今日は竹林のほぼ真ん中あたりで遠い・・。まあ、見たということでいいか
             Kinoko71118 Kinoko7082
極小キノコが木肌から生えてました。右のはマツオウジみたいな気がするけど自信なし。
Midorinigaiguti71118やっと名前がわかるキノコに遭遇、ミドリニガイグチです。
            Iguti07081  Iguti07082
山の裏はまだ水が流れてたりして足元が危ういのでイグチ類を一種類撮っただけ。名前はよくわからないのでまた調べておきます。
            Edanasitunohokori71118  Edanasitunohokori71218_2  
さすがに大雨のあとですね。あちこちで粘菌をみました。エダナシツノホコリでいいはず。
Kotengutakemodoki71118色はうすいけれどコテングタケモドキと思われるものがいくつもありました。
Aokanabun71118もう7月ともなるとカナブンをよく見かけます。アオカナブンが好きなのでカシャcamera
Sirosoumentake71118シロソウメンタケも出てました。もしかしたらシロヤリタケの方かも
Kiiroasetake71118久しぶりにみつけたキイロアセタケ
Kotubutake71118
コツブタケを見つけたのでいつものように半分に切ってみました。
Kogetyairogawari71118コゲチャイロガワリですね。裏返してみたら小さな虫がいっぱいΣ(`0´*)
Anzutake71118アンズタケがたくさん出てるところがあって、
             Beniusutake71118 Beniusutake71218   
その近くにはベニウスタケ
Tamagutengutakemodoki71118これはタマゴテングタケモドキですね。
Kiirooohuusentake71118_2キイロオオフウセンタケと思われるキノコ。六甲山系ではわりと見られるキノコらしい
             Kinoko7084   Kinoko7083
キイロアセタケにスギタケをたしたような正体不明のキノコ。キイロアセタケの頂部がささくれることはあるけど、幼菌の時からトゲトゲってことあるのかな??
Kabairoturutake71118カバイロツルタケ。これも好きなキノコです。
Kurotamagotengutake71118_2 クロタマゴテングタケ 律儀に毎年同じ場所にでてきてくれます。
Iguti07083 裏の白いイグチ類、 アシボソニガイグチみたいです。
              Irogawarikihidatake71118 Irogawarikihidatake71218_2
さわると変色したのでロガワリキヒダタケ
これも冬虫夏草の一種でクモタケ。目新しいものはあまりないけどいよいよ夏キノコの本番です。
 
 

July 03, 2018

コマタケとキボシカミキリ

Komatake71518珍しい茸があったと教えていただいたので今日は車に乗せていただいて東へ。

Komatake71118
コマタケというマンネンタケの仲間だそうですがやや地味なキノコです。
             Komatake71218   Komatake71318
マンネンタケと同じように柄があるのがわかります。
Komatake71418撮影中にアクシデント発生。菌友さんが古い方のコマタケの傘にさわったら倒れてしまいました。 せっかくなので傘の裏を撮影。傷ついたところが赤褐色から黒に変色しました。
Komatake71818古い方のキノコの方は色がはっきりしないのが気になってたので立てかけてからついでに水をかけて色がわかるようにしてみました。
Komatake71718新しい方の傘にも水をかけると赤い液が傘の縁にしみだしてきました。コマタケは別名シュッケツマンネンタケというぐらいですので傷ついた所から赤い液が流れるみたいですね。 
Bekkoutake71118_2大きなマンネンタケのつもりで撮ったけれどベッコウタケだったかも?
Kaimentake71118池の縁を見て回っていてカイメンタケもみつけました。
傘の裏は黄色くてこんな感じ。ホワイトバランスをオートで撮ってると黄色がうまくでないのでちょっと他のモードを使用してみましたが、わざとらしいかな?
             Hatitake71118  Hatitake71318
目的のものが撮れたのでこの前採集してきたハチタケを持参してたので撮影。大きくて邪魔だった葉はハサミで邪魔にならない程度に切り取ってます。
Naganijigomimusidamasi71118
サルノコシカケ類のキノコにはナガニジゴミムシダマシがいてたのでこれも撮影
ここには小さな桑畑があるのできっと何か桑につく虫がいてるだろうと探してるとキボシカミキリが登場。
             Kibosikamikiri71318   Kibosikamikiri71218
キボシカミキリというとイチジクの木の害虫として知られてますが、桑にも被害をもたらします。
Kibosikamikiri71418 体の倍ほどの長さの触覚をもっているので大きく撮ると触覚は全部入りません。きょうはキボシカミキリばかりが何匹もここにいてました。
Siroobiawahuki71118 それ以外でここで撮ったのはシロオビアワフキだけ。
Koujitake71118あとは駐車場に戻る道すがらでみつけたコウジタケ
Hebikinokomodoki71118ヘビキノコモドキっぽいのを撮って今日は終了

« June 2018 | Main | August 2018 »