August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« March 2018 | Main | May 2018 »

April 2018

April 30, 2018

十一、小瑠璃、大鷹など

Juuiti_41118今日はお城へ、一番の目的はコルリ。しかし、個人的には意外なものが撮れました。

Kibitaki46118

森の中に入るとキビタキ♂のお出迎え

Koruri41318

人がぐちゃっとたまっている場所ではコルリ♂、それにジュウイチ探しの人たちでにぎわってました。しかし、ここのコルリはものすごく出が悪いようなので他のコルリを見に行きましたが、残念ながらすでにどこかに飛んで行ったあと。もう一度最初の場所に戻って辛抱我慢。

Koruri41118

なんとか証拠写真はGETできました。

Ootaka41218

一応コルリが撮れて気持ち的に余裕ができたので人が走っていく方向に行くとオオタカがとまってました。さすがは大鷹城公園といわれるだけはあります。大きなお腹をしていて食後の休憩中のようです。

Ootaka41118

エンジェルポーズ

Ootaka41518

羽伸ばし

Ootaka41318_2

一応足まで見える場所に下がって撮影

             Umeusuhujihuusentake42118  Umeusuhujihuusentake42218

オオタカがいてるようではジュウイチは期待薄だろうということで梅林にウメウスフジフウセンタケを探しに行きました。幼菌はこの前撮ったけど傘の開いた成菌を見たかったのでね。傘に色がつくと淡いきつね色といったふうに見えます。

Juuiti41218

もう夕方ですのでコルリの場所まで戻って来ると人の姿がものすごくまばらに。ジュウイチの姿が確認されてカメラマンはそこに集中してました。お腹が見えるという場所にたって真上のジュウイチが顔をのぞかせたのが辛うじて撮れました。お城でジュウイチの顔や腹が撮影できたのは初めてです。

Koruri41218

もう感度を上げてもシャッタースピードがのびないけどそれでも出てきてくれると撮らないわけにはいきません。今日はコルリの方はいま一つでしたが、ジュウイチが撮れたのが大収穫でした。

April 29, 2018

ウメウスフジフウセンタケとセイタカシギ

Umeusuhujihuusentake41118
GW中の鳥見はやっぱりお城だなと思ってましたが、気になることがあるので今日もN公園へ。昨日菌友さんが撮ったウメハルシメジの中にウメウスフジフウセンタケかもしれない幼菌が写ってたので確認にでかけました。
Umeusuhujihuusentake41218
大き目の幼菌は抜かれてたみたいなので遠慮なく裏側を撮影。傘の裏に蜘蛛の巣幕があるのでウメウスフジフウセンタケに間違いないように思います。その他の幼菌もやたらもろくてふれるだけで折れてしまいます。このウメウスフジフウセンタケがはえるとハルシメジもはえなくなるということです。
Kibitaki45118
キノコはあったけれど鳥のほうはさっぱりで昨日はコムクドリがいてたそうですが、私が行く日はどうもいけません。I公園に移動したけど午前中はキビタキ♂もいたのに何もみつかりません。
Kuina42118
河川敷を土手上から見ていてキジをちょっとみただけ。工事車両も夕方になって引き上げたようなのでセイタカシギ方面に。今日はすぐ近くにクイナもいてました。
Seitakasigi42218
赤白鉄塔の映り込みの中のセイタカシギ まだいてたんですね。 
Seitakasigi42118
水鏡が美しいし、目にキャッチライトが入りやすいので夕方もいいな
             Seitakasigi42318  Seitakasigi42518
やっと長い足が撮れました。
Seitakasigi42418
対岸に飛んで行ってしまいました。オレンジ色に見えるのはオイルフェンスなんですよね。と、いうことで鳥の方はあやうくボーズになりかけたけどセイタカシギに救われました。

April 27, 2018

オオルリ、キビタキとハルシメジ

Kibitaki44418
昨日はノジコが現れたというので仕事前に様子を見に行ってきました。残念ながらノジコの姿はないし、ギンムクドリ♀もいてませんでした。
Harusimeji44118
で、最初に撮影したのはやっぱり茸。ハルシメジが土手下の築山風のところに出てました。ここにはえてるのを見たのは初めてかも。
Harusimeji45118
傘がきれいに平らに開いてました。土だけの場所にはえてるのより泥跳ねもないので草地の中からでてるこっちの方がいいですね。
Ooruri44118
せっかく来たので鳥もさがします。今年はじめてエゾムシクイのヒーツーキーという声を聴きましたが姿はみえません。そのかわりに高い場所にオオルリ♂がいてるのがわかりました。
             Ooruri44218  Ooruri44318
オオルリは下から撮ったのでは青い色がよく見えないので今一つ
Kibitaki44118
キビタキ♂の方が下のほうを飛ぶので撮りやすいけどなかなかじっとしてません。
             Kibitaki44218  Kibitaki45118
でも今日の子は一定の高さを飛び回るのでなんか探しやすいんですよ。
Kibitaki44518
やっと落ち着いたみたいでじっとしてました。
             Kibitaki44618  Kibitaki44818
こちらが油断している時に限ってノビをしたりするんですよね。
Kibitaki44718
ロープの上にだってとまります。さて、時間がない時に限って珍鳥ニュースが流れたりします。今日は昆陽池にハイイロヒレアシシギの夏羽がいてるという話だったのですが、家に帰ってから確かめたらカラスにさらわれてあえない最後だったとか・・・合掌
Harusimeji46118
ここには桜の木もあるけどハルシメジは梅林型ばかりなのかな?
Harusimeji44418
わりと小型なのを撮ったけどあとでみるとピンクにそまってる部分があります。胞子がおちて傘に色がついてるように見えるんでしょうね。ということで今日も仕事にGO。
 

April 26, 2018

キツネノヤリタケなど

Kitunenoyaritake41118
今日はキノコ探しです。この時期野鳥の渡りで盛り上がってるのにキノコなんてと思われるかもしれませんが、この時期でなければ探せないキノコもあるので貴重な休日を使って出かけてみました。
Wanikouen41118
ここらで撮影されたかたがおられるのでいつか探しに行ってみようと思ってました。王仁と書いてワニと読みます。おぼろげに日本史の教科書で見たような記憶があります。漢字を日本に伝えた人?・・ぐらいにええかげんな記憶ですが、論語と千字文とかを日本に伝えた渡来人の学者さんです。千字文というのは漢字の入門書というか教科書的なもののようです。
              Kitunenoyaritake41218 Kitunenoyaritake41318_2
これが探してたキツネノヤリタケというキノコです。
Kitunenoyaritake41918
キツネノワンとともに落ちたクワの実から発生するキノコですが、桑の木が街の近くではみつけにくいのでこの茸もなかなか見られないというやつです。それにキツネノワン以上に華奢なキノコで草に埋もれてるのをしゃがんで探す必要があります。クワの実から出てるのをみつけましたがよく見えるように周囲の枯れ葉をどけると華奢なもんでへなへなと倒れてしまい取り出して上から撮った方がよさそうでした。
Kitunenoyaritake41418
形は先が尖ったのや平べったく広がったのやら色々です。
Kitunenoyaritake41518
タンポポが背景に入ると季節感がでるかな?
             Kitunenoyaritake41718  Kitunenoyaritake41818
キツネノヤリタケとのペアを撮ろうと思ってキツネノワンを探したのですが、時期的にはやはり遅くてキノネノワンがほとんどみつかりません。もともとキツネノワンが終わる頃にキツネノヤリがはえるといわれてるので仕方ないことかもしれませんが・・・。しかし、ものすごいものをみつけました。
Kitunenoyaritake41618
キツネノワンの周りをキツネノヤリが絡むようにいくつも伸びてきているのがありました。
             Kinoko4261  Kinoko4262
ほかに見つけた正体不明のキノコたちです。
Kinoko4263
これは・・ヘビキノコモドキとは違うのかな?柄が白っぽいよね。
クロコタマゴテングタケだと教えていただきました。へえ~
 
             Kurokonomatyou41118  Satokimadarahikage41118
鳥は鳴いていても姿が見えないので野蝶でも。クロコノマチョウサトキマダラヒカゲです。
             Hana4261  Takutin41118
名前のわからない白地に緑線のはいる花とヤブツバキの落椿。コケの上に落ちてる椿はきれいけど土の上はも一つだな
Miyakogusa41118
で、これがミヤコグサ。セイヨウミヤコグサの可能性もあるけど一応そのようなものということで・・。ミヤコグサは絶滅危惧種シルビアシジミの食草なのですが田んぼ脇などにはえていたミヤコグサの減少でシルビアシジミも数が減ってしまったといわれています。ということで次回は鳥を撮るど~!

April 23, 2018

心配なアオバト♀

Aobato42118
お城に何かいてないかと思ってでかけてみました。森の中ではツツドリを探して上を見上げる人たちが何人か。時々声がするらしいけど姿はほとんど見えないようだ。
Kibimesu41118
オオルリとかキビタキとかもあまり見かけない様子。でも、今期お初のキビタキ♀がいてました。
Kibitaki43118
場所を変えて今人気のチョウゲンボウの前まできたけれどチョウゲンボウは留守みたいなので天守閣方面へ。キビタキ♂を発見。
Amigasatake42118
お城にはアミガサタケと相性の良い銀杏の木がたくさんあるというのに今までアミガサタケに遭遇したのはこの一角のみ。しかも、一本しか見つかりませんでした。ほかの場所では土の保湿性などに問題があるのかも。
Kibitaki43218
キビタキ♂を見かけたので追いかけてはみたけど暗いところでやや若い禿げたようなキビタキ♂しか撮れませんでした。
Ooruri43118
同じ場所から飛び出したオオルリ♂
Harusimeji42118
梅林のハルシメジはこの前よりはよく見かけました。
Harusimeji42218
しかし、良い状態のものはあまりないような・・・。
Aobato42318
梅林から出ようとしてカメラマンが一名座り込んで何かを撮ってるのに遭遇しました。反対側から見るとなんとアオバト♀。アオバトとカメラマンの距離は2メートルもありません。ほとんど携帯で撮れる状態。
 
             Aobato42618_2  Aobato42518_3
このアオバト、聞くところによると3日前からここにこうしているのだとか・・・。病気とか怪我なのかもしれないけど病気の鳥なら羽をだらりと下げてることが多いのにそんな風には見えません
Aobato42218胸のあたりの毛が少し抜けてるように見えますけど血がついてるようにはみえないんですよね。餌は梅の実がたくさん落ちてるのでそれを食してるみたいです。かたいドングリを食べるアオバトだけど梅の種はどうなるんでしょう。
Aobato42418
ここは大きな猫があたりをウロウロしているし、オオタカなんかもいてるようなのでこんな所では襲われてしまうかも。梅の枝に飛び上がったりはできるらしいのですが横を通っても少し草の中に移動するだけでした。撮り放題はうれしいけど心配だけが後に残ってしまいました。
 
 

April 21, 2018

アオジとハルシメジ

Aoji42318
仕事の前に一仕事と思って今日もN公園に寄ってみました。昨日は公園内でコムクドリがいてたそうなんですが今日はいてません。この一週間ほど楽しませてくれてたコマドリもいなくなったそうです。今日は猪名川のセイタカシギも見当たらないということでした。
Harusimeji41118
で、今日最初に撮影したのはこのハルシメジ梅林型。この前みたときはまったく姿がなかったのに今日は小さいながらもたくさんでてきてました。
             Harusimeji41218  Harusimeji41318
梅林の中にもっとでてそうなもんですが、見つかるのはいつもこの一角。こまめに草抜きをする公園なのでハルシメジの姿を見ることができるのは短い期間だけかも。次に雨が降ったあとに見に行くともっと大きなのが見れるかもしれません。
Harusimeji41418
梅のほかにも牡丹も植わってますので背景にボタンの花が入らないかと頑張ったのですがこんなとこが精いっぱい
Aoji42118
コマドリはいてませんがアオジがよくさえずってくれてました。
 
Aoji42218いつもはアオジはほとんど無視してますが、新緑の中のアオジがとてもきれいだったので撮ってしまいました。

April 19, 2018

セイタカシギとコマドリ

Seitakasigi41118
今日はとても忙しかった。昨日ガス欠で乗って帰れなかった原付を職場に取りに行ってガソリンを入れに押して歩き、帰ってからインターネットの接続できなくなったパソコンをなんとかするために電話でガイドを受けながらなんとか繋がるようにして、昼食を済ませてから公園へ。公園に着くと川の方にセイタカシギがいてるというのでバイクで再び移動。日が照ってとても暑い中飛んで行って行方不明のセイタカシギを待ちました。
Seitakasigi41618
どこに行っていたのか、戻ってきたセイタカシギ。けっこう深い場所を歩いたりするので足が長いのかどうかわからんよね。
Seitakasigi41518
前から見ると厚みがない体してるのでとてもスマート
Seitakasigi41418
ほぼ後ろから横向いたの
             Seitakasigi41218  Seitakasigi41318
季節感がほしいのでセイヨウカラシナ絡み
             Seitakasigi41818  Seitakasigi41918
たまたま写っていた飛びもの
Seitakasigi41718
足が長くて目が赤いのがわかる画像
 
Komadori43618
セイタカシギを撮った後再びN公園。コマドリ♂は今日もいてました。でも、この場所から外にはなかなか出てきません
Komadori43318
花吹雪を眺めているのかな?
             Komadori43518  Komadori43418
前と後ろ
Komadori43818
あともう少し前に出てきてくれると花びらの絨毯がきれいなのにね。
Komadori43118
タンポポも咲いてるけど葉っぱがたってるので花がかくれていまってます。
Aoji42118
アオジはきれいに花びらが散っている場所にくるんですけどね。ということで今日はこれまで

April 16, 2018

まだいてた公園の駒鳥

Komadori43118
八重桜の花びらが散り敷かれた場所に立つコマドリがきれいそうなので今日は仕事前のほんの一時間ほど鳥撮りに寄り道しました。
さいわいコマドリは今日もいてくれました。今日で何日目なんでしょうね。
Komadori43218
コマドリはすぐに出てきてくれましたが、カメラの設定が悪かったのか、光線状態が悪いのかコマドリ自体があまりきれいにみえません。
Komadori43318
それでも枝どまりのコマドリよりも色々のポーズが撮れるのでいいかも
Komadori43418
時間がないのでコマドリ以外もなにか撮れないかと思ってうろついてみましたが、キビタキをちらりと見ただけで撮れませんでした。
Tumakityou42118
河川敷に降りるとツマキチョウ♂がセイヨウカラシナの花にとまるのが撮れました。ということで今日も仕事にGO。
 

April 15, 2018

カニタケと牡丹

Kanitake42218
今日は午前中は雨で出かけられなかったので午後からの出撃です。こんな日は鳥の方はたいして収穫がないと思うのでキノコ探し。カニタケを見に行った菌友のおじいちゃんたちがカニタケを見つけられなかったというので今日は一緒に行って場所を教えてあげることにしました。この前と比べると傷みがすすんだように思うけど放射状の深いしわはより深くなったような気がします。
Img_8547
傘の裏側に散らばる黒っぽい点々がカニタケの特徴の一つだそうです。
Kanitake42118
この前とちがって今度はついてるゴミを撮ってから撮影しました。皺もよくわかります。カニタケは撮れたので次はまだ見たことないキツネノヤリタケとかテンガイカブリタケなんかが見れたらいいのですが・・・
Img_8549
ハルシメジでもないかと思って梅林を歩いてみたけど何もありませんでした。ぶらぶらしてたら楠に新鮮なキクラゲがついてました。楠ってキノコはつかないのかと思ってたらそうでもないような。
Botan41118
公園にある中国建築の壁の前に牡丹が咲いてました。中国風の窓との取り合わせで中華な雰囲気がでてるかな?
             Botan41218  Botan41318
牡丹は百花の王というぐらいですから大きくて立派なんですが、その大きさゆえに雨にあたるとだらりと崩れた情けない姿になってしまうのが難点ですね。
Ooruri43118
画像が少なくて寂しいので11日にN公園で撮影したオオルリ
Sendaimusikui41118
センダイムシクイを貼っておきます。
 

April 13, 2018

駒鳥とキノコ

Komadori41518
コマドリを期待して今日はお城へ。到着してみるとどうも静かな感じが漂っていました。人にきいても今日は鳥が少ないらしい。オオルリとかキビタキを撮るのも皆さん苦労している様子。ミゾゴイとかヤブサメとかもいてたらしのですが生憎・・・。確かに歩いていても夏鳥に遭遇しません。コマドリ♂はなんとかいてるらしいので現場へ。
Komadori41118
現場に着くとコマドリのいい声が聞こえてきました。この声が途切れるとやがて姿を現すみたいでした。しかし、姿を現しても最初のうちはすぐに後ろを向いてしまうので背中側しか見れませんでした。
             Komadori41218  Komadori41418
前と後ろ
Komadori41718
そのうちに出てきてじっとしたりして何とか撮影ができるようになりました。
Komadori41618
今年も美しいコマドリが撮れたのでほかに何かいてないかウロウロ
Akahara41318
梅林に寄ってハルシメジを探しましたがあまりなくて、しかも割れたようなものばかりみつかります。しかし、アカハラが群れで入ってるみたいなので撮影に参加
             Akahara41218  Akahara41118
梅林の隅っこが好きなのかな?前もここでアカハラを撮ったような。
Kitunenowan41218
オオルリやキビタキも不調では仕方がないなと思って地下鉄に乗って東の公園へ。ここでの目的はキノコ探し。クワの実につくツネノワンは今年も出てました。
Kitunenowan41118
もう少し柄が伸びた状態のを撮りたかったのですが去年もここで撮ってるし、他の緑地でもはえるのでアミガサタケを探しに移動
Amigasatake41218
銀杏の木の周りを見て歩くうちに同じようにして歩いている少年に遭遇。お話をすると前にもここで同じようにしてた人で私のことを覚えていてくれたようです。
             Amigasatake41318  Amigasatake41418
お蔭で労せずしてアミガサタケをたくさん見ることができました。ここのはイエローモレルとかいうやつですね。
Amigasatake41118
その少年はよく見ているキノコのサイトにも登場する人で珍しいカニタケを最近載せていたのが彼であることがわかりました。
Kanitake41318
これがそのカニタケだそうです。あまり本とかネットにも出てこないキノコでチャワンタケの仲間ではなく、アミガサタケの仲間だそうです。
             Kanitake41118  Kanitake41418
深いしわのあるキノコだと思ってたのですが、それほどでもないような
Kanitake41218
もう閉園時間なので急いで撮影していて椀の中のゴミをちゃんと取り除かずに撮影してたのにあとで気がつきました。また来年も同じところに出るようなら今度はきれいに撮ってみたいものです。今日は思わぬ出会いで良い思いをしました。感謝感謝で本日も終了。

April 10, 2018

うまく撮れないオオルリ

Ooruri42118
買い物に出たついでに小学校横の公園をのぞくとキビタキを見つけました。もちろんカメラを持ってないので撮りはしないのだけど、こんな街の普通の公園にキビタキがきているなら他の都市公園にはもっときているはず。でも、仕事があるのでこれから撮影には行けそうにありません。そこで思いついたのが職場近くの都市緑化植物園。あんまり鳥目当てで行ったことはないけどオオルリとかが来ているのは見たことがあります。
Ooruri42318
移動時間を考えるとせいぜい三、四十分しか時間がありませんが適当な大きさの公園なので一通り回れるはず。で、行って見るとやはりセンダイムシクイらしき鳥とオオルリ♂を見つけました。それにここでは初めて野鳥を撮る人を2名見かけました。
             Ooruri42418  Ooruri42518
この時期、クヌギやコナラに花が咲くのでそこに虫が集まってきます。それを狙って野鳥は飛んでくるので近くの公園でもそういった虫を呼ぶ木があるところなら大公園でなくてもオオルリやキビタキを見つけることができると思います。
Ooruri42218
高い場所を飛ぶことが多いのでどうも下から撮影するときれいに見えませんね。
Ooruri421618
けっこうてかる羽をしてるので直射日光があたればいいというものでもないみたい。オオルリのブルーがきれいに出る条件とか角度とかあるのかな?
Kamisakabenisikouen1
ここの八重桜はこれからが見ごろなのかな?またそのうちに行ってみます。

April 08, 2018

黄鶲とか

Kibitaki41118
昨日は猪名川の遠くの雉しか撮れなかったので今日は朝からN公園に行ってきました。しかし、アオジとカワラヒワとモズしか見つけられずに雨が降ってきたので午前中に撤収。昼食後にお城に行ってリベンジです。
Ooruri41118
お城に到着してすぐにオオルリ撮影隊に遭遇。しかし、このオオルリがものすごく手強くて高すぎる場所とか被りだらけの枝にばっかりとまるのでまったくいいとこなし。
Oouri41118
一応証拠写真を撮ったけれど、その後行方不明に。また飛んでくるのを待つ間キビタキのところへ。
Kibitaki41218
キビタキのシャガの花絡み。シャガの花は色が薄いので晴れた日には色がわかりません。
             Kibitaki41418  Kibitaki41318
前と後ろ
Harusumeji41118
雨も降ったことだし、もしかしたらと思って梅林に行ったら。ハルシメジの幼菌がでてました。
Harusimeji41218
これは少し大きめだけどそれでもとても小さいです。これが大きくなるころには周りの草もぼうぼうで見えなくなってるでしょうね。
Kiji41118
せっかく撮ったので首しかわからないけど昨日のキジでも
Kiji41218
母衣うちもしてくれました。
 
 
 

April 05, 2018

クロツグミがいてた

Kurotugumi41118
各地の公園にオオルリなどが現れ、春の渡りがいよいよはじまりました。まずはオオルリ狙いで地元のN公園へ。昨日はオオルリのはかにもコマドリやニュウナイスズメまでいてたというのですが・・・
Tumakityou41118
オオルリもコマドリも残念ながらいてませんでした。ツマキチョウがとまったので撮ろうとしたのですが、日が陰っていたためすぐに羽をとじてしまって休憩モード。翅の先の黄色が撮れません。
Kurotugumi41218
クロツグミが竹林にいてるようでしたが、えらい速さで林床を走り抜けたのを見たほかはずっと竹の上にほうにとまってるのがかすかに見えたぐらい。↑こっちはクロツグミ♀ね。
Kurotugumi41318_2
クロツグミ♂の方もさらに高い場所にとまってて枝被りだらけでどうしようもありません。いてるのがよくわかる程度
Tumakityou41218
クロツグミが再び姿を現すのを期待してツマキチョウなどを見つけたら追いかけましたが、気温が高いととまってくれないんですよね。それでも今度はツマキチョウ♀が撮れました。翅表先に黄色がないのがメスです。
Ooakahara41118
夕方になるとお決まりのように姿を現すオオアカハラ。まだいました。クロツグミも帰る前にもう一度見つかったのですが、とまっているのを撮ろうとするたびに飛ばれたしまいついに撮れませんでした。と、いうことで収穫少なく本日は終了。

April 01, 2018

可愛い?アオサギの子とか

Aosagi41118
なんかこれといって撮りたい鳥もいてないので緑地にアオサギの雛とダイサギを探しに行ってきました。
Aosagi41518
鉄柵のところから撮れるけどやや高いところから見下ろした方がいいと思って離れて撮ってます。
Aosagi41418
これがアオサギの雛。小さな翼を広げたりもします。
             Aosagi41218  Aosagi41318
雛は四羽いてるそうですが3羽しかわかりませんでした。
Togariamigasatake41118
旧名ダイダイサギを探しに池をめぐりましたが見つけられませんでしたが、いつものところでトガリアミガサタケを見つけました。ここんとこ晴天続きでトガリアミガサタケも先の方が干からびた感じ・・・。
Kumonosuakagehinatyawan41118
いつもの材に出始めたクモノスアカゲヒナチャワンとかいう極小茸を撮影
Kawasemi41518そのあとカメラマンが集まっているところでカワセミ待ち。オスが餌をくわえてメスが来てくれるのを待っていました。
Kawasemi41218
そのまま池の中央に飛び出してる枝にとまったかと思うと
Kawasemi41318
引き返してメスに給餌。残念ながら餌を渡したところは撮れませんでした。
Kawasemi41418
しばらくしてオスが餌も持たずに現れたかと思うと・・・始めました。
Kawasemi41618
残念ながらピントが背景の方にとられてしまっていてピンボケ(;ω;) 少し手を加えてます。でも秘め事ははっきり見えんのがええんよね。
Kuina41118
霊園の池でクイナと
Tasigi41118
タシギのペアを撮影
Tasigi41218
ここでタシギが二羽いてるのを初めて見ました。
Daisagi41118
緑地からの帰り道、猪名川にダイサギがいてたので公園にバイクを置いて見に行きました。
            Daisagi41418  Daisagi41318
これって旧名ダイダイサギなんですかね?川の深いところを歩いてるし、夕方なので足の色がよくわからないような・・・。
Daisagi41218
亜種チュウダイサギは足の脛のほとんどが黒く一部上の方が単色だったりで亜種ダイサギ(旧名ダイダイサギ)は脛全体が黄色だそうな。ちなみに亜種ダイサギは冬鳥らしい。さて、これは亜種ダイサギなのか亜種チュウダイサギなのか?

« March 2018 | Main | May 2018 »