August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« ここにもコイカル♀が | Main | 尾白当年など »

March 01, 2018

深山頬白と鴛鴦

Miyamahoojiro31818
風のきつい日で河川敷なんかに行ったら大変やろなあということで今日は緑地へ。きれいな雄のミヤマホオジロがいてるという話を前から聞いてたので行ってみることにしました。
             Miyamahoojiro31118  Miyamahoojiro31218
聞いていた場所に行ってみましたが何もいてないし、このお天気では遊びに来ている人の姿もなし・・・。しかし、木のグチャグチャのあたりにじっとしているミヤマホオジロ♂を見つけました。
Miyamahoojiro31418
しばらく木の上でじっとしてましたが、やっと地面におりてきてくれました。
Miyamahoojiro31318
なるほど、胸の黒三角マークも頭や頬の色もはっきりと大きく黒い色をしています。
             Miyamahoojiro31518  Miyamahoojiro31618
一羽しかいてないのかな?
Miyamahoojiro31718
このあと小鳥の森にも行ってきました。赤いサザンカの花びらが散っている中にルリビタキ♂がでてくれました。まだ若い♂なんですね。ぜんぜんきれいではないけど、まあサザンカの花びらの絨毯がきれいなんでええか・・・
Osidori31218_2
しばらくうろついた後オシドリが入っているという話をきいたので以前アカガシラサギがいてた池に行ってみました。池の南側あたりでみつけましたが、ここは遠いんですよね。
Osidori31118_2
何か首をのばして食べてるみたいでしたが、何を食べてるんでしょうね。
 
             Osidori31318_2  Osidori31418
少しづつ場所を移動しながら撮影。強風で体を支えるものがないと立ってられませんでした。
Osidori31618
木の間からのぞける場所を見つけたので風もあまりこないしそこから撮影
Osidori31518
オシドリ夫婦というぐらいだからペアのオシドリを撮ってみました。池の中の枯れ木と一緒に撮ると雰囲気あるカモ。それにしてもこんな池に飛んでくるとは、低気圧の通過で移動中のオシドリが避難しに来たのでしょうか。ということで今日はこれまで。

« ここにもコイカル♀が | Main | 尾白当年など »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

ぶらぶら歩けばええ事もあるんじゃね。
後はトラフズクでも飛んで来てくれれば良かったのにね。
そうはいかん! はいはい

う~ん せっかく一万文字ほど書いたのに消えてしまったな・・・ うそこけ~!
千里中央のオシドリも行こう行こう思ってもなかなか行けないけれど
緑地くらいなら行ってみようかなとも思う。 昼寝とどっちがええかが悩み所。

なまず++さん 

一万字はどこにもないけど前の文章は残ってます。千里中央の方が近くで見れるかもしれないけど
ここも場所によっては近いのが見れるはず。
昼寝もいいけど足の筋肉が退化してしまうので毎日歩いたほうがええよ~

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ここにもコイカル♀が | Main | 尾白当年など »