February 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« January 2018 | Main

February 2018

February 18, 2018

淀川紅猿子

Benimasiko22418
昨日はミヤマホオジロを撮ったので今日は午後からベニマシコを撮りに淀川に行ってみました。トラフズクが出た時にベニマシコも撮ってるのですが今一だったのでそれのリベンジです。
Oojurin22218
ベニマシコのメスは道端に出てたのですぐに見つかったのですがグチャグチャの中でよくわからないので他にいてないかぐるっと一周したけれど今日はベニマシコの出がよくないみたい。池の縁に立ったところオオジュリンがわりと見やすいところに来ていたのでしばらく遊んでもらいました。
Oojurin22118
背中側を撮りたかったのでねばってたらなんとか一枚まともなのが撮れてました。ベニマシコの声らしいのが池の向こう辺りからかすかに聞こえてきたので再び川沿いの通りに移動
Benimasiko22318
ベニマシコのメスがセイタカアワダチソウにとまっているのがわかりましたが前方の草木が邪魔になるし、晴れた日の光線では影が濃くでてどうもいただけません。
Benimasiko22118
そこにきれいなオスのベニマシコが飛んできました。
Benimasiko22218
お腹をこちらに向けて食事してるときは顔が見えなくて残念な気がします。
             Benimasiko22518_2  Benimasiko22618
ベニマシコもきれいになったということはそろそろ移動の時期が近づいてるということかな・・
Benimasiko22718
一応ベニマシコのオスとメスのツーショット。こんな風にいつも下の方で餌を食んでるんで姿がみえないんでしょうね。
Benimasiko22818
オスが一番近くに来たときの画像。結局ベニマシコを撮ることができたのはこの場所だけでほかではさっぱりした。
 
 

February 17, 2018

相思鳥と赤青黄色

Sousityou21118
今年になって初めてA公園まで行ってきました。できたらウソとかカケスとかが撮れたらいいなと思ってたのですがウソはそれっぽい声を聴いただけだし、カケスは何度か目撃したにもかかわらず撮れませんでした。でも、それなりに色んな鳥を撮ることはできました。まずはソウシチョウから。
Sousityou21418
山小屋風の休憩所でお一人だけカメラマンがソウシチョウを待ってましたがなかなかやってこない様子。食べていたパンを細かくして置いてみるとどこからか飛んできてハイスピードで食べつくしてどこかに移動。パンくずでもOKなんや
Sousityou21318
しばらくすると背後から声がして再び近づいてくる気配が
Sousityou21218たぶん3羽ぐらいいてたかな?動きが早く出入りも頻繁なのでよくわかりません。
Sousityou21518どうも今日はピントが合わないことが多く歩留まりがよくありませんでした。
Aoji22118アオジも時々やってきます。
Ruribitaki22418ウソでも現れないかなと思って廃材置き場あたりをのぞくとルリビタキ♂が登場。
             Ruribitaki22318   Ruribitaki22218
わりと愛想の良い子で近くにとまってくれました。
Ruribitaki22118
まだ黄色っぽい部分もあるけどそれなりにきれいなルリビタキですね。
Joubitaki22118ここはどうやらジョウビタキ♀の縄張りみたいでいつのまにか入れ替わってしまいました。
Hikuina21118
湿地のヒクイナは遠いし、草被りがひどいしで撮れるような気がしないのでパスしてました。しかし、帰りに寄るとすぐ近くに出ていて、遠くばかり見ていたので気がつくのが遅れましたがなんとか後ろ向きの状態なのは撮れたので振り向いたのを何枚か
             Hikuina21318  Hikuina21218
ここでヒクイナを見るのは初めてだと思います。
Atori21118
池横の松林で最近はミヤマホオジロが撮影されてるみたいでしたので行ってみましたが姿はなし。カケスを追いかけてうろついた後にまた松林によるとアトリが地面で採餌中。アトリ♂の頭もずいぶんと黒くなっています。
Miyamahoojiro21218
アトリを撮ってるとミヤマホオジロもやってきました。
             Miyamahoojiro21318  Miyamahoojiro21418
松ぼっくりとミヤマホオジロの図。いつも同じポイントのミヤマホオジロを撮ってるのでたまには違う場所で撮るのもいいよね。でも一羽でも飛び上がると全員いなくなるのでどこまで近づくかがここでは問題だな。
Miyamahoojiro21118
ミヤマホオジロとアトリのツーショットも撮れたことだし今日はこれまで。
 

February 12, 2018

ミコアイサと白黒カラス

Mikoaisa21118
きれいになったミコアイサと変わったカラスを見に行ってきました。この池でミコアイサというと池の真ん中やら対岸辺りを泳ぐのでとても遠いというイメージでしたが、最近は池の西側の岸辺あたりにいてることが多くなって近くで撮れるといわれています。
Hatinosutake21118
しばらくミコアイサを撮ってましたが風が強く寒いので森の中に移動。今日はアオバトが撮れたという鳥友さんに案内してもらいましたが残念ながらアオバトの姿は見つかりませんでした。さらに先に進んでヒクイナがいるという昆虫館あたりに行ってみましたがここもダメ。昆虫館は改装工事中で中に入れない状態でした。外周路に出てネット越しに気になるキノコを見つけました。このオレンジ色のキノコは?ヒイロタケにしては立体的なのでアケボノオシロイタケかも?でも、季節的に冬場はないんじゃないかということで妥当なところはハチノスタケ。でもハチノスタケの裏側はこんなに赤くなるかな?もっと近づかないとはっきりしませんので工事が終わる4月までこれがあれば正体がわかるかも。
Hakkakarasu21118
で、池の反対側にいてたのがこの白黒カラス。部分白化のカラスなんでしょうが、白黒のまだら模様がそれなりに様になっていてカラスと知っていなければ何か変わった鳥がいてると思うでしょうね。
            Hakkakarasu21218  Hakkakarasu21318
このカラスはハシブトガラスなのかハシボソガラスなのか意見が分かれているそうです。
Oojurin21118
葦の中にはオオジュリンがいてるけれど被りが多くて撮るのが難しいですね。中に足環をつけてるオオジュリンがいてて、これを撮って足環に何が書かれてるのかを知りたいというのがここの鳥屋さんの最近のブームみたいです。私には数字の4というのが読み取れるだけでした。
Oojurin21218
オオジュリンの背中側を撮りたいんですけど横でもいいか
Mikoaisa21218
白鳥の小屋あたりから見られる近いミコアイサ。なんでこんな所にいてるんでしょうね。
Mikoaisa21318
雪がかなり降ってきましたので雪のミコアイサも撮ってみました。
             Mikoaisa21518  Mikoaisa21418
 
雪を撮るならもっとシャッタースピードを遅くして撮らないといけませんね。ある程度雪が流れてる軌跡がわかるように撮らないと雪が目立ちません。
Hakkakarasu21418
雪がやんでから青空バックの白黒カラスと
Mikoaisa21618
ミコアイサのパタパタを撮って今日は終了

February 08, 2018

緋連雀

Hirenjaku21118_2数年ぶりにレンジャクを撮りに行ってきました。川沿いを歩き出してしばらくするともうカメラマンが木の上を狙っています。カメラを用意してる間にどこかに飛んで行ったみたいですが、今日はレンジャクの出も良いそうで期待がもてます。公園のあたりにはカメラマンは十数人いてましたが何も撮ってません。ほかにもヤドリギのついている木はあるので見て歩きましたが収穫はなし。元の場所に戻って来ると対岸からカメラを構えてる人たちが・・・。やった、今期初のヒレンジャクGET。
Hirenjaku21218お、他にもまだいてますやん。これが対岸の奥に飛んでいくと後から後からレンジャクが飛び出して飛んでいきます。ええ~、こんなにたくさんどこにおったの???
Hirenjaku21318公園の橋の上から対岸奥の枯れ木を見るとレンジャクが群れで30羽ほどいてるように見えました (逆光になるので撮ってませんが ) 。そのうちに川に降りて水を飲むものたちやらこちら側のヤドリギのあたりに飛んでいくものやら群れが分散していきます。
Hirenjaku21418
もう少しゆっくり水を飲んでいってほしいなあ・・・
Hirenjaku21618
もっといてたはずだけど下の方にとまるのはこんな程度
Hirenjaku21518青空バックのヒレンジャク
Hirenjaku211318
レンジャク撮るならやはりヤドリギ絡みを撮らねば。
 
                 Hirenjaku21718 Hirenjaku211218
ヤドリギの実をくわえてるのを撮りたかったのですが、なかなかこれが難しい
Hirenjaku21818
食べたら出す。フンッ!  ネバ~・・・
                 Hirenjaku21918 Hirenjaku211118  
下の溝にも降りてきて水を飲みますが本当に短い時間でファインダーの中にとらえるのも難しい。
Ujisi21118レンジャクは全てどこかに飛んで行ったみたいなのでとなりの宇治の方に行ってみました。まだあのタカサゴクロサギがいてるのかどうか・・・。しかし、教えてもらった場所には釣りをする人がいてて、カメラマンはゼロ。通りすがりのバーダーさんが来られたので聞いてみたところ一週間ほど前に抜けたみたいですよというお返事。ま、服部緑地で撮ってるのでどうしても というわけではないけれどせっかくここまで来たのに残念です(;ω;)

February 04, 2018

出っぱなしのクイナ

Kuina21118
今日はレンジャク狙いで出かけようかと思ってたのですが、あまりにも寒いので布団の中で気持ちよく寝ていて出そびれたので緑地にアオバトでも見に行こうと出かけました。ところが風が強くてぜんぜん鳩っ気なし。ぐるりと広場を一周してから霊園のクイナに行ってみることにして歩いてると木陰から何かを狙ってるようなカメラマンを発見。
Binzui21118何を撮っていたのかというとビンズイでした。
Binzui21218ここでビンズイを見るのは久しぶりなのでちょっと狙ってみたのですが、どうもうまく撮れたものがないので画像処理でごまかしてみました。
Kuina21418で、クイナの方はというとずっと出ずっぱりみたいで先に来ていたカメラマンたちも常にはカメラを向けてない様子。
Kuina21318正面
             Kuina21518   Kuina21618
右向いて左向いて
Kuina21218
どんどん近づいてくるものだからズームアウトして撮ってしまいました。
Kogamo21118池のカモの中に今日はコガモがいてました。
Tasigi21118タシギを皆さん待っているようなので一緒に待ってみましたが、時々飛んだりするのを追いかけてみるけれどこれが全く撮れません。目の前に飛んできたはずなのに撮れない人もいるぐらいに隠れ上手。
Tasigi21218_3撮れない放題のタシギを待ち続けて草被りだらけのがとにかく撮れたところでもう日没前
Kuina21718池の縁石の上を歩くクイナを撮って今日はこれまで。    
 

« January 2018 | Main