July 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 筑紫鴨 | Main | エノキタケとヒラタケ »

December 25, 2017

大鷹

Ootaka1211217_2
先日お城に行った時にオオタカが撮れなかったので可能ならばオオタカ成鳥を撮りたいなと思って昼から行ってきました。
                 Ootaka121117_2 Ootaka121217_2
鳥友さんと歩きながら話をしてる時に目についた堀に沿って立っているカメラマンたち。カメラの方向を見るとカモを撮っているわけではなさそうです。石垣から三本目の桜に枝になんとオオタカがとまってました。後ろ向きなので背景と同化して見にくいのですが首を動かすと白い顔が見えるのでやっと場所がわかる程度の距離。でも丸見えの場所にとまってくれてるのがうれしいですね。左が光学50倍で撮ったもの、右がデジタル75倍の画像です。
Ootaka121317デジタル100倍で撮ってみた時にノビを始めたのでそのまま撮影。
Ootaka121617長いこと後ろを向いたままだったのですが、オオタカにちょっかいを出すカラスが現れたのでようやくこちらを向いてくれました。
                 Ootaka121417   Ootaka121517_2
胸の斑がはっきりわかるオオタカの画像がほしかったんですよね。左がデジタル75倍、右が100倍の画像。これはわりとシャープに撮れてるけどデジタルズームは倍率をあげるとはっきりしないことが多いが玉に瑕
Ootaka121717
カラスを嫌って飛び出す直前の画像。デジタルズームは動きのあるものにはやっぱり今一つな気がします。
Ootaka121817飛んで行ったオオタカは一時行方不明だったのですが、すぐに石の水場近くに現れたので再び撮影。この距離なら胸の鷹班もくっきりみえます。
Ootaka121917ずっと同じ場所にとまってくれてますが枝被りの少ない場所を探してウロウロ。
Ootaka1211017
胸のあたりがポッコリと膨らんでるのは鳩か何かを捕食した後なのだそうです。
Ootaka1211117  やっぱり尾羽まで全部写ってる方がいいね。
Haitaka12117
さて、そろそろ帰ろうかとした時にメールがあってハイタカがねぐらに戻ってきてるそうなので最後に行ってみました。もう日暮れ時で雨も降りだしたし、オシッコもしたいので証拠写真だけ撮って撤収。暗すぎてほとんどボツでした・・・(u_u。)

« 筑紫鴨 | Main | エノキタケとヒラタケ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 筑紫鴨 | Main | エノキタケとヒラタケ »