« ついに碁石小灰蝶に遭遇 | Main | 鮫鶲 »

September 23, 2017

野鶲と河川敷の茸

Nobitaki91417

昨日は雨が降ったので鳥の方はあまりよくないかもしれないけどオオルリとかキビタキとかがいてる可能性も捨てがたいので川沿いの公園に行ってみました。 Oosirokarakasatake92117 公園内のカメラマンにきいてもこれといった鳥は出てないようなのでグルリと一周することに。気になっていた裏に沢山でているキノコをとって一つ解体してみました。傘の裏が緑っぽい感じなので形はやや小さいけどオオシロカラカサタケでいいと思いますが、竹林もあるのでドクカラカサタケ、枯草などの捨て場にもなってるのでイロガワリカラカサタケなんかの可能性もありかと思ってたんですよね。 Tubukarakasatake91117 ほかにも厚みのないやや小さなキノコの群生がありました。 Tubukarakasatake91217 発生場所などから考えるとツブカラカサかと思ったけれどきれいなのを一つとってみたけれどツバもないみたいだし、肉の変色性も今一つといった感じで決め手にかけます。Yanagimattake91117 しなびたキノコが垂れ下がってる木があったのでよく見ると上のほうにもキノコがでてました。ヤナギマツタケかな? Ezobitaki92117 エゾビタキがいてるというので梅の枝の天辺にとまるのを撮ったほかはオオルリやムシクイをちらりと見ただけであとはエナガやシジュウカラ、コゲラぐらい。河原にノビタキがいてるという情報でノビタキを探しに河川敷に行ってみることにしました。 Sumirehokoritake91117 ノビタキ撮りのカメラマンがいてる場所に着く前に意外なものを発見。これは、スミレホコリタケかキクメタケでは・・・しかもいくつもあります。 Sumirehokoritake91217 キクメタケはまだ見たことがないのではっきりとは言えませんがこのまま放置しておくと3日ほどで黒っぽく変色し、おそらく一週間もすれば胞子も成熟して色がわかるかも。もし胞子の色が紫色ならばスミレホコリタケ、ノウタケのような黄褐色ならばキクメタケと判断できるはず。 Sumirehokoritake91317 土手の斜面にも大きなのがあったので近づいて撮影。これが一番成熟度が高いかな? Nobitaki91117 ノビタキは2羽か3羽ぐらいが入ってるみたいですが、やや遠いところにとまることが多いですね。
                                        Nobitaki91217 Nobitaki91317
アレチハナガサにもとまるようなのでそれも撮ってみたかったな・・・
Onihusube91217_2
ノビタキの撮影も一段落した時周囲を見ると通りの下になにやら白く丸いものを発見。遠目に見てもはっきりわかる大きさのオニフスベですやん(*^-^) Onihusube91117 いつもながらバレーボールかハンドボールみたいなキノコです。 斜面を這い登り撮影。上から撮りにいったほうが楽やったのにね。
                  Ezobitaki92317 Ezobitaki92217
公園内に戻ると相変わらず皆さんエゾビタキに熱中してました。エゾビタキが飛び出して戻って来る時に羽を広げた姿が撮れるのを狙ってるのですが、距離があってピントが合いにくいんですわ。
Higanbana91117_2

今日のオマケ。河川敷にはえていたヒガンバナ。たくさん生えてるのを撮るのもきれいけど少数咲いているのもまたきれいです。

« ついに碁石小灰蝶に遭遇 | Main | 鮫鶲 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ついに碁石小灰蝶に遭遇 | Main | 鮫鶲 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ