« 古都の茸 | Main | 野鶲と河川敷の茸 »

September 21, 2017

ついに碁石小灰蝶に遭遇

Goisisijimi91217

スッポンタケの幼菌とかスッポンヤドリタケとかいう茸が出てるというのでお山に連れて行ってもらいました。 Tengutakedamasi91117 最初に撮ったのはテングタケダマシ・・・あれ?何か影が入ってます。レンズの前になにかったかな? Oosentikogane93117 オオセンチコガネは今日もいてます。今日は赤紫色のやつでした。 Hanabianikawatake91117 きれいなハナビラニカワタケ Karakasatake91117 今日は元祖カラカサタケ。全部で3本でてました。 Sankotake91117 黄色いサンコタケKokeirosaratake91117 コケイロサラタケなんだそうです。
Egonokitake91117
エゴノキタケです。側面から見るとこんなん
 
Benityawantakemodoki91117 わざわざ水辺に降りて行って撮ったベニチャワンタケモドキと思われるキノコ Sirokaimentake92117 シロカイメンタです。古くなると白くなるのだそうです。 Hatinosuhokori91117 今一つうまく撮れてないけどハチノスホコリとかいう粘菌 Hatakesimeji91117 場所をかえて昼食後に撮ったキノコからハタケシメジ・・たぶん
Hanaurokotake91117
ハナウロコタケ
Kaentake93117 カエンタケもまだ発生してるんですね。
Suppontake91117_4
 
そしてこれがスッポンタケの幼菌。けっこう大きな卵でした。成菌はまだ見たことがないので今年は是非見てみたいものです。
Supponyadoritake91117_2

スッポンヤドリタケ、文字通りスッポンタケの幼菌に寄生するキノコで珍しいものだそうです。 Asagimadara91117 菌友がスッポンヤドリタケに熱中してる時にアサギマダラ♂が低空飛行で止まりそうで止まらないを繰り返してるのでずっと追いかけてました。やっとなんとかとまってくれたので記念写真 Asagimadara91217 続いて翅を開くのを期待して待ったのですがカメラから目を離してる時に開いたりするのでどうもタイミングがあいません。 Hasamitunokamemusi91117 ハサミツノカメムシです。表面がてかっていて色がでません。お尻からでてる赤いハサミをまともに見たのは初めてカモ Goisisijimi91117 帰り際にトイレ前に来ると連れがゴイシシジミを見つけてくれました。しかし、さっきのアサギマダラで電池を使いすぎたせいかすっかり電池切れ状態。しまった・・よりによってこんな時に(;´д`)トホホ… しかし、諦めきれずに電源スイッチをいれるとなんとか起動しました。goodそして数枚を撮影したのちに完全に沈黙。同じ構図しか撮れなかったけど初めて撮れたのでとってもラッキーでした。

« 古都の茸 | Main | 野鶲と河川敷の茸 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 古都の茸 | Main | 野鶲と河川敷の茸 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ