« 触ると危険、食べたら死ぬで | Main | 黒い小粒茸と白い椋鳥 »

July 15, 2017

夏の昆虫と茸探し

Oomurasaki71217_2
 
うちの周りでクマゼミが鳴き始め、暑さと湿気のほかに音でも夏を感じる頃になりました。クマゼミが鳴きだすと梅雨も終わりが近づいてることになるのでしょう。夏の昆虫などを探しに今日はお山の公園に連れて行ってもらいました。
Benihimeyokobai71117
最初に撮影したのは小さな赤い虫。あまりにも小さいのでトリミングしてます。なんか虫というよりはグッピーとかの熱帯魚のような感じに見えます。ベニヒメヨコバイかな?
 
Bekkouhagoromo71117 キベリハムシでもいてないかなと思ってサネカズラのあるところに行きましたが残念ながら見つからずまたまた小さなベッコウハゴロモの幼虫なんかを撮ったりしてると
                 Oomurasaki71117  Oomurasaki71317
 
オオムラサキ♀を見つけました。オオムラサキはもう一頭いてたのですが、どこかに飛んで行ってしまったのでオスだかメスだかは確認できませんでした。
 
Kurianaakizoumusi71117 ここでのほかの収穫は大きなゾウムシがいてたこと。 Kurianaakizoumusi71217 クリアナアキゾウムシというみたいです。 Kogasiraawahuki71117 茶黒い虫もいてました。名前をしらべても絶対これというものはわからないけどコガシラアワフキというのがこれに近いように思います。
                  Yamadoritakemodoki73117 Yamadoritakemodoki73217
 
キノコ探しもしましたが圧倒的に多いのはヤマドリタケモドキと思われるキノコですね。あちこちにはえてました。
 
Kinoko07151 ヘビキノコモドキのような違うような微妙なキノコもありました。 Tamagotakemodoki71217 とても興味をひいたキノコがありました。初めてみましたが、おそらくタマゴタケモドキというキノコだと思います。 Tamagotakemodoki71117 ツバがあってキタマゴタケに似たキノコだけど傘に条線がありません。今日見つけたのはわりと小型なのでキタマゴタケと間違うことはないと思うけど、猛毒のキノコです。キタマゴタケと間違って食べると危険! Himekurootosibumi71117 移動先で見つけたヒメクロオトシブミ。2匹いてました。Turutake71117
移動していて大きなツルタケを見つけました。まだツボの鱗片を傘につけたままのキノコです。
Musi71117 ゴミやらなんやらを背負って動いてた虫を発見。クサカゲロウの幼虫なんかはこんなことをするのだそうですがゴミに化けて身を守ってるのでしょうね。 Beniiguti72117 今日も見事に美しいベニイグチを見つけました。ここでベニイグチを見たのは初めてです。 Kabairoturutake72114 カバイロツルタケの幼菌かな?卵から出てきたばかりですね。ということで初物としてタマゴタケモドキが撮れたのがちょっとうれしい日でした。

« 触ると危険、食べたら死ぬで | Main | 黒い小粒茸と白い椋鳥 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 触ると危険、食べたら死ぬで | Main | 黒い小粒茸と白い椋鳥 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ