« 亀虫茸など | Main | 夏の茸はイグチから »

July 06, 2017

白狐の盃など

Sirokitunenosakaduki71117_3 梅雨の晴れ間と仕事の休みがうまく重なったので今日は箕面にシロキツネノサカズキを見に連れて行ってもらった。初夏には定番の茸だけどまだ見たことなかったんですよね。
                  Kamemusitake72117_3 Kotubutake71117_3
 
その前に前回のカメムシタケを他の茸仲間が撮りたいというのできれいな苔の緑を背景に撮影会。コツブタケを持ってきてくれてたのでこれもカットして撮影。
Sirokitunenosakazuki71217
 
で、これがシロキツネノサカズキの開いたの Sirokitunenosakazuki71317 開きかけを上から撮ったやつ。開ききったものより開き始めの方がいいよね。 Sirokitunenosakazuki71417 横から見るとこんなんです。 Sirokitunenosakazuki71517 たくさん出てる枝があってきれいでした。 Daidaigasa71117 ほかのキノコも。まずはダイダイガサ Nunawatake71117 ヌナワタケだそうです。ジュンサイみたいなぬめりのことをヌナワというらしいです。柄の部分をみるとぬめりがあるのがわかります。 Kudahokori71117 粘菌も。クダホコリの出始めやったかな
                                        Edanasitunohokori71117 Tamatunohokori71117
左がエダナシツノホコリで右がタマツノホコリ
 
 
Nagaenotyawantake71117_3 ナガエノチャワンタケだと思います
                 Kinoko07071_3  Kinoko07072_3
                 Kinoko07073_3  Kunugitake71117_3

↑名前のはっきりしないキノコたち Usumaegurohanenagaunka71117_2 連れが何か見つけたらしくて喜んでました。行ってみるとガガンボみたいなへんな虫。帰ってから名前を調べるとウスマエグロハネナガウンカというのが近いような・・・ Usumaegurohanenagaunka71217 前から見るとなかなか愛嬌のある顔をしてます。 Otosibumika71117 ノブドウに来るアカバネサルハムシというのを撮りたかったのですが今日はお留守のようでした。それに近いようなのがいてたのですが逆光だし遠いしでよくわかりません。オトシブミの仲間かな? Esakimonkitunokamemusi71117 最後にエサキモンキツノカメムを撮って今日は終了。

« 亀虫茸など | Main | 夏の茸はイグチから »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 亀虫茸など | Main | 夏の茸はイグチから »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ