« 夏の茸はイグチから | Main | 夏の昆虫と茸探し »

July 13, 2017

触ると危険、食べたら死ぬで

Kaentake71117_2
 
今日はお山の公園の西側と山の上の方を捜索しようと考えて出撃。
Hasamitunokamemusi71117_2

ベンチに座ってカメラの準備をしていたら肩に何かとまりました。あわてて払いのけたらそれがハサミツノカメムシ。たまたま近くにニセショウロの仲間がはえてました。

Midorinigaiguti71117_2

ミドリニガイグチの団体さん。黄色っぽく見えるけど図鑑の解説にある通り、柄に赤い部分があるんで間違いなくミドリニガイグチだと思います。

                               Murasakihoukitakemodoki71117_2 Kihidatake71117_2

ムラサキホウキタケモドキとキヒダタケ。掲示板前の石垣上にはイロガワリキヒダタケがいつもはえるけど、ここのは普通のキヒダタケで傷つけても変色しません。

Kuriiroiguti71117_2

自然の家方面に出ようとして見つけたクリイロイグチとおもわれるキノコ。茶色い傘に水滴がついていて面白いかも

Nisinomiya71117_2道を渡るときに気がついた平面ガエル。ぴょん吉、懐かしい~!

Kotengutakemodoki71117_2

コテングタケモドキかな。ほかにもっと大きなものもあったけど幼菌とともにあるのがいいよね。

Kiguti07131_2

傘の裏が濁った黄色をしてたけど名前のわからない大型のイグチ

Momijitake71117_2

モミジタケのつもりで撮ってるけど、モミジタケによく似たキノコがあるとどこかで読んだような・・・

                                       Siroibokasatake71117_2 Siroyaritake71117_2

シロイボカサタケとシロヤリタケかと・・。シロヤリタケは階段から出てました。春はここらへんを登るとシャグマアミガサタケやオオセミタケがはえていたのに今日はこれといったものがみつかりません。

Kaentake71217_2

山の天辺の木陰のベンチで昼食。アオゲラとかホトトギスでも飛んでこないかなと思ったけどとくに何もなし。気まぐれで来た時とは違う道を通って降りようと思い少し森の中に入るとなんと木の付け根にこんなキノコが!初めて見たけどカエンタケですやん。そこらへんにカエンタケ注意の札がはってあるけどもうこの時期からはえるんや

Kaentake71317_2   

小さなのもあちことから出てます。カエンタケは触るだけでも炎症を起こす可能性のある超猛毒茸でとくに珍しいキノコではないらしいですが、クヌギやコナラなどの枯れ木の下から出てきます。 最近はカシノナガキクイムシによるナラ枯れが多いためにカエンタケもまた増えているということらしいです。

                                        Kaentake71417_2 Kaentake71517_2

ほかの木の下も見てみると同じようにはえてました。ここらへんは猪が耕してるけど猪はこんなものは食べないのかな?

                                        Kuroazaawatake71117_2 Kuroazaawatake71217_2

そのままこのルートで山を下りて行ったのですが、これがとんでもない道で急こう配のただの細い山道を近くの木にすがりながらひたすら下の道を目指しました。杉木立のあたりでちょっと気になる茸がありました。キッコウアワタケかクロアザアワタケか迷ったのでで裏面をいらうとすぐに青く変色していきます。キッコウアワタケでは極端な変色性がないそうなのでこれはクロアザアワタケでいいはず。

 
Iguti07132_2

やっと急斜面が終わったようでほっとしたけどここがどこら辺になるのか不明。しかし、キノコがたくさん生えている場所です。さっそく名前はわからないけどピンクの傘のきれいなキノコを発見。イロガワリなのか?

                                       Iguti07133_2 Kinoko07134_2

立ち上がって先を見るとなんと大型キノコの団体さんがあるじゃないですか!でもこのキノコたちの名前がわかりません。こっちの方はあまりこないので知らなかったけどここはなかなかのキノコポントかも

Nagaenourabeniiguti71117_2       

やっといつもの山の裏の周回路にたどり着いたみたいで一安心( ̄○ ̄;)! 少し歩いて気がつきました。この溝を掘ったような狭い道は・・・ほとんど山の西側の裏じゃないですか。ここなら池のほうから下におりてすぐのはず。池横の登山路とはぜんぜんつながってないのね。池の方から楽な道を通って帰ってもいいけど山の裏にはまた何かはえてるかもと思って構わずに前進。傘の裏面の色にやや不満があるけどナガエノウラベニイグチではないかと思うキノコを見つけました。

                                       Kuriiroigutimodoki71117 Kuriroigutimodoki81217

フェルト状の傘に白っぽい傘の裏、ゴツゴツした柄からクリイロイグチモドキだと思います。

Haiiroonitake71117_2   

やっといつも歩くあたりに来ました。この前来たときにはなかったはずだけど、ハイイロオニタケと思われるキノコが今年も出てました。

Beniiguti71117    

こんな大物まで隠れてました。傘の色は少し淡い色だけどベニイグチですね。

                                       Kikubanaiguti71117_2 Karebakitunetake7117_2

駐車場前まで戻ってきました。色の悪いキクバナイグチカレバキツネタケ

Konbouamebati71117_4
 
 

オマケ。山登りの途中で飛んできた大きな蜂。コンボウアメバチという蜂です

« 夏の茸はイグチから | Main | 夏の昆虫と茸探し »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 夏の茸はイグチから | Main | 夏の昆虫と茸探し »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ