« ミドリシジミ登場・・だが | Main | 金色のUFO »

June 19, 2017

深山鴉揚羽

Miyamakarasuageha61717
 
 
午前中は色々と雑用をこなしてたので昼から出かけてみました。ゼフィルスの方も今一つ今年は発生がよくないような感じですのでゼフィルスとは関係ないジンガサハムシの食草になるヒルガオを探しにFirst canion方面へ。最寄りの駅についてみると今日はかなり暑いので水を買って折り畳み傘を広げて歩くことにしました。 Himekimadaraseseri61117 谷の入り口近くの小川の上をカラスアゲハが飛んで行ったので今日はもしかしたら谷の中に入ると吸水してるカラスアゲハに出会えるかも。それよりもどこかにヒルガオがないかと思って上の栗林のあたりも歩いてみましたがぜんぜんありません。ここらの農家の人たちはじつに勤勉で草刈りをよくするみたいでヒルガオなんて雑草は刈り残すことはしないんでしょうね。で、ほかにみつけたのはかなり擦れたヒメキマダラセセリのみ。緑地の乗馬センターから手に入れたあれを利用した堆肥を積み上げてあったので雨が降ったらそういった場所にはえるキノコが出てくるかも。 Miyamakarasuageha61117_3
収穫はないけど暑いので涼しげな谷に入ってみました。もう夕方ですので河原にはンコ少年たちとかばか者たちの姿はなし。代わりにハイキングコースの上にシカの群れがいてました。鳥の声を聞きながら河原を行くと隠れるかのようにミヤマカラスアゲハ♂が吸水に降りてました。
Miyamakarasuageha61217_2
夏羽のミヤマカラスアゲハの後翅裏面の半月状の白線ははっきりしなかったり消失してるものも多いのにこの個体はまだきれいな白線をしてます。
                                       Miyamakarasuageha61317_3 Miyamakarasuageha61417_3
Miyamakarasuageha61517_3
そして美しい翅表をご開帳~(o^-^o) 
Miyamakarasuageha61617_3
ちょっと角度的によくないので上から撮るといいかもと思い、以前ナラタケモドキを撮った根際にあがって撮ろうとすると逃げられてしまいました。そして飛んで行った先が最初の画像になります。
Awabuki62117_2
大きなアワブキの木がありました。きっとスミナガシやアオバセセリが発生すると思うのですがここではまだ見たことありません。
Hebiitigo61117_5
 

谷の入り口に戻って帰り支度をするために腰かけてると横にヘビイチゴがありました。鮮烈な赤が気に入ったので最後に撮って今日は終了

« ミドリシジミ登場・・だが | Main | 金色のUFO »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ミドリシジミ登場・・だが | Main | 金色のUFO »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ