« May 2017 | Main

June 2017

June 22, 2017

金色のUFO

Jingasahamusi61117_2 今日もゼフィルスを求めて出かけてみました。森の中へと続く道にこれから入るぞという時に畑地の端っこで探してみたいと思ってたジンガサハムシを見つけてしまいました。その時はカメラを出す暇もなく撮れはしなかったのですがここでしばらく立ち止まって捜索してしまったので目的地に到着するのが少し遅れてしまいました。 Midorisijimi62117_2 ポイントに着いてすぐに開翅してくれた蝶を遠くに見つけることはできたのですが、翅表は青みを帯びた褐色でミドリシジミ♂には違いないとは思うけど翅の色がちがって見えるのはおそらく後ろ向きだったからと思われます。しかも、2枚撮っただけで目を離したときにどこかに隠れてしまいました。 Semonjingasahamusi61117_2 ミドリシジミはいなくなっても諦めきれずにそこらへんをウロウロしてたら、なんときらりと金色に光るジンガサハムシをみつけました。しかし、よく見ると背中には金色に輝くⅩの文字が!セモンジンガサハムシという種類のようです。

Benisijimi61117_3 今日は栗の花にもゼフィルスは見つけることはできずベニシジミがいてました。 Uraginsijimi61117_2 ウラギンシジミ♀がフジの蔓に産卵してましたのでカシャcamera
Monosasitonbo61117_4
トンボはモノサシトンボがつながっていたのでcamera
                                       Namitentou62117_3 Namitentou62217_3
星の数と色が違うナミテントウです。
 

Himekurootosibumi61217_8 オトシブミが初めてまともに撮れました。 ヒメクロオトシブミというやつですKurourihamusi62117 クロウリハムシだな Kimadaraseseri61117 キマダラセセリがきれいだったので一枚

                 Urihamusimodoki61117  Kikubiaohamusi61117

小さな虫はたくさん見れました。(左)ウリハムシモドキと(右)アオバネサルハムシ

Jingasahamusi61217 帰るときにジンガサハムシのいてたヒルガオの咲く場所によってみました。ジンガサハムシはすぐに見つかりましたがその姿からは想像できないくらい素早くて近くで撮るのも離れて撮るのも一苦労。それでもシャッターをきることはできたので撤収。ゼフィルスはダメでも森の宝石をゲットできたのでこれでよし!

June 19, 2017

深山鴉揚羽

Miyamakarasuageha61717
 
 
午前中は色々と雑用をこなしてたので昼から出かけてみました。ゼフィルスの方も今一つ今年は発生がよくないような感じですのでゼフィルスとは関係ないジンガサハムシの食草になるヒルガオを探しにFirst canion方面へ。最寄りの駅についてみると今日はかなり暑いので水を買って折り畳み傘を広げて歩くことにしました。 Himekimadaraseseri61117 谷の入り口近くの小川の上をカラスアゲハが飛んで行ったので今日はもしかしたら谷の中に入ると吸水してるカラスアゲハに出会えるかも。それよりもどこかにヒルガオがないかと思って上の栗林のあたりも歩いてみましたがぜんぜんありません。ここらの農家の人たちはじつに勤勉で草刈りをよくするみたいでヒルガオなんて雑草は刈り残すことはしないんでしょうね。で、ほかにみつけたのはかなり擦れたヒメキマダラセセリのみ。緑地の乗馬センターから手に入れたあれを利用した堆肥を積み上げてあったので雨が降ったらそういった場所にはえるキノコが出てくるかも。 Miyamakarasuageha61117_3
収穫はないけど暑いので涼しげな谷に入ってみました。もう夕方ですので河原にはンコ少年たちとかばか者たちの姿はなし。代わりにハイキングコースの上にシカの群れがいてました。鳥の声を聞きながら河原を行くと隠れるかのようにミヤマカラスアゲハ♂が吸水に降りてました。
Miyamakarasuageha61217_2
夏羽のミヤマカラスアゲハの後翅裏面の半月状の白線ははっきりしなかったり消失してるものも多いのにこの個体はまだきれいな白線をしてます。
                                       Miyamakarasuageha61317_3 Miyamakarasuageha61417_3
Miyamakarasuageha61517_3
そして美しい翅表をご開帳~(o^-^o) 
Miyamakarasuageha61617_3
ちょっと角度的によくないので上から撮るといいかもと思い、以前ナラタケモドキを撮った根際にあがって撮ろうとすると逃げられてしまいました。そして飛んで行った先が最初の画像になります。
Awabuki62117_2
大きなアワブキの木がありました。きっとスミナガシやアオバセセリが発生すると思うのですがここではまだ見たことありません。
Hebiitigo61117_5
 

谷の入り口に戻って帰り支度をするために腰かけてると横にヘビイチゴがありました。鮮烈な赤が気に入ったので最後に撮って今日は終了

June 18, 2017

ミドリシジミ登場・・だが

Midorisijimi61117今日もゼフィルス探し。そろそろミドリシジミが現れておかしくない時期になりましたし、来週は天気がよくないというので今のうちに撮っておこうと朝早い目にでかけました。ミドリシジミの食草であるハンノキが川沿いに現れだしたあたりで携帯が・・・。日曜出勤予定のものが風邪で休んだので代わりに出勤することに。目的地に着く前にいきなりカラータイマーが赤になった気分。目的地に到着すると最初はぜんぜん見つからなかったので木道の上まで行って戻ってくると途中で笹の上から飛んで木道にとまったミドリシジミがいてました。飛んだ時に緑色に翅が輝いたのでオスです。しかし、木道の振動で再び笹の中に入り込み撮りにくいところへ。けっきょくミドリシジミはこの一頭のみ。

Murasakisijimi621117_3

青く輝く翅の蝶が飛んだのでゼフィルスかと思って喜んだのですがムラサキシジミ♀でした。ずいぶんときれいな翅をしてるので最近新たに羽化した個体なんでしょうね。

 

Togeari61117_2 木道の手すりの上に大きな蟻がいてました。大きくてもアリンコですのでトリミングしてますが、トゲアリというやつです。 Rurisijimi61117_2 時間がないので今までゼフィルスの遭遇したあたりを大急ぎで見て歩きました。しかし、みつかるのはルリシジミぐらいでぱっとしません。 Hosomiotunenntonbo62117 蝶がダメならトンボでもということで撮ったホソミオツネントンボ Mizuiroonagasijimi61217 元の木道付近に戻ってきました。下でウラナミアカシジミも見つけたのですが残念ながら撮りにがしてしまいました。残念!でも、ミズイロオナガシジミはGET! Mizuiroonagasijimi61117 同じ場所だけど尾状突起が良く写ってるやや小さめの画像も Oosiokaratonbo61117 最後にきれいなオオシオカラトンボを撮ってから急いで職場に。歩きと電車では急いでも急ぎようがないけど思ったよりも時間がかかりました。sweat01

June 15, 2017

アカシジミとウラゴマダラシジミ

Uragomadarasijimi63217
 
今日は仕事は休みだったのですが、午前中は歯医者にいったりしないといけなかったのでお昼ごろに遅い出撃です。この時間では歩きに時間がかかるところにはいけないので電車を降りるとそこはフィールドだといういつもの所です。 Akasijimi63117 ハイキングコースを歩いてみましたが栗の花にもゼフィルスはみつけられず、その近くでやっとアカシジミを一頭。その後、山道も登ってみましたが収穫はなし。 あっという間に夕方になってしまったのでまた栗の木の前でなにかいてないかと思いみてますと Akatateha61117 撮りにくいところにアカタテハが下向きにとまって吸蜜してました。 Akasijimi63217 夕日のあたる葉の上にはわりときれいなアカシジミもいてました。
Akasijimi63317
すぐ近くの木にアカシジミが降りてきたので見てると、どうやら産卵しているようでした。アカシジミの食草はクヌギやコナラなんですが、アラカシなんかも食べるそうなのでアラカシの木なんでしょうね。枝先などの葉の付け根に卵を産み付けるようです。
Uragomadarasijimi63117
もう日没前ですので帰るつもりだったのですが、この暑さなら地上で水分補給する蝶もいてるかもしれないと思って対岸の泥濘の道を少しだけ歩いてみました。こう雨が降らないとさしもの泥濘の道の水たまりもすっかりなくなってましたが、まだ湿気が多く残る水たまり跡にはクロヒカゲとかルリシジミがきていました。今まで気がつかなかったけど、ここにも栗の木があり背が低い木なので蝶がいたら撮りやすそうです。栗の花を見上げてるとなんとウラゴマダラシジミを見つけました。こんな時間でも蜜を吸うのがいてるんですね。
Uragomadarasijimi63317
さらにもう一頭見つけました。こちらの方が翅に傷みもなくとてもきれいな個体です。ウラゴマダラシジミはよく訪花する蝶といいますが栗の花にとまってるのは初めて撮ったかもしれません。
Ramikamikiri61117
久しぶりにラミーカミキリを見つけました。同じ葉の上に2匹がとまってました。おそらく体が大きい方がメスで小さい方がオスなんでしょうね。ラミーカミキリもいい色をしてますが、ルリボシカミキリというのを撮ってみたいものです。箕面で撮った人もいてるけれど北の山にはよくいてるみたいです。
Yamaajisai61117
6月の花といえばアジサイですね。これはたぶんヤマアジサイだとおもいますがきれいに咲きだしてましたので撮影してみました。
 

June 11, 2017

帰ってきた玉ちゃん

Tamasigi61217
 
どんよりとしたお天気でしたが昼から回復するという天気予報でしたので今日は久しぶりに赤い橋の公園にゼフィルス探し。ゼフィルスだけではなく今日のここでの目的はヒルガオの花につくジンガサハムシを探すことです。栗の木があるところに寄り道してみましたが今日はぼろっとしたアカシジミが近くにいただけでこれといったものがみつかりません。が、そこで意外なものを発見 Sumirehokoritake61117 これってスミレホコリタケだと思うんですよ。かなり虫食いでしたが、もうこんなものが出るシーズンなんですね。 Hosimisuji62117 坂道をボチボチ歩きながら蝶を撮って歩きました。これはホシミスジですね。ミスジチョウも期待したのですが今日はお留守のようでした。Namihikage61117 ごく普通のヒカゲチョウですが今期初撮影 Kimadaraseseri61117 キマダラセセリも久しぶりに見ました。 Akasijimi62117 やっとたどり着いた赤い橋から下をみてましたがいてたのはやっぱりアカシジミだけ。
Awabuki61117
アワブキの花がさいていました。アワブキはアオバセセリやスミナガシの食草です。葉っぱがなかなか特徴があって整然と並んだ葉脈がきれいです。
Uguisu61117
一応展望台に上ってみましたが収穫もなく下山。途中でウグイスが大きな声で鳴いてましたが、声を出すときに限ってうしろを向いたりするもんですから口があいたのは撮れませんでした。
Akagoromobyoukin61117
これは・・・?竹につく赤衣病菌みたいですが、これは竹じゃないですよね。触ると表面は乾いていて発泡スチロールみたいな感触。
Akasijimi62217_2
もう一度栗の木のところに行くとこんどはまだきれいなアカシジミが一頭だけいてました。
Namitentou61117_2
神社の駐車場端で見つけたナミテントウ。地色と星の数はけっこうバリエーションがあるんだそうです。
Murasakisijimi62117
ウィルス病ですっかり梅の木がなくなった梅林でムラサキシジミ♂をみつけました。なんか久しぶり。
Tamasigi61117_2
なんかこれといった収穫がないので少し電車で戻ってそこから歩きでタマシギの田んぼへ。メスがいなくなったと聞いてたのですが今日はメスもいてました。もしかしたら後妻さんなのかも?でも、遠いんですよね。50倍で撮ってもこの大きさ。
Tamasigi61817
100倍だとこれぐらいには撮れます。卵を抱いてたり子育て中のタマシギ♂はみますが、ペアのタマシギはあまり撮ったことないんですよね。
Ooyosikiri61117
タマシギはぜんぜん動きがないので以前シロハラクイナを撮ったところに行ってみました。ここならヒルガオもあるだろうと捜索中にオオヨシキリが近くで鳴いてくれたので一撮影。ヒルガオはあるけどジンガサハムシは見つけられません。ということは、やっぱり山に行かないといてないのかも。
Tamasigi61517
タマシギの田んぼに戻って来るとタマシギはさらに遠くに移動してました。反対側から撮った方が近いけど逆光になるのでやっぱり西側から撮影。
                 Tamasigi61617_2  Tamasigi61417_2
今日はオスの方が隠れがちなのであまり撮ってません。
Keri61117
ケリの雛が出てきてましたのでこれも。すっかり大きくなってますね。
                 Keri61317  Keri61217
ケリの親と雛の集団
 
Tamasigi61717
もう帰ろうとすると動きがあったりするもんですからなかなか離れられなくて6時過ぎまでここにいてました。今日は歩きすぎで疲れたので今度はあまり歩かないところに行きたいな・・・。

June 08, 2017

6月の雨後

Hanasyoubu6117_3 曇りだったらタマシギでも見に行くつもりでいてたのですが、どうやらいつもの場所のタマシギはメスがいなくなったらしいので今日は雨後のキノコや虫を探しにB公園に行ってみました。いつもは電車で行くのですがバイクでも行けるだろうと原付にガソリン入れてスタートしました。ところが西入口を素通りして北入り口に行ってしまったので歩きで引き返す距離が少し増えてしまいました。ま、それはいいとしてすぐに気になるものを発見。 Hirugao61117 ヒルガオの花がたくさん咲いてました。ヒルガオにはジンガサハムシがつくときいてたのでもしかしたらと思って探してみたのですが見つかりません。やっぱり山の方でないとダメなのでしょうか。 Tohosiosazoumusi61117 いつもゼイフィルスを探す場所を目指して歩くのですがそこでちょっと色のかわったゾウムシを見つけました。トホシオサゾウムシというやつだと思います。 Hitoyotake61117 ヒトヨタケっぽいキノコも出てました。 Murasakisijimi61117 ハンノキをチェックしていたらムラサキシジミを見つけました。下のほうでとまってくれると翅の表が見れるかもしれないのに・・・ Kawasemi61117 池にはカワセミの若いのんがずっと同じ場所にいてました。 Muasirohositentou61317
ベンチに腰かけて帽子をとると帽子の上にものすごく小さなテントウムシがついてました。
Muasirohositentou61217
かえってから調べるとムーアシロホシテントウみたいです。あまりにも小さいのでいつもなら無視してるところですが今日はあまりいいものには出会えそうな気がしません。
Mizuiroonagasijimi61117
なんどもミズイロオナガシジミをよく見かける場所あたりを歩くのですが、やっと見つけたのが高いクヌギの木の上で、周囲の枝葉が邪魔してまともなのは撮れそうにありません。それにポツポツと雨が降り出すと蝶の方も隠れてしまったので今日は断念することに。
Kurourihamusi61117
クロウリハムシと思われる虫が飛んできて葉裏に隠れたので一応これも撮影
Kinoko61117
チップの上にはなにやらキノコがはえてましたが正体は不明
Kikurage61117
頭の上のキクラゲがきれいでした。
Suehirotake61117
雨をすって大きくなったんでしょうか?ずいぶんと立派なスエヒロタケがありました。
Hansyoubu61217
いそいで日本庭園の方にも入ってきました。花菖蒲がきれいな季節ですね。クリノキはないようだったけどマテバシイに花がたくさんついてるのでもしかしたらこっちの方で探すとゼフィルスも見つかるかも
Kinoko61217
ツヤツヤに光るツルタケのような小さなキノコが一つ。
Benitake61117ベニタケ類だけど名前はわかりません。
Kinoko61317バイクの所に引き返していていつもは行かないあたりを歩いていて見つけたキノコ。傷物だけどキチャハツのような???
Kinoko61417
さてこれもわからないキノコです。
Kekogasatake61117
ケコガサタケっぽい小さなキノコ。柄に毛があるか抜いてみるべきだったかな?
Itatitake61117
いつもこの時期にいっぱい生えてるイタチタケらしいキノコ。もっと開いたのもたくさん生えてました。ということで急いで撤収。行きよりも帰りが不安なんですよ~(;;;´Д`)
 

June 05, 2017

舞い降りた西風の神

Uragomadarasijimi62117_2
 
ゼフィルスの季節だというのにここんとこ苦しい画像しか撮れてないので今日は栗の花にやってくるゼフィルス狙いでトンネルのむこうがわへ。いつも同じ栗の木で撮影するのでほかにもないかと思って対岸も少し捜索。 上流側から下流方面を目指して歩いているうちにちょっと異質なものをみつけました。Maruunka61117
葉っぱの真ん中にある丸い物体。横から見た画像では虫っぽくなくて豆とか木の実のような感じ。足がのぞいてるのがわかりますでしょうか?マルウンカと呼ばれてる虫です。初めて見ました。
Ojirosanae61117
道の真ん中に何かとまったので見てみるととても華奢なオジロサナエがいてました。とてもきれいな個体なので角度をかえてもう少し撮りたかったのですが飛んでしまい、低空飛行で走ってきた車の正面へ・・・その後のオジロサナエの行方は不明。
Kakumuenbenihotaru61117
赤くてきれいな虫もいてました。こういった色と形の虫はけっこういててコメツキムシやアカハネムシの仲間にもいてます。胸の形とか翅の筋からカクムネベニホタルということにしときます。
Akasijimi62117
駐車場上の栗の木は花がいっぱい咲いてましたが今日は風があって難しいなと思っていたらすぐ横にアカシジミがとまってくれました。
                 Tengutyou61117  Tengutyou61217
ウツギの花にはテングチョウがよくやってきてました。
Akasijimi62217
いつもの栗の木もだいぶん咲いてきてます。さっそくアカシジミも蜜吸に きてました。
                 Akasijimi62317  Akasijimi62417
栗の木にばかり注意してるといつのまにか下の方を飛ぶアカシジミが現れてウツギの木の下に潜り込んだのでストロボを使って撮影。ちょっと光線がきつかったかな?
Uragomadarasijimi62517
今日はアカシジミよりはミズイロオナガシジミが見れたらいいなと思ってたんですが、歩いているとなにやら白い蝶が飛んできて壁の下の方にとまりました。よく見るとウラゴマダラシジミじゃないですか!でも、横向きで下の方ににとまられると撮りにくいんですよね。
                 Uragomadarasijimi62217  Uragomadarasijimi62317
おまけに日があたると白飛びしてわかりにくい。そこで思いついたのがスポット測光。左が中央重点式で右がスポット測光で撮ったものです。
Uragomadarasijimi62417
じっとしてくれてるんで羽を開くのかと思って待ってましたがついに開かずに飛んで行ってしまいました。
Utugi61117
大株になったウツギがとてもきれいでしたので記念写真camera
Daimyouseseri61117
ダイミョウセセリが下にとまってくれたのでこれも撮影 。なんかダイミョウセセリを撮るのって久しぶり
Siitate61117
山の上の方にある栗の木には何かきてるかもと思って山道を登りましたが見つけたのはちょっとぼろいシイタケらしきキノコと
Tatunamisou62117
この前撮ったタツナミソとは葉がちがうやつが朽ち木の天然プランターから出てたぐらい。
Yasou06051
それと最初はカタバミかと思ってたけど葉も違うし色も淡い上品なピンクをしてる花を見つけました。なんかオシロイバナみたいにも見えるこの花はいったい???
今日はこんなもんでええかなということで下山して終了。
 
 
 

June 03, 2017

一文字亀の子葉虫と遠いアカシジミなど

Itimonjikamenokohamusi51117
 
見てみたいと思っていたジンガサハムシの仲間を捕まえたというので見せてもらうついでにハンノキのある公園で今日は虫探しです。まずはそのイチモンジカメノコハムシから
Itimonjikamenokohamusi51217_2 ペタっと張り付いてるように見える虫ですが、足だして歩くし飛ぶんですよ。 Tabesanae61117 タベサナエのメスですね。春のサナエトンボですが、この時期にまだいてるんですね。 Ooitotonbo61117 一頭だけみつけたオオイトトンボと思われる個体。 Himeuranamijanome61117 ヒメウラナミジャノメは合体中。あまり撮らない蝶だけどペアになってるのは初めて撮ったかも Ooruri62117 オオルリ♂が飛んできてきれいな声でさえずってくれました。
Yamatokurosujihebitonbo61117
休憩してるところに飛んできた奇怪な生物。ヤマトクロスジヘビトンボだと思います。
Itimonjityou61117
イチモンジチョウも今期初撮影
Sisobatatunamisou61117
おそらくタツナミソウの仲間のシソバタツナミソウだと思います。
Akasijimi61117
駐車場まで戻ってきてやっとゼフィルスを見つけました。普通のアカシジミだけどあまりにも遠い。
Akasijimi61217
100倍の画像でやっとこの大きさです。このほかにも小さなハムシの類は撮ってるけど名前を調べるのに時間もかかるのでまたそのうちに。

June 01, 2017

手強いウラゴとええ声のオオルリ

 
ゼフィルスの中では早く現れるウラゴマダラシジミを探しに久しぶりのお山に行ってきました。以前はわりとサービスがよかったこの山のウラゴですが今日は本当にとまってくれません。 Kiasidokuga61117 蝶ではないけれど白いフワフワと飛ぶ蛾がとても多くて白っぽい蝶を探すのになんか邪魔です。キアシドクガとかいう蛾のようです。 Hosimizuji61117 最初に撮ったのはホシミスジ。今日は裏面を載せておきます。 Misujityou61117 つづいて本家ミスジチョウMonsirotyou61117_2 カモミールの花にはモンシロチョウ Kinirojoukai61117 紫がかった光沢のあるきれいなキンイロジョウカイ Rabenda61117 ラベンダーの花はあまり伸びてないようなのでこれからかな?
Madaraasinagakinbae61117
今日は気温が高いせいかおとなしく撮らしてくれる蝶が少ないのでおとなしく撮らしてくれたマダラアシナガキンバエも貼っておきます。
Uragomadarasijimi61117
そしてついにウラゴマダラシジミを見つけました。しかし、何頭もいてるにもかかわらず昼間から追尾行動で忙しく全く見えるところにとまってくれません。ねばりにねばってやっと一頭GET!
Uragomadarasijimi61317
羽の表の色はよくわかりませんが開翅してくれました。この後も徒歩で山を下りていくと所どころでウラゴは見つけたのですがとまってくれないのは同じでさっぱり撮れませんでした。朝のうちなら撮れるかもしれないけど山の上まで早い時間に登って来るのはちょっと無理ですね。
                 Kuwanomi61117  Kiui61117
クワの実とキウイの花なんかもありました。
Ojiroasinagazoumusi61117_2
オジロアシナガゾウムシと思います。
Ooruri61417_2
下山途中で近くで鳴いてくれてたオオルリ♂
                 Ooruri61217_2  Ooruri61317_2
谷間のせいかエコーがかかったようにええ声で鳴き続けてくれました。
Ooruei61117_2
背中の方も撮りたかったんですけど枝が邪魔して撮れませんでした。
 
Siraketorakamikiri61117_2
はじめて見たカミキリムシ。たぶんシラケトラカミキリかと・・・
Kurohikage61117
最後に駅の近くでクロヒカゲを撮って今日は終了。
Koubesi61117
オマケはマンホールの蓋
 

« May 2017 | Main

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ