« 大瑠璃と雉と水鶏 | Main | H緑地の鳥、蝶、茸 »

April 20, 2017

キツネノワンとアミガサタケ

Kitunenowan41117_2
 
 
 
桑の実からはえるという茸、キツネノワンを探しに今日は東の緑地まで行ってみました。桑の木がある公園をパソコンで探したのですがなかなか見つからなくてクワと入力するとクワガタ虫関係が出てきます。でも、その中にこの緑地に桑の木があるということが判明しました。季節的にはあってるけど実際にキツネノワンがはえてるかどうかは行ってみなければわからないんですよね。それにクワは雌雄異株というやつで雄株ばかりだと実もなく、したがってキツネノワンも生えてこないはず。 Kuwa41117 これがの木の枝の先端部。すでに花だか実だかがついていて、これにキツネノワンの胞子がつくと白くなって落実して、クワの実はその後キツネノワンの菌核となって来年またそこからキツネノワンがはえるのだそうです。 Kitunenowan41217
道に面したところに桑の木が何本かはえてたので斜面の下から探してみたのですが草刈りをするような場所でもないのか放置状態で枯れ葉もいっぱい。地面が露出した限られた場所を見て歩きましたが見つからず、ついに一番端の桑の木までくるとありました。ネットの下からはえてるキツネノワンついに発見。
                 Kitunenowan41317  Kitunenowan41417_2
ネットがあって笠の下にある柄がよくわかりません。キツネノワンは柄の部分がはっきりと見えるところが特徴なんですよね。
Amigasatake42117
キツネノワンも撮れたことだし、気になっていた塀の外側に見える銀杏の木の下にアミガサタケがあるのではないかと思い外側を歩いてみました。すぐに折れた大きなアミガサタケを見つけたので他にもないか探しながら歩くと所どころで発見。
                 Amigasatake42217  Amigasatake42317
でも、どこか欠けてたりいびつだったりとあまり満足なものには出会えませんでした。
Amigasatake42417
まあ読み通りに日がまともに当たらない北側の銀杏の木のあたりには生えてることが多いというのが確認できたことと撮りたかった黄色っぽいアミガサタケが撮れたということだけでも良しとしましょう。
Kuwa4201
壁の内側に桑の木が生えてる場所があり道もあるのでパークゴルフ側の入り口まで移動してから引き返すことにしました。ここなら雑草や枯れ葉も少ないのでキツネノヤリタケが見つかるのではと期待したのですがね・・・
                 Kitunenowan41517  Kitunenowan411017_2
キツネノワンは驚くほどたくさんはえてました。しかも大きめのものばかり。
Kitunenowan41717
菌核化した桑の実もここならはっきりとそれがわかります。
Kitunenowan41817
けっきょくキツネノヤリタケは見つかりませんでした。でもキツノノワンが生えたあとにキツネノヤリタケが生えることが多いそうなので諦めるにはまだ早いかも。 何か夏鳥が見えたら撮るつもりで出かけたのですがお天気もだんだん怪しくなってきたので これにて撤収。
 
 

« 大瑠璃と雉と水鶏 | Main | H緑地の鳥、蝶、茸 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 大瑠璃と雉と水鶏 | Main | H緑地の鳥、蝶、茸 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ