« January 2017 | Main | March 2017 »

February 2017

February 26, 2017

生きていたオオアカハラ

Ooakahara22417
今日はこれといって撮りたいというものもないので近場の公園です。昨日はさんざん歩いたので今日はあまり歩きたくないと思ったんですよね。この前はあんまりシャッターがきれずに終わったオオアカハラか梅に来るメジロ狙いです。が、公園に着くと昨日猛禽が現れたらしくてオオアカハラの隠れる躑躅のあたりに鳥の羽が散乱していてオオアカハラの姿もないとか・・・。
Sekka21117_2
しかたないのでメジロでもと思って公園内を歩くけれどメジロも梅の咲いているあたりにはいてない様子。歩くのは気が引けるけど何か撮るものはないかと河川敷を散歩。川の合流点まで来ると草下から何かが飛びあがりすぐに隠れました。もう少し先に進んだけどやっぱり先ほどの所が良さげなので引き返しもう一度草原奥まで歩きました。今度は2羽飛び立ち一羽が枯草にとまり、正体はセッカだというのがやっと判明。
                 Mejiro22117  Mejiro22217
公園内に戻って来るとオオアカハラ が目撃されたというので襲われたのはヒヨドリか何かだろうということに。しかし、オオアカハラはなかなか登場しなくてメジロを追跡することに。ここの梅の木は背が高いのでちょっとメジロは撮りにくいんですよね。
Ooakahara22617
夕方5時前になり皆さんがお帰りになり始めた頃、やっとオオアカハラが姿を現すようになりました。
                 Ooakahara22817  Ooakahara22717
前から後ろから。
Ooakahara22317
横からも。
Ooakahara22117
躑躅の南側あたりがよく出てきてくれるかな?でも、すぐにひっこんでしまいます。
Ooakahara22217
すぐ近くで撮れました。ちょうど大きなミミズを見つけて食べているところで、その間は動きもとまります。
Ooakahara22517
杭以外のお立ち台にも。さすがに5時過ぎての光線では感度を上げていってもあまり長く撮ることはできません5時半ごろ撤収。
 
 

February 25, 2017

竹にアオバト

Aobato23517
アオバトといえばこちらの方では服部緑地なんですが、たいていフェンスがあったり遠かったりなんで近くで撮れそうな竹柵のアオバトを撮りに行ってきました。アオバトでは有名な公園ですがアオバト目当てで行くのは初めてです。いつもは阪神、環状線、片町線と乗り継いでいくのですが今日はJR尼崎駅まで歩いて行き、そこから松井山手行きに乗って一直線。公園のアオバトのポイントに到着するともうお昼。 今日は11時ごろに現れたというので次のステージまで休憩。
Aobato23117
2時前にアオバトが木の中に入ってるのがわかって枝被りが多いけれど撮影開始。
オスのアオバトの右上にはメスもとまってますが後ろ向きで顔が見えません。
                 Aobato23317  Aobato23217
メスの向きが変わって並んでるのがかろうじて撮れました。そろそろ降りてくるのではと構えていたところ池でオオタカがカモを抑え込んでるという情報があり、見たいけれどアオバトが降りてくるのではないかと思って迷ってしまいました。意を決してオオタカの方面に走りましたがどこにいてるのか探しているうちにオオタカはカモを諦めて飛んで行ってしまいました。残念(。>0<。)
Aobato23417
アオバトの所に戻って来るとまだアオバトは木の上にいてました。よかった~(;´▽`A``
で。2時半ごろになってやっとメスが降りてきました。
Aobato231117
続いてオスも。
Aobato23617
竹柵の上のドングリを丸のみにします。アオバトにとっては大きなドングリですが、一つだけではなくいくつか食べながら柵の上を歩いていきました。色艶のいいドングリを選んで食べてるみたいでした。
Aobato23717
2羽が飛び去った後にまたメスが登場。
Aobato23817
よく見ると竹柵の上にはドングリがいっぱい。
                 Aobato23917  Aobato231017
今日はお天気がいいので影がはっきりと出てアオバトの体の上に明暗の部分ができてしまいます。それにしても降りてきたのが3羽だけとは・・・ギャラリーが30人ぐらい集まるとアオバトも警戒してしまうのでしょうか。近くで撮れるのはいいけどこれは想定外。土日の撮影には向いてないかも。
Atori22217
池の方にはオシドリの姿もなく閑散とした感じだったので他の鳥を探して移動。アトリがいて降りてきてたので一撮影。
Atori22117
オスのアトリが黒い頭になるにはもうちょっとかな・・・。でも、きれいな色のアトリです。
Mansaku21117
マンサクの花もいまが見ごろですね。今日はトラツグミが愛想良かったらしいのですが、もう遅くなってしまったのでパス。大泉でもお城でも撮ってるしね。
Keri21117
駅まで戻ってる途中で 近くにケリがいてたので手持ちで撮影。
Keri21217_2
もう一羽撮ってほしそうに飛んできたのでこっちも。ケリなんか撮るのは久しぶりです。オオタカは惜しかったけどきれいなアオバトが撮れたので今日はこれでいいのだ~!
 

February 23, 2017

ルリビノコシカケ

Ruribitaki23117
雨もあがったようなので今日はきれいなルリビタキ♂のいてる植物園へ。ここのルリビタキは一度撮っているのですが他にも捜索したいものがあったので再度撮ってきました。
Ikaru21117_2
到着した時はルリビタキもお出かけ中だったのでほかの鳥を。まずはパラパラと下におりているカル
Atori21117_2
カワラヒワの中にアトリが一羽だけまじってました。
Ruribitaki23217_2
この前はサルノコシカケの上にはとまってくれなかったのですが、今日はよくこの上にのってくれます。
Ruribitaki23317_2
見返り美男
Tubakikinkakutyawantake21117_2
今年もやっぱりはえてました。ツバキキンカクチャワンタケです。
Mejiro21117_2
梅の花にはメジロがよくやってきます。
                 Mejiro21217_2  Mejiro21317_2
雨が降る前ならもっときれいに咲いてる梅絡みが撮れたと思うのですが・・・
Ruribitaki23517_2
ルリビタキはよくじっとしてモデルになってくれるので撮り放題。
                 Ruribitaki23417_2  Ruribitaki23817_2
本当にきれいな子です。
Ruribitaki23617
角度を変えて主に前方からルリビタケを
Ruribitaki23717
ちょっとだけ口を開いてるのが撮れる時があります。
Ikaru21217
イカルは30羽近くが降りてきてました。
Aoji22117
皆さんがお帰りになられたあと撮れたものはアオジ
Kawasemi21117
いつの間にか池の縁にきてたカワセミ♀のみ。ということで今日はこれまで。
 

February 19, 2017

パンクなミヤマホオジロ

Miyamahoojiro23617
日曜日で良い天気だというのにこれといって何か撮りたいものがあるわけでもないので家でテレビ見て午前中は過ごしてしまいました。お昼を済ませてから緑地にでも行ってみようかと思ってバイクにまたがってGO。
Aobato21116
バーベキュー広場は工事中だとか聞いてたけど一応のぞいてみると今日は工事はしてないみたい。北側から見るとアオバトが数羽やっぱりとまっているのは見えるけど、もろに逆光。遠いけど順光側から一羽だけとまっているのが見えたので一応証拠写真camera
その後アオバトは飛んで行ってしまったのでトラツグミが出るという池近くの広場周辺を歩いたけど今日は人が多いせいか見つけられませんでした。
Miyamahoojiro23117
ミヤマホオジロの方はどうかなと思って行ってみると人も二人だけだし、開けた場所でミヤマホオジロが来そうな環境ではないのに。しばらく待っていると意外、木の上に姿を見つけました。
Miyamahoojiro23417
一旦、姿を消したミヤマホオジロは今度はやや離れた桜の枝の上に登場。
                 Miyamahoojiro23217  Miyamahoojiro23317
よく他の人のblogを見るとミヤマホウジロと書かれてるのを見かけますが、正確にはミヤマホオジロなんですよね。ミヤマホオジロの頬は白くないけど一般のホオジロは頬が白いからホオジロというんで良い子の皆さんが真似して間違ったことを覚えないようにしましょう。
Miyamahoojiro23517
切り株の穴にすっぽりと入ってしまう大きさ。
Miyamahoojiro23717
こっちはメスかな?
Miyamahoojiro23917_2
この子は胸の三角マークもはっきり黒々していて立派な成鳥ですね。
Miyamahoojiro231017
日も傾いてきたのでこんなもんでいいかな・・・。あと撮れそうなのは植物園のルリビタキやけど前に撮ったから今日は一つ霊園にでも寄ってから帰ろうかとバイクに乗って入り口 の所で右折してた時にパン!という音がしてガタガタガタ・・・、タイヤがパンクしてしまいました。やれやれこんな所に来てパンクとはついてません。鳥友さんに携帯できくと信号を二つ行った所にバイクショップがあると調べてくれました。毎日バイクに乗って出勤したり遊びに行ったりしてるのでタイヤもすっかりくたびれてしまってたみたい。タイヤごと交換することになり高くついてしまいました。それから帰る途中に気がついたのですが、ミラーに鳥のンコがついてました。もう、フンだり蹴ったりですわ。 これで鳥運がついたならいいけど、運の尽きだったらどもなりません。 ふ~ん・・・・(。>0<。)
 
 

February 16, 2017

再び紅猿子へ

Benimasiko21117
も一つベニマシコでいいのが撮れてないのでリベンジに行ってきました。いつもの場所に到着すると誰もいてません。あれ?と思ってさらに下に移動すると何人かのカメラマンが集まっていました。
                 Benimasiko22317  Benimasiko22517
ベニマシコのメスの方は数が多いせいかわりと撮れるみたいなんですけどね。赤いオスの方がいま一つ・・・。
                 Miyamahoojiro22117  Miyamahoojiro22217_2
ミヤマホオジロ♂は相変わらずよく撮れます。
                 Benimasiko22217  Benimasiko22417
湿地側に移動してなんとか近い目のベニマシコ♂が撮れたのですが、やたらピントが合わなくてなんか不満が残りました。
Benimasiko22617
午後からは湿地あたりにいてたベニマシコも上の谷に移動してしまったようなのでこちらも移動。光線の向きを考えると上から撮影しないといけないので光学50倍程度ではよほど近くに来ない限りベニマシコ程度の大きさの鳥だとなんかわからないんですよね。デジタル100倍だとペシャッとした画像になってしまうし困ったもんです。
Aoji21117
お、近い!と思ったらアオジだったり・・・Σ(;・∀・)
                 Benimasiko22717  Benimasiko221017
適当に出てきてくれるのでグチャグチャではありますがシャッターはたくさんきりました。
                 Benimasiko22917_3  Benimasiko22817
いいのはないけど3時をすぎるとなんか飽きてくるし、他の鳥もいてるなら探してみたいという気になってきます。ベニマシコの出も落ち着いたところで他の鳥探しに移動しようと下に降りて曲がったところで地面あたりから飛ぶベニマシコが・・・
Benimasiko221317
姿が見えないと思ったのは人気のない道側に出て降りてたんですね。近かったけどトリミングした画像を張っておきます。
Benimasiko221417
やっぱりこれぐらいの大きさで撮れないと面白くありません。
Benimasiko221217
メスも撮ってあげないと不公平ですよね。ということで今一つの画像ばかりだけどたくさんシャッターをきったということで良しとしましょう。今日はこれまで。

February 13, 2017

今年も来てた大赤腹

Ooakahara21217
お猿のお山にウソが良く出るという話だったので連れて行ってもらいました。しかし、今日は朝のうちに一度出ただけで撮った人も一名のみ。それでも待っているとまた出るだろうとしばらくいてましたが鳥っ気もなく、雪がよく降ってくるし撮るものもないので早い目に撤収。撮れたものといえば
Kakesu21117
遥かかなたのカケスがワンカットのみ。100倍の画像でこの大きさですから本当に遠いです。
Ooakahara21517
このまま帰るのも寂しいので地元の公園にオオアカハラを見に行きました。今年はきていないのかと思ってたのですがいつのまにか来てたんですね。わりと待たずにオオアカハラは出てくれたのですが後が続かないというか現れても撮りにくい場所ばっかりでかなり苦戦しました。
Ooakahara21417
被りなしのオオアカハラを撮りたいのですけどね・・・。
Ooakahara21317
今年は公園裏にはこないようですが、またいつもの躑躅の中が隠れ場所になってるようです。
Kawarahiwa21117
あと撮れたものはカワラヒワとモズぐらい。
Mozu21117
モズはよく出てるので梅百舌鳥が撮れます。
                 Mozu21217  Mozu21317
背景に紅梅がはいると華やかですね。
Nougyoukouen21117
梅園風景も撮ってみました。どこにピントがいってるのかよくわかりませんがそこそこ美しいかと思います。いつか梅絡みのオオアカハラも撮ってみたいものです。
 
 

February 11, 2017

残雪とキノコ

Benityawantake21317_2
ここならまだ雪が残ってるかもと思って今日はトンネルのむこうがわです。雪がかぶってるキノコとか雪の上を歩く野鳥なんかが撮れるといいと思ったんですよね。
Takedao11117_2
まずは上流側。雪が残ってるのはやっぱり日陰になるところですね。
Enokitake21217_2
下流側のぬかるみの道に移動。エノキタケと思われるキノコに雪がかぶっているのをみつけました。
Enokitake21117_2
ヒダが黄色くてなんかキヒダタケみたいに見えるエノキタケです。
                 Mamezayatake21117_2  Sarunokosikakerui21117_2
マメザヤタケと名前はわからないけどサルノコシカケみたいなキノコ。
Hiratake21117_2
雪がとけるまであることに気がつかなかったヒラタケも。
Hiratake21217_2
この時期にしては傷みも少ないしきれいなキノコだと思います。ベニマシコがいてるようなのでしばらくここらへんを行ったり来たりしたのですがオスメス二羽を見たでけで撮れず。
Sirauotake21217_2
来た時は雪がかぶっていて全く見えなかったのですがシラウオタケがまだありました。見た目よりもずっと丈夫で長持ちするキノコなのかも
Ruribimesu21117_2
対岸のハイキングコースの方に行こうとすると工事のため川を渡るのに少し僧川の上流側まで行かないとダメなことになってました。 で、川向うにいてたのはルリビタキ♀。動き回るものでなかなかシャッターがきれません。
Kurohanabiratake21117
桜の園まで来てクロハナビラタケをみつけました。
                 Benityawantake21117  Benityawantake21217
前も撮ったけどベニチャワンタケがこの寒いのにはえてました。
Siitake21117
山道を登ると何かいてるかと思ってゆっくりと登っていると暗くなってきてアトリの群れなんかもいてたけど雪が降り出したので急いで傘をさして下山。途中でシイタケを見つけました。ちょっと若すぎかな?
Benityawantake21417
雪というよりは粒の大きなアラレですね。もしかしたら下にあったベニチャワンタケのあたりに積もってるかもと思いまた行ってみました。 時々強く降る雪の中 再度ベニチャワンタケを撮影してもう夕方ですので駅まで引き返すことに。
Benityawantake21517
トンネルを抜けて引き返してる途中で、形の良いベニチャワンタケをみつけました。やっぱりこれぐらい開いてくれないとチャワンタケとは言いにくいですよね。ここに雪がつもってくれるといいのにな・・・。
Takedao21217
降ったりやんだりを繰り返してる雪の中、駅にたどり着いてホームを見ると思いっきり雪でかすんでましたがトンネルの向こうではほとんど降ってなかったみたいでした。次回はちゃんと鳥の撮影に行きたいものです。
 

February 05, 2017

コミミとちゃうで@在庫の山

Hukurou21817
日曜日なのに今日は雨でどこにも行けません。ということで、在庫の中から取って置きのフクロウをアップしておきます。 たまたま山で居合わせた鳥友さんから連絡をいただいたので行ってみるとフクロウが丸見えの場所に置物のようにじっとしてました。以前、城陽市にフクロウの雛を撮りに行った際に親も撮ったのですが、その時は天気が悪くなって雨が降り出したものできれいに撮れてないんですよね。
Hukurou21716
真昼間だったのでずっと寝ています。目の周りの毛も盛りがるように毛羽だって面白いですね。
                 Hukurou21117  Hukurou21617
なんか変化がほしくってしばらく見てましたがあまり変化がありません。
Hukurou21517
カラスも飛んできますが1羽か2羽が時々様子を伺いに来る程度。これが都市公園ならカラスの軍団に追いかけられてボロボロにされてるところでしょうね。お山のカラスは大人しいのかな?
Hukurou21317
やっとアクションが見られました。カイカイしてます。
Hukurou21417
あとは右見て左見てぐらいで、日が陰ったら何か動きがあるかもと思ったのですがね・・・
Hukurou21217
時々薄目が開いたのが見れました。これはこれでなんかいい感じです。 しかし、あまりにも退屈なので私は引き上げることに。夕方フクロウはどこかに飛んで行ってしまい見つけることはできなかったということです。お終い

February 02, 2017

紅猿子と深山頬白

Benimasiko21117
ニマシコの出が良くなったようなので見に行ってきました。現地は斜面の道がぬかるんでいて滑りやすく歩きにくい状態でした。ベニマシコはおそらく10羽ほどが入っているらしくてうろちょろしているのが わかりました。
Benimasiko21217
一羽とてもきれいなベニマシコがいてるのですがかぶりがひどくてとても撮りにくい状態。
                 Banimasiko21317_2  Benimasiko21317
日が差すと白飛びしてしまうのでどうもうまく撮れません。
Benimasiko21417
枯草の天辺にとまってくれたのが小さいながらも撮れましたのでトリミングしてみました。
Benimasiko21517
これはオスだけどまだ色がきれいじゃないですね。
Miyamahoojiro21117
ベニマシコが草の中に潜り込んでしまったときにミヤマホオジロの群れが近くの草原に降りてきて餌を探しながら歩き出したので狙ってみましたが止まってくれないし草が被るのでまともなのが撮れません。
Uso21117
他に何かいてないかとあまり歩かない所を行くとなんと通りすがりのウソに遭遇しました。目の上に枝が被ってるしピントもあってないので普段ならボツなんですが記念に載せておきます。
Uso21217
ちょっと撮っただけでウソはどこかに飛んで行ってしまいました。ここでウソを見たのは初めてです。
Miyamahoojiro21217
徘徊を終えて元の場所に戻って来るとカメラマンは誰もいてません。ベニマシコの姿もなくてどこかで声は聞こえてくるのですがちらりと草の中を移動するのが見えただけでした。後で聞いたら3時ごろに近くでいいのが撮り放題になったので皆さん満足して帰ったのだとか・・・うらやましい~!しかし、ミヤマホオジロが近くに飛んできてくれたのでそちらを撮ることに。
Miyamahoojiro21317
こちらは胸の逆三角形の斑紋がないのでミヤホオジロのメスですね。
Miyamahoojiro21417
ミヤマホオジロのオスも近くにとまってくれました。もう一度きれいなベニマシコ♂を撮りたかったのですがついに登場はなくて今日はこれまで。またそのうちに行ってみることにします。
 

« January 2017 | Main | March 2017 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ