« 山翡翠と白魚茸 | Main | 海鳥を見に »

December 19, 2016

籠茸を初めて見た

Kagotake121116_2
今日は鳥見に行くつもりでしたが、珍しいカゴタケが見つかったというので茸見に変更。車で連れて行ってもらいました。
Kohukikurotutigaki121116_2
山登りの途中で見つけたコフキクロツチガキと思われるキノコ
Kohukikurotutigaki121216_2
他のツチグリ類と違って開いた外皮と丸い嚢との間に柄があるのが特徴ですね。初めて見ました。
Kagotake121316
これが目的のカゴタケ。まだタマゴです。
Kagotake121216
一部つぶれてるカゴタケがあり、タマゴの中がわかります。
Kagotake121416
タマゴの中から中身を取り出してみました。
Kagotake121516
タマゴから出すと折りたたまれてた白い部分が伸びて完品なら籠目がきれいに形成されるのですが・・・
Kagotake121616
角度を変えて下から撮影。そのうちに他のタマゴも開いてくれると思うのですが、なんせ仕事に行ってるのでお目にかかれる機会がもうないかもしれません。
Himedaidaitake121116
ヒメダイダイタケと思われる小さな小さなキノコ。橙色というよりも黄色やけど・・
Nametake121116
これも初めて見たけどナメタケです。
Nametake121216
いわゆるナメコいうやつですね。もっとヌメリがあった方がそれらしいので少し霧を吹いてみました。
                 Nigakuritake1212116    Asinagatake121116
左は毒キノコのニガクリタケの幼菌、傘が硫黄色ではなくピンクっぽい色してました。右はアシナガタケかな?けっこうたくさんはえてました。
Kinoko12191
切り株に小さなキノコがたくさん出てましたが名前はわかりません。ということで本日は早い目に撤収。
 
 

« 山翡翠と白魚茸 | Main | 海鳥を見に »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 山翡翠と白魚茸 | Main | 海鳥を見に »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ