« 高砂黒鷺がやってきた | Main | ナラタケなど »

November 10, 2016

雨後の茸と鳩と鷺

Takasagokurosagi112116
昨日は雨が降ったので何かキノコが出てればいいなと思ってタカサゴクロサギの公園へ。
今日はさすがにカメラマンの数は減ってますがそれでもざっと3、40人はいてるように見えます。今日は時間がかかるサギは後回しにして、まずはキノコ探しから。
Nisesyouro11101
今日よく見かけたのがこのニセショウロの仲間で、割ると黒い胞子が中にはいってます。
Hitoyotake11101
褐色の細かい毛がはえたようなヒトヨタケの仲間を一つだけみつけました。
Sironisetomayatake111216
これは初めて撮るのではないかな?シロトマヤタケだと思って撮ってるんですが、帰って調べるとよく似たシロニセトマヤタケというのもあるということがわかりました。
Sironisetomayatake11116
小型というにはやや大きめだし、柄もややクリーム色がかっていてシロニセトマヤタケということにしておきます。
Aobato111216
カメラをかついだ人たちが数名何かを追いかけている様子だったので池をのぞき込むとアオバトがいてました。しかし、逆光になるし暗いしできれいな色がでません。
Aobato111116
この後下におりて水を飲んだのですが、補正をプラスにしていたので解除が間に合わずにすぐに飛んで行ってしまいました。
Koganetake11116
知り合いに出くわしたので話を聞くとこの前ササクレヒトヨタケを撮った場所にコガネタケが生えてるらしい。そちらの方に行くとたしかに黄色いキノコがありました。
Koganetake111216
傘は開いていない幼菌でまだヒダもでてません。もう少ししてから行くとヒダとツバがあるのがわかると思うのでまた行ってみることにしました。
Takasagokurosagi112216
タカサゴクロサギのところに行くと蓮の葉がたくさん並んだ中にいてるらしくてまともに見える場所がありません。なんとか魚を捕ったところはみれました。
Takasagokurosagi112316_2
この鳥の漁は魚を嘴で串刺しにして捕るんですね。なかなかワイルドですやん。
Takasagokurosagi112416
魚はブルーギルなんかがたくさんいてるので餌に困らないとは思いますが、南方の温かい地に住むタカサゴクロサギは日本で越冬できるのでしょうか?寒くなる前に移動するとは思いますが寒さによる衰弱死だけはさけてもらいたいものです。
 
 

« 高砂黒鷺がやってきた | Main | ナラタケなど »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 高砂黒鷺がやってきた | Main | ナラタケなど »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ