« 柿の実茸2 | Main | キビタキ、ノゴマ、マミチャジナイ »

October 14, 2016

眉白黄鶲♀・・擬き???

Mkibitaki10116
朝、お城にマミジロキビタキのメスがいてるという連絡をいただきましたのでまだ頭が眠ってる状態でしたがいそしそと支度をして電車でGO。マミジロキビタキはまだ見たことがない鳥でオスがきれいなのは知っていますがメスってどんなんでしょう?メスの方が撮影する機会が少なくて珍しいらしい・・・といった程度で予備知識なしで撮影に臨みました。
Kibimesu101116
撮影場所に着いてみると撮れるのはキビタキのメスばかりで、そのマミジロキビタキ♀というのは登場するたびにキビタキ♀に追いかけられてなかなか撮影するチャンスがきません。
Mkibitaki101716
しかし、なんとか竹の柵にとまったのが撮れました。 なるほど背にはキビタキ♀にはない白斑を背負っていてキビタキ+ジョウビタキといった感じの鳥に見えます。その後もキビメスに邪魔されて撮影できない状態が続きましたので他のところにとまるのを撮った方が良いように思えて きました。
Mkibitaki101416
やがて石垣上の枝にとまりじっとする姿が見られるようになったのでポイントはちょっと移動。
                 Mkibitaki101516  Mkibitaki101216
横やら前やらも撮りましたが腰の黄色い部分を撮りたいのでそれが撮れるまでねばりました。
Mkibitaki101616
明るい場所に出てくれた方がシャッタースピードがあがってありがたいですね。腰のところの黄色も何とか撮れたのでこんなもんでいいでしょう。ところでこの子がマミジロキビタキのメスであるかどうかという点なんですが、白斑のつきかたなんかからマミジロキビタキではなく、キビタキ♂の若鳥だろうとする意見が有力になったようです。いままでにキビタキ♂の若鳥は何度か見たことはありますが、それは茶色っぽくなった羽に喉とか眉に黄色が入ったものでした。今回みたいにオリーブ褐色のメスタイプの羽色のままというのは初めてです。さて、正体やいかに。
Nogoma101116
さて、撮るものは撮ったのでほかの鳥の撮影に出かけました。今日はノゴマ♂がいてるとかで飛騨の森へ移動。今期初撮影のノゴマ君です。
                 Nogoma101216  Nogoma101416
赤い喉がきれいな個体でした。
Nogoma101316
コマドリ♀がいてると聞いたのですが、そちらに行くとノゴマ♂に化けてました。この子はよく動くので手強い感じでしたが一応証拠写真はGET。
Kibitaki101116
さて、桜広場に戻って今度はキビタキ♂探し。
                  Kibitaki101216 Kibitaki101316_3
キビタキ♂はきれいけど、もう少し全体に色が濃いのがいいな・・・
Ooruri101216
キビタキを撮ってるとオオルリ♂の若様が現れて追い掛け合いがはじまりました。
                 Ooruri101116  Ooruri101316
こちらも色の薄い子でしたが今期初撮りです。それにしてもオオルリとキビタキってもう少し仲良くできないのでしょうか。今日もいっぱい遊べたので今日はこれまで。

« 柿の実茸2 | Main | キビタキ、ノゴマ、マミチャジナイ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 柿の実茸2 | Main | キビタキ、ノゴマ、マミチャジナイ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ