« 弘法筆 | Main | 三光鳥、筒鳥、そして茸 »

October 02, 2016

柿の実茸など

Kakinomitake10116
なんとなく掘り出し物でもあるかもしれないと思ってトンネルの向こう側のハイキングコースへ。
Yamadoritakemodoki91116
こんなところにもイグチがはえてました。たぶんヤマドリタケモドキ
Benityawantakemodoki101116
お、ベニチャワンタケがはえてました。この赤さはもしかしたらベニチャワンタケモドキのほうかも
Benityawantakemodoki101216
ベニチャワンタケの裏側には白い毛のようなものがはえてるそうですが毛らしきものは見当たりません。もう少し丁寧に撮ろうと思ったらすぐ近くでマムシがにらんでましたので即退散。
Uramurasaki10116
目的の場所に着いてから少し脇道の方を登ってみました。資材置き場の下あたりでウラムラサキを見つけたので今日はその裏側も撮ってきました。
                 Tyaharitake10116  Tyaharitake10216
この前も撮ったチャハリタケの裏側をアップで撮ると小さな針みたいなのがびっしり。
                 Arinotaimatu102116  Arinotaimatu102216
ナギナタタケにしてはどうも華奢すぎるのでもしかしたらアリノタイマツかも・・・。肉眼ではオレンジ色なんよね。
Tisiotake10116
水辺に降りてそこらを見てると枯れ木に紅色のキノコが。傷をつけると血がしたたってきましたのでチシオタケに間違いないかと思います。
Kurohanabiratake10116
クロハナビラタケがはえてました。
Kamemusitake10116
山道を登り始めるとすぐにカメムシタケを発見。土の中に寄生されたカメムシがあるはずと掘り起こしてると根に絡まれていてうっかり柄を切ってしまいました。
Kakinomitake10216
気をとりなおしてまた坂道を登り始めると柿の種から細いキノコが出てました。カキノミタケというのがあるのは知ってましたが見るのは初めてです。
Kakinomitake10316
アップでも。キノコの方にピントを置くと柿の種がぼけますね。柿の種は2個ふっついてるようで、おそらく黒い方からキノコが出ていて茶色い方はふっついてるだけかと・・・。
Sihaitake10116
暗いところに何か白っぽいのがたくさんあるので無理してのぞきに行ったらウスバシハイタケと思われるキノコがたくさん付いてました。
                 Kinoko1011  Kinoko1012
傘の頂上部がオリーブ褐色をした薄黄色のキノコ。名前を調べればわかるかも?
 
よく似たのが数種類あってアイシメジとかハエトリシメジいうのがヒダが白いので近いようだが、アイシメジは傘裏の縁が黄色だというし、ハエトリシメジの方が近いかな?傘中央部のでっぱりが弱い気もするのだが・・・。
Usutake10116
とうとう上の東屋の前まで来てしまいました。階段下でみつけた大きなウスタケ
                 Usutake10216  Usutake10316
草の陰にもありました。ウスタケって初めて見ます。収穫があったので上まで登った甲斐がありました。
Iguti1011
小型のイグチでしたが名前はまたそのうちに
クリイロイグチモドキかも?
 
Daidaiiguti10116
ダイダイイグチと思うけどきれいに開いたのはあまり見たことありません。
Kamemusitake10216
お土産に持って帰ったカメムシタケなんですが、カメムシについた土を拭き取ってる時に動いて首がとれてしまいました。その前からプラプラやったけどね┐(´-`)┌

« 弘法筆 | Main | 三光鳥、筒鳥、そして茸 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 弘法筆 | Main | 三光鳥、筒鳥、そして茸 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ