« August 2016 | Main | October 2016 »

September 2016

September 29, 2016

弘法筆

Koubouhude91116
せっかくの休みだったのに今日も雨。鳥や虫の撮影には不向きだけど茸ならまだ撮影は可能です。ということで、たまたまコウボウフデという珍しいキノコがはえてるという情報がありましたので雨の降るなか連れていってもらいました。
Koubouhude91216
よく「弘法は筆を選ばず」なんていうけどいくら弘法大師でもこんな筆では字は書けないと思います。ちなみに弘法大師、空海は三筆に数えられるぐらいに書に優れた人であったことで有名です。それぐらい知ってるわい!という声が聞こえてきそうですが、なんでコウボウなの?と思う人もいてると思うので。
                 Koubouhude91416  Koubouhude91516
角度を変えて色々撮っては見たもののどうもきまりませんね。
Hoobenisiroasiiguti91116
今日見た大きなキノコ、ホオベニシロアシイグチ
                 Hoobenisiroasiiguti91216  Hoobenisiroasiiguti91316
ホオベニシロアシイグチ も初めて見たキノコなので3枚貼っておきます。
Kerouji91116
ケロウジも初めて見ました。
                 Kerouji91416  Kerouji91316
裏側は針みたいになってるんですね。壺みたいに立体的になったものもありました。
Uramurasaki91116
きれいどころでウラムラサキも一つだけ見つけました。
Kihokoritake91116
ホコリタケ の仲間。つるっとしてるところをみるとキホコリタケかもしれません。
 
                 Kabentake91216  Kabentake91116
カベンタケ、これも初めて見るキノコです。
 
Ookitunetake91116
オオキツネタケ・・・抜いてみたけれど紫色の菌糸はわかりませんでした。
                 Kisoumentake91116  Kisoumentake91216
キソウメンタケとその群落 キソウメンタケは基部に柄があります。
Siroyaritake91116
基部の柄が透明感があるのでシロヤリタケだと思います。
Benihigasa91116_2
ベニヒガサです。
Tyaharitake91116
ケロウジの近くにはえていたキノコ。チャハリタケというのが近いと思うんですけど・・・。
                 Eseorimiki91116  Eseorimiki91216
色が薄いのでどうかなとは思うけど、エセオリミキでは?
Sasatake91116
たくさん生えていたのに図鑑ではしっくりくるものが見つけられなかったキノコ。傘の表の質感が違うように見えるけど、ヒダが黄色っぽいことからササタケではないかと思います。
Mikiirousutake91116
傘の色はわるいけど黄色い柄が特徴的なのでミキイロウスタケでいいかと。
Momijitake92116
これはわかりやすくっていいな。モミジタケです。
                 Kinoko9291  Kinoko9292
その他、わかりそうでわからないキノコ多数。今日はこれまで。
 

September 28, 2016

コ.ツ.ブ.タ.ケそしてエゾビタキなど

Kotubutake91216
霊園にコツブタケがはえてたというんで、もう夕方近くですがバイクに乗って見に行ってきました。残念ながらすでに解体されていてバラバラ・・・。コツブタケは切るとその中に小さいツブツブがあるので切ってみるのはわかるのですが、せめて半身は切り刻まずにおいていてほしかったな・・・。
Kotubutake91116
組み立てて一つにしてみるとけっこう大きかったことがわかります。
Kisekirei91116
バラバラのコツブタケだけでは寂しいので翌日仕事前にいつもの公園によってきました。珍しくキセキレイが枝にとまってくれたのでカシャcamera
Sasakurehitototake91116
ササクレヒトヨタケもはえてました。この公園でササクレヒトヨタケを見たのは初めてです。
Ezobitaki91116
一応鳥目当てで来てるのでエゾビタキは撮っておきます。
                 Ezobitaki91216  Ezobitaki91316
やや低めのところにもとまってくれましたが、他の鳥と追い掛け合いをしてるみたいで落ち着きません。
Nakaguromorinokasa91116
緑っぽく見えるギンヤンマではないヤンマ類が暗い場所を低空飛行して、とまりそうでとまらないのを見てしまったのでカトリヤンマかもしれないと思いウロウロしてると今日はあちこちでキノコを見かけます。あまり大きなキノコではないけれどナカグロモリノカサみたいなのがたくさんはえてました。
Tigirehatutake92116
傘の周囲から表皮がはがれていってるのでチギレハツタケではないかと思って撮ってみました。どうでしょうね?
Tenguturutake92116
鳥待ちのみなさんが見つめている方向の下にはえてるので撮りに行けずにいたキノコ。やっと人がいなくなったんでのぞきに行くとテングツルタケと思われるキノコが何本かはえてました。トンボを撮りたかったけど今日はここまで。
 
 

September 25, 2016

クマソの襲来

Kuromadarasotetusijimi91116
あの西日本で大繁殖しソテツを食い荒らしたクロマダラソテツシジミが霊園にいてるという連絡をもらったので今日は仕事に行く日だったのですが、その前にのぞいてきました。以前クロマダラソテツシジミを撮影したのがいつだったかというのをblogをくって調べると2008年8月に撮影してました。その後1,2年は関西でも越冬繁殖してたと思うのですが、それからは目にすることもなかったのに、この猛暑で再びよみがえったのでしょうか?
Kuromadarasotetusijimi91216
霊園を歩いていると発見者のかたにお会いできたのでポイントを教えてもらいました。クマソはソテツの葉の高い場所に1頭とそれよりも少し低い手の届きそうな葉に1頭いてました。
Kuromadarasotetusijimi91316
そして大きなソテツの木には幼虫がたくさんついていて 食害がけっこう目立ちます。
Kuromadarasotetusijimi91416
もっと低いところにとまってくれたらいい角度で開翅が撮れるのですけどね・・・羽の表がきれいな空色をしている蝶なので全開した姿を撮ってみたいのですが、まあ、そのうちに見れるかもしれないのであたりを物色しながら引き上げようとすると、
Tumagurohyoumon91116
ツマグロヒョウモン♀が産卵場所を探しながらうろうろしてました。よく見るとキノコなんかも生えてます。
Tumagurohyoumon91216
きれいに全開してくれることを期待したのですが今日はダメでした。
Himeakatateha91116
ローズマリーの花にはヒメアカタテハもきてました。
Oosirokarakasatake93116
まだ傘は開いていないけどオオシロカラカサタケかもしれない大型キノコとか
Kinoko9251
名前はわからないけどオレンジ色をした小さなキノコもありました。
Benisenkoutake92116
そしてかなり墓参りの人に踏み荒らされてるけれどまだ健在なベニセンコウタケもあります。 時間がないので今日はこれまで!

September 22, 2016

キノコ色々@ヘルメットマウンテン

Ysykitengutake91216
休みのたびに雨では出かけることもままなりませんが、今日は午前中は大丈夫そうだったので雨が降ったら帰ろうということで雨後の茸探しに行ってきました。ちょっと前までほとんどキノコのない状態だったので最近の雨にものすごく期待してでかけました。
Hagi91116
先ずはいつもバイクを置く公園入口のハギの花がきれいでしたので一枚camera  ここはバイクを置くだけで自動販売機で飲み物を買ったらさらに西の入り口に向かいました。
Himekabairotake91116
そこから北の出入り口を目指して歩いて何か見つけたらクモの巣を掃いながら暗い森の中に突撃するのですが、苔むした倒木にヒメカバイロタケを見つけたので撮りに行くと
Beniiguti91216
赤いベニイグチを見つけました。そこより先には進めそうもないので望遠で撮影。
Midorinigaiguti91116
一つ見つけると次々と見つかるものでそれから歩みを進めるたびにミドリニガイグチがあったり
Beniiguti91116
さっきのベニイグチよりはもっと成熟した柄まで真っ赤なきれいなベニイグチとか
 
                 Ibotakerui09221  Kinoko09222
イボタケの仲間らしきキノコや正体不明のキノコなんかもみつかります。
                 Kiamiasiiguti91116  Hariganeotibatake91116_3
トイレのところで雨がポツポツしてきたけれどレインコートを羽織って構わずに前進。傘の表が黒っぽいキアミアシイグチとかハリガネオチバタケなんかを撮ってると野鳥カメラマンが引き上げるところでしたが、こちらは今日はキノコなんで山の裏側に突撃。さて、これからが色々みつかりそうなんですよね・・・。
                 Awatake91116_2   Nisenumerikoujitake91216
アワタケ・・・なのか?     どうやらニセヌメリコウジタケ(仮)と呼ばれているものがこれのように思う
Kotengutakemodoki91116
コテングタケモドキ
Budounigaiguti91116
ブドウニガイグチ
                 Numerikoujitake92116_2  Siroonitake91116_2
ヌメリコウジタケとシロオニタケ
                 Kitunenohanagasa91116  Kitunenohanagasa91216
今まで撮れたことがなかったキツネノハナガサ。今日はいっぱい出てました。
Kinoko09223
モリノカレバタケの仲間。エセオリミキとかアマタケなのかも
                 Nigaiguti91116  Nigaiguti91216
ニガイグチかな?
                 Moegiamiasiiguti91116  Haiiroonitake92116
モエギアミアシイグチの幼菌とハイイロオニタケと思われるもの
Usukimorinokasa93116
たぶんウスキモリノカサでよかったと思う
Usukitengutake91116
カエンタケ注意のロープのとこで見つけたウスキテングタケ。枯れ葉がつもった状態なら泥跳ねのないもっときれいなのが撮れたのにな・・・
Hanagasaiguti91116
雨で粉っぽさがなくなってしまってるけどハナガサイグチだと思います。
Asibeniiguti91116
アシベニイグチかな?
                  Togaribeniyamatake9116 Kiiroiguti92116
しばらく雨は止んでたのですが、大粒の雨がまた降りだしたのでバイクのところに戻る途中、池の周囲で見つけたトガリベニヤマタケのでかくなったのとキイロイグチ
Mayutateakane92116
おまけ。マユタテアカネ♀のノシメ型  たっぷりと遊べたので雨の中でも気持ちよく撤収

September 19, 2016

霊園の紅線香

Benisennkoutake91116
霊園にベニセンコウタケという真っ赤なキノコがはえてるというんで、雨が降ったりやんだりしているけれど台風も接近しているので撮りに行くのは今しかないかもと考えてバイクに乗ってひとっ走りしてきました。
Benisenkoutake91116_2
お墓が並ぶ前の芝にはえてるのでお墓参りの人が来ると踏みつけられてしまうでしょうね。今日は彼岸の入りで霊園の中を歩く人もけっこういてました。
Benisenkoutake91316_2 無事にこのベニセンコウタケが生えてるということはここらへんのお墓はお参りしてくれる人がいてないのかも。人間の代わりに自然が赤い線香を 手向けてくれてるんでしょうか?
Kinoko09192
さて、気になるのがベニセンコウタケとともにはえてたこの白いキノコ。ベニセンコウタケも手持ちの図鑑には載ってなかったけれど、こちらは本にもネットでもまだ正体がつかめない謎のキノコです。
Kinoko09194
カベンタケにしては色が黄色ではないし、ツノマタタケに似てるように思うけどツノマタタケは木に生えるキクラゲの仲間だし、テングノメシガイ科のヘラタケあたりはあやしいけど中央の軸のような部分がこれには見当たらない。やはりシロソウメンタケの仲間がしっくりくるけどね。へら状の頭部の下に細い柄の部分があるのが画像から見てとれます。シロヤリタケなんかにはこういった柄があるけれど全体の形が似ていない。さて、正体やいかに?
Kinoko9191
今日は敬老の日でもあるので紅白おめでたく長寿を祈念して。今日は天気が悪いのでチャッチャと撮影して画像チェックしてなかったらピンボケ多発で、またそのうちに撮りに行きたいと思います。
Tumamitake91116
雨が降り出したので急いで雨具を着て帰りだすと、すぐに雨はあがってしまったみたい。いつもの公園に寄り道して竹林の中を見たら今日はツマミタケをみつけました。この公園の暗い竹林の中に キノコが生えてるのは初めて見ました。
 

September 17, 2016

コサメムーチョ

Kosamebitaki91116
 
昨日はムクドリの大群の中にコムクドリが10羽ほどいてたとかいうので仕事に行く前に公園に寄ってみました。ところがコムクどころかムクドリの姿も見られないほど鳥っけがなく、いるのはヒヨドリとカラスだけ。それでも待ってると何か現れるかもと思ってあちこち散策。
Oosirokarakasatake92116
公園裏のオオシロカラカサタケと思われるものは雨のせいで数も増えたしシャキッとした姿になってました。
Komurasaki91116
コムラサキが樹液を吸いにおりてきましたので近寄って撮影を試みましたが、暗くて翅の動きを止めることができません。
Komurasaki91216
もう少しきれいな場所にとまってくれたらいいのに・・・。
Naratakemodoki91116
ありゃ、 こんな公園にもナラタケモドキがはえるんや。
Ruritateha91116
ルリタテハはけっこうモデルになってくれるんですけどね。
Kosamebitaki91216
そろそろ仕事に行く時間が近づいてきたのでトイレに行ってからと思ったらコサメビタキがトイレの近くで飛び回ってました。背景が白い場所にとまることが多いのでちょっと撮る角度にこまります。
Kosamebitaki91316
やっとトイレ裏の低い場所に降りてきました。
Kosamebitaki91416
このコサメビタキ一羽だけが鳥撮りの収穫でした。コサメは目がくりくりっとして可愛いのですがコサメだけとは┐(´д`)┌ヤレヤレ
 

September 15, 2016

万博公園謎の茸たち

Aitake91116
雨もあがったことだし、久しぶりに万博公園にキノコでも探し行ってみることにしました。まずはアイタケから。
Kitamagotake91116
キタマゴタケは目立つのですぐに見つかります。でも、ここでは一つだけ。
Kinoko09151
巻貝風のキノコもありました。やわらかいけどサザエの蓋のようなブツブツもある変なキノコです。
Gantake91116
これはガンタケかな?最初はヘビキノコモドキかと思ったんですけどね。ここはまあこんなもんでいかなと思って日本庭園の方に行ってみました。
Kitamagotake91216
ここにもキタマゴタケがありました。まだ完全には開いてなかったけどきれいです。
Iguti09151
イグチの仲間はたくさんはえてるのだけど雨を吸い込んで膨らみすぎてるのとかカビがはえてるのとか傷んだものも多くてましな のがこれなんですが、柄だけを見てるとムラサキヤマドリタケかと思ってしまいます。
                 Kinoko09152   Kinoko09153
ちっこいキノコとカレエダタケの仲間と思われる白いキノコ
Bekkoutake91116
ベッコウタケではないかと思うんですけどね・・・
Kurohatumodoki91116
クロハツモドキ でいいと思います。
Sirobanahigannbana91116
再び自然文化園へ。シロバナヒガンバナが咲いてたので撮ってみました。この松林の中はあまり歩いたことがないのでちょっと期待。
Turutake91116
ツルタケがはえてました。
                 Turutake91216  Turutake91316
ツルタケというには少し疑問があるの。傘にイボがついてたり柄に赤味があります。
                 Kinoko09154  Iguti09152
柄にヒダが残っていて太ければウスキモリノカサとするのだが・・・。右のはやっぱりわからんイグチ
                 Kihidatake91116  Kihidatake91216
大きなキノコだったので名前が思い浮かばなかったけどキヒダタケのでかいのではないかと思います。
Komisuji91116
コミスジがせっかくとまってくれたので一枚camera
Amerikaurabeniirogawari92116
アメリカウラベニイロガワリ だと思います。ホワイトバランスをオートで撮ってると赤くなりすぎて肉眼とは違った感じの色になったので晴天モードに変えて撮ってみました。
Aitake91216
きれいなアイタケがたくさん生えてたのでまた撮影してたらもう5時近くになったので急いで撤収。

September 11, 2016

緑地の舞妓はん

Meikoakane91116
せっかくの休みだが、どうしても行きたい所が思い浮かばないので近場の公園に出かけることにした。最近はサンコウチョウが愛想が良いということだったので行ってみたのだが今日はサンコウチョウもすでに旅立った後みたいだった。
Musikui91116
小さな鳥は時々現れるので撮ってみたがムシクイであることはわかるけど、こまかい種類までは特定できません。
Enaga91116
久しぶりにエナガも撮ってみました。
Oosirokarakasatake91116
公園の裏には今年もオオシロカラカサタケみたいなのがたくさん出てましたが、どれもしなびたようになってるので幼菌だけ撮ってみました。
Kurokonomatyou91116
暑いし、お腹もすいてきたのでコンビニに行くついでにバイクで緑地まで足をのばしてみました。 すぐにクロコノマチョウを見つけたので カシャcamera
Usukimorinokasa92116
この前撮ったウスキモリノカサがどうなったのか見に行ってきました。ほとんでしなびた状態のものばかりでしたが一つだけあとから出てきたと思われるものがまだましな状態でありましたので撮影。すでに傘の裏は黒くなってしまってます。
Maikoakane92216
トイレに行って出てきてから荷物を置いて一休みしようとして、赤とんぼが一頭とまってるのに気がつきました。きっとマユタテアカネだろうとは思ったけれど一応前にまわって お顔を見てびっくり。マイコアカネ♂じゃありませんか!へえ~、緑地にマイコアカネがいてるとは知りませんでした。池は多いからいてても不思議ではありませんがこんな所でお会いできるとは・・・。
                 Maikoakane92116  Maikoakane92316
大阪城ではこの前ワンカットしか撮れなかったので今日はすきなだけ撮らさしてもらいました。
Amerikairogawari92116
再び小鳥の森に降りて行ったところいくつかイグチ類をみつけました。傘の表面はなんか皮みたいになってましたが、もう一つ抜いて裏側も見てみました。変色性もあるし、柄の色なんかを見ると前回アメリカウラベニイロガワリかな と思ったキノコによく似てます。さて、これはなんなんでしょうね。イロガワリというのも捨てがたいけど、もっと別種のイグチ類とも考えられます。
                 Akakabairotake91116  Akakabairotake91216
ほかに何かないかと思って歩いてるとすでに裂けているけれどなかなか立派なキノコを発見。すでに裂けてるので抜いて裏側も見てみました。ん~・・・なんの変哲もないキノコとしか いいようがないけどアカカバイロタケというのがこんな感じのキノコだったような???
しばらく雨も降ってないのでお城にでも行ったほうがよかったかな・・・

September 08, 2016

緑地のオニフスベ

Onihusube91416
朝方の雨もやんでから用事も済ましたので午後からキノコ探しに行ってきました。雨のあとは鳥の方は今一よくないといいますから短い時間で収穫がありそうなんは、やっぱりキノコということになるんですよね。
Hebikinokomodoki91116
通称小鳥の森とよばれている場所のキノコから。なにかわからんキノコと思ってたら左下に見える幼菌の姿にピンときました。
Hebikinokomodoki91216
ヘビキノコモドキですね。雨でさっきのは傘の鱗片がすべて洗い流されてしまったようです。
Tenguturutake91116
とすると、この一見ツルタケのようなのは柄も白ではないので鱗片のとれたテングツルタケというのが正しいかも?
Koujitake91116
春にアミガサタケを撮ったところにはコウジタケがたくさん生えてました。
 
Koujitake91216
きれいなキノコなんでもう一枚貼っておきます。
Usukimorinokasa91116
お、今まで見たことのないキノコを発見!
Usukimorinokasa91216
この傘の裏側を覆う被膜とうっすらと黄色い色は図鑑で見た覚えがあります。傘の裏の被膜は垂れてツバになるんですよね。被膜の下にはピンクの襞があるはずです。初めて見るけどスキモリノカサに間違いないかと思います。鳥の方はカワセミとキビメスみたいなのは見たけど構える間もなくどこかに行ってしまったのでパス。
                 Irogawari91116  Irogawari91216
次は竹林方面に向かいましたが行けども行けども何もなし。アカダマキヌガサタケがあったあたりまで来てしまいました。そこで斜面で見つけたのがこのキノコ☝
まだ傘は開いてないけれど傘の裏は鮮やかな黄色をしていて、ミラーがあたっただけでもすぐに青変してしまう変色性からイロガワリだと思うのですけどどうでしょう?
Onihusube91116
とうとうツマミタケがよく出てたところも通過したけれどこれといったものはなし。と思って道路の向こうに行きかけた時に目に入った3個の白い物体。草もなにもはえてない所に無造作に置かれたボールのような姿は、オニフスベですやん!去年は農業公園にも生えてたけどそれよりはずっときれいな真っ白なお姿。
Onihusube91216
多少表面がはがれたり穴があいてたりするけどきれいな個体です。欲をいうならも少し大きくなってほしいな。これでソフトボールを一回り大きくした程度です。
Onihusube91316
しかし、こんな道路からも近い場所にはえたのではすぐに人に蹴飛ばされたり踏みつぶされたりすると思うんでこれ以上は大きくならないだろうな。
Amerikairogawari91116
最後に撮ったのがこれ。アメリカウラベニイロガワリだとは思うけど、も少し柄に赤いところがほしいです。暗いのでストロボを使いましたが色がうまく出ないので不満。

September 04, 2016

ミルンヤンマGET!

Mirunyanma91216

天気予報では曇りとか雨だというのでそのつもりでいたら外を見るといいお天気。雨雲の接近には少し時間がありそうなのでバイクに乗ってヘルメットマウンテンへ。もしかしたらミルンヤンマなんかが見れたらいいなと思ってたら本当にいてました。キノコでもはえてないか思って暗がりに足を踏み入れると何かトンボが飛んですぐに近くの木の影に。のぞき込むとそれがミルンヤンマ♂。ミルンヤンマってヤンマ類の中では小型なんで何がいてるのかわかりにくいんですよね。

Mirunyanma91116

あせってカメラをかまえて内蔵ストロボをオープンし、シャッターをきりましたが、なぜかストロボが不発。スローシャッターのピンボケを少し画像処理してなんとか見れるようにしたのがこれ↑

Mirunyanma91316_2

横からも一枚camera  ミルンヤンマは箕面で一度それらしいのが飛んでるのを見ただけで撮れてなかったのでライファーです。箕面で探すとなると滝道を延々といてるかどうかもわからないのに歩き続けないといけないけどこんな所にいてるとはラッキーでした。あたりは全く水っ気のないところなのに昼間はこんな所で休憩してるんですね。そういえば休憩所あたりに来るとヤンマ類が飛んでることがよくあります。 残念ながら角度を変えてもっと撮ろうとすると他のミルンヤンマが飛び込んできて追いかけあいが始まりその後少し周囲を飛んでたのですが見失ってしまいました。モチツツジの木を叩いたときに飛び出したのがそれだったかも?

Tutiguri91116_2

それでは他に撮影したのを。まずは事務所前付近のツチグリ。これがずっと長いことこのままでいつになったら開くのか行くたびにのぞいてるのですが、雨が降っても変化なし。

                 Kinoko09041  Matuouji91116

池に降りて周囲を捜索していて見つけたキノコ。左は若いカイガラタケなのかエゴノキタケみたいなのかよくわからないキノコ。右のは色がやや濃い目だけどマツオウジだと思います。

Nekitonbo91116

橋から外を見ると高い枝に真っ赤なネキトンボがいてたのでやや離れてるけど記念写真camera

Usubakitonbo91116 その後、上に歩いて行ってミルンヤンマを撮って少し休憩をしてからたくさん飛んでるウスバキトンボが目の前にとまってくれたのでこれもカシャcamera

Kinoko09042

山の裏側の道に入りましたがキノコなんてさっぱり見つかりません。水の流れた後みたいなところでやっとキノコの集団を見つけました。枯草の積もってる場所なのでツブカラカサタケかと思ったのですが、

Kinoko09043

ツバがありません。ツバが落ちてなくなったとも考えられるけど下からのぞいた画像にもツバは写ってませんでした。傘の縁に溝線があって特徴的だとおもったのですが正体は不明。誰かわかったら教えてください。

Miyamaakane91116

河原に降りていっってミヤマアカネでも探そうとしたのですが、草茫々だったり日曜日で子供だらけだったりでなかなか見つかりません。でもなんとか見つけることができました。

                 Miyamaakane91316  Miyamaakane91416

お顔もだいぶん赤くなってきたのでほぼ成熟した状態といっていいかも。

Benihidatake91316

池の方に歩いていると倒木にたくさんベニヒダタケが出ているの気がつきました。

                 Benihidatake91116  Benihidatake91216

雨に濡れてなければもっときれいだったかもしれませんが、傘の裏がピンクになっていてベニヒダタケの名前はそこからきているのがわかります。ということで今日はそこそこ収穫があったので 気持ちよく撤収。

September 01, 2016

赤い鳥、黄色い蝶

Tutudori91116
きれいな赤いツツドリがいてるということで今日はあの毛虫公園に行ってきました。到着してツツドリの丘にのぼるとすでにツツドリは出ていてあちこち飛びまわってる状態でしたので待ち時間なしで撮影開始です。
Tutudori91216
木陰にいてる時はあんまり赤く見えないような・・・
Tutudori911016
口の中の赤さが目立ちますね。
Tutudori91416
お~!木漏れ日があたる場所に来るととても赤く見えます。
Tutudori91516
毛虫ゲット!
Tutudori91616
 
お腹いっぱい食べたので休憩かな?この状態は20分ほど続いたと思います。
Tumagurohyoumon91116
ツツドリも腹ごなしの散歩に出かけたようなので、公園内を散策に出かけました。キバナコスモスにツマグロヒョウモン♂が蜜を吸いにきてたので少し翅 が傷んでるのが気になるけど撮影camera
Kiageha91116
ツツドリの丘に戻って来るとキアゲハが縄張りを張るかのようにいてたのでこれも。
                 Kiageha91216  Agehatyou91116
先ほど撮ったアゲハチョウとキアゲハとの翅の比較です。前翅の付け根部分が黒いのがキアゲハで筋模様になってるのがアゲハチョウです。
Tutudori91716
午後はツツドリの出も今一つ良くないような・・・隠れた場所でエンジェルポーズなんかしてました。
Tutudori91816
光線の向きが良ければもっときれいなんでしょうが、バックシャンが撮れたので今日はこんなもんでいいかな。
Kemusi91116
あ~かい鳥 小鳥 なぜなぜ赤い あ~かい実を 食べた(^^♪  赤い実ではありませんが赤い毛虫を食べるのでツツドリも赤いのが出てくるのかな? クロモンシャチホコとかいう蛾の幼虫だと思いますが、大きくなると黒くなるんですよね。今年は大発生というほどではないけれどあちこちで見ることができます。以前この公園で大発生した時は枝に触れてもついてくるし、ベンチもこの毛虫に占領されてるしで、つぶれると赤い体液が服について取れないという事態に困ったことがありました。この毛虫の出来がいいとツツドリも長くいてくれると思うんですよ。

« August 2016 | Main | October 2016 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ