« キノコ色々 | Main | お勧めできない墨流しと豆鞘茸の仲間 »

July 20, 2016

キノコ色々、その後

Kinoko7201
この前の続きに行ってきました。今日はいつもはいかない貯水池周りから。ちょっと、その前に前回最後に撮ったキノコがどうなった気になるので駐車場に寄り道。例の謎のキノコは誰かに踏まれたのか倒れてました。しかし、傘はほぼ開いてたのが救いでした。これで植物の芽という線はなくなったと思いますが、何というキノコかというとやっぱりわかりません。こ、これはいったい???
Kawarihatu71116
で、貯水池周りの調査です。キノコらしいキノコが一つ。きれいな薄紫色のキノコです。カワリハツなのか、はたまたほかのキノコなのかやっぱり不明。
                 Zukinntake72116  Tenngunomesigai72116
苔はきれいでも雨が最近降ってないのでほかのキノコはまともなのが少なくて、左のズキンタケや右のテングノメシガイにはまだ元気なのがありました。
Kareedatakemodoki71116
シロソウメンタケとかシロヒメホウキタケとか似たキノコはあるけど、カレエダタケモドキというのを推してみたいと 思います。
Uranamisijimi71116
マメ科のし植物のあたりを飛び回っていたウラナミジャノメです。ウラナミジャノメというと秋のイメージなんですが今頃でも飛んでるんですね。
Kiitotonbo71116
自然観察池ではキイトトンボのペアが産卵活動で忙しそうです。
Sirotamagotenngutake71116
いつも歩く山の裏には池から降りていくこともできるけど、気まぐれで今日はお寺さんの登山口から回ってみることにしました。見つけたのはこの白いキノコ。シロタマゴテングタケだと思ってたら、傘に大きめの鱗片がありヒダがクリーム色をしてるのでコトヒラシロテングタケという茸の可能性がたかくなってきました。わりと最近になって名前がついたキノコで図鑑に名前が出てないことも多いのだそうです。
                 Mannnenntake71116  Haiiroonitake72116
あとは左のマンネンタケとか右のハイイロオニタケの古くなったのだけ。汗をかいたわりに収穫は少ないです。
Oomurasaki71116
やっとのことで山の裏道に入りました。そこで目にしたものはなんと、オオムラサキじゃございませんか!今季初オオムラサキです。ここのお山で見るのは2度目。さあ、羽を開いておくれと待っていると後ろからスズメバチが近寄ってきて、オオムラサキは逃げてしまいました。後翅に欠けが目立ってますのでオオムラサキを撮るなら急がないといけない時期かもしれません。
Usuhiratake71116
さらに前進するとカワラタケの生えてる倒木に白いキノコがみえました。2枚だけですけど、ウスヒラタケみたいです。少し茶色がかってるのは上のウスヒラタケの胞子が下のについたからでしょうね。
Momijitake71116
お、これはまた形のいいモミジタケ。大きくて元気そうなのはこれだけでしたが、ほかにも姿は見ました。
Hinaannzutake71116
アンズタケよりは一回り小さいのでヒナアンズタケだと思います。
Kikubanaiguti71116
キクバナイグチのきれいなのがありました。虫にくわれてますが穴のない方から撮影。
Momijitake71216_2
なにやら黒く縮れたようなものがたくさんあると思ってよく見るとこれらもモミジタケでした。雨がもっと降っていればモミジタケの見事な群生が見られたかもしれません。
Namihikage71116
目の前にナミヒカゲが飛んできてとまってくれたので記念写真 camera
Asigurotake71116
森の中にもキノコはなさげでしたが、落枝の上に変わった色のアシグロタケを見つけました。。アシグロタケというと赤茶色とか黄色っぽいのは見るけれど、その中間といってもいいようなのは初めて見ました。
                 Iguti7202  Kikubanaiguti71216
山の裏から出て道路沿いを歩いてると大っきなイグチを見つけました。今日見たイグチはどれもとても小さくて撮る気もおきないものばかりでしたがこの二つは別格。左側のイグチは今のところ正体不明だけど、右側のはキクバナイグチの色が薄いものだと思われます。
Osiroitake71116
バイクのところに戻ってそのまま帰ってもよかったけど、この前のアリノタイマツが気になってたので公園内に移動。残念ながらアリノタイマツは影も形もありませんでした。触るとぬめっとしてるオシロイタケと思われるものを撮って今日は終了。このまま雨が降らないとキノコ探しよりは虫探し主体に活動することになりそうです。

« キノコ色々 | Main | お勧めできない墨流しと豆鞘茸の仲間 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« キノコ色々 | Main | お勧めできない墨流しと豆鞘茸の仲間 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ