« お勧めできない墨流しと豆鞘茸の仲間 | Main | 蝶々の谷の赤い茸 »

July 28, 2016

キノコはパラパラ

Gomadaratyou71116

雨も降ったことだし、きっと茸がまた色々と出てるのではないかと思って西の聖山へ。夏休みでも平日だし、きっとポケモンGOでもやってるだろうから子供も少なく甲虫なんかも探しやすいかもと勝手なことを考えながら歩いてるとゴマダラチョウを見つけたので撮影。今季初のゴマダラチョウ、GETだぜ

Nokogirikamikiri72116

トイレに行くとゴキブリ!・・・と思いきや、ノコギリカミキリがいてました。触覚も片方だし、足も欠けてます。木の葉の担架にのせて外に出てもらいました。元気なノコギリカミキリはゴキブリなみのスピードで動くのでこんなことはできません。

Kinoko7281

しかし、茸が前回よりもさらに少ないなと思ってるとやっと一つみつけました。いや、柄が2本あって傘がふっついてるので二つというほう正しいかも。傘の裏が黄色なのでミドリニガイグチではないみたいだが・・・。

Oomurasaki72116

樹液に集まるカナブンを見て回ってるとオオムラサキを見つけました。翅を開いてくれることを期待してしばらくたってましたが、あまりカナブンが集まってる木でもないので邪魔者を追い払う必要がないのかついに翅を開く のを撮ることはできませんでした。

Gomadaratyou71216

レストハウスまでくると先客がいてました。ゴマダラチョウがのんびりしてましたのでまた少し撮影camera

Siroonitakemodoki71116

早々と山の裏道に来てしまいましたが、雨が降ったはずなのにキノコの出がよくありません。白いオニタケ類をやっと見つけました。傘のトゲトゲとか柄の基部の膨らみに色がついてることからシロオニタケモドキではないかと思います。

Daidaiiguti71116

さらに進むと離れたところからもすぐにその存在がわかるダイダイイグチを発見。

Daidaiiguti71216

大きくなった幼菌も載せておきます。ここらへんは雨の効果が出てるような。

Numerikoujitake72116

続いてヌメリコウジタケも。傘の裏の黄色がきれいだけどゴミが一緒に写っていたのは失敗でした。

Kogetyairogawari71116

たいしてキノコは出てないので引き返してると斜面に横向きにはえてるイグチを発見。傘の裏まで焦げ茶色をしたキノコって?

                 Kogetyairogawari71316  Kogetyairogawari71216_2

一本しか出てないのを抜くのは気が引けるのですが、撮影しにくいので腕をのばして引き抜くとけっこう抵抗があり、もう一本小さなのがついてるキノコなのがわかりました。さて、これが何かというので調べるとウラグロニガイグチとコゲチャイロガワリというのが候補にあがり、大型菌ではないことと柄や傘に変色がみられたことからコゲチャイロガワリを選びました。 さて、あってるでしょうか?

Iguti7282

トイレに寄ろうとしてみつけた薄黄色のイグチ。ひび割れたような模様のあるイグチはこの山では時々見かけますがいっこうに名前がわかりません。

                 Himekabairotake71116  Kinoko7283

あとはヒメカバイロタケの出始めみたいなのとか白卵とか撮って出口方面へ。

Midorinigaiguti71116

傘の裏が今度はピンクがかってたのでミドリニガイグチだと思います。肉眼ではなかなかきれいでした。

Kesyouhatu71116

ミドリニガイグチの近くにはえていたケショウハツと思われる小さなキノコ。雨で色落ちしてるかもしれないので雨の前に撮ってみたかったな・・・。 この夏の茸の発生状況はよくありませんね。

« お勧めできない墨流しと豆鞘茸の仲間 | Main | 蝶々の谷の赤い茸 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« お勧めできない墨流しと豆鞘茸の仲間 | Main | 蝶々の谷の赤い茸 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ