« 牡丹と大瑠璃 | Main | 春だけど文月茸 »

April 23, 2016

お城編笠茸と夏鳥色々に

Amigasatake42116広大な敷地に銀杏や桜がたくさん植わっているお城ならきっとアミガサタケがはえるにちがいないと思ってました。そして、アミガサタケがはえそうな場所はきっと・・・。お城にやってくる夏鳥も気になるけど、アミガサタケが本当にはえてたという連絡をもらったので今日はその確認もかねての今期初登城でした。

Ootaka4216アミガサタケに行く前に市民の森にいてたオオタカの若様を。他にも色々出てたようですがオオタカを見るのは久しぶりです。

Amigasatake42416鳥の方はまた後で撮るつもりで次はアミガサタケの場所へ。倒れかけてたけれど形が良いので一枚

                 Amigasatake42216 Amigasatake42316

やはりアミガサタケの類は銀杏の木と相性がいいのでしょうね。銀杏の木が必ず近くにあります。

Tyaamigasatake4216これなんかチャアミガサタケとちがうかな?

Aragekawakitake4116そして近くにあった切り株にはえはじめていたアラゲカワキタケ

Aragekawakitake4216いつだったか、京都植物園に行った時に切り株にいっぱいアラゲカワキタケがはえてましたが、大きくなったものは茶色っぽく干からびた感じになってたのでやっぱり生えはじめの春に撮るのが一番きれいですね。

Kibitaki4116神社裏の通りを歩いているとカメラマンが何人かいてたのでレンズの先を見ているとキビタキ♂がいてました。

Kibitaki4316少し若いのか一部黒くなっていないところのある個体でしたが、今期初キビタキなのでもう一枚載せておきます。

Kinoko4235その近くで見つけた白い乳液が出るキノコ。

Ooruri43116_2             

で、ヘリポート跡を飛び回っていたオオルリ♂のきれいな個体。なかなか手強かったです。

Kurotugumimesu42116_2
ちょっとだけしか見えないけどクロツグミ♀

Harusimeji43116そこから梅林に降りてみたらびっくり。今年は早々と草刈りがすんでました。このぶんではハルシメジは期待できないかと思って歩いてると小さ目なものはあちこちで出ていました。ただ、虫食いが目立ったのが多くて少し残念。でも、また雨が降ればすぐに大きくなるし、新しいキノコも出てくるかも。

Koruri4216コルリ♂がいてるというので、そこからまた移動。今期初コルリでしたが、ものすごく暗いし出も今一つ。

Koruri4116まあ、条件的に厳しいところもあるので一応証拠写真が撮れたので適当に撮って再び移動。

Kurotugumi4116そろそろ夕方だし、雨もポツポツ降ってきてるので帰りかけて石の水場の前を通るとキビタキがちょっと前までいてたそうな。と、いうことでちょっとだけ待つことにするとすぐに現れたのがなんと、クロツグミ♂

                 Kurotugumi4316 Kurotugumi4216

クロツグミ♂は二回も水浴びに来てくれました。

Kibitaki4216キビタキ♂とか

                 Ooruri43316 Ooruri43416

オオルリ♂も3回は見ました。ひょっとしたらコルリも来るのでは???・・・さすがにコルリは無理みたいです。もう電池残量も少なくなったので今日はこれまで。

                 Kinoko423 Kinoko4232

名前がわかりそうでわからない今日見つけたキノコもはっておきます。

« 牡丹と大瑠璃 | Main | 春だけど文月茸 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 牡丹と大瑠璃 | Main | 春だけど文月茸 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ