« お城編笠茸と夏鳥色々に | Main | 残念ながら雨で »

April 25, 2016

春だけど文月茸

Humidukitake4216
今日は午前中に薬をもらいに病院に行ってたので出かけるのが少し遅くなって、あてはないけれど緑地の徘徊に行ってみました。

Aomonitotonbo4115

公園の西入口にバイクをとめて池の周囲を散策。もしかしたら何かトンボでもいてるかもしれないと思ったらアオモンイトトンボのタンデムを発見。これぐらい大きな池で水生植物もはえてるなら越冬トンボ類もいてそうなもんですが、ここでは見たことありません。

                 Husahimehoukitake4115_3 Husahimehoukitake4116

土止めの板に小さなキノコの幼菌らしきものを一つみつけました。右側の画像がおもいっきりトリミングしたものなのでクリックして見てください。いつだったかここら辺で見たことがあったフサヒメホウキタケだと思います。このままナメクジとか虫に食われなければもっと大きくなったのがそのうちに見れるはずです。

Hitoyotake42116
ウッドチップの道にはたくさんのヒトヨタケの残骸が・・・クズヒトヨタケかな? 幼菌もあるのだけど傘が開いたのを見るためには日の出の頃にここまで来ないといけないと思うんですよね。

Tubanasihumidukitake4116
ウッドチップの道を進むとツバナシフミヅキタケがはえてました。

Humidukitake4116

沢山はえてるのでもっときれいな物がないか物色しているうちに気がつきました。鍔無しではなく鍔有りがありますやん。ツバがあるのはフミヅキタケですね。

Humidukitake4316フミヅキというのは七月のことで漢字で書くと文月。七月によく見られることからついた名なのでしょうが、実際は春から生えてます。ツバナシフミヅキタケは今までも撮ったことあるけどただのフミヅキタケは初めてなのでもう一枚載せておきます。
Himekogasa4116
日本庭園までくると苔の中に小さな茸が。たぶん ケコガサタケ ヒメコガサ とかいうキノコだと思います。

Komadori4215

暗い森にたどり着くと今日はなんとコマドリがいてるらしい。時々ええ声~がヒンカラカラカラと聞こえてきます。しかし、あたりはどんどん暗くなりはじめて感度をあげていってもコマドリの動きを止めるのは難しそう。

Ruribitakimesu4116ルリビタキ♀はまだいてたのですね。せっかく出てきてくれたのでこれもカシャcamera  あまりコマドリの出も良くないので適当に切り上げました。


                  Kinoko42716 Kinoko4261

去年ツマミタケやキツネノタイマツがたくさん出てたあたりまで行ってきました。そこではけっこう大きくなったキノコを見つけたのですが正体ははっきりわかりません。色の薄いシメジ類?と傘の縁の方が毛羽立ってるように見える茶黒のキノコが目立ちました。コザラミノシメジかもしれないけど柄が黒っぽすぎるような・・・それにデカイ。

Mujinatake42116茶黒のキノコは傘に毛がほとんど目立たないものもあったけれど、上の画像を見るとやっぱりムジナタケのような気もします。どうでっしゃろ?

Hokoritake4116

バイクを置いたところがかなり遠くなってしまい。戻るのにけっこう歩きました。途中で今期お初のホコリタケを見つけたのでこれも撮って今日は終了。

« お城編笠茸と夏鳥色々に | Main | 残念ながら雨で »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« お城編笠茸と夏鳥色々に | Main | 残念ながら雨で »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ