« March 2016 | Main | May 2016 »

April 2016

April 29, 2016

黒々の日

Kurotugumi42116世間ではゴールデンウィークとかで長い休みを楽しめるらしいけど、あんまりそんなのとは関係ない職場なのでいつも通りに午前中に買い物やら用事をすませて午後から仕事に行くと地下駐車場が閑散としてます。あ、祝日やったかな?・・・祝日の場合、仕事はしてても自分の出勤日ではないことがあります。事務室にあがると今日の私は出勤日ではないことが判明。ありゃ~、また無駄なことをやってしもうた~ということで急いで引き返しお昼を食べ終わるともう2時前。さて、こんな日はどこに行こうかと悩んでしまいます。今日は気温も低く風も強いので海辺は遠慮したいし、山の方に行くにはもう時間が・・・。ということでいつもの公園に今日も行くことになってしまいました。ま、今日はクロツグミがいてるというのでしばらく出を待つことに。                 

                                       Kurotugumi42316 Kurotugumi42216

この前お城の水場で見たクロツグミよりも黒い羽も美しく、腹側の斑点もいいですね。

Kurotugumi42416_2しかし、とても暗い場所でかなり感度をあげないととまってる時はともかく少しでも動かれるとブレブレになってしまいます。

Kuroji42116このあとはキビタキが時々飛んでるようなので追いかけてましたが、まったくじっとしてくれなくて撮れませんでした。手持無沙汰なのでうろうろしてるとメジロが水場の上の枝にとまってたので狙ってると水浴びしてるメジロの傍にやや大きく見える鳥が・・・クロジ♂ですやん!

Kuroji42216木漏れ日がクロジにあたってもう一つかな?

Kibimesu4116そこにキビタキ♀が降りてきました。これがオスだったらいいのになあ

Kuroji42316クロジの入浴シーンも撮れました。クロジの水浴びを撮るのは初めてかも?

Harusimeji43116さて、最後はハルシメジ梅林型、最近ではウメハルシメジという呼び方をされるようです。梅林は草抜きを頻繁にするのでこの前はえてた場所にはもう何もはえてないし、ここで見ることは今年はもうないと思ってました。ところが見落としてる場所があったんですね。土手下に数本植わってる梅の木の下は見落としてました。なんせ、ここは花のシーズンには売店が出て白いテントが張られるので探しに行かない。元々草の生えてる場所なので草抜きの作業なんかするわけないでみつかる可能性大だったのに・・・。草茫々になると土手下も草刈りはするのでしょうが・・・。でも、大きくはなってるけど形の悪いものが多くて、まだ小型のものもあるみたいなので探せばましなのもあるのでしょうが、草をかきわけないといけません。土の上に出てたのと違って土かぶりや泥はねで汚れてることがないのはいいかも。それに青梅が近くに落ちてるので梅ハルシメジだというのがはっきりわかります。

April 28, 2016

残念ながら雨で

Itatitake4416今日は一日雨予報で家の中でゴロゴロしてるつもりだったけど昼ごろ外を見ると雨は降ってない。それならキノコでも少し探しに行ってみようかと思ってバイクで緑地へ。植物園前のアミガサタケは今年はあれでお終いだったのか気になってたので寄ってみると、入り口あたりで鳥の囀り声が聞こえてきました。え?コマドリ・・・いや、コルリの声かな?どうやら隣のお寺さんの敷地から聞こえてくるようでしたが姿は見えずでした。ええ声~の主も気になるけどキノコはどうかと見に行くとアミガサタケは残骸も含めてまったくありませんでした。その代わりに見つけたのが上のキノコ。たぶんイタチタケだと思われます。

Itatitake4216雨に濡れてるけど表面の微細なささくれもなんか模様みたいにあるし、傘の縁には白い断片も少しぶらさがってます。

Itatitake4316もっと成長したのもありました。すっかり傘が平たくなってます。雨でぬれてない方がきっとそれらしく見えると思うけどイタチタケはこれからのキノコなのでまたどこかで会えるでしょう。雨がまた強く降り出したために駐輪場で雨宿りしてましたが、やや小降りになったところで撤収。鳥の声もいつの間にか聞こえなくなってました。

Kibitaki42116イタチタケだけでは寂しいので先日撮ったキビタキ♂も載せておきます。この日はオオルリも飛び回ってましたが今年はあまりキビタキに遭遇してないのでキビタキを追いかけることに熱中してしまいました。

Kibitaki42216下から見てるとお腹側ばかりで黒い部分がよくわからないんですよね。でも、喉のオレンジ色はきれいでした。

Kibitaki42316やっと低い目の木の中に潜り込んだ時に背中側が撮れました。まだ完全には黒くなってないようで頭の後ろ側もはげたように色違いでした。ちょっと残念だけどそれなりに遊んでくれたのでこれはこれで良し。

April 25, 2016

春だけど文月茸

Humidukitake4216
今日は午前中に薬をもらいに病院に行ってたので出かけるのが少し遅くなって、あてはないけれど緑地の徘徊に行ってみました。

Aomonitotonbo4115

公園の西入口にバイクをとめて池の周囲を散策。もしかしたら何かトンボでもいてるかもしれないと思ったらアオモンイトトンボのタンデムを発見。これぐらい大きな池で水生植物もはえてるなら越冬トンボ類もいてそうなもんですが、ここでは見たことありません。

                 Husahimehoukitake4115_3 Husahimehoukitake4116

土止めの板に小さなキノコの幼菌らしきものを一つみつけました。右側の画像がおもいっきりトリミングしたものなのでクリックして見てください。いつだったかここら辺で見たことがあったフサヒメホウキタケだと思います。このままナメクジとか虫に食われなければもっと大きくなったのがそのうちに見れるはずです。

Hitoyotake42116
ウッドチップの道にはたくさんのヒトヨタケの残骸が・・・クズヒトヨタケかな? 幼菌もあるのだけど傘が開いたのを見るためには日の出の頃にここまで来ないといけないと思うんですよね。

Tubanasihumidukitake4116
ウッドチップの道を進むとツバナシフミヅキタケがはえてました。

Humidukitake4116

沢山はえてるのでもっときれいな物がないか物色しているうちに気がつきました。鍔無しではなく鍔有りがありますやん。ツバがあるのはフミヅキタケですね。

Humidukitake4316フミヅキというのは七月のことで漢字で書くと文月。七月によく見られることからついた名なのでしょうが、実際は春から生えてます。ツバナシフミヅキタケは今までも撮ったことあるけどただのフミヅキタケは初めてなのでもう一枚載せておきます。
Himekogasa4116
日本庭園までくると苔の中に小さな茸が。たぶん ケコガサタケ ヒメコガサ とかいうキノコだと思います。

Komadori4215

暗い森にたどり着くと今日はなんとコマドリがいてるらしい。時々ええ声~がヒンカラカラカラと聞こえてきます。しかし、あたりはどんどん暗くなりはじめて感度をあげていってもコマドリの動きを止めるのは難しそう。

Ruribitakimesu4116ルリビタキ♀はまだいてたのですね。せっかく出てきてくれたのでこれもカシャcamera  あまりコマドリの出も良くないので適当に切り上げました。


                  Kinoko42716 Kinoko4261

去年ツマミタケやキツネノタイマツがたくさん出てたあたりまで行ってきました。そこではけっこう大きくなったキノコを見つけたのですが正体ははっきりわかりません。色の薄いシメジ類?と傘の縁の方が毛羽立ってるように見える茶黒のキノコが目立ちました。コザラミノシメジかもしれないけど柄が黒っぽすぎるような・・・それにデカイ。

Mujinatake42116茶黒のキノコは傘に毛がほとんど目立たないものもあったけれど、上の画像を見るとやっぱりムジナタケのような気もします。どうでっしゃろ?

Hokoritake4116

バイクを置いたところがかなり遠くなってしまい。戻るのにけっこう歩きました。途中で今期お初のホコリタケを見つけたのでこれも撮って今日は終了。

April 23, 2016

お城編笠茸と夏鳥色々に

Amigasatake42116広大な敷地に銀杏や桜がたくさん植わっているお城ならきっとアミガサタケがはえるにちがいないと思ってました。そして、アミガサタケがはえそうな場所はきっと・・・。お城にやってくる夏鳥も気になるけど、アミガサタケが本当にはえてたという連絡をもらったので今日はその確認もかねての今期初登城でした。

Ootaka4216アミガサタケに行く前に市民の森にいてたオオタカの若様を。他にも色々出てたようですがオオタカを見るのは久しぶりです。

Amigasatake42416鳥の方はまた後で撮るつもりで次はアミガサタケの場所へ。倒れかけてたけれど形が良いので一枚

                 Amigasatake42216 Amigasatake42316

やはりアミガサタケの類は銀杏の木と相性がいいのでしょうね。銀杏の木が必ず近くにあります。

Tyaamigasatake4216これなんかチャアミガサタケとちがうかな?

Aragekawakitake4116そして近くにあった切り株にはえはじめていたアラゲカワキタケ

Aragekawakitake4216いつだったか、京都植物園に行った時に切り株にいっぱいアラゲカワキタケがはえてましたが、大きくなったものは茶色っぽく干からびた感じになってたのでやっぱり生えはじめの春に撮るのが一番きれいですね。

Kibitaki4116神社裏の通りを歩いているとカメラマンが何人かいてたのでレンズの先を見ているとキビタキ♂がいてました。

Kibitaki4316少し若いのか一部黒くなっていないところのある個体でしたが、今期初キビタキなのでもう一枚載せておきます。

Kinoko4235その近くで見つけた白い乳液が出るキノコ。

Ooruri43116_2             

で、ヘリポート跡を飛び回っていたオオルリ♂のきれいな個体。なかなか手強かったです。

Kurotugumimesu42116_2
ちょっとだけしか見えないけどクロツグミ♀

Harusimeji43116そこから梅林に降りてみたらびっくり。今年は早々と草刈りがすんでました。このぶんではハルシメジは期待できないかと思って歩いてると小さ目なものはあちこちで出ていました。ただ、虫食いが目立ったのが多くて少し残念。でも、また雨が降ればすぐに大きくなるし、新しいキノコも出てくるかも。

Koruri4216コルリ♂がいてるというので、そこからまた移動。今期初コルリでしたが、ものすごく暗いし出も今一つ。

Koruri4116まあ、条件的に厳しいところもあるので一応証拠写真が撮れたので適当に撮って再び移動。

Kurotugumi4116そろそろ夕方だし、雨もポツポツ降ってきてるので帰りかけて石の水場の前を通るとキビタキがちょっと前までいてたそうな。と、いうことでちょっとだけ待つことにするとすぐに現れたのがなんと、クロツグミ♂

                 Kurotugumi4316 Kurotugumi4216

クロツグミ♂は二回も水浴びに来てくれました。

Kibitaki4216キビタキ♂とか

                 Ooruri43316 Ooruri43416

オオルリ♂も3回は見ました。ひょっとしたらコルリも来るのでは???・・・さすがにコルリは無理みたいです。もう電池残量も少なくなったので今日はこれまで。

                 Kinoko423 Kinoko4232

名前がわかりそうでわからない今日見つけたキノコもはっておきます。

April 19, 2016

牡丹と大瑠璃

Kuroageha4116最近、仕事が休みの日は雨が降ったり仏事で遊びに行けなかったりと欲求不満な日が続いてるのでお天気の良い今日は仕事前にいつもの公園に行ってみました。今日はオオルリやキビタキが見られたというのでうろうろしてると目の前にクロアゲハが飛んできてボタンの花にとまりました。撮ろうとするとすぐに飛ばれるけれど何度かトライしてるうちにボタンの花にとまる姿が撮れました。

Kuroageha4216昨年もボタンの花にとまってるのを撮りましたが、今回はきれいな花色のボタンとセットです。このボタンはたしか島錦という品種だったと思います。一つの花に赤とピンクの花色がでるきれいなボタンです。
Ooruri43416で、オオルリはというと誰もいない所で低い枝にとまってるのに遭遇したもののカメラを構えるまでにどこかに行ってしまい、その後再び登場したのを追いかけたけれどきれいな背中側はうまく撮ることはできませんでした。

                 Ooruri43116 Ooruri43316

お腹の方はよく撮れるんですけどね・・・

Botan42116ボタンの花がきれいに咲いてますので何枚か撮影しました。

Botan42216ここのボタンも年々株が減ってきてるし、大きさも今一つだと思うのだけれどただで見れるので文句はいえませんね。そういえば花の時期にあわせて草刈りをしたようで裏のハルシメジもすっかりなくなってました。なんか、残念な気がします。

April 16, 2016

ツマキチョウなど

Tumakityou42116明日はお天気も悪いというので仕事前に一仕事しようといつもの公園によってきました。今日は竹林の中にヤブサメが何羽かいてるみたいですが、カメラで撮れるような気がしません。朝はコマドリやクロツグミもいてたらしいんですがね・・・。で、こんな時は蝶に遊んでもらおうと河川敷におりてみました。ツマキチョウはたしかによく飛んでるんですが、オスよりもメスの方が多いような。

Tumakityou42316メスが吸蜜しているところにほかのツマキチョウがちょっかいをかけにやってきましたがメスは動きません。

Tumakityou42216このメスは蜜を吸いに来たのではなくて産卵しているみたいです。産卵する場面は初めて撮ったかも?

Tumakityou42416
やっとオスが撮れましたが、もう少しマイナスに補正して撮らないとダメですね。白とびしてます。

Tumakityou42516少し羽が開いたオスが撮れましたが画面のバランスが悪かったのでトリミングしてます。もう少しねばってもよかったのだけど、これだけ気温があがると蝶の動きが活発でとまりそうにないのでまたそのうちに・・・。でも、メスの方が多くなってくるとツマキチョウのシーズンは終わりに近づいてることになります。

                 Harusimeji42116 Harusimeji42316

公園の裏にあるハルシメジをまた見に行きました。雨も降ったのですっかり大きくなってしまっていて、なんかほかの茸みたいに見えます。前見たときよりも繊維質な傘の表面がはっきりみえていいのですが

Harusimeji42416ハダカの土の上に出てると泥はねもあるし、絵的にもう一つかな?ということで周囲にはえてる水色のキュウリグサの花?なんかを背景に無理やりいれて撮ってみました。

Botan4116咲きだしたボタンの花を撮って今日も仕事に。このぶんだとゴールデンウィークまでボタンの花はもちそうにありませんね。

April 14, 2016

大瑠璃とキノコ

Ooruri42416鼻風邪をひいたみたいで何もしなくても薄い鼻水がとめどなく流れ落ちてきます。今日は雨という予報だったので薬を飲んで昼ごろまで横になってたら外を見るととってもいい天気。薬がきいたみたいで鼻水もましになったようなのでマスクをして外へ。あまり歩き回ると具合が悪くなるとまずいだろうと電車で行ってあまり歩かないところを選択。昨年カラアカハラ♀がこの時期にいてた神戸の公園を目指しました。目的はその時見つけた黄色いアミガサタタケでした。

Huunomitake4116アミガサタケが見つからなかったけれどフウの実からキノコがはえてるのを発見。フウノミタケというやつですね。

Huunomitake4216裏面はこんなんです。フウノミタケがでているフウの実は2個みつけましたが、探せばもっとあるかもしれません。

Kozaraminosimeji4116ウロウロしましたが、これといってほかに何もないみたいな感じです。ところが地上性のキノコを一つみつけました。一つ見つかるとほかにもみつかるもので植え込みの下をのぞくといくつかでてます。

Kozaraminosimeji4216一つぬいて裏側を撮影させていただきました。たぶんコザラミノシメジという茸でいいと思います。

Hitoyotake4116続いてヒトヨタケの仲間を発見。

Hitoyotake4216裏面はやっぱり黒いけれど、表のほうは肌色っぽい色をしてます。画像では白くしか写らないけれど上の画像の色がもっとも肉眼で見た色に近いです。

Yaezakura4216さすがに疲れてきたのできれいに咲いてるヤエザクラを撮って帰ろうとした時に

Ooruri42116オオルリ♂が現れました。そういえばカラアカハラ♀の時もオオルリを見たことを思い出しました。

Ooruri42216ところが空抜けでは青い色がなかなか出ないんですよね。

Ooruri42516背中側がやっと撮れました。できたら桜の木にとまってほしいんだけどね。

Oorurimesu4116メスのオオルリもいてました。渋いというかおもいっきり地味です。でも、背中側から見るとそれなりに茶色がきれいなんですよ。

Yaezakura4116オオルリを追いかけてると体がだんだん重くなってきたように思いました。これは早く帰って寝なければということできれいな桜を撮って今日は終了。

April 12, 2016

クロジとジャコウアゲハ

Kuroji4116

今日は天気も良くて昨日よりは暖かだろうと思い、仕事前に緑地に行ってみました。

Kinoko04121
チップの道を歩いてまずはキノコ探しから。傷みのないキノコを探しながら歩きましたが、ほとんどのキノコはすでにどこか萎びたものばかりで撮ろうという意欲がわきません。その中でやっときれいなのを発見。でも、名前はわかりません。

Kinoko04122
お、これは何かな?小型で白く丸っこいものがいくつか目に入りました。ジャガイモタケだと聞いたのですが・・・

Kinoko04123近くに少し大きめのものも転がってましたので、その横に切断したものを並べて撮ってみました。図鑑にはジャガイモタケは秋のキノコで、大きさ的には中型だとかいてあるし、切断面は白から紫や黒に変色するとありました。しかし、見てる限りでは変色はしないようです。近くに松の木がはえてるわけではないけれど、どちらかというと春にも出てくるというショウロの方が近いように思えます。さて、正体は?

Jakouageha4116

円形花壇裏を歩いてるときに黒い蝶がとまったのが見えたのでカシャcamera ここのベンチのあたりにはやたらジャコウアゲハの蛹ぶらさがってましたのでそれが羽化したんでしょうね。きれいな個体です。

Mujinatake4116
チップを敷き詰めた桜の広場にはまた新たなキノコが発生してました。群生してますがほとんど傘の開いてないものばかりです。

Mujinatake4216やや大きくなってるのを見つけて撮ったのがこれ↑  傘がかなり繊維質にできておりムジナタケっぽいけど、ムジナタケというともっと毛羽立ったキノコというイメージがあります。もっと成長しないと断定はできないかも?

Kuroji4316
いつもの湿地では今日はクロジがいてるとか・・・。遠い上に光のあたり加減がどうもよくありません。

Kuroji4216
クロジは今期お初なので一応証拠写真ということで・・・。

Jakouageha4216
仕事に行く時間になりましたので引き上げてると先ほどに所でまたジャコウアゲハ♂が2頭飛び回っていました。そのうちの一頭を撮って今日はこれまで。

April 10, 2016

夏鳥少なく今日はキノコ

Amigasatake4216昨日は仕事があるので午前中しか鳥見ができませんでしたので今日はその続きのつもりでまた同じ所へ。しかし、到着したとたんに竹林の中からコマドリはフェンスの外に飛び出してしまいました。また戻ってくるかもしれないけど間が持ちません。

                 Yaezakura4116 Monsirotyou4116
 
モンシロチョウを見てると桜にとまるものもいてるようなので、きれいに咲きそろいだした八重桜とともに撮ってみました。その時、携帯がなってアミガサタケがはえてるでえ~という連絡が。早速バイクにまたがって緑地へ。

Amigasatake4116
2本が寄り添うようにはえてるアミガサタケですが、トガリアミガサタケという可能性もあるので鏡で傘の下を映してみると

Amigasatake4316網目の完成度がどうも・・・。やっぱりアミガサタケでいいと思います。昨年ここに沢山はえてたのはもっと地が茶黒でチャアミガサタケと思われるキノコでしたが、これは普通のアミガサタケっぽいです。

                 Kinoko04101 Kinoko04102

名前はわからないと思うけれど小型のキノコを見つけたので苔の緑のきれいなところにはえてるのを撮ってみました。

                 Sirobanatanpopo4116 Nyuunaisuzume42116

あとはシロバナタンポポとかなり高い所にいててよく見えないニュウナイスズメがちょっとだけ撮れただけ。

Ooruri4116少しねばってるとなんとか今期初のオオルリの姿を見ることができました。ここはこんなもんだろうということでまたさっきの公園に戻ろうとバイクを置いた駐車場に向かって歩いていると

                 Kinoko04104 Kinoko04103

チップや腐葉土を置いてある場所あたりにキノコを発見。けっこう沢山はえてました。ウスベニイタチタケかな?

Ootyawantake4116もうちょっとで駐車場というところで大きなチャワンタケを一つみつけました。オオチャワンタケだと思うのですが・・・。

Ootyawantake4216横に10円玉をおいてみました。以前見たオオチャワンタケとは成長度合いが違うとはいえどこか違和感があります。これをオオチャワンタケだと断定していいものかどうか・・・。

Tumakityou4116最初の公園に戻ると竹林にコマドリがまた入ったようでカメラマンがうろうろしてますが、相変わらずまともに見れる場所にはとまらないので、しびれをきらして河川敷に徘徊に。ツマキチョウがよく飛んでるのでねばって撮ろうとしたのですが、まったくとまってくれません。しかし、交尾中のツマキチョウを見つけることができましたので記念写真を撮って今日は終了。

April 09, 2016

ハルシメジと竹林駒鳥

Komadori4116

夏鳥の渡りがはじまったようなので仕事に行く前に公園をのぞいてきました。オオルリを期待して歩いてたのですが、あまり人が歩かない梅林に入ったところ

Harusimeji4116なんと、ハルシメジと思われるキノコを見つけました。昨年お城で見たハルシメジは光沢のある傘をしてたのですが、今日見たものは光沢はなく、地面に出たばかりといった感じで土がついてたり、湿ったところもある色の薄いキノコでした。まあ、この季節ほかにはえてるキノコも少ないし梅林なのでハルシメジで間違いないと思います。

Komadori4416竹林の周囲を一周して戻ってくるとカメラマンが柴垣の上から何か狙っていました。訊くとコマドリが入っているというので撮影に参加。しかし、柴垣にくわえてフェンスの囲まれており、竹や障害物も多くていてるのはわかるし、すぐ近くにも来るけれどなかなか丸見えの場所にはきてくれません。

Komadori4316枝かぶり草かぶりでも今期初駒鳥なので無理でもシャッターをきりました。

Komadori4216_2竹の切り株にはよくとまってくれるのですが、たいていとまってるのはわかるけど障害が多くて撮影するにはダメなことが多いという状態でした。撮った時には気が付きませんでしたが竹の切り株の中に桜の花びらが一枚あるのが面白いかも。

Harusimeji4216ふたたびハルシメジの所へ。ここの梅林はやたら草抜きをやってるのでハルシメジなんかは見ることはできないだろうと思ってたのですがね・・・人通りの少ないあたりはなかなか手がまわらないのかもしれません。

Komadori4616竹と竹の隙間から無理やりにとったコマドリです。コマドリはどうやら3羽ほど入ったらしくて時々近寄ったり飛び交ったりすることもありました。

Komadori4516オオルリとかキビタキもいてたらしいけれど今日はコマドリだけで精一杯で、その内にいつものように仕事タイムがやってきました。河原の方からは雉の鳴き声もしてたので色々遊べそうな季節になりました。

April 01, 2016

春の蝶探しでしたが

Nyuunaisuzume3316そろそろ岐阜蝶が現れる時期なので様子を見に行ってきました。その前に駅近くの土手の桜並木にこの時期よく見られるニュウナイスズメが今年もいてるかどうかを見てきました。桜の花の方はやっと少し咲きだした程度なんですが

Nyuunaisuzume3116ニュウナイスズメは予想通りに今年もいてました。↑これはメスですね。

Nyuunaisuzume3216なかなか敏感で人が近づいて来るとどんどん逃げて行きます。このオスは愛想が良くて近くで撮れたけど頭の後ろの毛が抜けていて横向きがどうも・・・。ニュウナイは対岸に飛んで行くこともあるし、時間帯によるけど逆光気味になって影が出て黒っぽく写ることもしばしばでなかなか手強い。

Nyuunaisuzume3416桜のラッパをくわえてくれるかと見てたのですが、ちぎって捨ててるだけみたいでくわえてくれません。咲き始めは蜜も出が悪いんでしょうか?

Akatateha3116目の前のニュウナイが全部どこかに行ってしまったのでここはこれまでにして目的の地へ移動開始。途中山道に差し掛かった所でアカタテハが現れたので記念写真を。今年になって初めてみるアカタテハです。

Miyamaseseri3116少し水がしみ出してるあたりでミヤマセセリに出会いました。

Miyamaseseri3216スプリングエフェメラルの内の1種が早々ゲットできました。これに続いてコツバメや岐阜蝶も撮りたいものです。

                 Urasujityawantake3116 Urasujityawantake3216

いつもコツバメが蜜を吸いに来る場所のアシビの花はもう半分終わりかけているみたいで、ぜんぜん虫が近くにいてません。そこで春になるとウラスジチャワンタケがはえてくる階段を見に行くと小さな幼菌が2本だけありました。

Kabairosakazukitake3116木道の上でたしかウラスジチャワンタケを撮ったことがあったと思い行ってみると、金属手摺りの支柱下あたりにチャワンタケがありました。

Kabairosakazukitake3216よく見ると舗装下の境目にそってたくさん出てます。しかし、これはウラスジチャワンタケではないような・・。

Kabairosakazukitake3316大きなのを一つ失敬して裏側を見せてもらいました。大きさがわかるように10円玉も添えておきます。おそらくカバイロサカズキタケというのがこれだと思うんですよね。今までウラスジチャワンタケと思って撮ったものの中にもカバイロサカズキタケがあったかも。

Miyamahoojiro32116蝶を求めてバードバスの丘やら、その反対側を登ったり降りたりしましたが、蝶を寄せるような花もあまり咲いてなくて腰かけてミヤマホオジロを撮ったり

                 Sousityou32216 Sousityou32316

ソウシチョウを撮ったりして遊んでしまいました。

Sousityou32116誰も人がいなくなるとどこからかソウシチョウはやってくるのに人が顔をのぞかせるとすぐにいなくなるんですよね。羽が開いたところがたまたま写ってました。

Benisijimi3116うろうろしたわりにはベニシジミぐらいしか蝶は撮れませんでした。

Tukusi3116三段池に越冬トンボでも探そうと思って行ってみると一番大きな池は水を抜いてあり、ほかの池も池の回りの草は刈ってるし猪が耕したあとだらけ。けっきょくトンボは見つかりませんでした。しかたないので戻り道で見つけたツクシでも。

Aogera3116もう夕方なので引き返してると林の中に新しい通り道ができてました。覗き込むと何か鳥の影が動いたので立ち止ってるとどこからか木をたたく音。音の主を追い駆けてるとアオゲラを発見。しかし、ものすごい枝かぶり。

Aogera3316ここはわりとすっきり目なんですが、レンズの前に何か障害物があって今一つ。

Aogera3216カメラから目を離した時にもう一羽が近くにとまってました。こっちはオスですね。ちょっとだけそっちの方を撮っただけで飛ばれてしまい

Aogera3416残った方のメスの背中側を撮りたいのでさらに移動しましたがとうとう抜けのいい所は見つからずにどこかに飛んで行ってしまいました。とても大人しいアオゲラだったし、2羽もいてたのにチャンスを生かすことができずで、なんか残念な一日でした。

« March 2016 | Main | May 2016 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ