« トガリアミガサタケその後 | Main | 春のキノコ探し »

March 24, 2016

淀川河川敷から箕面へ

Turisugara3216ツリスガラがやや下流の河川敷にも現れるようになったと聞いたので風があって寒い中歩いてきました。30羽ほどの団体さんが葦の中にいてるようでしたが、風が吹いてユラユラしている上に補正をプラスにしたまま撮っていたので写りは良くありません。

Turisugara3116なんとかそれらしいのが写ってますがなんかしゃきっとしたのが撮れないまま群れは川の方に飛んで行ってしまいました。

                 Turisugara3 Turisugara3316

あまりシャッターをきってないので少々ピンボケでも画像処理したのと粘りに粘って再びちょろっと出てきたツリスガラも。

Hikuina3116ここでは定番かな?ヒクイナもいてました。

Oojurin32116地べた物のだけどオオジュリンも。最初は雀だと思ってました。

Tyougenbou3116やや遠いけど鉄橋チョウゲンボウ。今年もこんなところで巣作りしてるのかな?あまりツリスガラのサービスがよくないし、寒いので河川敷は適当に切り上げて阪急電車に乗って箕面へ。いつもお世話になってるキノコの先生の写真展を見に行ってきました。

Akunioitake32116その後少しだけ箕面の滝道を散策してキノコ探し。伐採木を積み上げてある場所でやや黒っぽいけどアクニオイタケと思われるキノコをみつけました。

Siitake3116近くにはシイタケもはえてます。

Tyakobutake3116黒いのが多いけれど、チャコブタケだと思います。

Kinoko03241奥の方でやけにつやつやした茸を何本も見つけました。第一印象はやっぱりシイタケだけど、こんなにつやつやしていて白い鱗片もついてないようなシイタケがあるのかどうか?

Kinoko3242う~ん・・・どうなんでしょうね?今日のところはこんなもんで。

Kumonosuakahigehinanotyawanntake311オマケで、昨日撮影しておきながらアップしなかったキノコを。トガリアミガサタケを撮った時にキノコの先生が見つけた極小キノコ。その時はあまりの小ささに撮らなかったのだけれど、その後このキノコの名前がわかったので撮りに行ってきました。オレンジ色に見える小さな点のようにしか見えません。1円玉の直径はやく2㎝なのでその10分の1以下の大きさで1~2㎜といったところですね。名前はクモノスアカヒゲヒナノチャワンタケだそうです。

Kumonosuakahigehinanotyawantake3216マクロ機能+デジタルテレコン2倍で撮影してもこれぐらいの大きさにしか写りません。名前のとおりに蜘蛛の巣状の菌糸に基部が覆われてます。

                 Mejiro31216 Mejiro32216_2

バイクを置いてる駐車場近くの桜にメジロがきてたので撮ってみました。あまり天気がいいと影が濃く出るので下の方から撮ったのではダメですね。

« トガリアミガサタケその後 | Main | 春のキノコ探し »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« トガリアミガサタケその後 | Main | 春のキノコ探し »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ