« 淀川紅猿子 | Main | 椿とキノコ@HRK »

March 18, 2016

シャグマアミガサタケとタシギ

Syagumaamigasatake3215見てみたいと思っていたシャグマアミガサタケがはえてるというので東のお山に行ってきました。その前に青鴫がいてるというので先にお山の向こう側に行ってみることに。

Tasigi3115目的地に着いてみるとほとんど街中で青鴫がいてるような場所には見えません。カメラマンが集まっているところに行くと対岸にそれらしい鳥がいてます。石と草の間にすっぽりと挟まるみたいにしてじっとしてました。正面からでは羽も見えないのでしばらく待ってると

Tasigi3215羽繕いなどして少し動きがありました。しかし、なんか青鴫というにはどこか違うような・・・。

Tasigi3315これタシギやん!という声がしてやっと違うことに確証がもてました。なんせ素人の集まりなもんで青鴫なんか見たことある人がどれだけいてたのか・・・。以前、神戸のしあわせの村?とかいう場所の山の中の川で一度枝かぶりのアオシギは見てたのですが、もうすっかり忘れてます。

Tasigi3415
タシギの尾羽ってこんな模様と色をしてたんですね。丸見えのタシギを見ることってあんまりないのであらためて感心してしまいました。

                 Hakusekirei3115 Kisekirei3115

                 Segurosekirei3115 Koi3115

それから青鴫を探して行ったり来たりしてみましたが、ついに青鴫はみつからず、代わりに撮ったのがハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイ、鯉など。

Nendotakemodoki3115青鴫はダメみたいなのでお山のキノコ探しに移動。まだこの季節、キノコらしいキノコはないけれど落枝についていた剛毛のキノコから。ネンドタケモドキだと思うのですが、傘の形になってるのを撮りたかったんですよね。

Nendotakemodoki3215たいていこういった棚状に広がってついてるので、なんか茸らしくないように思うんですよ。

Syagumaamigasatake3315で、目的のシャグマアミガサタケがこれ。あずき色をした脳のような形の傘が独特で、猛毒のキノコです。ヨーロッパでは毒抜きをして食べるらしいけど、毒抜き中の湯気を吸いこんでもいけないという危険なキノコです。

Syagumaamigasatake3415けっこう小さくてかわいいものもあって形もいろいろ。

Syagumaamigasatake3115これは姿形も立派なシャグマアミガサタケでいかにも毒もってる怪しいキノコという気がします。

Akunioitake3115帰り道で見つけたアクニオイタケと思われるキノコ。すでに傷み始めてるものが多くて数はあるけれどなんか残念。

Akunioitake3215アクニオイタケは薬品臭い匂いがするらしいのですが、一つ採って匂いを嗅いでみても何か匂いがするのはわかるけれど、それほどいやな匂いとは思えませんでした。次回は春らしく普通のアミガサタケでも探してみたいと思います。

« 淀川紅猿子 | Main | 椿とキノコ@HRK »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 淀川紅猿子 | Main | 椿とキノコ@HRK »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ