« February 2016 | Main | April 2016 »

March 2016

March 27, 2016

春のキノコ探し

Syagumaamigasatake32116春になるとヘルメットマウンテンにもシャグマアミガサタケがはえるというので探しに行ってきました。先ずは公園内を散策しましたがみつからず。ただルリビタキ♂が低い所を飛び回っているのをみつけました。しかし残念ながら撮らしてもらえず断念。いつもキノコを探す道に入りましたがどうもキノコははえてなさそう。下に降りる山道を降りて去年ウラスジチャワンタケを見つけたアスファルト下をのぞいてみましたがここにも何もなし。水がしたたり落ちて斜面を濡らしてる場所など湿気ている場所にキノコがないか見ながら歩いてるとその上にシャグマアミガサタケを発見。なんと、こんな所にはえていたんですね。

Syagumaamigasatake32216そのシャグマの左側にも小さなのがはえてました。

Syagumaamigasatake32316大きい方のシャグマを少し角度をかえて撮ってみました。だんだん暗くなってきてシャッタースピードがのびなくなっていて、できたら近接撮影をしたいところなんですが、濡れて崩れやすい斜面をあがるのがためらわれて望遠で撮影。

Syagumaamigasatake32416ストロボを使うとシャキッと撮れるのだけど色が茶色になってしまい赤味がなくなってしまうんですよね。

Tubakikinkakutyawantake32116
さて、目的の茸もみつけたのでもとの道に戻って先に進むことに。といっても道沿いには何もみつからないと思ってると杉木立にさしかかった所でツバキキンカクチャワンタケをみつけました。椿の花が落ちてたのでツバキンでいいと思います。

Togariamigasatake32116ここらへんは石ころゴロゴロなのでキノコはないと思ってたら一つだけトガリアミガサタケがはえてました。こんなところではすぐに誰かに踏まれてしまうんだろうな。

Syoujoubakama3116ショウジョウバカマを見つけたのでこれも記念写真をcamera

Sumire3116いつもは歩かない道を歩いてるとスミレがわりとかたまって咲いていました。

Kobanomitubatutuji3116ふたたび公園内を歩いてきれいに咲いてるコバノミツバツツジを撮って今日は終了・・・と思ってたら事務所前でトラツグミが目の前に現れました。今日はルリビにふられてから鳥が撮れてないので最後にトラツグミをと用意してたら人が歩いてきてどこかにトラツグミは消えてしまいました。やれやれ・・・

March 24, 2016

淀川河川敷から箕面へ

Turisugara3216ツリスガラがやや下流の河川敷にも現れるようになったと聞いたので風があって寒い中歩いてきました。30羽ほどの団体さんが葦の中にいてるようでしたが、風が吹いてユラユラしている上に補正をプラスにしたまま撮っていたので写りは良くありません。

Turisugara3116なんとかそれらしいのが写ってますがなんかしゃきっとしたのが撮れないまま群れは川の方に飛んで行ってしまいました。

                 Turisugara3 Turisugara3316

あまりシャッターをきってないので少々ピンボケでも画像処理したのと粘りに粘って再びちょろっと出てきたツリスガラも。

Hikuina3116ここでは定番かな?ヒクイナもいてました。

Oojurin32116地べた物のだけどオオジュリンも。最初は雀だと思ってました。

Tyougenbou3116やや遠いけど鉄橋チョウゲンボウ。今年もこんなところで巣作りしてるのかな?あまりツリスガラのサービスがよくないし、寒いので河川敷は適当に切り上げて阪急電車に乗って箕面へ。いつもお世話になってるキノコの先生の写真展を見に行ってきました。

Akunioitake32116その後少しだけ箕面の滝道を散策してキノコ探し。伐採木を積み上げてある場所でやや黒っぽいけどアクニオイタケと思われるキノコをみつけました。

Siitake3116近くにはシイタケもはえてます。

Tyakobutake3116黒いのが多いけれど、チャコブタケだと思います。

Kinoko03241奥の方でやけにつやつやした茸を何本も見つけました。第一印象はやっぱりシイタケだけど、こんなにつやつやしていて白い鱗片もついてないようなシイタケがあるのかどうか?

Kinoko3242う~ん・・・どうなんでしょうね?今日のところはこんなもんで。

Kumonosuakahigehinanotyawanntake311オマケで、昨日撮影しておきながらアップしなかったキノコを。トガリアミガサタケを撮った時にキノコの先生が見つけた極小キノコ。その時はあまりの小ささに撮らなかったのだけれど、その後このキノコの名前がわかったので撮りに行ってきました。オレンジ色に見える小さな点のようにしか見えません。1円玉の直径はやく2㎝なのでその10分の1以下の大きさで1~2㎜といったところですね。名前はクモノスアカヒゲヒナノチャワンタケだそうです。

Kumonosuakahigehinanotyawantake3216マクロ機能+デジタルテレコン2倍で撮影してもこれぐらいの大きさにしか写りません。名前のとおりに蜘蛛の巣状の菌糸に基部が覆われてます。

                 Mejiro31216 Mejiro32216_2

バイクを置いてる駐車場近くの桜にメジロがきてたので撮ってみました。あまり天気がいいと影が濃く出るので下の方から撮ったのではダメですね。

March 20, 2016

トガリアミガサタケその後

Togariamigasatake32616

今日も昨日と同じ所へ。今日は早い目に帰らないといけないので近場しか行けませんでした。昨日は3本トガリアミアミガサタケを見つけたのですが、もしかしたらまた新たに生えてるかもしれません。

                 Togariamigasatake32116_2 Togariamigasatake32216

現場に着いてみるとキノコ仲間はすでに到着していて新しいのをまた3本みつけてくれてました。一本はすでに解体されてましたが・・・。

Ruribitaki32116

小鳥の森のミソサザイはすでにいなくなったみたいでルリビタキはまだいてました。

Kawasemi32116

ここでは久しぶりにカワセミ♀もみました。

32416
キノコの先生到着後再び捜索をしてみると、まだまだアミガサタケが見つかります。とても小さな幼菌もありました。

                 Togariamigasatake32316 Togariamigasatake32416

塀際には大きなのも木の葉に隠れてはえてました。

Togariamigasatake32516

けっきょくトガリアミガサタケは昨日見つけたものも含めて11本みつかりました。多少いびつなものや傷ついたものありますが、狭い範囲でこれだけ見つかると大収穫です。

                 Musasabitake3116 Musasabitake3216

サンコタケの所にも寄ってみると昨日みつけたのはすでに干からびてましたが、新たに卵から出たものあります。ほかに少々キノコをみつけましたが、↑このキノコはなかなかキノコらしい形をしていてきれい。ムササビタケあたりかもしれませんが傘には鱗片のかけらがぶらさがってないし、木からはえてるわけでもない。でも下にはチップがしきつめてあるのでありえないことではないはず。さて、正体は???

Sakura3116
もう桜が咲き始めてました。春の茸もたくさん見れたし、いよいよ春本番ですね。

March 19, 2016

椿とキノコ@HRK

Togariamigasatake3216けっこう雨が降ったみたいで、山のほうにキノコ探しにでも行くつもりでしたが、道が水たまりだらけだったりすると歩きにくいだろうと考えて今日は近場のグリーンパークへ。

Tutiguri3116
先ずは昨年アミガサタケを撮った植物園へ。アミガサタケは見つかりませんでしたがツチグリが一つありました。探せばツバキキンカクチャワンタケが見つかるかもしれないので有料の園内で椿を見てきました。

                 Hisikaraito3116 Kotyouwabisuke3116

左が「菱唐糸」、右が「胡蝶侘助」

Matukasa3116

花びらが盛り上がる形で咲く、その名も「松傘」

                 Edonisiki3116 Kumagai3116

左が「江戸錦」、右が肥後椿の代表種「熊谷」。丘の上のこの熊谷の木の下に落ちてる花の周囲をよく見ると

Tubakikinkakutyawantake3216やっとツバキキンカクチャワンタケを見つけました。大型の花なので広角で撮らないと後ろの花全体をいれることができません。

Tubakikinkakutyawantake3116
ぺしゃっと開き切る形のものが多くて、なかなか椀状で大き目のものが見つかりません。

Tamanoura3116
紅色の地に白覆輪の美麗種「玉之浦」

Togariamigasatake3116
さて、ここはこんなもんだろうということで移動。何年か前に道端にはえてたアミガサタケを撮った場所に急ぎました。銀杏の木が何本かはえてる場所だったので、あの時はきっと上から流れ落ちた胞子が大きくなったのがはえてたに違いないと思って斜面の上を捜索。さっそく一本発見。鏡で傘の下を見ると支脈が閉じて網目を完成させているのがわかったのでこれはトガリアミガサタケです。

Togariamigasatake3416

もう一本みつけました。こちらの方がトガリアミガサタケっぽいですね。

Togariamigasatake3316
ちょっと細くて小さいけれどさらにもう一本。けっきょく3本見つけることができました。広い場所ではないのであんまりたくさんはえる場所ではないとは思うけれど、もう少しはえていてもよさそうな気がします。

Sankotake3116

ウッドチップのまかれてる場所にはもうサンコタケがはえてました。


                 Kinoko3191 Kinoko3192

暖かくなり雨も降ったせいでしょうね。ほかの小さなキノコたちもみつかりました。残念ながら名前はわかりません。

Mejiro3116今日のオマケ。メジロだっていてます。梅林の梅も終わりですね。ここの梅の木は比較的背が低いし、よく剪定してあるのでメジロを撮るには都合がいいのですが、梅の次は桃とか桜に来るメジロを撮ることになりそうです。

March 18, 2016

シャグマアミガサタケとタシギ

Syagumaamigasatake3215見てみたいと思っていたシャグマアミガサタケがはえてるというので東のお山に行ってきました。その前に青鴫がいてるというので先にお山の向こう側に行ってみることに。

Tasigi3115目的地に着いてみるとほとんど街中で青鴫がいてるような場所には見えません。カメラマンが集まっているところに行くと対岸にそれらしい鳥がいてます。石と草の間にすっぽりと挟まるみたいにしてじっとしてました。正面からでは羽も見えないのでしばらく待ってると

Tasigi3215羽繕いなどして少し動きがありました。しかし、なんか青鴫というにはどこか違うような・・・。

Tasigi3315これタシギやん!という声がしてやっと違うことに確証がもてました。なんせ素人の集まりなもんで青鴫なんか見たことある人がどれだけいてたのか・・・。以前、神戸のしあわせの村?とかいう場所の山の中の川で一度枝かぶりのアオシギは見てたのですが、もうすっかり忘れてます。

Tasigi3415
タシギの尾羽ってこんな模様と色をしてたんですね。丸見えのタシギを見ることってあんまりないのであらためて感心してしまいました。

                 Hakusekirei3115 Kisekirei3115

                 Segurosekirei3115 Koi3115

それから青鴫を探して行ったり来たりしてみましたが、ついに青鴫はみつからず、代わりに撮ったのがハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイ、鯉など。

Nendotakemodoki3115青鴫はダメみたいなのでお山のキノコ探しに移動。まだこの季節、キノコらしいキノコはないけれど落枝についていた剛毛のキノコから。ネンドタケモドキだと思うのですが、傘の形になってるのを撮りたかったんですよね。

Nendotakemodoki3215たいていこういった棚状に広がってついてるので、なんか茸らしくないように思うんですよ。

Syagumaamigasatake3315で、目的のシャグマアミガサタケがこれ。あずき色をした脳のような形の傘が独特で、猛毒のキノコです。ヨーロッパでは毒抜きをして食べるらしいけど、毒抜き中の湯気を吸いこんでもいけないという危険なキノコです。

Syagumaamigasatake3415けっこう小さくてかわいいものもあって形もいろいろ。

Syagumaamigasatake3115これは姿形も立派なシャグマアミガサタケでいかにも毒もってる怪しいキノコという気がします。

Akunioitake3115帰り道で見つけたアクニオイタケと思われるキノコ。すでに傷み始めてるものが多くて数はあるけれどなんか残念。

Akunioitake3215アクニオイタケは薬品臭い匂いがするらしいのですが、一つ採って匂いを嗅いでみても何か匂いがするのはわかるけれど、それほどいやな匂いとは思えませんでした。次回は春らしく普通のアミガサタケでも探してみたいと思います。

March 11, 2016

淀川紅猿子

Benimasiko3416最近淀川ではツリスガラが人気らしい。それにベニマシコもよくみられるというので電車とバスを乗り継いで行ってみました。ツリスガラ、ベニマシコ、ホオアカ、メメジロガモがここのビッグ4なんだそうです。着いてみると生憎の曇り空でしたが、影がでないのでこれぐらいなら撮りやすいんですよね。

Oojurin3116まずは定番のオオジュリンから。もう頭がかなり黒くなってるのがいてました。

Benimasiko3116ぐるっと一回りしましたがオオジュリン以外は目に入りません。ベニマシコをちょっとだけ見れたのでもう一度同じコースをまわってだいたい同じ場所でフィ、フィという鳴き声を聞き、池の縁の低いところにとまるベニマシコの赤い子を発見。今期ベニマシコはメスは撮ってるけれどまともにオスが撮れてないのでベニマシコ♂が今日の目的といってもいいくらい。あたりには誰もいないので一人だけで撮り放題。

Benimasiko3516ちょっとだけ立ち位置を変えようとしたら数羽いたらしいベニマシコは飛んで行ってしまいましたが、この赤いオスだけはあまり移動せずに戻ってきました。あとは飛ばれないようにカメラで顔を隠して動かないようにして撮影。

                 Benimasiko3216 Benimasiko3316

                 Benimasiko3616 Benimasiko3716

ほとんどどこか枝やら草やらがかぶってる写真ばっかりだし、食事が始まると同じとこでじっとしてますので時々あとで戻ってきたほかのベニマシコも撮ってみました。

Benimasiko3816メスかと思ってたのですが、ところどころほんのりピンクが出てるのでたぶんオス若ではないかと思います。

Benimasiko3916これは間違いなくメスですね。

                 Oojurin3216 Oojurin3316

雨で水たまりだらけの泥濘の道を気にしながら歩き回りましたが撮れるのはやっぱりオオジュリンばっかり。いつのまにか鉄橋の西側を歩いてました。であった人が今日のツリスガラは鉄橋の東側の釣りしてる人のいてる池だというので再び移動。しかし、ほとんどの池で釣り人はいてるのでここに慣れてる人はともかく私にはよくわかりません。

Mejirogamo3116ようやくだいたいの場所はわかったのでそちらに行ってみましたが、10羽ほどの団体さんはすでに飛んで行ってしまった後でした。またそのうちにやってくるだろうと思ってるとビッグ4のうちの一つ、メジロガモが泳いでいました。へえ、ここにいてたのか・・・。純粋なメジロガモではなく雑種らしいという話ですが、私にはあまり違いがわかりません。羽の端に緑光沢があるように見えますが、古墳のメジロガモの時はどうだったかな?

Mejirogamo3216オオバンと仲良しなのか一緒にいてます。飛んで行ったというならしばらくほかの鳥を探してみようと考えてもう一つのビッグ4、ホオアカを探しに行きましたが、ほかのカメラマンさんが見つけてくれたのにもかかわらず、地べたのホオアカを認識する前に飛んで行ってしまいました。

Kusahuji3116ふたたびツリスガラの池に戻りましたがさっきまで見え隠れしてたけど今はわからないということでタイミングがどうもあいません。そのうちに葦の奥から10数羽の団体さんが対岸のほうに飛び立ったので、もしかしたらそれがツリスだったかも???どんどん暗くなってきたので今日はもうこれまでかなといことで移動。ここに来てクサフジがもう咲いてるのに気がついたのできれいなところを撮ってみました。クサフジって春から初夏の花だと思うのですが早くない?

Kuina3116水路の端でクイナを見つけたのでごく近くで撮影。でも、ほとんど後ろ向きだったり顔が隠れてたりでなかなかすっきりと撮らせてくれませんでした。

Kuina3216もう一枚。後方から撮ったやつ。なんかやたら丸い体をしたクイナですね。クイナを撮って今日はこれまで。ツリスガラはここではちょっと撮りにくいように思うので、また中津や海老江に出るようになった時に撮ることにします。

Ruribitaki3116オマケ。先日、きづきの森にいった時に見つけたルリビタキ♂。あともうちょっと青くなるときれいになると思うやや残念な個体でした。

March 06, 2016

深山頬白と相思鳥

Sousityou3316

ウソとかベニマシコが撮れるといいなと思って、また武田尾まで行ってきましたが、今日は上流側のポイントあたりではなにやら工事中みたいだったので下流側に移動。しかし、下流側も静かなもんで見かけたのはエナガにジョウビタキ♀それに

Hoojiro3116ホオジロだけ。ホオジロ♂がよく鳴いてましたので取りあえずの一枚。

Benityawantake3116対岸側に移動してこの前撮ったベニチャワンタケはどうなったのか見てきました。う~ん、あんまり変化なしといった感じですね。まだ寒いので傷みが遅いのかな?それにしても今日は鳥の声も少なくぱっとしません。まだ日が高いので最近ソウシチョウなどが撮られてる別の場所に行ってみることにしました。電車と歩きでも私の足なら1時間もあれば着くはずです。

Ruritateha3116ソウシチョウのポイントに行く前にあちこち見て歩きましたが、ここも静かなもんで越冬明けのルリタテハを見つけたので撮ってみました。

Miyamahoojiro3116遅くなってしまいましたが、ソウシチョウのポイントに着くとたしかにミヤマホオジロとかアオジはいてるのだけど、キジバトが陣取ってるせいかあまり上にとまってくれず地べたものばかり。

Miyamahoojiro3216ほかのカメラマンが帰られてから下におりてキジバトさんにはご退場願い、歩き疲れたので階段にすわって一人で撮影。

Miyamahoojiro3316ミヤマホオジロ♂の枝どまりも撮れます。

Miyamahoojiro3516手前のはメスだと思ってたのですが、胸のあたりがやや黒っぽく三角になりかけてるのでオス若みたいですね。

Atori3116頭の黒いアトリ♂もきてました。

Aoji3116たくさんいてるけどアオジも撮ってあげないとね。

Kasiradaka3116カシラダカもいてます。ホオジロの類って似たような模様なのでよくこれはなんだろうと思うことがあります。今日は写ってないけど、カシラダカの場合は腰が鱗模様になってるのが決めてかな?

Kasiradaka3216カシラダカという名前のわりには頭がたってるようにはあまり思えません。

Sousityou3116ミヤマホオジロは撮れたけどソウシチョウが姿をみせないので今日はもう出番がないのかと思い、鳥たちがいなくなったので立ち上がって後に下がり一休みしてるといつのまにかワラワラと集まってきてました。

Sousityou3216特定外来生物ということで駆除の対象になってるソウシチョウですが、きれいだし、いい声で鳴くんですよね。オスとメスを別々の籠にいれて置いておくと鳴き交わすので互いを思って鳴くのだろうということで相思鳥という名がついてるとか・・・。

Sousityou3416なんか今日は今一ついいのが撮れません。できたら枝どまりでもと思ってたのですが・・・

Miyamahoojiro3416もう遅いので頭の冠がよく立ってるミヤマホオジロも撮れたので撤収。

March 03, 2016

菊の冠が開いた!

Kikuitadaki3116
八つ頭騒動が終わってからこの方面には行ってなかったけれど、最近はキクイタダキがよく姿を見せるようになったそうなので久しぶりに行ってみました。以前もここで撮影したことはあるけどなかなか撮らせてくれないんですよね・・・。

Kikuitadaki3316松の木にはよく来るけれど枝葉が邪魔をしてピントがこないものばかり。それに動きが早すぎてファインダーの中に捉えるのがじつに難しい。

Kikuitadaki3716たまにやや低い場所にも飛んできますが、たいてい高い場所を飛び回ってます。

Kikuitadaki3616頭の黄色い冠羽が見えるように撮りたいけれど下からでは難しいですね。

Kikuitadaki3416なんかの拍子に頭の冠羽が開く時があり、たまたま写ってました。↑これなんかピントがいってないのでものすごく残念な写真です。頭の冠羽が開いたときに赤い所があれば雄、でないのが雌なんだそうです。

                 Kikuitadaki3816 Kikuitadaki3516

動きがとまって羽繕いがはじまると頭を下げた時に菊の冠が見えます。カイカイをした時に連射してシャッターをきったら、なんと頭の冠が開いてました。ほんの一瞬で冠が開いたのを見たという気がしませんでした。

Kikuitadaki3216午後から飛んで行った先に探しに行った時、野球グラウンドの中で見てた人が「あそこにじっとしてる鳥がいてる」というんでその方向を見上げると羽づくろいをしてるキクイタダキを発見。逆光気味でややピンボケなのが残念ですが、きれいに開いた菊の冠を見ることができました。

                 Joubitakimesu1116 Kogera3116

あとはここらへんに陣取ってるジョウビタキ♀とかコゲラとかを撮って、

Enaga2116エナガを撮ったぐらい・・・

Kityou1116今日は暖かだったせいかキチョウも越冬から目覚めて飛んできました。昨年の秋はここらへんでもツマグロキチョウが見られたので、もしかしたら越冬ツマグロでは?と期待してしまいました。撮った時は気がつきませんでしたが、翅を開いた姿が写ってました。キチョウが開翅する姿を見るのはけっこう珍しいかも。

梅ジョウビと梅ジロ

Joubitaki1116お天気もよさそうなので仕事前に農業公園をのぞいてきました。お天気はともかく風が冷たいせいか人も少な目でカメラマンもほとんど来てませんでした。

Aoji2116バイクを置いて数歩歩いたところでアオジが飛び出してきました。黄色いお腹がきれいな子だったのですが、影が濃く出て少し残念。もう少し花の梅の花の咲いてる枝にとまってほしかった・・・。

Joubitaki1316続いてジョウビタキ♂も登場。へえ~、ジョウビタキ♂いてたんや。この公園でジョウビタキ♂を見たのは久しぶり。

Joubitaki1216
なかなか花つきの良い枝にはとまってくれませんね。昔は良く梅の花がらみのジョウビタキを撮りに大阪城公園の梅林に行ったもんですが最近はあまり行くこともなくなりました。

Mejiro2116メジロの群れも現れましたがすっきりとした画像を狙ってたのであんまりシャッターがきれませんでした。

Nougyoukouen1116訪れる人も少ない裏側です。ここにもメジロの群れはやってきてました。

Mejiro2316真紅の紅梅にとまるメジロはきれいだけど枝がこみすぎていてすっきりしません。

Mejiro2216これぐらいグチャグチャになるとかえって面白いかも。あんまり満足のいく写真は撮れませんでしたが、ちょっとは春らしい絵になったかな?

« February 2016 | Main | April 2016 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ