« 梅の木にとまってほしい | Main | 冬のキクラゲたち »

February 11, 2016

べニチャワンタケとヤマセミ

Benityawantake1116冬場はキノコらしいキノコはあまりないけれどまだ見たことのないベニチャワンタケというのが2月にはえるところがあるらしいので少し早いかもしれないけれどトンネルのむこうがわまで行ってきました。目的地に行く前にいつものコースを歩いてみましたが奥でルリビタキのメスタイプを見ただけでこれといったものはなし。

Mamezayatakeマメザヤタケを見つけたので撮ってみました。

Benimasiko2116ジョウビタキのメスなんかは出てくるのですが比較的鳥の声も少なくて対岸側に渡ろうと橋の前まで来るとなんとベニマシコ♂がとまってるじゃありませんか!しかし、近いわりにピントがこないのであせってしまいました。それに枝をよけて撮りたいのですがどうもうまくいきません。

Takedao川の中では重機がはいってなにやら大きな音をたててました。この音でベニマシコも人の気配が感じられずに接近を許したのかもしれません。それにしても、何やってるんでしょうね。いよいよダムでも作るんでしょうか?第2名神の工事で僧川は泥だらけにするは、地域住民は立ち退きになるは、その上武庫川本流にまで工事とは・・・大雨による洪水の被害をなくそうとする算段なんでしょうがある程度はしかたないにしても自然破壊はほどほどにしてもらいたいものです。

Benityawantake1216で、対岸をまたトボトボと移動。目的地の階段をあがって中にはいり、水辺におりてみましたが、これといってキノコの姿はなし。しかし、なにやら水流の向こうのベンチあたりをみていてオレンジ色をしたものが見えました。ゴミの可能性もあるけれど水流は一跨ぎすればわたれるので渡ってみると・・・。あたり~!ベニチャワンタケを見つけました。裏側は少し薄いオレンジ色をしていて、よく見ると短い毛みたいなのがはえてます。

Benityawantake1316少し離れたところにも大きなベニチャワンタケを見つけました。横に10円玉をおいたので大きさを見てください。

Yamasemi1216ベニチャワンタケは撮れたけれど、さっきのベニマシコが惜しいので今度は上流側に移動してベニマシコを探すことにしました。ウロウロしたわりにはホオジロを見ただけで成果はなし。引き返そうかどうしようかと思った時に小さな鳥たちが川沿いを飛んだように見えたのでのぞきに行くとミヤマホオジロを発見。その時、川の上を下流に向かって飛ぶヤマセミも・・・。ヤマセミはすぐに見えなくなりましたのでミヤマホオジロにシャッターをきりましたが、後で見るとものすごいピンボケ。もう4時ですから薄暗くなり始めていてそれでも、何か撮らないとと頑張ってみましたが収穫なし。引き上げる時に川が見える場所を選んで歩いてるとヤマセミが木にとまったのが見えました。

Yamasemi1116_2日暮れ時ではとまり物でも もうスピードがあがらずにブレてしまいます。もう少しピントがきやすい場所を少しづつ移動して探したのですが、

Yamasemi1416枝がかぶってるものばかりで今一つ。

Yamasemi1316感度を上げていってマイナス補正をしてもスピードがあがりません。そのうちに飛び出してまた低い場所にとまったように見えたのですが、暗くてよく見えないので見易い場所にたつとさすがに感づかれたようで飛んで行ってしまいました。ということで、今日はこれまで。

« 梅の木にとまってほしい | Main | 冬のキクラゲたち »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 梅の木にとまってほしい | Main | 冬のキクラゲたち »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ