« べニチャワンタケとヤマセミ | Main | コゲラの赤い糸 »

February 15, 2016

冬のキクラゲたち

Sirokikurage1116ここんとこ暖かだったのに今日はまたぐっと気温が下がりました。寒くなると目が覚めるのも遅くなって体が動き出すまで布団の中で待機してたら出かけるには少し遅い時間になってました。しかし、晴れてきたようなのでバイクにまたがって西へ。しかし、風もきついようで山の方もなにやらまた曇ってきた様子。到着すると案の定、小雨がパラパラ。

Kabutoyama1116事務所前の掲示板を見ましたが、13日以降の分は書かれてません。トラツグミとかルリビタキ、ベニマシコあたりは見れるかもしれないと歩き出しました。

Sirokikurage1216柵の下を覗き込みながらレストハウス近くまでくると白い花びら状の塊がありました。ちり紙でこさえた花かレジ袋の残骸が枝にひっかかったようにも見えるけど、シロキクラゲですやん。あまりシロキクラゲに出会うこともないのでちょっと嬉しかったりします。

Aoji2116レストハウスに入るとアオジくんが出迎えてくれました。逃げないのでお写真を頂戴いたしました。

Kaentaketyuuiへ~、やっぱり甲山にもカエンタケがはえたんですね。ナラ枯れの木がそこそこ目立ってましたもんね。そういえば今日はあちこちで木を伐採してました。枯れたコナラの木やその周辺にカエンタケは生えるときいてます。

                 Arahekikurage1116 Kikurage1116

左がアラゲキクラゲで右が普通のキクラゲ。暖かかった上に雨が降ったので復活したのかもしれません。

Enaga1116池にたどりつくとエナガの群れが低いところに来てましたのでパシャcamera  おちょぼ口が開いたところが写ってました。

Benimasiko2116河原の方に回り込んでホオジロとかアオジが地面で餌さがししてるのを見てると前のブッシュにベニマシコがいてるのに気がつきました。しかし、ブッシュの中に潜りこんでしまったのでまた出てきてくれるのを待ってると、そこにケダモノを2匹連れた人間が・・・。ご丁寧に走り回ってくれるもんですから、ベニマシコもほかの鳥たちもいなくなってしまいました。

Mitubatutuji1116なんぞほかに撮るものはないかと歩き回りましたが、これといって目についたものはなし。まだ寒い時期なのにミツバツツジの花がもう咲き始めてました。

Ruribimesu2116もう一つの池をまわって帰ることにしましたが、細流にルリビタキ♀が夕方の水浴びにきてました。

Koganenikawatake1116もう撮るものもないだろうと坂道を登ってるとどこからかきれいな鳥の声が聞こえてきます。もしかしたらソウシチョウかな?と思って上を見上げるとコガネニカワタケを発見。さっきも枯れ枝を集めてあるところで見つけましたが、ペシャッとなってたんでよくなかったんですよね。これはそこそこ形よく見えます。ハナビラダクリオキンとかいうのと見た目は区別はつかないけれど、ハナビラダクリオキンは針葉樹につくらしいです。これは広葉樹なのでコガネニカワタケでいいと思います。ということで、今日はお天気同様にぱっとしない成果でした。

« べニチャワンタケとヤマセミ | Main | コゲラの赤い糸 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« べニチャワンタケとヤマセミ | Main | コゲラの赤い糸 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ