« January 2016 | Main | March 2016 »

February 2016

February 28, 2016

虎鶫と八丈鶫

Toratugumi1416フレンドリーなトラツグミが公園にいてるというんで原付に乗って見てきました。トラツグミだけだと毎年のように撮ってるので他に行ったかもしれませんが、近くにハチジョウツグミもいてるらしいんですよね。

Toratugumi1116昨日はカメラマンも多かったらしいのですが、今日私がたどり着いた時には10人足らずがいてただけ。それもすぐに減ってしまいました。大きなミミズを食べるとしばらくはタイサンボクの木の中に潜り込んでしばらく降りてこないらしいんですよね。

Sirohara2116シロハラはベンチに座っていてもすぐ近くで見ることができますが、椿の花が落ちてるところにでもきてくれるといいのに・・・ 

Okayosigamo1116トラツグミのお腹がすくまで武庫川の河川敷におりてみましたがこれといったものはみつからず堰の前をオカヨシガモが泳いでるのを見ただけでした。

Toratugumi1216ふたたび公園内に戻ってトラツグミの追っかけを再開。ミミズをゲットしたのでまたどこかに消えてしまいました。

Toratugumi1316少人数だとトラツグミの隠れてるタイサンボクを覗いても文句をいう人はいてません。ただ、のぞいたところで見えないことがほとんどみたいです。

Hatijoutugumi2116ハチジョウツグミは公園から北に水路沿いに歩くとすぐだというんで移動することに。う~ん、なるほどハチジョウツグミはすぐに見つかりましたが、フェンスに囲まれた施設の芝生の中を行ったり来たりしてました。

Hatijoutugumi2616このハチジョウツグミはとても色がいい。この前の緑地のハチジョウが色は薄いし愛想も悪かっただけにとても良く思えます。

                 Hatijoutugumi2316 Hatijoutugumi2416

ただ、背景がないようなものだし、後ろ向きだったり横向きだったりと胸の色が見えにくいのが難点かな?

Hatijoutugumi2516そのうちにフェンスの外に飛び出して土手の方に行ってしまいました。また、戻ってくるとは思いますがしばらくしてから再び公園へ。

                 Toratugumi1716 Toratugumi1616

で、またトラツグミの枝どまりを期待して追いかけて

Toratugumi1516地べたものを撮って終了。ありきたりのトラツグミの地べたものが悪いとは言わないけど、このトラツグミの行動範囲は起伏が少ないので木の根っこあたりにとまるとかしてくれるといいのにそれもなし。今日はお天気が良くて影がはっきりでるので撮りにくい感じの日でした。

February 26, 2016

ハジロコチドリとヨーロッパトウネン

Hajirokotidori1416まだ見たことのない鳥なので見に行こうとは思ってたのですが、やや遠い場所なので行きそびれてました。最近、池にまた水が入りだしたというんで水がいっぱいになると鳥の居場所もなくなり、どこかに行ってしまうかもと考えて今のうちに行ってみることにしました。ターゲットはハジロコチドリとヨーロッパトウネンです。どちらも数少ない旅鳥であったり冬鳥だったりします。

Kumedaike1116広大なこの溜池も東の方の一部をのぞいてほとんどが水につかってました。木道は今日は補修作業中みたいでしたので入れません。着いてみるとカメラマンの数もすくなくて4、5名のみ。シャッターを押している先をのぞくと

Yoroppatounen11162羽のヨーロッパトウネンが羽づくろいの最中でした。へ~、これがヨーロッパトウネンか・・・。小さいもんで最初目に入りませんでした。

Hajirokotidori1116で、ハジロコチドリはどこにいるのか・・・?誰も探してる様子はないのでここは自助努力で捜索開始。も少しだけ南に移動しただけですぐに見つかりました。せっかくここまで見に来ていながら遠すぎてよくわからずに違う鳥を撮って帰った人もいてるみたいですけど、今なら間違うことはないと思います。黄色い足に短い嘴、目の後ろの方にまで伸びてる白い眉斑があるのがハジロコチドリ。

Tahibari2116ここに来るとタヒバリによく出会います。すぐに逃げられることが多いけれど今日は適当に撮ることができました。

Kotidori1116コチドリだっていてます。はっきりコチドリとわかるものは今期初撮影。

Yoroppatounen1216ハジロコチドリとヨーロッパトウネンのツーショット狙いましたが、あまり近くにはお互い寄らないような雰囲気です。

                 Hajirokotidori1516 Hajirokotidori1616

                 Hajirokotidori1716 Hajirokotidori1816

水がいっぱいの時は行動範囲が広すぎて探すのが大変だったようですが、今なら近くで撮ることができていくらでも撮れそうです。それに背景が泥だけというのではないのがちょっと嬉しいハジロコチドリです。

Hajirokotidori1316ちょっとだけ羽伸ばしをしたのが撮れました。翼の白い帯が飛ぶと目立つのだそうで、それがハジロコチドリの名の由来だそうです。

                 Yoroppatounen1316 Yoroppatounen1616

                 Yoroppatounen1816 Yoroppatounen1416

Yoroppatounen1516_3ヨーロッパトウネンといってもほかのトウネンなんかが一緒だと絶対にわからないと思いますが、今はまだトウネンが渡ってきてないようなので間違いないかも。眉斑があり、羽軸が濃い暗色、若い個体は背中に白いV字模様が目立つとありました。

Misago2116ここではミサゴもよく見かけます。ホバリングした姿が見れました。

Oosakajoubairin1116帰りに環状線を途中下車してお城によりましたがこれといったものは撮れずに、夕方の梅林だけ撮って今日は終了。

February 21, 2016

コゲラの赤い糸

Kogera1116せっかくの良いお天気だというのにどうも行く所が思い浮かばない。ということで今日はまた河川敷へ。先ずは先日見に行ったもののあまり良いものが撮れなかったホオアカの所まで歩いてみたが、今日は風が強くてちょっとダメ。しばらくウロウロしてみたがピンボケが一枚撮れただけで公園内に移動。

Mozxu2116時々、梅の枝にモズがとまります。モズ♂と白梅

Mozu22116こっちはモズ♀。陽が当たってるところにとまるモズと背景との明るさのギャップが撮るのに難しいけれど一段マイナスで撮影。

Mejiro2116モズがうろうろするせいかメジロの姿をほとんどみませんでしたが、メジロの群れがようやく現れたので少し撮影。

Kogera1316コゲラが飛んできたのでコゲラの撮影会がはじまりました。狙いはコゲラ♂の後頭部にある赤い糸のように見える斑。しかし、普段は隠れてるので頭が動くときにチラリと見えるのを狙うしか方法がありません。

Kogera1216離れて撮ったので小さくしかしか写っていませんでしたが、きれいに見えてるのが一枚写ってました。数は撮ったのですが、ちゃんと顔がうつっていて頭の赤い糸も見えてるのがどうも撮れません。

Hooaka1216

                 Hooaka1116 Hooaka1316

先日撮影したホオアカもせっかくなので載せておきます。とまってる所にピントが行きにくくてここで撮影するのはちょっと難しいかも。

February 15, 2016

冬のキクラゲたち

Sirokikurage1116ここんとこ暖かだったのに今日はまたぐっと気温が下がりました。寒くなると目が覚めるのも遅くなって体が動き出すまで布団の中で待機してたら出かけるには少し遅い時間になってました。しかし、晴れてきたようなのでバイクにまたがって西へ。しかし、風もきついようで山の方もなにやらまた曇ってきた様子。到着すると案の定、小雨がパラパラ。

Kabutoyama1116事務所前の掲示板を見ましたが、13日以降の分は書かれてません。トラツグミとかルリビタキ、ベニマシコあたりは見れるかもしれないと歩き出しました。

Sirokikurage1216柵の下を覗き込みながらレストハウス近くまでくると白い花びら状の塊がありました。ちり紙でこさえた花かレジ袋の残骸が枝にひっかかったようにも見えるけど、シロキクラゲですやん。あまりシロキクラゲに出会うこともないのでちょっと嬉しかったりします。

Aoji2116レストハウスに入るとアオジくんが出迎えてくれました。逃げないのでお写真を頂戴いたしました。

Kaentaketyuuiへ~、やっぱり甲山にもカエンタケがはえたんですね。ナラ枯れの木がそこそこ目立ってましたもんね。そういえば今日はあちこちで木を伐採してました。枯れたコナラの木やその周辺にカエンタケは生えるときいてます。

                 Arahekikurage1116 Kikurage1116

左がアラゲキクラゲで右が普通のキクラゲ。暖かかった上に雨が降ったので復活したのかもしれません。

Enaga1116池にたどりつくとエナガの群れが低いところに来てましたのでパシャcamera  おちょぼ口が開いたところが写ってました。

Benimasiko2116河原の方に回り込んでホオジロとかアオジが地面で餌さがししてるのを見てると前のブッシュにベニマシコがいてるのに気がつきました。しかし、ブッシュの中に潜りこんでしまったのでまた出てきてくれるのを待ってると、そこにケダモノを2匹連れた人間が・・・。ご丁寧に走り回ってくれるもんですから、ベニマシコもほかの鳥たちもいなくなってしまいました。

Mitubatutuji1116なんぞほかに撮るものはないかと歩き回りましたが、これといって目についたものはなし。まだ寒い時期なのにミツバツツジの花がもう咲き始めてました。

Ruribimesu2116もう一つの池をまわって帰ることにしましたが、細流にルリビタキ♀が夕方の水浴びにきてました。

Koganenikawatake1116もう撮るものもないだろうと坂道を登ってるとどこからかきれいな鳥の声が聞こえてきます。もしかしたらソウシチョウかな?と思って上を見上げるとコガネニカワタケを発見。さっきも枯れ枝を集めてあるところで見つけましたが、ペシャッとなってたんでよくなかったんですよね。これはそこそこ形よく見えます。ハナビラダクリオキンとかいうのと見た目は区別はつかないけれど、ハナビラダクリオキンは針葉樹につくらしいです。これは広葉樹なのでコガネニカワタケでいいと思います。ということで、今日はお天気同様にぱっとしない成果でした。

February 11, 2016

べニチャワンタケとヤマセミ

Benityawantake1116冬場はキノコらしいキノコはあまりないけれどまだ見たことのないベニチャワンタケというのが2月にはえるところがあるらしいので少し早いかもしれないけれどトンネルのむこうがわまで行ってきました。目的地に行く前にいつものコースを歩いてみましたが奥でルリビタキのメスタイプを見ただけでこれといったものはなし。

Mamezayatakeマメザヤタケを見つけたので撮ってみました。

Benimasiko2116ジョウビタキのメスなんかは出てくるのですが比較的鳥の声も少なくて対岸側に渡ろうと橋の前まで来るとなんとベニマシコ♂がとまってるじゃありませんか!しかし、近いわりにピントがこないのであせってしまいました。それに枝をよけて撮りたいのですがどうもうまくいきません。

Takedao川の中では重機がはいってなにやら大きな音をたててました。この音でベニマシコも人の気配が感じられずに接近を許したのかもしれません。それにしても、何やってるんでしょうね。いよいよダムでも作るんでしょうか?第2名神の工事で僧川は泥だらけにするは、地域住民は立ち退きになるは、その上武庫川本流にまで工事とは・・・大雨による洪水の被害をなくそうとする算段なんでしょうがある程度はしかたないにしても自然破壊はほどほどにしてもらいたいものです。

Benityawantake1216で、対岸をまたトボトボと移動。目的地の階段をあがって中にはいり、水辺におりてみましたが、これといってキノコの姿はなし。しかし、なにやら水流の向こうのベンチあたりをみていてオレンジ色をしたものが見えました。ゴミの可能性もあるけれど水流は一跨ぎすればわたれるので渡ってみると・・・。あたり~!ベニチャワンタケを見つけました。裏側は少し薄いオレンジ色をしていて、よく見ると短い毛みたいなのがはえてます。

Benityawantake1316少し離れたところにも大きなベニチャワンタケを見つけました。横に10円玉をおいたので大きさを見てください。

Yamasemi1216ベニチャワンタケは撮れたけれど、さっきのベニマシコが惜しいので今度は上流側に移動してベニマシコを探すことにしました。ウロウロしたわりにはホオジロを見ただけで成果はなし。引き返そうかどうしようかと思った時に小さな鳥たちが川沿いを飛んだように見えたのでのぞきに行くとミヤマホオジロを発見。その時、川の上を下流に向かって飛ぶヤマセミも・・・。ヤマセミはすぐに見えなくなりましたのでミヤマホオジロにシャッターをきりましたが、後で見るとものすごいピンボケ。もう4時ですから薄暗くなり始めていてそれでも、何か撮らないとと頑張ってみましたが収穫なし。引き上げる時に川が見える場所を選んで歩いてるとヤマセミが木にとまったのが見えました。

Yamasemi1116_2日暮れ時ではとまり物でも もうスピードがあがらずにブレてしまいます。もう少しピントがきやすい場所を少しづつ移動して探したのですが、

Yamasemi1416枝がかぶってるものばかりで今一つ。

Yamasemi1316感度を上げていってマイナス補正をしてもスピードがあがりません。そのうちに飛び出してまた低い場所にとまったように見えたのですが、暗くてよく見えないので見易い場所にたつとさすがに感づかれたようで飛んで行ってしまいました。ということで、今日はこれまで。

梅の木にとまってほしい

Ooakahara2316仕事前にまた河川敷に寄ってみましたが、ここ数日ヤツガシラのお出ましはないということでした。それでもひょっとしたら見つかるかもしれないと考えてウロウロ。

Oojurin1116出てきたのはオオジュリンだけ。背中の方も見せてほしかったな・・・。

Ooakahara2116暇なもんで公園の梅の花にメジロでも来てるだろうと思って移動。ところがメジロの声は時々聞こえてくるものの、梅の木にはほとんど現れないのでしかたなくオオアカハラのところに行ってみました。去年はギンムクのメスで楽しませてもらったこの公園にはオオアカハラがまた来てくれてます。

Ooakahara2216なかなかいい色をしてます。でも、ちょっと太り過ぎに見えることが多くて残念。

Ruribimesu1116ルリビタキ♀もここにはやってくるみたいですが、オオアカハラが追い払ってしまいます。

Ooakahara2416またあちこち歩き回りましたがこれといったものは見つからず。でも、バラの植え込みの下にまたオオアカハラが・・・。そういえば昨年も同じ場所でオオアカハラを撮ったことがありました。

Ooakahara2516ヒヨドリと追いかけっこをしてたオオアカハラをツツジの植え込みのあたりで見失ったと思ったら飛び出してきて梅の木にとまってくれました。去年も梅の木にとまったのをとったけど花の咲いてないところで、今年も梅の蕾はふくらんでいるけれどやっぱりまだ咲いてない木。いつか花の咲いてる梅の木にオオアカハラがとまっているものを撮ってみたいものです。

February 07, 2016

ハチジョウツグミとウグイス

Hatijoutugumi1216今日も河川敷に行って見たけど相変わらずぱっとしないのでハチジョウツグミを見に行ってきました。着いてすぐに見つかったけれど動きが早くてファインダーの中におさめることすらできないしまつ。飛んで行った先に捜索に行くけれど行き違いばかりでいいものはなし。道路の向こうの民家の畑に降りたようなのでまた飛び出すのを待っていたけれど全然飛ぶ気配がない。道路を渡って見に行くとなんとロウバイの木の中でじっとしてました。後ろ向きで枝かぶりではどうも写欲にかけるので振り向いた時にシャッターをきったのだけれど生憎のピンボケ。ある程度補正したけれどどうでしょうね?撮った時は気がつかなかったけれどロウバイの木の中にあった鳥の巣の上で休んでたみたいですね。キジバトの巣かな?念のために言っておきますが道路には歩道がないので三脚担いで見に行ってみようなんて気はおこさない方がいいと思いますよ。念のため・・・。

Hatijoutugumi1116その後ハチジョウツグミは電線の上にしばらくいてたのですが、これでは色がでませんね。でも、きれいな色のハチジョウだと聞いたのですが、それほどでもないような・・・・。近づかないときれいに見えないのかな?

Hatijoutugumi1316_2
その後遠くのアンテナの上にとまってじっとしていたのですが、やがて民家の松の木の下あたりに入ってしまったので最初の川沿いに戻ってると松?の刈り込みの上にぽこっと何かあることに気がついてカメラでのぞくとこれがハチジョウツグミ。白とびをしているので近くで撮ろうとまた道路を渡りましたが、もういてませんでした。

Uguisu2116ハチジョウを待っている間撮ったウグイスを載せておきます。

Uguisu2216道路沿いの植え込みの中を動いてたのでまともなのは少ないけれどそれなりのものが撮れてました。この時ウグイスは2羽いてたみたいです。

Misago1116その後ハチジョウツグミは諦めてアオバトとかミソサザイを探しに寄ったけれどアオバトが飛んでいったのを見ただけでした。なんか寂しいので先日河川敷で撮ったミサゴを載せておきます。

February 02, 2016

唐赤腹@ORP

Karaakahara1416ギンムクドリの公園に今度はカラアカハラが現れたそうなので行ってみました。昨年は神戸にカラカハラ♀を撮りに行ったので2年連続で珍しいカラアカハラが見れました。

Mejiro1116公園内に入って最初に撮ったのは白梅に来ていたメジロです。メジロだけだとあまり珍しくもないので撮らないけれど花がらみだと撮ってしまいます。

Uguisu1216やっと池にたどり着くとベニマシコがいてるとかいうのでのぞいてみたのですが、ターゲットを捕捉する前にどこかに行ってしまったみたいで、その代わりに撮ったのがこのウグイス

Uguisu1116かぶりが多くてなかなかすっきりしたウグイスを撮るチャンスがないんですよね・・・

Aobato2116木道に入るとアオバトがいてるとかいうのでかなり細い枝がかぶってましたが記念写真

Arisui1116続いてアリスイも。地味な色合いなのでこれがなかなか居場所がわからなくて困りました。

Arisui1216なかなか可愛い顔をしてると思うんですけどね・・・地面にいてる時は蜥蜴といった感じに見えます。

Ooakahara2116オオアカハラも相変わらず時々登場します。

Akahara2116で、こっちがアカハラの正面からの画像。自分と同じようなオレンジ色をした実を食べにきてるんですね。

Akahara2216もう一枚アカハラ。こうして見るとやはりオオアカハラの方が色が濃と思います。

Karaakahara1116で、問題のカラアカハラなんですが、フェンスの中のトウネズミモチと池の方を行ったり来たりしているようで飛ぶたびに追いかけてたのですが、どうやら実がたくさんついてる所によくやってくるみたいなので飛んでくるのを待って撮影した方がよさそうでした。

                 Karaakahara1216 Karaakahara1516

できるだけ赤い部分と胸の黒い斑点がわかるように撮りたいのですが枝や葉がかぶって思うようには撮れません。

Karaakahara1616池側のゴチャゴチャの中にとまったのが前からの画像でましな方かな?

Tugumi1116ここもツグミが多いですね。ハチジョウツグミもいてたという話が出てましたがわかりませんでした。

Kikuitadaki2116また帰り際にキクイタダキの所によってみました。今日は下の方も飛んでましたが光線不足でシャッタースピードが上がらずもう一つ。

Kikuitadaki2216今日はお腹ばかりでなくて頭の黄色い部分も写ってたのでよしとしましょう。ギンムクは朝のうちばっかりなんでしょうか、今日も見れませんでした。

« January 2016 | Main | March 2016 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ