« December 2015 | Main | February 2016 »

January 2016

January 31, 2016

ベニマシコ♀と綿花

Benimasiko1316柳の下の泥鰌を狙って今日も河川敷によってみたけれど、人はたくさん来てたけれどお出ましはなし。さて、これから行くとするとまた緑地が妥当な所だがこの前行ったばかりなので今日はパス。今年はサル年だけど紅猿子が撮れてないので啄木鳥の森に行ってみることにしました。一応いつものコースで歩いたけれどアオジやジョウビタキ♀やメジロぐらいでベニマシコも雌がいてたけど愛想が悪くてカメラを構えるよりも早く逃げていってしまいます。

Joubitaki1116上まで歩いたけれどいてたのはホオジロとこのジョウビタキ♂だけ。以前はベニマシコ♂がよくいてたのに今年はどうもいけませんね。

Benimasiko1116また下に降りてきましたが、ベニマシコの声はどこかで聞こえてくるので周囲をグルグル。やや離れたところにベニマシコ♀を発見したので遠いところからカシャcamera

Benimasiko1216どこかにオスもいてると思うのだけど今期は全然オスが撮れませんし、あんまりベニマシコ自身の数も多くないのかもしれません。

Menka1216せっかくここまで来たのに収穫が少なかったなと思いながら作業所前を通過していて気がついた枯草にぶら下がった白いボール状の物体。お、綿花じゃないですか。一言でいえばワタ。へえ・・こんな所にワタを植えてたんや、今まで気が付かなかったな・・・。

Menka1116_2この白いコットンボールの中には種が入ってるそうです。たくさんはえてるとこの白いコットンボールが花のように見えるんでしょうね。ちなみに本当のワタの花というのは黄色っぽい色でオクラとかハイビスカスのような花をつけます。フヨウ科の植物はみなよく似た花をつけますね。ま、今日はこんなもんで・・・。

対岸の八つ頭

Yatugasira1316_2
雨もあがったようなので今日も仕事の前に河川敷で八つ頭を探しに行くことにしました。雨上がりなら河川敷はグショグショで散歩の人もあまり歩かないだろうし、ミミズなんかが出てたら餌を探しに八つ頭が歩いてるかもと思ったわけです。冬にミミズが出るかどうかは知りませんが・・・。バイクで土手の下に到着するといつものメンバーが急いで上流側に移動してるところでした。聞くとカメラマンが数名何かを狙ってるという散歩の人の情報があったそうです。それが八つ頭であることを期待しながら急ぎ足で土手の上を歩きます。

Yatugasira1116やったー!ついに八つ頭を見つけた・・・って何処?河川敷をおりても対岸にいてるらしくってさっぱりわかりません。人に教えてもらいながらレンズを通して探してるとやっと白黒模様の羽を見つけました。う~ん・・・SX50の超望遠をもってしても光学50倍、つまり1200㎜相当ではこの程度。対岸を人が歩いても八つ頭は反応しないところを見ると対岸の土手の上から見るのは不可能でこちら側からしか撮りようがないということですね。

Yatugasira1216デジタル100倍、2400㎜相当でやっとこの大きさです。

Yatugasira1416掟破りの125倍!100倍を超すと画像がペシャッとした絵のようになってくるので100倍より上にはしないようにしてるのですが、あまりにも遠くてどっちを向いてるかもわからないのでどうせ証拠写真程度ならということであえて使用しました。

                 Yatugasira1616 Yatugasira1716

枝かぶりや草かぶりのない場所にも出てきてくれたのでなんとかそれらしいのは撮れたかも?

Yatugasira1516でも、頭の冠が開いたところは撮れてません・・・。たぶん正面をむいてるのでわからなかったけどこの時は開いたのではないかと思うんですよ。どうでしょう?一度目を離すと肉眼では豆粒であるためもう一度発見するのに手間取ってしまいます。そうのうちに飛んでいってしまったみたいで飛ぶ姿もよく見えないくらいの距離でした。それにしても八つ頭がいてるらしいと聞いたのが1月の11日でしたのでそれから目撃ができるまで20日ほどかかってしまいました。仕事にいってるので毎日見に行くことはできないけれどそれでもよく通った方だと思います。こちら側の河川敷にでも出てくれると普通の一眼と望遠でも撮れるけど、対岸となるとデジスコでないとまともに撮れそうにありませんね。それに1日一度出ればいい方で出ない日もあるし、こんな手強い八つ頭がいてるとは・・・。今年の運試しというか、鳥運を使い切るつもりで来ないといけないかもよ。

January 28, 2016

狐&瑠璃鶲&青鳩

Kitune1116
今日も河川敷に行ってきました。昨日は9時ごろと夕方4時過ぎに登場があったらしいので期待したのですが午前中、今日は不発。今日も撮るものがないなと思った時にキツネがいてるというんで覗き込むと犬みたいなのがいてます。キツネがいてるのは話には聞いてましたが実際に見たのは初めてです。キツネは少し歩いたあとしゃがみこんでじっとしてました。あとで画像を見てわかったのですが、歩いてる時にこのキツネはお尻からンコをぶら下げて歩いてました。じっとしてたのは用を足してたからなんですね。幸い草がかぶっていてンコが写ってるようではなさそうなのでモザイクはかけずにそのままアップします。それにしても今までキツネの用を足していてる姿を載せたblogがあったでしょうか? あったかもしれない・・・。

Sirohara1116ツグミはたくさんいてるけど今期はまだシロハラを撮ってなかったのでシロハラをはっておきます。地面におちてるクスノキの実を拾って食べてました。

Ruribitaki1116お昼を過ぎてこのままでは今日もボーズのまま終わりそうなのでバイクで緑地に行ってみることにしました。まずは愛想の良いルリビタキ♂から。今年はあまり都市公園でルリビタキのオスはいてないみたいですね。今期初撮りです。

Ruribitaki1316こっちの方をむいてとまるもんですから、なかなか羽の色がわかりません。やっと横向きが撮れたのを見ると、けっこうきれいな個体じゃないですか(*^-^)

                 Ruribitaki1216 Ruribitaki1416

一通り撮らしてもらったあとルリビタキは躑躅の中でじっとしてしまったので、回り込んで順光側から撮ることに。

Ruribitaki1516これもお決まりのポーズといった絵になりますが、枝や緑が入ってごく自然な感じになるのが好きです。

Ruribitaki1616羽伸ばしのサービスもありました。できたらもう一方の羽も伸ばして見せてほしかったな・・・。

                 Aobato1118_2 Aobato1117
続いてミソサザイの所にも寄ってしばらく待ってましたが現れなかったのでアオバトの様子を見に。遠くに数羽いてるのがすぐにわかったし、だんだんと下の方に枝に移動してくる個体もいてたので待ってるとキジバトなんかも降りてきましたが、やがて次々に地面におりてドングリをくわえます。

Aobato1116はっきりとオスとわかる個体を中心に撮りたかったけれど今日は登場時間も短く、あまり前進してこなかったのでまたの機会にということにしておきます。アオバトも撮れたのでまた河川敷に戻ってみましたが、今日はとうとう八頭は現れませんでした。もしかしたら、さっきのキツネのンコになってしまったんじゃないでしょうね・・・。

January 25, 2016

待鳥来たらず2

Yosigamo1216昨日は3時半ごろに現れたというんで、今日はまる一日猪名川へ。ここんとこ目的の鳥が撮れない鳥見が続いてるので今日こそは・・・。

Ikarutidori1116対岸の河口付近を見てたら2羽の鳥が飛んできました。嘴が長めでとがってるし、尾羽も翼より長いんでイカルチドリだと思いますが、この距離からではよくわかりませんね。

Tahibari1116イカルチドリの前を横切る褐色の鳥がいてました。タヒバリかと思ったけれどビンズイという線も捨てがたいですね。目の後ろに白斑があればビンズイなんですが、この距離ではよくわかりません。

Ikarutidori1216できるだけ前に出て撮ったイカルチドリ・・・。冬羽ではアイリングなどによる違いがはっきりしないらしいが、イカルチドリということにしておきましょう。

Yosigamo1116河川敷に降りたついでに何かいてないか散歩に。ヨシガモを見つけました。前にいてるのはヒドリガモですね。

Kogamo1116コガモはこの川ではよく見かけるかも?

Kogamo1216そういえば昨年はアメリカコガモを撮りにどこぞに行ったけれど、今年は来てないんでしょうか?

Isosigi1116イソシギもよく見かけるけどここではあまり近くでは撮れない鳥です。

Haitaka2116今日もそろそろ店じまいかという頃に現れたハイタカ。画面の隅のほうに写ってたのをトリミングしてます。結局今日も目的の鳥には出会えないまま終了。連敗続きだと気がめいってくるので次はどこか収穫のあるとこに行きたいなあ・・・。

January 21, 2016

オオアカハラとアカハラ?

Ooakahara1216ギンムク♂がいてるとかいうんで南の緑地まで行ってみました。人が撮った画像を見るとちょっとギンムク♂のイメージと違います。去年撮ったギンムク♀とあまり変わらない感じだけど全体はグレーなんでやっぱりオス。でも頭の褐色味が強いので若い個体なんでしょうね。で、今日は出てるのかと訊くと朝8時半ごろに一度出ただけらしい。

Ooakahara1116ここで待ってるとオオアカハラがやってくるというんでしばらく待機してるとそれらしい鳥が時々現れます。

Kawasemi1116今日はオオタカも出ていないというんでほかに何かいてないか探してるとカワセミがいてました。水流地区のカワセミは撮ったことあるけどこの池では初めてなので少し記念写真をcamera

Kogera1116コンビニに買い出しに出かけたついでに水流地区によるとコゲラがいてました。補正をしてなかったのであとで画像処理しましたが、頭の横に赤い線があるのがわかったのでオスですね。

Kawasemi1216ここのカワセミは相変わらず愛想良く、近くで撮れますが魚をくわえてるのを撮りたかったけれどすぐに食べてしまうのでピント合わせまで待ってくれません。

Atori1116あとはアトリとかメジロといった小さな鳥たちが水辺に現れます。

Kikuitadaki1116キクイタダキがどこかにいてるはずなので探してると大きな松の木の上を飛び回ってます。

Kikuitadaki1216相変わらずお腹しか撮れませんが、しばらく同じ枝にとまってたのでもう少し右前に出て連射で撮ってると頭の黄色が見えたかもしれなかったんですよね・・・

Akahara1116通りすがりのカメラマンによると2時半ごろギンムクが現れたというんで、いまさら行っても仕方ないけれどまた木道の方に行ってみました。ギンムクは現れたものの3度ばかり枝うつりしただけで30秒ほどの滞在時間だったそうで、撮影できた人もわずかだったらしいです。見てないのではっきりしませんが単独行動なんでしょうか?ほかのムクドリなんかと一緒に行動してるとここ以外でも見つかる可能性があると思うんですけどね。で、またそこでしばらくいてると水飲みのアカハラが撮れました。色の薄い方をアカハラといってるみたいでしたが、喉のところが白いんでメスみたいですね。

Ooakahara1316同じ場所にやってきたオオアカハラ♂。ここで単純な疑問。オオアカハラのメスとアカハラのメスはどこかはっきり違うところがあるのでしょうか?さっきのアカハラ♀がオオアカハラ♀ということはないのかな?基本、アカハラは夏鳥のはずやけど西日本で越冬すると書いてあるものもあるし、お城に越冬コサメビタキがいてるぐらいやから越冬アカハラがいてても不思議ではないのだが、やっぱり大きさが違うのかな?

January 16, 2016

コミミでノスリ

Nosuri1116この冬も淀川にやってきているというコミミズク。昨年はあまりいい飛びものが撮れてないので、できたら飛びものを撮りたいと思って今年も行ってみました。が・・・最初に見たものはコミミズクではなくノスリ

Nosuri1416時々飛び出して狩りをしてるみたいでしたが、草むらに降りてしまうとなんかよくわかりません。あまり撮ったことのない鳥なので最初はトビかな?なんて思いながら撮ってました。

Nosuri1117遥か彼方の豆粒のようなノスリとか後ろ向きのノスリは撮ったことがあったのですが、前向きのノスリは今まで撮ったことがなかったんですよね。カメラマンにはあまり人気がないようでしたが個人的には大収穫 happy01

Nosuri11316ちょっと離れたところに飛んで行ったのでトリミングしてますが、河原のど真ん中に陣取ってるノスリなんか初めてみました。その後ノスリは後を向いてじっとしてしまいました。そんな所にじっとしてるとコミミが飛ばないのではないかという声も・・・。

Itati1116午後4時ごろ舗装路の端をまっすぐ一直線に走ってた黄色いの。イタチですやん!このイタチを追いかけて土手の上を急いでた時、どこからか「飛んだ!」という声。イタチに追いついてシャッターをきってから顔を上げると

Komimizuku1116コミミズクが飛んでおり、それを迎え撃つノスリの姿も・・・。

Komimizuku1216コミミが飛んだ時間はとても短く、すぐに小枝にとまってしまいましたがそこそこ近い場所にとまったと思います。ほとんどシャッターをきってないのでもう少し長い時間飛んでほしかったな・・・

Komimizuku1316ふたたび少しだけ飛んで細い枝にとまったと思ったらブルブル。

Komimizuku1516前からのお姿も撮れました。その後コミミは鼠でも見つけたのかブッシュの裏に飛び込んでそれっきりとなりましたので引き返しかけると、下流の方で飛んでるという声が聞こえてきました。もうそろそろ5時ですので撮りに行ってもダメだろうとは思いましたが、駅に向かうにはどうせ少し南に行くのでそっちにも足をのばしてみることに。

Komimizuku1816背景に電車とか車がはいってくるけど撮りようによってはなんとかなるし、もしかしたらもう一度飛ぶかもしれないと思ってしばらく撮影。

Komimizuku1916こっちの子は少しけわしい表情をしていて、耳羽も少したってます。

Komimizuku1616背景に灯りが燈りだし5時をすぎてますので撤収することに。コミミのほかにノスリがまともに撮れたので収穫ありの河川敷でした。

January 14, 2016

黒鷺2

Kurosagi1116最近は出が良いとの噂のカツオをとりに行ってきました。所用を済ませてからJRに乗って出かけ漁港に着いたのが12時前。が、漁港にはカメラマンが一人もいてません。しばらく立ってましたが鳥影も少ないのでまた公園側に移動。

Kurosagi1117クロサギはすぐにみつかりました。

Kurosagi1316あれ?向こうのテトラの影にもう一羽いてますやんheart

Kurosagi19162羽のクロサギが並ばないかとみてましたがこれぐらいが最接近したとこかな?で、カツオの方はどうかというと11時すぎに現れたそうで、今日は朝から2度飛んだそうです。港に誰もいてなかったのはショーが済んだ後だったからですね。う~む、やっぱり午前中かな?昨日は午後の登場があったそうなのでそれを期待して待ち続けることに。

Kurosagi1816待ってる間にコサギが現れてクロサギの間に入ってきました。

Kosagi11016コサギには親近感があるのかクロサギもすぐ近くまでやってきます。

Kurosagi1416白黒のサギでツーショット。そういえばクロサギには白型がいてるそうなんですが、これはもしかしたら・・・やっぱりコサギですわ。

Kurosagi1516_2白鷺を黒鷺ではさむとオセロみたいに白鷺は黒に換わったりして・・・。

Kurosagi1716上から白、黒、黒なので変化なし。カツオはとうとう現れずで残念な結果に。公園側の端っこは風があまりなくて暖かで長い時間じっとしてても大丈夫だったのが救いか。クロサギに遊んでもらえたしね。

Kawarahiea1116カワラヒワが近くに飛んできたのでそれ撮って終了。カツオはまたそのうちに・・・ということにしておこう!

January 11, 2016

待鳥来たらず

Binzui1416今日も昨日とほぼ同じコース。もしかしたら撮りたい鳥が現れるかもと期待して待ったのですが、撮れたのはビンズイだけ。

                 Binzui1116 Binzui1316

Binzui1216ビンズイはごく普通の鳥なんですが、ここでビンズイを見たのは初めてです。

Hiratake2116公園内でまたヒラタケ。もしかしたら公園でヒラタケを栽培してるのかもしれませんが、栽培というにはなんか雑・・・。

Haitaka2116場所を移動してまたいつもの公園へ。タカ待ちをしてるとハイタカは飛んできましたが、とまってるのは背中しか撮れないで飛びものも画面の隅の方に写ってるのだけでした。写ってるこのハイタカは片足がブラリとなっていてどうやら片足が不自由な様子。これでうまく餌を捕えることができるのでしょうか?けっきょく休みの間にこれといったものが撮れずに終わり、なんかとても損したような気分だけが残りました。

January 10, 2016

猪名川界隈散策

Hiratake1116久しぶりに地元を徘徊してきました。まずは自然林の中を歩きましたが、愛想の悪いシメとか逆光でよくわからないカワラヒワぐらいで、ジョウビタキもいてなくて何も撮れず。この時期この中を歩くとメジロと一緒にキクイタダキがいてたりもするのですが、今日はメジロの姿もなし。続いて懐かしのヤツガシラ公園の中へ。メジロの群れはいてたけど背の低いカシノキの中を飛び回っていて、その中にキクイタダキが混じってないか期待して見てたけど、猫のお散歩が気に入らなかったのか次々と飛び出してしまい結局何も撮れず。先月この公園内を歩いたときにキクラゲとともに間伐材にはえてたキノコの様子を見に行くと、前回はえてた木の反対側にヒラタケらしい姿になってまたはえてました。

Hiratake1216武田尾で見たヒラタケと比べると小型で色も薄くヒラタケでいいのかな?という疑問もぬぐえませんが、尼崎なんかの街中といってもいいような所でヒラタケがはえてたということに価値があります。

Ikaru1116イカルもいてたけどあまりにも高くよく見えないところにいてたので先月自然林で撮ったイカルの画像をその代わりに貼っておきます。

Koubai1116その後バイクで移動して農業公園に行ってみましたが、これといったものはなし。梅の花がきれいに咲きだしてましたので何枚か撮影。

Yabutubaki1116ヤブツバキの花もきれいに咲いてました。木偏に春と書くぐらいですから椿は春の花ですけど寒い時期に咲く梅よりもよく咲いてるように思いました。

Mozu1116その後、藻川との分岐点あたりまで歩きましたが見つけたのはモズ♀だけ。最近はハイタカやらオオタカが目撃されてるらしいのですが、収穫なしでした。

Tyougenbou1116先月の在庫の中から分岐点あたりでとまっていたチョウゲンボウ君をはっておきます。人がすぐ近くを走って行っても気にしない胆のすわった子でした。

January 07, 2016

アカエリカイツブリを見に行ったが

1116あまり話題にのぼらないのでまだいてるのかどうかわからないけど、久しぶりに浜にアカエリカイツブリを探しに行った。何日か前には中央の物見台から見える場所にいたけどかなり遠かったらしい。

1116_3その前にトイレに行って来ようと堤防沿いの松林の中を歩いてると松の木の下あたりに丸っこいキノコらしきものを見つけました。小さなものもはえてるので一つとって半分に割ってみると中はさすがに白い。松林にはえるこの手の茸には有名なショウロと呼ばれるキノコがあるけれどこれがそうなのかどうかはわかりません。

1116_2
スズガモの近くでホオジロガモの集団を見たけれど、全部メスかメスタイプのよう。東に向かって歩きだすとカンムリカイツブリの20羽ほどの集団をみつけたが、もしこの中にはいってたらほとんど後ろ向きで寝てるので見つける自信はない。

1116_4次に見つけたのが単独行動のウミアイサ♀。オスもいてるらしいが近くにはいないのか?けっきょく河口のあたりまで来たけれどアカエリカイツブリの姿はなし。通りすがりのカメラマンに聞くと先ほど熱心にここらで撮ってた人がいてたからここらにいてるかも・・・という返事でしばらく探してみたがハッキリとアカエリカイツブリとわかるものは見つけられなかった。

1216物見台のある磯のあたりにもどるとウミアイサ♂を見つけたが光線状態がものすごく悪くてかろうじてオスであるのがわかる程度の写り。

1316さっきのショウロのようなキノコが気になるので再び松林にはいるとほかにもそのようなキノコがはえてました。大き目のをまた二つに割ってみましたが、こんどのは白ではなくやや濁った黄色っぽい色。

1216_2
帰ってから調べるとショウロは秋のキノコで傷つくとワイン色に変色するらしい。それに見つけるのが難しいとあるのでこんなところにポコポコはえてるということはないかもしれない。じゃ、これはなんなのかということになるけどショウロの仲間なのかニセショウロの仲間なのか、疑問だけが残りました。

ショウロでいいと思うという心強いコメントをいただきましたのでやっぱりショウロとしておきます。後日このショウロを見に行った人の話では匂いも悪く変色性もあまりみられないと言ってたのでホンショウロというものだったかもしれません。

1116_5ユリカモメに餌をやる人が現れたのでユリカモメの集団がその周りを飛び回ってました。せっかくなので何枚か撮影しましたが、波も出てきたし、用事もあるので帰らないといけないということで最後にもう一度河口の方面を見に行きました。

1216_3今度はアカエリカイツブリらしいのを見つけましたが、ものすごく遠いし、波が出て上下する上に陽が差し出して白とびまでする始末。ほとんどまともなものが撮れないうちにまた見失ってしまい今日のところは断念。大阪城で撮ってるのでどうしてもというわけではないけどまたチャンスがあれば探しに行くかも?

January 03, 2016

赤いお顔のハイタカ

Haitaka1716
久しぶりのお城です。最近はキマユムシクイやらハイタカ♂が人気らしいです。で、いつものように駅から太陽の広場横を通り抜けようとすると道路側の木々が刈り取られ白い幕で囲われてました。どうやら駐車場にするらしいのですが、公園の緑が減るようなことはどうかと思うんですよね。その分駐車場の料金が安くなればいいのに・・・。

Haitaka1116市民の森を通過しようと石の水場近くに来るとカメラマンの皆さんが集まっていて、なにやら盛況の様子。夕方に現れると聞いていたハイタカ♂が今日は11時ごろからいてて、ここらを飛び回ってるそうな。ということで早速撮影に参加。自分自身で見つけられるほど目はよくないので他の目利きのカメラマンに頼りながらの撮影です。オレンジ色の顔に背は灰色で白い部分は見られないところからハイタカ成鳥のオスとわかります。はっきりハイタカのオスとわかるのを初めてみました。

Haitaka1816わりと近くで前から見ることができたのですが、残念ながら胸の前に太い枝があり、顔がきれいなオレンジ色をしてるのはわかるけどちょっと残念。

Haitaka1616ず~っと後に下がって、全体がみれる場所を探しました。日が当たって影が濃くでてるので、少し陰った状態で撮るといい感じなんですが、色の鮮やかさに欠けるように思えるんですよね。

Kimayumusikui1116ハイタカはまあこんなもんかなということで冬は陽が傾くのも早いから急いでキマユムシクイがいてるという神社裏の通りへ。皆さん石垣の上に並んで撮ってましたが、まったくじっとしてないのでファインダーの中に捉えるのも難しい状態。

Kosamebitai1116越冬コサメビタキは時々じっとしてくれるので撮れるんですが、同じところに来るのでキマユと紛らわしいんですよ。取りあえず後ろ向きでもお腹でもいいからファインダーに捉えることができたら高速連射をする作戦で何枚か写ってました。連射中はファインダー内が真っ黒になるのでめったに使わない機能です。

Kimayumusikui1216人が少なくなって自由に動ける頃、なんとかそれらしいものが撮れたので再びハイタカの所へ行くことにしました。

Haitaka1316ちょうどどこからか飛んで戻ってきたのであまり待たずに撮影できました。夕方の光線の中でハイタカの頬をみますと赤味が増して見えるのできれいです。

Haitaka1416_2日没間近の最後の撮影。もう肉眼では居場所がわからなくて上の方ばかりを探してたらかなり下の方にいてました。お腹のあたりが膨らんでるので食事の後なんでしょうか。

Haitaka1516少しひいた場所からの撮影。もう感度をあげても10分の1のシャッタースピードしかでませんので今日はここまで。あ、西の丸のお城ビタキ見てくるの忘れたけど三賀日は休みやったかな?sweat02

味噌栄螺なら美味しいかも

Misosazai1117今年は元日出勤だったので二日がお休み。昼前に目覚めたんではちょっと遠くにには行けないのでミソサザイがいてるグリーンパークへ。

Misosazai1116ミソサザイはすぐに現れたけど奥の方に出るので遠すぎ。まあ、奥の方が安心してよく出てくるだろうというのはわかるけどね・・・・。

Misosazai1118デジタルズーム100倍の画像です。2400㎜相当だとこんなんです。

                 Misosazai1119 Misosazai1120

ミソサザエだと思ってる人が多いと思うけど、正しくはミソサザイ。栄螺のつぼ焼きに醤油じゃなくて味噌をつけたような名前ですね。

Ruribitaki1115ルリビタキのメスタイプもよくやってきますが、ミソサザイを追い払ってしまうんですよね。

Atori1115水を飲みにアトリが現れました。

Aobato1116アオバトはいてましたが逆光だったり遠かったりでダメ。

Hasibirogamo1115池を見てきましたがハシビロガモがくるくる回っていました。昼からでは早く陽が傾いてくるのでこちらも早めに撤収。

« December 2015 | Main | February 2016 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ