« 啄木鳥の森のアカゲラ | Main | 2015年撮り納めは »

December 25, 2015

天然ヒラタケ

Hiratake1115久しぶりに電車に乗ってトンネルのむこうがわまで行ってきました。まずは旅館の向こうに行ってきましたが、目についたのはホオジロとアオジにジョウビタキのみ。しばらくベニマシコとかヤマセミとか飛んでこないかと思って待ってましたが、今日は声もしません。あきらめて下流を目指して歩いてると探鳥会の一団に遭遇しました。今日は下流のL字の向こうにヤマセミがいてたというんでそちら方面に。雨で水たまりができてるのでそれを避けながらあるいてると切り株に大きなキノコが!これってヒラタケでは?

Hiratake1215夏場は雑草が茂っていて切り株なんかは見えないのだけど冬には苔むした切り株がのぞいて冬のキノコがそこにはえてるのが見えるんですよね。それにしても道端でヒラタケが見れるなんていいところです。

                 Enokitake2115 Enokitake2215

道の反対側にはエノキタケがはえてる切り株もありました。去年は雪のかぶったエノキタケを撮ったけれど、今年はまだエノキタケには早いのかあまりはえてませんでした。

                 Hiratake1315 Hiratake1415

切り株に注意しながら前進すると絵にかいたようなヒラタケらしいヒラタケを発見。ヒラタケを見るには今が旬なのでしょうね。

Hiratake1515枯葉がつもって見にくいかもしれませんが、大きなヒラタケの群生です。ヒダの裏には白いブツブツができているものが多くて白こぶ病にかかってるものが目立ちます。ここらあたりからは鳥が飛び出したりするのでそちらにも気を配る必要があるのですが、こう見事にヒラタケがはえてると鳥の方には気がまわりませんね。

Kurohanabiratake3115昨年みつけたクロハナビラタケが今年もあるかと思ってのぞいてみると、やっぱりありました。これはヒラタケやエノキタケと違って毒があり食べられません。

Kinoko12241ヤマセミが対岸にいてたというのはここらへんだと思うけどL字のあたりから対岸を見てもなにもみつかりません。そりゃ、ヤマセミもいつまでもじっとしてるわけではないから当たり前なんですが・・・。そのかわりに見つけた地上性の白っぽいキノコ。手持ちの図鑑では絶対にこれといったものがみつかりません。誰か名前がわかったら教えてください。

Benimasiko2115戻り道でベニマシコがいてるのに気が付いたのでねばって撮ったのですが、ほとんどがピンあまでぱっとしません。やや色の薄いオスもいてたけどファインダーに捉えることはできませんでした。

Hoojiro2115ホオジロがススキの穂をついばんでいたので撮らしてもらいました。

Misago2115上空を旋回してる大きな鳥に気が付いたので撮ってみるとミサゴですやん!こんな山奥で見かけるのは珍しいかも?

Hiratake1615ここにもヒラタケがありました。左下のキノコはやっぱり白こぶ病にやられてますね。白こぶ病はキノコバエが運ぶ線虫がヒダなどにもぐりこんでできる白いブツブツのことで天然キノコの宿命ですかね。

Kisekirei2115今日は雨上がりで鳥のほうは今一つなのはしょうがないかと思いながらもどこかでルリビタキぐらいには遭遇したいので遠回りして駅前に戻ってくると前方から一直線に飛んでくる白い鳥。ヤマセミやん!どこかに止まってくれという願いもむなしく目の前を素通りして上流へ飛んで行ってしまいました。急いで上流に移動してまた旅館のあたりまできましたが、ヤマセミは見つからずキセキレイが羽繕いをしてとまってたのでこれを撮って終了。ヤマセミはまたの日のお楽しみということにしておきます。

« 啄木鳥の森のアカゲラ | Main | 2015年撮り納めは »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 啄木鳥の森のアカゲラ | Main | 2015年撮り納めは »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ